今月の歯科コラム「咬合不調は馴れから」

2020-06-28 22:42:40 | デンタルプラザ
6月もあと残すところ2日、今年上半期ももうすぐ終わりです。日本ではコロナウイルス新規感染者数が徐々に増えてきました。第2波というより第1波の余波というかうねりがまだ残っているという感じ。まだまだ油断はできそうにもありません。コロナに始まりコロナに終わるという2020年になりそうですが、まだ半分かという重い気分になったりする今日コノゴロです。

コロナ禍の重さを感じながら、もうすぐ夏だ!を感じさせるところに行ってきました。四国新聞でも紹介された高松市香南町のひまわり畑です。車でのお出かけも久々で小ドライブです。夏を感じてきました。




今月の歯科コラムですが、今月は「咬合不調は馴れから」。口腔を支配している主な神経が三叉神経です。この三叉神経の許容力というか対応力がすごく、口腔内の少しの異常は感知しずらいようになってます。これを「馴れ」と置き換えて言えるかもしれません。口腔内に異常がないようように見えても、異常を知らせる軽い症状が出ていることが多いです。このあたりのことを歯科コラムで取り上げてます。


今月のブログスター「新型コロナ禍の中で歯科の立場で」

2020-06-21 22:35:29 | デンタルプラザ
今日は夏至、地域によっては部分日食が見えたようです。梅雨の合間の天気であまり暑くなかったためか人出も多かったみたいです。県をまたぐ移動自粛も解除され、新型コロナウイルスが消えたわけでもないのに、マスクをしていない人が目立ち、かなり社会の雰囲気が緩んできたように感じます。

ウチの長女によりますと、江戸時代疫病が流行った際、人が集まるところに近づくなといわれていたみたいです。疫病の種類がコレラか天然痘かもしくは別のものかわかりませんが、人の集まるところが感染源だということを生活の知恵として持ち合わせていたようです。現代人の方が情報は多いにもかかわらず、油断が多いように見えます。細菌は人がいなくても細菌自体で生存可能ですが、ウイルスは寄生体として人間がいないと生存できません。人が集まるところでもしウイルスがそこに存在していればウイルスは活性化されます。今の緩んだ状態の結果が出てくるのが7月上旬。大都市以外の日本各地にポツンポツンとクラスターが発生してくることがないように願うだけです。

今月のブログスターでは歯科医療の立場で新型コロナについて書いています。今日の四国新聞に「歯周病とコロナの関係」という記事が出ていました。肺炎重症化のリスク因子にとありまいた。口腔ケアをして健康に悪いことはないです。新型コロナ禍の中、もっと歯科医療の地位が高まってもいいと思う今日コノゴロです。

歯科講演会の新しい形

2020-06-14 23:02:25 | デンタルプラザ
今日は梅雨らしい天気の一日でした。この天気ではレオンクンの散歩もままならずストレスがたまってたみたいです。よく吠えた!ところで、新型コロナの登場で新しい日常が言われていますが、これからは自粛ではなく自衛が重要なことが理解できます。いかにコロナから身を守るか、家族を守るか、医院を守るかです。少しの工夫ですが、待合室もソーシャルディスタンス確保ですし、患者さんの予約も少し従来より延ばしたり、1日の予約数も減らしています。


歯科の業界も講演会の方が3月以降全く開催されていません。ここにきてWebでの講演会が企画されました。大阪大学歯学部同窓会が企画したWeb講演会が7月にあります。


この講演会の事前登録を最近しました。7月からやっとこさ少し動き出したという感じです。歯科講演会の形も少し変わってくるのかもしれません。

それにしても2020年今年は東京五輪・パラリンピックで日本中が盛り上がる年でしたが、なんということでしょう。首相は100年に一度の危機といいましたが、約100年前第一次世界大戦終結あたりからスペイン風邪がパンデミックとなりその後関東大震災があり、1929年世界恐慌がそして10年後1939年第二次世界大戦がはじまりました。最近では記憶にも新しい1995年阪神淡路大震災、2011年東日本大震災が起こっています。新型コロナの感染症が100年に一度の危機ではないですよ!危機はすぐそこにあり、いつ南海トラフ地震や首都圏直下型地震、富士山噴火があるかもしれません。そういう地政学的な位置にある土地に日本人が住んでいることを忘れることはできません。


今月の歯科コラム「歯科医院での新型コロナウイルス感染対策」

2020-05-31 22:52:25 | デンタルプラザ
四国地方は今日梅雨入りしたと思われるという報道がありました。いよいよ雨の季節。今年は新型コロナウイルスとの共存とうことが言われ、雨にコロナウイルス本当に体調に大注意の日々が続きそうな今日コノゴロです。

歯科医院は医療界の中で新型コロナウイルス感染リスクが高いと報道され、患者さんが遠ざかる傾向があります。歯科が扱う疾患の中で歯周病やカリエスは立派な感染症です。放置していけばよくなることはありません。感染症と常に向き合っているのが歯科医療現場です。そのため感染症への備えは常々取り組んでいます。新型コロナウイルス登場でより綿密な対応が必要になっただけで、基本は同じです。安心安全を心掛けていることを歯科コラムで取り上げています。

歯科コラムの文章や番町歯科クリニックでの感染対策にはICD(インフェクションコントロールドクター)に認定されている長女の助言や監修があります。歯科コラムはご参考にしてください。

日曜恒例の「レオン日和」は歯科コラム紹介でありませんが、今日のレオンクンは中央公園に出向きです。芝生広場で元気に走り回ってました。

湿気が多くうっとおしい季節に、今年は新型コロナウイルスも登場、あれこれの対策に気が滅入りそうですがレオンクンで癒されるのも事実です。


今月のブログスター「新型コロナウイルスへの取り組み」

2020-05-24 22:30:55 | デンタルプラザ
梅雨入り前の最後の好天の日曜日になるのでしょうか?今日の高松の最高気温は30℃、結構暑かったです。遅れているアベノマスクが来週届きそうですが、何をいまさら!でスーパーにも中国製のマスクが山積みされて売られてます。何で中国やベトナムに布製マスクの製造を依頼するのか?まだ手にとってはいませんが、テレビで見る限り昭和の高度経済成長期の小学校で給食マスクに使用されたようなものです。日本国内にも縫製工場があり、国内製造をしたら雇用は生まれるし、GDP(国内総生産)も増えるしでいいと思うのです。まったくアベノマスクは理解不能です。

今月は新型コロナウイルス関連の話題で満載です。まだアップはしていませんが歯科コラムも新型コロナ関連です。ブログスターも番町歯科クリニックでの新型コロナウイルスに対する感染予防対策を書いています。歯科医院は新型コロナウイルスに感染リスクがあるとマスコミが報道しています。これはある面事実ですが、従来から歯科は感染症対策はしっかりなされているのもまた事実です。医療の安心安全は基本中の基本です。出来うる限りの安全対策をしていますので、ご安心の上ご来院下さい。今月の歯科コラムでもまた新型コロナ対策を解説します。


新型コロナ禍の中で歯科の立場で

2020-05-03 22:38:37 | デンタルプラザ
いつもと違うGWの真っただ中にいます。昨年は10連休に湧き、瀬戸内国際芸術祭もあり盛り上がっていました。そのわずか1年後まさかの事態です。

新型コロナウイルスとの戦いはワクチン開発まで続きますが、その出口がいつになるか誰にも分かりません。新型コロナウイルスにより、また新たな社会秩序が形成されつつあります。感染症との闘いは人類の歴史そのものです。ヨーロッパで幾度となく流行したペスト菌による黒死病、コロンブス一向がアメリカ大陸から持ち帰ったのがアメリカ大陸の風土病だった梅毒、これにより一夫一婦制が確立したといわれています。

未知の感染症に対して人間は恐怖を感じます。これが昂じて差別、偏見、風評被害なども生まれ、今回の新型コロナ感染症でも取り上げられてます。人には実は無数の細菌やウイルスが存在しています。人と共存している細菌などの微生物数は人体の総細胞数より多いのです。人は細菌やウイルスと共存しているのです。人に感染するウイルスは宿主(人)がいないと存在できません。新型コロナウイルスも消滅させることは困難と思われ、いかにウイルスと共存していくかを考えないといけません。新型コロナウイルスも定着して季節性の風邪の原因ウイルスの一種になる可能性もあります。

歯科が扱う口腔という小宇宙には、天文学的な細菌類が存在しています。新型コロナウイルス感染症といいますが、人類で一番多い感染症は歯周病菌による歯周病。この歯周病菌などの口腔常在菌が誤嚥性肺炎を引き起こしています。新型コロナ肺炎でお亡くなりになる人数よりも、今のところはるかに多い数の人が誤嚥性肺炎でお亡くなりになっているのです。

歯科が誤嚥性肺炎のリスクの少しでもの減少に貢献しています。歯科は新型コロナの感染リスクがあると報道されたりしていますが、歯科は歯周病などの感染症に常に立ち向かっていて、感染症への安心安全への配慮は新型コロナウイルス登場以前からもハイレベルの対策をしています。

マスク不足が報道されていますが、歯ブラシが不足したという報道がありません。これが残念です。上気道感染症に対して、うがいや歯ブラシによる口腔ケアも感染予防に貢献していることは間違いないところ。うがい、手洗い、そして歯ブラシなどによる口腔ケアもマスクと同様感染症予防には重要であることを忘れてはいけません。


今月のブログスター「県民公開講座延期」

2020-04-26 22:48:48 | デンタルプラザ
ゴールデンウィークも近づいてきました。昨年は10連休で日本中が湧き上がってました。その1年後本当なら東京五輪で盛り上がってないといけない時期ですが、全国に緊急事態宣言が出され自粛ムード一色です。

歯科医院では日ごろから感染予防には十分に注意を払っています。日本中で歯科医院で使用するマスク、グローブ、滅菌パック、消毒用アルコールなどが品不足の中、番町歯科クリニックではウチのGMと歯科医の長女の尽力で何とかこれらの消耗品類を確保していて、診療に影響が出ることはありません。医院では感染予防のグッズも配置換えをしたり、新規に購入です。
自動アルコール噴霧器の配置換え。次亜塩素酸噴霧器の隣に置きました。

受付の飛沫感染予防アクリル板。


緊急事態宣言を受けて高松市歯科医師会では夜間・休日診療の中止を決めました。緊急事態宣言が出ている間です。今月21日(火)より5月6日(水)までの間高松市歯科救急医療センターでの夜間・休日診療が休診です。各自ご注意お願いします。


もう新型コロナ一色です。新型コロナの影響は3月に入って顕著になりました。歯科医師会などが主催の歯科講演会も3月に入ってほとんど中止・延期になり今に至っています。そのことをブログで取り上げています。政府専門家会議のメンバー北大西浦教授によりますと、新型コロナ感染制御は1年くらいの期間が必要とのことです。まだまだ新型コロナとの戦いは続きます。油断できません。



今月の歯科コラム「医療消耗品は国産で」

2020-04-19 22:42:45 | デンタルプラザ
ここ香川では今日までに新型コロナ陽性者の方が25名、ついにというか丸亀市で歯科医院関係者の方の感染も確認されました。ウイルスが本当に身近に迫っていることを実感します。ウチはGMともども朝、医院で診療前に体温を測定するのが日課になりました。

日本全国に緊急事態宣言が出た最初の休日、レオンクンも外出は狂犬病のワクチン接種に出かけたのみ。レオンクンのお出かけ時、近所迷惑になる際は吠え付きを抑えるためオッポをつけてお出かけです。なんですかレオンクンまでマスク着用している像になってます。


今月の歯科コラムですが、今日本文を作成しました。題は「医療消耗品は国産で」です。マスク不足は7割を中国に依存していたからです。その中国からの輸入が国家権力により阻止されているからです。感染防護服なども輸入に頼っていたのではないでしょうか。このあたりのことを歯科コラムで書いています。明日以降アップされると思います。

自粛の影響で明日より琴平町の金刀比羅宮境内も閉鎖されるといいます。三豊市仁尾の父母ヶ浜もGWは閉鎖、高松三越さんも18日から5月6日まで休業。これまで経験したことのない世界があります。各自が感染に注意し、人にうつさないことが重要なことを改めて思う今日コノゴロです。

新型コロナウイルスへの取り組み

2020-04-12 22:40:17 | デンタルプラザ
今日の日曜日あいにくの雨となりました。さすがに満開を誇っていた桜の花もこの降雨で散りそうです。つい先日の番町歯科クリニック近くの番町4丁目公園の桜と今日の同公園の桜です。今年の桜も終わりですが、来年桜を見る光景はどうなっているのでしょうか?誰にもわかりません。




ところで今日までに香川県で新型コロナウイルス陽性者が8人になりました。1人退院したそうです。いよいよ市中感染が身近に迫ってきました。番町歯科クリニックでは新型コロナウイルスの登場以前から診療室の感染予防には配慮していました。
玄関の空気清浄器

受付のコロナウイルスにも有効という次亜塩素酸噴霧器

患者さん用手指消毒用アルコール噴霧器


これらとともに患者さんが待合室で密接しないように予約にも配慮したり、換気をしたり、通常のマスク、手袋に加え防護メガネの着用もしています。今出来るものはするという方針で診療をしています。

新型コロナウイルスはエボラウイルスのように感染体を死滅させるくらいの致死率があればウイルスも拡散しません。ところが新型コロナウイルスは無症状な人を介して、潜伏してウイルスを拡散させる能力があり、すごく厄介な存在です。一刻も早い医療体制の構築やワクチン、特効薬の開発が待たれる今日コノゴロでうs。

今月の歯科コラム「金属床義歯のリノベーション」と父母ケ浜

2020-03-29 22:41:51 | デンタルプラザ
外出自粛要請の東京は今日は積雪があったとか。新型コロナウイルスに翻弄され続けている昨今、いったいいつまでコロナ騒動は続くのでしょうか?東京五輪・パラリンピックも概ね1年延期が決まりました。選手選考などを考慮すれば1年延期でしょうが、1年で本当に新型コロナ感染症は終息するのでしょうか?ワクチンと特効薬の開発が急がれますが、この開発に1~2年必要では?と思ったりします。今年中に世界の国で新型コロナ感染症が終息しているとは考えにくく、来年春今頃の時期に新型コロナ感染症が終息していないと東京五輪・パラリンピック中止ということも現実味を帯びます。延期なら2年延期の方がよかったと思いますがさてどうなりますか。

世界中で「家にいろ」ですが、香川では車で動くことも多く、父母ケ浜という人気スポットが野外ですので安心して出かけられます。今日、天気があまり悪くなかったですので、ウチのレオンクンを伴って出かけてきました。


多くの県外ナンバーの車が父母ケ浜駐車場に止められ、人出も多いですが広い海岸線ですので、密集や換気が悪いなどはまったくなく自然を満喫してきました。レオンクンも大はしゃぎです。


新型コロナウイルス感染症が連日取り上げられています。そんな中で今月の歯科コラムですが、「金属床義歯のリノベーション」を取り上げています。詳細は歯科コラムをご覧になってください。ヨロシクデス。