JR高松駅120周年記念写真展

2017-02-26 23:12:07 | 鉄道
今日の四国新聞記事によりますと、昨日25日(土)JR高松駅120周年記念行事が高松駅であったようです。先週の日曜日に阿波池田駅で遭遇した「四国まんなか千年ものがたり」号の車両公開もしたようで、鉄道ファンにとっては楽しいイベントだったのでしょう。残念ながら私は番町歯科クリニックで仕事でしたが・・・。

25日限定イベントには参加できませんでしたが、高松駅コンコース内で開催中の「JR高松駅開業120周年記念」写真展は鑑賞できました。


現在の高松駅は4代目ですが、やはり印象に残るのは3代目。連絡船とともに忘れられない存在です。

またサンポート高松整備中の仮駅舎も意外と懐かしい。連絡船はすでに廃止され快速電車「マリンライナー」が運行されていましたが、私自身が仮駅舎の写真を持ち合わせていなかっただけに、今回の写真展でしっかり展示写真をデジタル写真に収めました。子供たちの修学旅行の際利用したのが仮駅舎。現駅舎より思いで深いものがあります。


写真展中、一番印象に残ったのが最初で最後の四国乗り入れとなったボンネット型485系交直流電車。金沢運転所からやってきたもののようですが、こういうこともあったのかという感じです。


この写真展は今月28日までの開催。まだ見ていない方は是非見てください。

今月の歯科コラム「金属床義歯」

2017-02-22 22:52:00 | デンタルプラザ
番町歯科クリニックホームページ「歯科コラム」に毎月一篇ずつ追加しているコラムですが、今月は「金属床義歯」。これまで取り上げていないのが不思議な感じがします。

歯を失ったあとの修復処置として有床義歯は古くからある方法。この義歯の中で症例によってはすごく有効なのが「金属床義歯」です。欠損した場所にもよりますが、番町歯科クリニックでは患者さんにおすすめすることがあります。義歯の症例すべて金属床義歯にしているわけではありません。

「この症例は金属床義歯が有効だから!」とおすすめしています。最近ですが「この症例は保険診療のレジン床義歯では満足いく臨床成績が出せない」と患者さんにお伝えして金属床義歯にいていただいたケースがありました。その患者さんすれ違い咬合の上、義歯を初めて装着するご高齢の方で、咀嚼障害があり満足に食事もできない状況でした。金属床義歯を装着していただく前の夜「うれしくて興奮して良く寝くれなかった」と語られ期待値大です。金属床義歯は自由診療で保険診療に比較して高価なものになりますので、こちらも装着した後は患者さんがうまく使っていただけるかすごく気になります。幸い装着後最初の一番緊張する予後チェックも患者さんの喜びの声で一抹の不安も払拭できました。

歯の欠損を補う方法として、有床義歯はやはり欠かせない一方法で、その中でやはり金属床義歯は症例を選べば有効であることをご理解ください。今回の歯科コラムは遅ればせながら「金属床義歯」を取り上げてみました。

「四国まんなか千年ものがたり」

2017-02-19 22:59:38 | 鉄道
今日の日曜日はまさに好天。この陽気に誘われたわけでもないですが、四国再発見早トクきっぷを利用して定番の琴平と阿波池田に行ってきました。

琴平駅で「千年ものがたり新聞」というチラシを入手したところ、この4月1日から営業運転を始める「四国まんなか千年ものがたり」の試験運行の記事が出ていました。阿波池田駅15;26発とあり、ひょっとしてということで、阿波池田駅に到着した15時過ぎからホームで待っていました。すると来るではありませんか!「四国まんなか千年ものがたり」。




キハ185系の改造車両で3両編成。車両にはグリーン車のマークがあります。車両内部は逆光で暗くわかりませんでしたが、JR四国が「伊予灘ものがたり」同様かそれ以上に力を入れているのが分かります。写真は阿波池田駅に貼ってあったポスターパネル。


四国の観光列車もどんどん数が増えてきたと思う今日コノゴロです。余談ですが高松への帰路、宇多津駅でも回送中の「四国まんなか千年ものがたり」を見ました。どこに車両を待機させているのでしょうか?

今月のブログスター「 香川県健康教育関係表彰式」

2017-02-14 22:57:57 | デンタルプラザ
今夜ですが高松市歯科医師会主催の「学校歯科医研修会」に行ってきました。会場は多数の先生で満員状態。今夜参加の先生方はみなさん今年学校歯科医として活動する方々。見れば私より年上の先生の参加も多く、学校歯科医として引退はしていないことが良くわかります。まだまだ私も学校歯科医の引退は考えないでいいようです。

今月の番町歯科クリニックホームページ「サロン」コーナーの今月のブログスターですが、学校歯科保健に関する表彰をしていただいたことを取り上げています。学校歯科医として長年の貢献へのねぎらいの表彰状だと思っています。

学校歯科健診の現場は結構忙しく、健診はスクリーニングをしていて、決して確定診断を健診の場で下しているわけではありません。聞きなれない見慣れないCOは齲蝕要注意要観察、GOは同じく要観察歯肉炎で歯石沈着のない状態を言います。

今年から学校歯科健診受診者の生徒さん全員に「歯・口の健康診断結果と受診のおすすめ」が出されるそうです。今年も5月から平成29年度の学校歯科健診がスタートです。

偕行社かふぇ

2017-02-12 22:41:48 | グルメ
今回の連休は寒かったです。そんな今日の日曜日ですが、善通寺にある旧陸軍施設「偕行社」にウチのGMと行ってきました。


西洋風のハイカラな建物で、香川県にはなかなかここ以外では見られない雰囲気があります。場所はJR善通寺駅からも近く、善通寺市役所の建物の後ろに「偕行社」はあり、駐車場も広く車でも行きやすいところです。「偕行社」の建物の色彩は白と英国風のウエッジウッドの色「セイジグリーン」で、なかなか斬新な感じがします。ここの「偕行社」に併設されたカフェ「偕行社かふぇ」に今回初めて行ってきました。


これまで結婚式会場になったりして、カフェに行っても食事が出来ませんでした。今日は「仏滅」であり結婚式はないであろうということをはじめから予想し、その上ホームページで予約状況を確認していきました。それでもある会合が「偕行社かふぇ」であり、席が半分しか使えないらしく少々待った次第。

「偕行社かふぇ」では「日替わりランチ」

と「パスタランチ」をそれぞれ注文です。


デザートと食後の飲み物も付で、ドライブの途中に訪れるにはいい所だと思います。善通寺方面に行った際「偕行社」と「偕行社かふぇ」に行ってみてください。雰囲気あります。ただし貸し切りのことがありますのでこの点注意です。ヨロシクデス。

香川県歯科医学大会&四国デンタルショー

2017-02-05 22:37:52 | デンタルプラザ
今日はあいにくの天気の日曜日。そんな今日2月の第一日曜日、毎年恒例になっている香川県歯科医学大会がありました。それに例年通り参加です。会場は錦町にある香川県歯科医師会館・香川県歯科専門学校。


今回のメイン歯科講演は「歯科金属アレルギー治療をちゃんと考える」大阪市でご開業高永和先生。高先生の金属アレルギーに関する講演会は昨年5月、大阪大学歯学部同窓会主催で一度聴講してきました。今回はそのおさらい的なものになり、よりよく理解できたと思います。歯科金属アレルギーもイオン化した金属が血流を通り口腔から遠隔の部位にアレルギー症状を発症します。同様に歯周病の原因菌もポケット底部から血流に入り菌血症を起こし、口腔から遠隔臓器に症状を発症させる可能性があります。高先生は歯科金属アレルギーも歯周病による全身的な症状も血流を介するところが類似点だと今回のご講演で語られていたのが印象的でした。

この講演会が午前の部で午後は社会保険労務士さんの社会保険労務士セミナーを聴講してきました。併せて講演会の間の時間を利用して四国デンタルショーを見ました。結構いつものことですが、のんびりしたものではなく昼食を食べる暇もなく、会場に臨時設営されたうどんコーナーでうどんを食べたのは社会保険労務士セミナー終了後です。

毎年恒例の香川県歯科医師会の歯科医学大会これが歯科医療を営む私の節分で、また明日から今回四国デンタルショーで見つけた歯科材料を導入して、新たな気分で歯科臨床にのぞみたいと思う今日コノゴロです。