直島“家プロジェクト”「はいしゃ」

2013-07-30 23:07:09 | カルチャー
今日の四国新聞記事によりますと、瀬戸内国際芸術祭2013夏会期ですが、3年前の瀬戸内国際芸術祭2010の時より来場者数は約2倍で推移しているそうで、まずは順調のようです。今日の話題ですが瀬戸内国際芸術祭2013の舞台、昨日に続いて直島です。

今回直島では「ANDO MUSEUM」が第一目的でしたが、もうひとつ気になる存在があります。“家プロジェクト”「南寺」ではなく「はいしゃ」です。


「はいしゃ」は「敗者」?とも思いましたが、「はいしゃ」の受付の係りの方に尋ねるとやはりというか「歯医者」です。以前、歯科医院があったようですが、廃院となったところを“家プロジェクト”で再生されたようです。「はいしゃ」の建物に今回初めて入りましたが、かつて歯科医院の設備があったとは思われません。リノベーションし過ぎ!?


何で「はいしゃ」に自由の女神像なのか私にはワカリマセン。


直島にはセブンイレブンのコンビニが一軒、そして歯科医院が一軒あります。全国的には歯科医院の数がコンビニの数より多いといわれてますが、直島は同数です。直島にある歯科医院は地域の住民の方にとっては貴重な存在でしょうネ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 直島ANDO MUSEUM | トップ | 明日より8月 »
最近の画像もっと見る

カルチャー」カテゴリの最新記事