飛行中年

空を飛ぶことに薪ストーブ、そして、旅をこよなく愛する一人の中年のブログです。





薪の中の虫ってクレーム???

2018-05-17 22:12:49 | 薪ストーブってどんなもの?(what's woodstove)
薪ストーブを焚くには、当然薪が必要です。

この薪について…。

かなりの認識の違いがあるようで…。

私などは大雑把な性格なので、薪には虫が付いているのが当たり前と思っているのですが…。

人によっては、この虫が我慢できない方もいらっしゃるようです…。

これについて、今一度考え方を整理しておかないと、将来大変なことになるかもしれないので、今回このブログの中で私の考えを述べさせていただきます…。





私は汗を流しながら薪を作ることが大好きです!

これは、薪ストーブの楽しみの一つだとも私は思っています。

そうやって、自分で薪を作った後は、その薪を積み上げて乾燥させるわけですが…。

薪を乾燥させていれば、そこには当然虫が付きます。

これは、自然の摂理であり、薪はカミキリムシなどの幼虫にとっては絶好の食物であり住処であるのですから、当然カミキリムシを始めいろいろな虫が卵が産み付けます。

私はこれは自然なことだと思い、特に薪につく虫については対策をとっていません…。

自然なまま、ありのままに薪をじっくりと時間をかけて乾燥させ、ふた夏超えたくらいで、暖をとらせていただくために薪ストーブへとくべています。

しかし、人によっては、この薪につく虫がどうにも我慢できずに薪屋さんにクレームを言う方がいるようなのです…。

すべてが規格化されている現在、野菜にしろ果物にしろ、「商品」に虫がついていればそれは「クレーム」です。

これは「商品」である限り仕方がないことであり、そのため、このような食物を作る農家さんは、そのようなクレームが出ないように食物に農薬をかけ、生き物が住めない環境を食物の中に作ります。

現在社会は、そのような生き物が住めない食物を私たちが食べることが当たり前となっています。

(ちなみに、私の実家は農家なのですが、この農薬の一番の被害者は農薬を散布する農家の方だと思います。農薬散布時、当然マスクはしていますが、それでも、結構な農薬を吸い込んでしまいます。)

これ、野菜や果物くらいですから、その農薬の毒性は弱くても大丈夫なのですが…。

話が「薪」となってしまうと状況は変わってしまうと思います。

薪のように大きなものに農薬を浸透させて虫を駆除するには、相当毒性の高いものを使わなければならないはずです。

しかも、薪には当然農薬使用の規制がありません。人の口に入る野菜や果物には厳しい規制がありますが、薪なんてもはや農薬とも言えないような毒性の高い薬剤を使用してもお咎めがないわけなんです…。
これでは、虫のクレームをなくそうと、薪屋さんがとんでもない毒性の高い薬剤を薪に散布しかねないのです。

このような毒性の高い薬剤を含んだ薪を、薪ストーブで焚いた場合…。

ほとんどは分解されずに、煙突から付近一帯にこの毒物をまき散らす結果になるのではないでしょうか?

さらに、そうやって付近一帯に毒物をまき散らした結果、健康被害が出たとしても、まさか薪ストーブの薪の毒だとは思わないので、その原因特定に時間がかかってしまうと思うのです…。

薪につく虫をクレームとして訴えていると、結果、このようなことが起こるのではないかと私は心配しているのです。



世の中には人工薪というものがちゃんとあります。

これならば完全な工業製品なので、虫が付いていることはありません。

どうしても薪の虫が気になる方は、このような人工薪を使ってほしいのです…。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワンにゃんワックス?

2018-05-07 21:22:48 | うんちく・小ネタ(absurd story)
いきなり変な題のブログで始まってしまいましたが…。

東洋産業さんのワックスがすごいんです!

今日はちょっとそんな報告です…。




我が家には老犬が一匹いるのですが…。

最近足腰の弱りが進んで、床が滑って歩きにくそうだったんです。

このままほっといては、そのうち怪我でもしかねません。

そのため、滑らないワックスはないか…。と、探してたどり着いたのが、今回御紹介する東洋産業さんのワンにゃんワックスだったんです。

この商品、はっきり言ってスゴイです!これほどワックスとして良質なものとは思いませんでした。買って大正解でした!

具体的にどのようにすごいのかというと…。



まずこのツヤ!

床が別物になったようです。

ホームページに「使用前 使用後」みたいなサンプル写真があったのですが、正直、そんなの商品を売るための「ヤラセ」だろうと思ったのですが、使ってみると、それはウソではありませんでした。

ご覧のようにすごくツヤが出たんです。

また、目的でもあった老犬の滑り止め効果なのですが…。

我が家の犬は乾燥肉球のため、肉球ケアは必要ではあったんですが、驚くほど滑らなくなったのです!

人が素足で歩く分には、まず滑ることはないでしょう!

とても効果があったと思います。

子供や御老人のいらっしゃるご家庭では、かなりお勧めできます。

また、今回買った物は2リットルボトルのもので、説明書では30畳の広さを二回塗り出来ると書いていたのですが…。

実際にはその倍近い広さを塗ることができました!

これだけ塗れる面積を、遠慮して狭まめにしているところも、とても良心的だと思います。

この東洋産業さんのワックス。今回使用したワンにゃんワックスの他にもツヤ優先のものや、耐久性優先のものなど、いくつかの種類があります。

詳しくはホームページをご覧下さい。

わたしは今回のワンにゃんワックスしか使用していませんが、他の商品もかなり期待できると思います。

ちなみに、東洋産業さんのワックスは一般のホームセンターなどには置いておらず、入手はネットでの購入が一番手っ取り早いと思います。

これだけ優れた商品なのに、ホームセンターでは扱われていないのは不思議なのですが、何らかの理由があるんでしょうね!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丈夫な薪積みをつくるには?

2018-04-29 16:22:03 | 薪ストーブってどんなもの?(what's woodstove)
薪ストーブを焚くうえではどうしても必要です。

この薪を場所をとらずにストックするために、薪積みを作らないといけないことがよくありますが…。

安定して崩れない薪積みって、やってみると結構難しいものです。

下手な薪積みを作ってしまうと、途中で崩れてしまったり、それをまた積み直したり…。余計な労力が必要になってしまいます。

でも、丈夫な薪積みの方法が分かれば、薪積みも崩れることなく、その保存が楽になるものです。

今回は、薪ストーブ愛好家の方々の参考になるかもしれないので、 私が実際行っている薪積み方法をいくつか御紹介したいと思います!



まず、薪積みの基本は両サイドを井桁組にし、その中は棚積みにする事だと思います。

例をあげると下の写真のようなものですが…。



注意してください!

井桁組の部分が、外には崩れにくく、中に向かって崩れやすくなるように、外側が少し持ち上がった形で組まれていますよね!

この組み方により、中の棚積みの薪は、その自重で外に押し出す力が出ますが、その力を打ち消すように井桁組が内側に向かって押す力が出るため、それぞれの力が相殺されて安定した薪組みが出来ます。

この組み方の注意点として、井桁組の両サイドに位置する薪は高め、そして、中に積む薪はそれよりも低めのものを選択したほうが、薪組みがグラつかず、より安定した薪積みを作ることができます。



そして…。

さらにこの井桁組の部分を強固にする方法として、私は下のような組方をしています。



わかりますか?

井桁組の枠から外れ、中央に向かって飛び出した積み方をしている一本の薪がありますよね!

この一本の薪は、上からの薪の重さにより強固に固定されているのですが、その固定された薪で更に井桁組の薪が外に向かって崩れないように押さえ込んでいるのです。

私はこの薪の事を勝手にアンカー薪などと言っていますが、この積み方で更に薪積みが強固になるので、最近では頻繁に使っています。


また、このような薪積みを並行して積む場合なんですが…。

下のような積み方をすると、薪積みが崩れにくくなります。



今回良い写真がとれなかったので、図で説明です。

薪積みをつなぐように、数か所だけこのような薪の積み方をするんです。

これ、ほんの数か所やるだけで、ずいぶん薪積みが崩れにくくなります。

薪積みの間の風通しもほとんど変わらないため、結構有効な積み方だと思います。



今回、私が実施している薪積み方法をいくつかご紹介させていただきましたが、まだまだ私も勉強中!

薪にどんな荷重がかかるかを考えながら薪積みを作る作業って、うまくいくと結構楽しく、これだけでもそれなりにハマってしまいます!

もしこのブログを読んでいただいている方の中に、「こんないい積み方もあるよ!」という意見があれば、どんどん教えてください!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高齢者の方の交通事故問題…。

2018-04-24 22:01:06 | うんちく・小ネタ(absurd story)
先日、近くの郵便局でショッキングな光景を目にしました。



そうです。

老人が運転する車が、最近世間を騒がしている運転のミスにより 、激突したものです。

幸い、被害は建物だけで誰も怪我はしなかったため、ニュースにもならなかったのですが…。

この例のように、ニュースにはならなかったものの、結構、老人の運転による事故って、あっちこっちで起こっているのではないでしょうか?


世間では、ここ近年このような老人の運転ミスによる事故がマスコミでよく取り沙汰されています。


私は、そもそも自動車の運転能力に問題があるような老人が、普通自動車という大きな乗り物を運転していることに疑問を感じているのです…。

軽自動車といえども、高速道路を走行できる動力性能に、350キロの積載量を持っています。

老人が生活するのに、このような車の性能は必要ないと思うのです。


市街地など、交通網が整備されているところで住んでいる場合、老人が免許を返納しても、その生活は何とかなるとは思うのですが…。

問題なのは、私が住むような一般の交通機関がほとんどないような僻地で生活する老人なのです。

コンビニですら数キロほど離れており、お金をおろすにしたって、一番近い郵便局まで行くにも、老人の足では一仕事になってしまう場所は、この日本にはまだまだたくさんあります。

最近では、バスも走らないような場所でも、「乗り合いタクシー」なども普及してきてはいますが、それも実際に使うと、好きな時間に移動できないなど不便さもあると聞いています。

つまり、老人から「乗り物」をすべて取り上げてしまうことは、私は正直無理があるのでは?と感じているのです。

で…。

以前より疑問に思っているのですが…。

老人には老人の能力に見合った乗り物の使用を考えているのも一案なのではないでしょうか?

例えばシニアカー。

これならば、スピードも出ず、少しくらいの距離ならば移動は出来ます。

また、シニアカーでは移動に時間がかかり役不足を感じる場合は…。

原動機付自転車の免許で乗れる、「電気自動車」や、「50ccミニカー」を考えてみても良いのではないでしょうか?

例えばこんな車や



こんな車などです。



これならば、それなりの距離も楽に移動できますし、何か操作ミスがあっても、普通自動車のような大きな事故にはつながりにくいと思うのです。

さらに考えを進めると、もっと小馬力で軽量な乗り物が出来れば、より安全性は増すと思います。

正直、馬一頭分の一馬力の力で、昔の人は生活していたのですから、その程度の動力を積んだ軽量車で十分生活できるように思うのです。



御老人の方で、そろそろ運転に不安を感じ始められた場合、出来れば運転免許は返納していただきたいのですが…。

諸事情でなかなかそれも出来ないような方は、私は上のような、より扱い易い乗り物に早めに乗り換えてほしいと考えているのです…。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダッチオーブンは家宝!

2018-04-19 09:11:09 | うんちく・小ネタ(absurd story)
「60年使ったダッチオーブンは家宝!」ということわざがあることを、皆さんは御存じでしょうか?

60年とまではいきませんが、実は、我が家には20年ほど使い込んだダッチオーブンがあります。

しかし、20年の使い込みだけでも、ダッチオーブンは家宝になるということが、私はよくわかるようになりました。

それほどまでに、20年使った我が家のダッチオーブンは、とても使いやすくなっているのです!

既に油膜の地肌も出来上がって、普通に使っていれば、もはや錆びてくることもありません。

はっきり言って、手入れも火にかけて乾かしているだけで、たまに気が向いたら表面に油を塗っている程度の手入れしかしていません。

どんな料理もおいしくできて、特に、煮込み料理なんかは肉がとろとろになるまで煮込めて、とてもおいしく仕上げられるのです。

この仕上がりは、ちょっと他の調理器具では真似出来ないと思います。

しかし、ダッチオーブンはその手入れが大変!なんてイメージがあるため、なかなか、この調理器具を使い続けている方はいないように思われます。

でも、ほんのちょっと、本当ほんのちょっとの知識があるだけで、ダッチオーブンは簡単な手入れを行うだけで、使いやすい調理器具に変身してしまうことを、皆さんは御存じないのではないでしょうか?

今回はそんなことをお話したいと思います。



ダッチオーブンというと…。

その手入れが大変!!!

というイメージがとかく付きまとい…。

実際…。

買ったいいが、キャンプで一、二回使ったきり面倒くさくなって仕舞いっぱなし!

そのまま錆させてしまった…なんて、とてももったいない話をよく耳にします。

これは本当「宝の持ち腐れ」というしかありません。

それではなぜ、ダッチオーンを使うのが面倒くさくなったのか?という事ですが…。

まずは、

シーズニングにて、焼いて油を塗ってクズ野菜などを炒めて、その後ゆっくり冷やし…。

また、同じことをやって鍋肌に油膜を作って…。

その後は、洗うときは洗剤も使わずスポンジだけで…。

焦げ付けば、お湯をはってしばらく煮続けて、汚れを浮かせて…。

なんて…。

取扱説明書には、とにかく面倒臭いことを書いています!

しかし、コレ…。

最初から煮込み料理などの、ダッチオーブンにとってダメージの大きい料理をしようとするから、こんな面倒臭いことをしなければいけないのだと私は思います!

それでは、どんな料理を最初にすれば、ダッチオーブンにダメージがないのか…。

それは…。

油を使った「揚げ物料理」を最初のうちだけ続けることにより、ダッチオーブンはすぐに使い易くなると私は思うんです!

もともと、ダッチオーブンが世に出てきたのは、アメリカの西部開拓者の方たちからだといわれています。

この当時の開拓者の方たちの食材の調理方法といえば、とにかく何でもかんでも油で揚げていたと私は聞いています。

そんな、油で食材を上げてしまう調理方法が、実はダッチオーブンを使い易い調理器具に変えるのには最も向いている方法といえると思います!

油で揚げれば焦げ付くことはまずありません。

調理が終わった後は、油を別の容器に移し…。

まずはお湯をはってしばらく煮ます。

これで汚れだけでなく、余計な油もほぼ取ることができます。

お湯を捨てて、その後は火にかけ乾かします。

冷めてきたら、クッキングタオルで鍋に残った油を全体にまんべんなく広げます。

コレを最初のうちだけ繰り返していればいいんです!



そうすれば、ダッチオーブンには油膜の肌ができ上がり、使い易い調理器具へと変化してくれます。

一度油膜の肌が形成されれば、煮ものなどの料理を行っても、後の手入れが簡単に済んでしまいます!

ただし…。

ダッチオーブンの使い方の鉄則として、調理が終わったら、すぐに料理を取り出して、鍋をきれいに洗って手入れしてくださいね!

料理をダッチオーブンに入れたままにすると、一晩で錆びてしまいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加