今月の歯科コラム「歯科の予約制」

2017-11-29 22:47:22 | デンタルプラザ
11月もあとわずか。今日の雨の後、また寒くなるようです。体調に注意。

寒くなると風邪やインフルエンザを罹患する人が増えてきます。こんなとき予約仕事はつらいことがあります。いわゆる予約のキャンセル。特に当日のキャンセルは予約仕事をしていますと痛いです。キャンセルされた時間にダブルブッキングしていなければ、ポッカリ時間が空くことになります。予約仕事をしている各業者でも同じ悩みだと思われ、永遠に解消されない悩みですか。

こんな予約制のことを今月の歯科コラムで取り上げてみました。歯科では予約にした方が、計画の元治療に取り掛かれます。歯科修復物作製にも歯科技工が絡みますので、製作日数が必要でやはり予約していただいた方が段取り良くいきます。

歯科の予約性を破たんさせないためにも、歯科医療提供者側も時間厳守にいかないといけません。毎日緊張感を持って番町歯科クリニックでは取り組んでいます。

今月のブログスター「 たどり着き」

2017-11-26 22:47:57 | デンタルプラザ
今年の秋は寒いです。冬の足音が聞こえてきそうな今日コノゴロです。

去りゆく秋の風景と言えばやはり紅葉。先日、金刀比羅宮に参拝した際、見事な紅葉に接しです。



観光地の紅葉情報はテレビのローカル番組でも公開されています。多分、今が見ごろなのでしょう。このように公開情報に接すればよくわかります。紅葉や桜の情報は誰でも得ようと思えば得れます。他方、我々医療情報に関しては、どれが、どこがいいのかなど、なかなか分かりにくいです。このあたりのことをブログで取り上げています。

歯科医院はどこも同じなんてなことを思わないでください。全国均一料金健康保険の弊害なのかもしれません。各医院にも個性があり同一でないです。歯科でお困りの方是非、多くの歯科医院の中から番町歯科クリニックに「 たどり着いて」欲しいものです。

香川の伝統的工芸品展

2017-11-19 22:33:14 | カルチャー
随分寒くなりました。先週は高松工芸高校さんの「工芸展」にお邪魔しました。今週は高松三越さんで開催されていた「香川の伝統的工芸品展」に行ってきました。


会場では高松工芸高校さんの漆器展示のブースもありました。そんな中で組手障子のブースは目に留まりです。インテリアとしても面白く、木で組上げた照明作品が素敵でした。そしてもう一つ目にとどまったブースが「讃岐装飾瓦」。瀬戸内国際芸術祭女木島で作品展示していた鬼瓦を作製した作家さんです。。
女木島の洞窟内の展示作品

女木島の洞窟を出た外周の道にも展示されてました。


この作家さんの作品で今回展示販売されていた中で面白いと思ったのが、四国霊場88ケ所のお寺さんの鬼瓦。作家さんが各お寺さんの瓦を元に作り上げたものだそうで、各お寺さん88作品ありました。もう販売されて欠番もありましたが、やはりというか私が購入したのは23番徳島県美波町日和佐の「薬王寺」さん。

最近AI(人工知能)が注目され、人に代わろうとしています。しかしある面は手作りの物にはかなわないと思っています。AIと手作り、この2者が共存シェアすることが大切だと思う今日コノゴロです。

工芸展

2017-11-12 23:02:15 | カルチャー
好天の日曜、紅葉も見頃になってきました。そんな秋の日曜日、番町2丁目にある高松工芸高校の創立119周年「工芸展」に初めて行ってきました。


番町4丁目にある医院からそれほど遠くないですが、「工芸展」に行くのは初めてです。昨日と今日も2日間開催ですが、生徒さんが作成した作品の販売があり、これが人気のようです。私が作品展示を見たときはほぼ完売状態です。

のれんもいいですが売約済みのシールが張られています。

花の絵も素敵ですが、ほぼ完売。

漆器や金属加工の作品も面白いです。



全国的にも珍しい高松工芸高校の存在感をあらためて感じました。作品購入しようとすれば初日に来場しないといけません。来年のいい教訓です。今年は作品購入しませんでしたが、来年は購入しようと思う今日コノゴロです。

インフルエンザ対策

2017-11-05 22:36:53 | 一般医療
プロ野球日本シリーズは昨夜福岡ソフトバンクの劇的サヨナラ勝ちで幕を閉じました。当初の予想の通りソフトバンクの4勝2敗、ただDeNAはよくやった。ラミレス監督の采配が光ってました。来季セ界では横浜DeNAベイスターズが躍進しそうです。

プロ野球のポストシーズンも終わりいよいよ冬季に入ります。これからインフルエンザの季節の到来。今日の四国新聞の別刷り「健康新聞」NO221で「インフルエンザ対策」という記事が一面出ていました。


予防の一番はインフルエンザワクチン接種でしょう。あとは外出した際のマスク、うがい手洗いなどなど。うがいではイソジンガーグルが有効かもしれません。あとは食事・睡眠などに注意して体力をつけ不健康にならないことですか。

ここでもう一つ有効なことがあります。歯科医の私やウチのGMが実行していること。それは就寝前そして寝起きのうがいと歯磨きによる口腔ケア。口腔内は天文学的数字の口腔細菌が常在しています。口腔は体温36度くらいですから、細菌にとって培地みたいで就寝中は唾液の分泌も弱く細菌にとって好環境です。その口腔細菌の中には悪玉菌もいるのです。口腔内悪玉菌がインフルエンザウイルスの粘膜への定着をほう助しているのではと言われていて、実際、就寝前、朝の寝起きの口腔ケアにより、私もウチのGMもここ25年以上インフルエンザに罹患していません。インフルエンザワクチンを接種していないにもかかわらずです。

中国では致死率40%の鳥インフルエンザが不気味に広がりつつあり、いつ変異して鳥→人ではなく、人→人に感染するかわからない状況です。世界的大流行のパンデミックになったら大変です。少しでも予防対策として、「健康新聞」で紹介されたことだけでなく、就寝前・朝寝起きの口腔ケアの実践が有効ですので是非実践していただきたいものです。