飛行中年

空を飛ぶことに薪ストーブ、そして、旅をこよなく愛する一人の中年のブログです。

これはいい!玉切りスケール!!

2024-04-22 20:50:57 | 薪ストーブってどんなもの?(what's woodstove)

先日の薪焚亭さん主催の薪割会にて…。

薪作りに「おお!」と思っうアイテムを使っていらっしゃる方がいました!

すかさず、「それ何?」」とお伺いしたところ…。

そのアイテムの名は「玉切りスケール」!

これです↓

チェンソーのガイドバーより、何やら飛びだしていますよね!

これが、「玉切りスケール」です!

これ、なんのために使うものかというと…。同じ長さの薪を作るために使います!

…。して、その使い方はというと…。

この玉切りスケールで、薪の長さを測りながら、チェンソーで軽くチェックマークを原木に入れていくのです!

玉切りスケールは、ラジオのアンテナを流用しただけのもので、それを磁石でチェンソーのガイドバーにくっつ

くようにしただけの、単純なものなのですが…。

これが、同じ長さの薪を作るのには、メチャクチャ便利!

 

薪ストーブの薪は、長さをそろえて作らないと、薪を積み上げていくことが出来ません!!

そのため、センチ単位で、ちゃんと薪の長さをそろえて切る必要があるのですが…。

いままでは、通称「バカ棒」というアイテムが使われていました。

コレ、薪の長さ丁度の棒を使って、それで原木に印を入れていくものなのですが…。

バカ棒だと、いちいちバカ棒とチョークも持ち歩いて、印を入れていかなければいけなかったのです!

これでは、作業効率も落ちるし、そもそも、あっちこっちへとバカ棒とチョークを持ち歩いているうちに、それを無

くしてしまうことも頻繁にあったのです!

しかし、この玉切りスケール…。

チェンソーに磁石でくっつけられるので、そんな煩わしいことが無くなってしまうんです!

 

あまりに便利そうな道具だったので、薪作りが終わったシーズンにもかかわらず…。

思わずネットで「ポチっと」してしまいました!

 

値段も送料込みで1150円。

ヤフオク、あるいは、メルカリで検索すれば、直ぐに見つけられます!

 

薪焚亭さんの薪割会。

やっぱり、いろいろな薪ストーバーが集う場所なので、こんなレアな情報を知ることが出来る

こともあるんで、面白いですね! 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

薪割会!

2024-04-15 08:49:43 | 薪ストーブってどんなもの?(what's woodstove)

薪ストーブって、一人で楽しむもの?

いえいえ、そうではありません!

薪ストーブは、大勢の仲間と共に楽しんだ方が、よっぽど面白いんです!

そんな催しに参加してきました。

いつも、薪ストーブではお世話になっている薪焚亭さん主催の薪割り会。

今年も盛大に開催されました!

今回は16名と、今までで一番大人数で開催された、この薪割会。

既に顔馴染みとなった人も多いため、「久しぶり!」の挨拶を交わす人も多くなりました。

実は、今までに開催された、この薪焚亭さんの薪割会をきっかけに…。

ここで知り合った者同士で、別に木の伐採会なども行うようになり…。

薪作りのシーズンになると、みんな連絡しあって、一緒に薪作りを楽しむようになったんです。

 

薪作りは、一人でやっても面白いものではありません。

しかし…。

仲間と共に、その作業をすれば、とても楽しい気持ちで行えます。

しかも…。

お互いに、薪ストーブや、薪作りの情報交換も出来ますし、何より、危険を伴う薪作りも、安全を確保しながら行え

ます。

薪割会って、そんな魅力も持っているんです。

みんなでちょっと遊んで、今回一番手強かった「玉」を、斧で割ってみます。

腕に覚えのある方がトライしますが…。

結局全部は割れず…。

最後は薪割り機で、半ば潰すような勢いで、何とか薪にしました!

 

思いっきり運動した後は、いよいよ親睦会!

本当は、こちらの方がメインなんです!

春らしい料理を楽しみつつ、いくつもの美味しい日本酒をいただいていきます。

皆さん気持ちよく酔っぱらってしまい、薪ストーブの話が止まらなくなる!!

 

私は次の日仕事があるので、一次会で失礼しましたが…。

あの盛り上がり方だと、おそらく二次会(三次会?)は、相当盛り上がったでしょうね!

 

これから薪ストーブの導入を考えている方、そして、薪ストーブに興味のある方…。

薪ストーブは、やり方次第で、こんな楽しい仲間と出会えることだってあります。

薪ストーブは単なる暖房器具で考えるのではなく、こんな楽しさも持っているんです!

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年もクロカン騒動!その2

2024-04-12 08:40:30 | ハング(hangglider)

4月11日。毎年この時期になると起こる「クロカン騒動」の第二弾目がありました!

クロカンとは、ハンググライダーでどれだけ遠くまで飛べるかを競うもの。

ちなみに、現在の日本記録は、茨城県石岡市より仙台の少し先までの230キロメートルです。

果たして、4月11日はこの記録を塗り替えられたのか…。

私は今回も、このクロカン騒動に巻き込まれ、飛んで行った選手の回収をするために、ハイエースを走らせます。

満開の桜を眺めながら、選手が飛んで行った北を目指します。

…。途中で寄り道…。

益子町の外池酒造。

今の時期だけ売られている「花さんらん」という酒をゲット!

コレ、安くて美味いんです!

 

ちょっとより道した後は、ひたすら北へ…。

選手からは、まだ連絡がありません。

連絡がないということは、まだ飛んでいるということなので、とにかく北へ向かいます。

…。と、気象予報官のN藤氏よりラインが入ります。

伊与野(栃木県の一番北あたり)にランディングしたとのこと。

この後、次々と選手からランディングの連絡が入ります。

みんな同じような場所にランディングしています。

どうやらこの日は、伊与野あたりが限界だったようです。

距離にして80キロメートルくらい…。

薄曇りだったので、思ったほど距離は延びませんでした。

まずは、N藤氏を回収。

日本を代表する、気象予報官です。

次はM田氏。

N藤しより2キロくらい距離を伸ばします。

そして、S戸氏。

いつもナチュラルハイな方です。

最後はT原氏

この方、何故か降りた後は、いつも泥だらけの方です…。

 

こうして4月11日のクロカン騒動は、その幕を閉じました。

クロカンは、田んぼに水が入るゴールデンウィークあたりまでチャンスがあります。

また、記録が出そうなときがあったら、このブログにてお知らせいたします!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

人力飛行機「ストーク」見学!

2024-04-06 08:22:54 | 自作飛行機(homebuild airplane )

ヒロサワシティー…。

茨城県筑西市にあるこの施設。

この施設の中の「ユメノバ」というところで、

いろいろな乗り物などを展示したテーマパークがあるのですが、

その施設の中の航空航空博物館には…。

伝説の人力飛行機「ストーク」が展示されています!

 

この人力飛行機。

今から約45年前に、日本大学理工学部の学生によって…。

飛距離の世界記録を作るために作られた機体です。

そして、その目的は、見事に成し遂げられました。

 

私も、実物を見るのは初めて!

…。というよりも、まさかこの伝説の人力飛行機が保存されていたなんて、つい最近まで知りませんでした!

ネットでいろいろと調べていた際に、偶然その存在を知ったのです。

 

このストーク、じっくりと見させていただきましたが…。

とにかく、予想以上に完成度が高く、驚いてしまいました!

毎年、琵琶湖で多くの人力飛行機を見ている私ですが、現在の人力飛行機よりも、むしろ、構造的には完成度が高い

です!

まだ、カーボンなどの複合材がなかった時代…。

バルサ材や、ヒノキ、和紙などの天然素材だけを使って、この人力飛行機は作らたのですが…。

とにかく、細部にわたって妥協を一切せず、大変な手間をかけて作られたことが分かります。

写真は、その構造を分かりやすくするために作られたものですが…。

約、10㎝間隔で配されたリブ(翼の断面系を維持するための小骨)は、すべてバルサ材で出来ており、一つの重さ

はなんと6グラム!

トラス構造による、大変手間のかかったものです。

ちなみに、現在の人力飛行機では、これはスタイロホームをニクロム線で切り取ったものが主流になっています。

手間のかけ方が段違いなんですね!

また、翼の主桁はヒノキとバルサ材によって作られていますが、内部にはトラス材が持ち入れられています。

大変な手間のかけようです。

この部材は、現在はカーボンパイプを使っていますね!

この人力飛行機の説明をするために、写真の模型を作ってくださったことには感謝です!

とても分かりやすいです。

そんな、軽くするための妥協しない努力の結果、このストークの重量は約35キログラム!

天然素材を使った機体で考えると、驚異的な軽さです。

 

今、人力飛行機を作られている方、並びに、これから人力飛行機を作ろうと考えている方は…。

一度、ここ「ユメノバ」に来て、このストークを見ることを、是非お薦めいたします。

 

また、この「ユメノバ」は、他にも、貴重な飛行機や、グライダー、バイクにクラシックカー、それに汽車なども展

示されており、とても楽しい空間になっています。

ご興味のある方は、一日かけてみることをお薦め致します!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

山菜の季節が到来!

2024-04-01 20:15:13 | 日記(diary)

ようやく…。

ようやく、我が里山にも、ワラビが芽を出し始めました!

今年は3月になってからも、ずっと寒かったせいか、いつもの年より半月以上遅れましたね!

早速摘み取って、薪ストーブの灰を使ってアク抜きし、今夜、頂きました!

牛肉とワラビの炒め物…。

味付けは、麺つゆだけのシンプル料理。

でも、コレ、結構おいしんです!

今年の春の到来は遅めでしたが…。

それだけに、おそらく一気に山菜が次々と目を出すでしょう!

もう、この辺では桜も開花しましたし、直ぐに「タラの芽」も芽吹くことでしょう。

こんな、とれたての山菜を楽しめるのも、里山暮らしならではの特権!

 

これからしばらくは、山菜の収穫に忙しい時期に入りそうです!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする