平和の歌・核兵器絶滅へと戦った英雄の歌

トップページに平和の歌が投稿

青空学校日記

2018年11月04日 | Weblog

第23回           教室のない学校

             青空学校日記  作 中道 進

1995年5月1日

(母を特に大切に)    日蓮大聖人

 

だれよりも汗を流し、少き、勇敢に戦った、名もなき民衆、その人こそ、将軍よりも、誰よりも、一番。   ホイットマン

 

行動する人こそ尊い、実証を示す人こそ尊い、戦う人に上下などない。上下などにこだわっていては敗北しかない。  先生

 

1995年5月2日

人間と動物との違いは、理想をもっているかどうかです。

                      イスラエル シロニー教授

 

たとえ一人になろうとも、全世界と立ち向かい給え

                         ガンジー

 1195年5月10日

舎利弗たちは、方便品によって目覚めた人間の中に入る行動を誓い、民衆に奉仕する声聞となった。 言葉

 

 

 1995515

畜生の梟鳥はうまれて必ず母を食べるという。波瑠璃王(はるりおう)は釈迦族の使用人が母のことで恥奪を受け、復讐をする。父を追放し、釈迦族500人を殺した。だが、のち、焼死した。現在、僧侶で仏の名で布施させ遊び三昧もいる悪がいるが、まさしく梟鳥のごとくである。

 

1995516

 浄蔵、浄眼は父の苦悩を救った親孝行。目連も、母が冥土で苦しんでいたが救った。親孝行である。親の恩は山より高いとある。まさしく、人間である。

 

1995521

 心で見なければ何も見えない。言葉

 

 人間、表面で判断しやすい。例えば、立派な背広を着ている人は偉いと判断する。だが、その紳士は、いつも文句を言い、怒鳴る人もいる。反対に、よれよれの、ジーパン姿の青年が人間出来ている場合もある。心だ、反省。

コメント

OPINION

2018年10月31日 | Weblog

灯り     Opinion

 インドネシアでマグニチュード7,5の地震があり、1234人の死者が出ている(103日現在)、インドネシアの要請で、世界25カ国が物質支援をしているが、地震発生地域には届いていないので地元庶民の間で政府に不満が出ている。地震ニースは地震の多いい日本国は無関心ではいられない。世界ではいろんな出来事がある。

パレシチナ、イスラエル問題、イラン対サウジアラビア、米国等の緊張関係など。本来、人間は楽しく生まれてきた。しかし、心の病気か、憎しみや悪口が対人間関係に発生し、そして、国と国が争いと拡大し、地震や自然災害が起き庶民の生活が脅かされる。故に、仏様が、世に出現し人々の苦悩、国の安全の実現のために正法を弘教される。鎌倉時代に出現された日蓮大聖人は、人々の幸福と国の安穏のために戦い弘教された。

  人々や国の幸福や平和のためにあるのが僧侶の使命である。しかし、大石寺の僧侶の見本であるべき頭の法主が金もうけに走っていては世の中が乱れてしまうのは当然である。報道によると、日顕が大石寺の法主時代、1994年に東京に10億の豪邸を買い、そのあと、渋谷に、25億円の豪邸、2008年には、都内に、2億円のマンションを所有していることが発覚した。mた、台所には700万円以上のドイツ製のシステムキッチンも導入している。この姿であるからまったくの驚きである、僧侶というのは、人々から敬意されるなど尊ばれている。しかし、これを利用し、戒名料や布施などで利益を貪っている。世界の平和をいのってしっかりと菩薩業に励んでもらいたいものである。

                                                                                                              月刊 KIBOU  11月号

コメント

    核問題

2018年10月29日 | Weblog

       広島の原爆の恐さ  

昭和20年8月6日、広島に原爆が落とされた。即、爆心から1,2キロ地点 その日のうち 50%死亡 すなわち、
 1回の投下で14万人とも20万人ともいわれる人が死亡。多大の人が後遺症に苦しんどぃます。その時代の第二次大戦時は原爆の開発は、日本、ドイツ、米国、イギリスなどで行われていた。冷戦時は、米国、ロシア、フランスなど2,000回の原爆実験が行われた。現在の原爆の威力というと80倍はあるとも言われ、広島型の6000倍の核爆弾が存在する。

2017年1月にて、世界では1万5000発以上のの核弾頭があり、188発の核兵器が、即発射できる(高度警戒態勢)に置かれている。

 近状態

 米国、北朝鮮の非核問題等が話し合いされたが、先行き不透明、また、強国は変わらず核保有をしている。故に、庶民の監視は大切だ。核の威力は恐ろしさがある。

 

 トランプ大統領 INF廃棄条約から離脱発表 2018年10月

 米国議会があるから離脱は困難であるが、しかし、指導者の方向性で緊張感が出る。この、トランプ大統領の表明で、旧、ソ連に属していた、バルト三国を震えがせたとの情報もある。又、欧州も、ミサイルの配置が欧州にも可能になるので恐怖が生まれる可能性が十分ある。現に、欧州の指導者は離脱には反対表明されている。また、離脱が可能になったら、大国の利害関係で日本にも大きな影響を与えるのは明らかである。核兵器は、人類に多大な被害を与える恐ろしい兵器である。故に、庶民の監視は大切である。

 

 

PR

CD   MUSIC                                                                                                                                                                                                  

          核廃絶へ 広島と16歳の娘

                                                        歌 中道 進

解説 この歌は、原爆で死亡した赤ちゃんに、母が悲しみで、死亡した赤ちゃんにトマトを食べよと泣きじゃくるなど事実を。また、現代の女性の明るい姿などを。悲しみと、希望など含めた物語を歌う。(抽選で1名様にプレゼントします)

コメント

 将棋

2018年10月27日 | Weblog

将棋

 題名ある詰将棋      

  王、裏方の歩兵に負ける

何手 詰みか?

 

 

 

正解者には粗品

            抽選で1名

  答えを記入し住所、氏名を下記に送ってください。抽選で1名様に粗品をお送りします。締め切り 10月末

                       anoyama2@gmail.com

 9月の答え  25手詰み

コメント

Trip Memory 甲府 信玄

2018年10月26日 | Weblog

Trip Memory 2014年4月の旅       

甲府の旅    

 信玄公祭り

 甲府駅に1500人の軍勢

 

武田信玄というと、戦国時代には天下にその名が響いた勇猛な武士であった。その勇猛な武士を賛嘆し、甲府で信玄の命日412日頃行われている。本年も4月6日には、お祭りで、県内各地から1500人の軍勢甲府駅から川中島へ向かって出陣、当時の再現する。

 山梨というと200-3000M級の山々で勇ましいが、その時期には、その山々に、百花ともいう花が咲き見頃でもある。


信玄公祭り

山梨県甲府

 山梨県内から集結した1500人が甲府駅から

川中島へ出陣への再現

 

 

案内

信玄公祭り

祭りの案内 パンフレット配布 甲府駅付近

 

風林火山総踊り

 城東通り

他さまざまなイベント有り

 甲府の町全体が信玄の祭りを、子供も大人も楽しんでいた。信玄が亡くなってはるかな年数がたっているが、この日も、信玄の人徳を祝っていた。


コメント

青空学校日記

2018年10月24日 | Weblog

第22回            教室のない学校

            青空学校日記  作 中道 進

1995年4月23日

 オーストラリアの言葉に(朝が来れば必ず太陽が昇る)(雨のあとには必ず太陽が輝く)ある。そうした太陽な生き方を私は両親から学んだのです。          

                                       オスロラリア・サイフェルト女史

 

 第五 三十三身利益の事

 三十三とは三千の法門なり、三身とは三諦の法門なり  御書

 

三千とは、十界互具の、一念三千である。十界互具とは、地獄、餓鬼、蓄生、修羅、人、天界、声聞、縁覚、菩薩、仏の十界である。その心は広く三千世界があるのである。例えば、天界は喜ぶ姿であるが、その天界にも地獄界、餓鬼界など十界がある。その十界は誰しもある。そのありのままの最高の姿で弘教こそ利益が積まれる。

 

 自分らしい生き方が最も尊いし、最も人々の心を動かすものである。

                                 言葉

1995年4月24日

 ロシア チェチェンで大規模な殺リク殺戮(さつりく)

 セルビア ボスニアのクロアチア人とイスラム教徒に対し民族浄化

 

ヒンズー教徒とイスラム教徒 パレスチナとイスラエル

 スミー派トシーア派 トルコとクルド、ルアダン国ノソチ族と

 フツ族 アルジェリアでの内紛

 世界には火寛容の嵐が吹き荒れている。宗教、国家、民族の違いからくる増悪が残虐な紛争となっている。

 

世界は荒れている。話し合いされれば解決できる。しかし、争いである。ブスニア紛争、ロシア、イスラエルなど争いが絶えない。正法は平和を実現できる。

 

4月25日

  立派な外交のできない人間はえらくなれない。  言葉

  人民のために働こう     周恩来

 大衆のために、大衆とともに 周恩来

  

 4月29日

 バラゲール大統領 (ドミニカの民主の父)

(貯金口座もたない。俸給は余ったら国庫へ返す。福祉にも使う)

コメント

旅 有楽町

2018年10月08日 | Weblog

旅 東京

   有楽町    交通会館

 

 92日に有楽町にある交通会館に行った。15Fには、レストランがある商業ビルである。ここには、富山県、大分県、北海道、博多など地方の名産品店があり、人々で賑わっていた。また、飲食店もあり、そのなきら、喫茶ジュンに入りバニラアイスを注文した。きた、バニラが、早速スプーンで口の中へ、美味い、おいしい、口の中では冷たいバニラがにぎわった。有楽町駅近くには、大人気の宝塚歌劇があり、また、皇居外苑、帝国劇場、出光美術館、銀座なども近くにある。この日、駅近くでは、人々が長い行列をしていた。何かと思ったら、秋田犬とふれあいコーナーがあつた。リラックスを、心のゆとりを人々は求めているのである。現在社会、人間不信が広まる。故に、隣は知らない、家や団地など少なくない。高齢者ホームにても、ふれあいでのヤギや羊など動物が喜ばれる。見知らね人間では疑心疑惑は当然なのであろう。

親子でも子供はゲームに夢中で会話どころではないのだろう。学校でも、先生と生徒の不信感があるゆえに暴力沙汰や登校拒否、閉じこもりなどもある。統計によると、中学の不登校児が91、446人であり、全体の2、56%なのである。未来のある青少年の教育は国の栄と衰亡がある。故に、しっかりと対策をすべきである。

 話は元に戻るが,有楽町、近辺には、にぎやかな所や魅力的な繁華街も多いい。交通便も良く、日本の中心的な街でもある。故に、その魅力的な歌舞伎や宝塚歌劇や銀座などを訪ねたいものである。


秋田犬とふれあいで並ぶ人たち(有楽町)


案内 交通会館

 千代田区有楽町2-10-1

15Fのビル、多数の飲食店や商業店などある。

9Fには囲碁センターがあり、素人でもできる

交通  有楽町駅前(メトロ線)



コメント

詩 紫の花

2018年10月04日 | Weblog

 

        紫の花

       紫の夏の花

       美しいと通行者は

       言うけれど

 

       風が吹けば飛んでいく

       わずかな命なの

       けれど 生きて生き抜くわ

 

       この世に生まれた使命を

       果たすまで 強く 強く

       生き抜くわ

 

                 遊歩

 

コメント

OPINION

2018年09月30日 | Weblog

 

灯り     Opinion

 誰しも幸福は願っている。法華経には心の中に幸福があると説かれる。故に、仏様は身の財より心の財を大切にと説かれた。莫大な財産を持っていても、家庭不和や心の病気で喧嘩ばかりや暗くなるばかりであっては不幸である。反対に、財産なくても明るい家庭や、心が健康であれば人生は醍醐味である。仏様は、財産より、人々をどのように救うか、人々の苦悩を救うことが悩みであった。例えば、譬えを説いて、不軽菩薩は、人には誰しも仏界があると礼拝修行された。だが、中には、石を投げたりなので迫害をした。しかし、遠く離れ、又、その人に対し、礼拝された。この譬えをだして、誰しも尊い生命がある、また、忍耐の大切なことを教えられた。すなわち、不軽菩薩は誰しも心に財があって、幸福は誰しも求める権利であることを示されたのでしょう。不軽は人々に尽くす菩薩である。今で言えば僧侶である。僧侶といえば、大石寺の僧侶は金の集めに懸命である。信者が、お金がないといっても、家族一人、6万円にしておきましょうと強制てきに布施させる。山門や五重塔の改修の名目である。日顕が法主時代は勤行をさぼり一族郎党を引き連れて高級温泉旅館で大豪遊であったからひどいものである。個々に悩み大きな時代、先行き不安定な時代、僧侶のすべき仕事、修行を改めて考えるべきだろう。不軽菩薩は、人々の幸福のために戦ったのだった。不軽菩薩と言わないが、人々の幸福のために考えるのが当然ではないだろうか。   

                                                            KIBOU 10月号

       

コメント

核兵器廃絶問題とPR

2018年09月28日 | Weblog

    広島の原爆の恐さ  

昭和20年8月6日、広島に原爆が落とされた。即、爆心から1,2キロ地点 その日のうち 50%死亡 すなわち、
 1回の投下で14万人とも20万人ともいわれる人が死亡。多大の人が後遺症に苦しんどぃます。その時代の第二次大戦時は原爆の開発は、日本、ドイツ、米国、イギリスなどで行われていた。冷戦時は、米国、ロシア、フランスなど2,000回の原爆実験が行われた。現在の原爆の威力というと80倍はあるとも言われ、広島型の6000倍の核爆弾が存在する。

2017年1月にて、世界では1万5000発以上のの核弾頭があり、188発の核兵器が、即発射できる(高度警戒態勢)に置かれている。

 近状態

 米国、北朝鮮の非核問題等が話し合いされているが、強国は変わらず核保有をしている。故に、庶民の監視は大切だ。核の威力は恐ろしさがある。

 

PR

CD   MUSIC  予約発売                                                                                                                                                                                                  

          核廃絶へ 広島と16歳の娘

                                                        歌 中道 進

解説 この歌は、原爆で死亡した赤ちゃんに、母が悲しみで、死亡した赤ちゃんにトマトを食べよと泣きじゃくるなど事実を。また、現代の女性の明るい姿などを。悲しみと、希望など含めた物語を歌う。(抽選で1名様にプレゼントします)

 

コメント