狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

後ろ手に縛られ足蹴にされた日本

2010-10-25 07:26:20 | 中国

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 
 ブログセンターランキングへクリックで応援願います

昨日の日曜日、憲法関連の講演会に行った。当初、憲法の条文の勉強でもさせられるのかと乗り気ではなかったのだが、知人に頼まれ当日記でも講演会の告知に協力した手前、時間があるのに参加しないのもナニだからという程度の参加だった。 だが、今問題になっている尖閣問題に憲法問題を絡めた清原淳平氏の講演は淡々とした語り口ながら非常に興味深く、有意義な話であった。

 

尖閣沖で再度中国の領海侵犯が行われたらどうなるのか。

複数の漁船で乗り付けて上陸を強行したらどうなるのか。

管内閣は「粛々と国内法にのっとり対処する」というが、果たして国内法で対処できるのか。

領海法等の関連の法整備を怠っているわが国の法体系は、条例⇒政令⇒法律⇒憲法、と憲法が全ての法の上に立つ。

憲法九条を改めて読んでみた。

1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」

この条文を熟知の上領海侵犯を強行してくる中国船に海保はどのように対処せよというのか。

一瞬、今回の中国の領海侵犯事件を評した西尾幹二氏の次の言葉が脳裏をよぎった。

後ろ手に縛られたまま、腹を足蹴りにされているようなもの」(『WILL』11月緊急増刊号)

もちろん足蹴にしているのは中国で、後ろ手に縛ったのはアメリカ。

そして身動きできないように縛り上げた太い縄が、上記の憲法九条になる。

日本は専守防衛を義務付けられ、独力では国を守れない国にするというのがアメリカの根本方針であり、その強力な「縛り」が憲法九条になるのである。

アメリカによってもたらされた憲法を金科玉条のように信じ続けた日本は、昭和21年の憲法公布以来64年目にして、中国の領海侵犯により太平の夢を破られたのである。

「太平の眠りを覚ます上喜撰、たった四はいで夜も眠れず」(江戸庶民)

「太平の眠りを覚ます漁業船、たった一はいでてんやわんや」(平成庶民)

講演内容の詳細について稿を改めるとして、講演終了後、筆者の前に座っていた以前米軍関係に勤務していたという方が、「返還前の沖縄でオグデン少将の名で公布された「布告27号」によって沖縄の領域は尖閣諸島を含むと明記されている」との発言があった。 

米軍が公布した布告(布令)といえば現在50代以上のウチナーンチュなら米軍占領下の沖縄では絶対の権力を持つ憲法のようなものという印象で今でも記憶に残っている言葉。

復帰直前になり、弁護士資格を持たない弁護士(沖縄のみで通用していた)を簡単な資格試験で正規の弁護士にしたのも「布告(布令)」であり、復帰直後はこれらの弁護士を称して「布令弁護士」と自嘲的に言った時代もあったし、米軍が作った琉球大学を「布令大学」と自嘲した時代もあった。

話が脱線したが件の「布告27号」はこれである。

琉球列島の地理的境界

          米国民政府布告第27号
          昭和28年(1953)12月25日

 琉球列島住民に告ぐ
1951年9月8日調印された対日講和条約の条項及び1953年12月25日発効の奄美諸島に関する日米協定に基
づき、これまで民政府布告、布令及び指令によって定められた琉球列島米国民政府及び琉球政府の地理的境界を
再指定する必要があるので、本官、琉球列島民政副長官、米国陸軍少将、ダヴィド・A・D・オグデンは、ここに次のと
おり布告する。

第1条 琉球列島米国民政府及び琉球政府の管轄区域を左記地理的境界内の諸島、小島、環礁及び岩礁並びに
領海に再指定する。
  北緯28度・東経124度40分を起点とし、
  北緯24度・東経122度、
  北緯24度・東経133度、
  北緯27度・東経131度50分、
  北緯27度・東経128度18分、
  北緯28度・東経128度18分の点を経て起点に至る。

第2条 前記境界を越えて境界の設定又は管轄の
 実施を指定する琉球列島米国民政府布告、布令、
 指令、命令、又はその他の規定はここに前条に準じて改正する。

第3条 この布告は、1953年12月25日から施行する。民政長官の命により発布する。
         民政副長官
         米国陸軍少将
             ダヴイッド・A・D・オグデン
 
                     ◇
 
復帰前の尖閣諸島についての米側の公式見解にはこのようなものもあった。

マクロスキー報道官の質疑応答 in 1970


質問
There have been news reports that the Republic of China flag has been raised over the Senkaku Islands which have been administered by the U.S. as part of the Ryukyu Islands. What is the U.S. Position regarding the future disposition of the Senkaku Islands ?
[訳]
琉球列島の一部として米国の施政権下にある尖閣諸島に、中華民国の国旗が立てられたという報道があるが、尖閣諸島の将来の処置に関し、米国はいかなる立場をとるのか。



回答
Under Article Ⅲ of the peace treaty with Japan, the U.S. has administrative rights over the "Nansei Shoto." This term, as used in that treaty, refers to all islands south of 29 degrees north latitude, under Japanese administration at the end of the second world war, that were not otherwise specifically referred to in the treaty. The term, as used in the treaty, was intended to include the Senkaku Islands. Under the treaty, the U.S. government administers the Seenkaku Islands as a part of the Ryukyu Islands, but considers that residual sovereignty over the Ryukyus remains with Japan. As a result of an agreement reached by President Nixon and Prime Minister Sato in November 1969, it is anticipated that administration of the Ryukyus will revert to Japan in 1972.
[訳]
対日平和条約第三条によれば、米国は「南西諸島」に対し施政権を有している。該当条約中のこの言葉は、第二次世界大戦終了時に日本の統治下にあって、かつ、同条約中ほかに特別の言及がなされていない、北緯二十九度以南のすべての島を指すものである。平和条約中におけるこの言葉は、尖閣諸島を含むものであることが意図された。該当条約によって、米国政府は琉球列島の一部として尖閣諸島に対し施政権を有しているが、琉球列島に対する潜在主権は日本にあるものとみなしている。1969年11月の佐藤総理大臣とニクソン大統領の間の合意により、琉球列島の施政権は、1
972年中に返還されることとされている。


質問
What would the U.S. postion be if a conflict acrose over sovereignty over the Senkaku Islands ?
[訳]
もし、尖閣諸島に対する主権の所在をめぐり紛争が生じた場合、米国はいかなる立場をとるのであるか?


回答
With respect to any conflicti
ng claims, we consider that this would be a matter for resolution by the parties concerned.
[訳]
主権の対立がある場合には、右は関係当事者間で解決されるべきであると考える。

1972年の日本復帰の前の1970年7月、当時の琉球政府は尖閣に調査団を派遣し、尖閣は沖縄の行政地域であるという告示看板を設置し、復帰に先立ち「沖縄県石垣市」と刻銘した石碑を建てている。

その際尖閣・魚釣島から持ち帰った」「晴天白日旗」(中華民国国旗)を政府庁舎の主席室で眺める当時の屋良朝苗主席の興味深い写真もあるようだが、中華民国から抗議があったという記録はない。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 
 ブログセンターランキングへクリックで応援願います

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青山さんが「県民の集い」を語る | トップ | 尖閣諸島 琉球政府資料 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
驚きもし、腹立たしくもありました。 (安仁屋正昭)
2010-10-25 13:22:23
私も、少々の遅刻をしながら、参加致しました。 憲法の条文自体が日本語としては、間違った翻訳になっている事もさることながら、領海を確定させる為の三次元物理探査船が自前のものが無かった事には、驚きのしましたが、腹立たしくもありました。
国会議員と官僚達の国防意識の希薄さにです。

以下に、皆様にも共有して頂きたく、呼びかけ文を紹介させて頂きます。
http://www.kyowakyokai.or.jp/event/ev22-1126.html
――中国10数隻、韓国4隻、日本はやっと1隻というこの現実に認識を!――

・・略・当協会は、要請書を作り、平成16年1月、小泉内閣の福田康夫内閣官房長官にお目にかかって対処を要請。福田内閣官房長官は補正予算に40数億円の研究調査費を計上された。その後、当団体で調査の結果、この〔三次元物理探査船〕を造るには200億円位かかることが分かったため、翌平成17年には細田博之内閣官房長官にお目にかかった折、予算建てを進言した結果、200数十億円が計上された。しかし、もはや建造する時間がないということで、ノルウェー船をチャーター。そして結局、ノルウェー船を買い取って、船名を『資源』と名付け、やっと1隻運行している現状である。・・略

軍政府時代 (太平山)
2010-10-25 13:56:24
狼魔人さま

こんにちは、今日のエントリー内容とは違いますが、オクデンの名が出ましたので少しばかりおしゃべりを。

宮古島にもオクデン会館(旧宮古支庁)というのがあり、昔から馴染みの深い名称でした。オグデンとはいったい何者だろうと以前より思っていましたが、 今回「民政副長官 米国陸軍少将 ダヴイッド・A・D・オグデン 」と知り納得した次第です。

キャラウエイ、ワトソン、ランパート等は言わずとも高等弁務官とは判りますが、オグデンは調べないと判りませんね。市内には他にマクラム通りがありますが、マクラムは調べますとマクラム中佐軍政官でした。宮古にはまたキャラウエイ通り、ランパート通りなど高等弁務官通りがあります。

子供の頃は、民政府とは言わずに軍政府と言っていました。よく青々とした芝生の別世界のような軍政府を見に行き、時に家族たちが食べているサンドイッチに見入っていたものです。あまりしつこく見たのかどうか、年端もゆかない米人子供から「ここへ入ったらおこられるよ」と流暢な日本語で叱られ逃げ帰ったこともありました。

あのようなものが食べられたらもういつ死んでもいいと思ったものですが、現在では100円そこそこの金で買える。何か夢を壊されたような感じで隔世の感がありますね。布令、布告の軍政府(民政府)時代も遠くになりました。
恐ろしき憲法九条 (石原昌光)
2010-10-25 15:39:07
狼魔人さま、こんにちは
アレン・ダレスでしたか、日本の自主防衛に消極的だった吉田茂に切れて、(吉田はマッカーサーの日本は非武装中立を貫くべしという意見に押されて言っていた訳ですが、、、)こんな事を言っていました。
「アメリカとしては、日本の産業を完全に破壊して撤退してもいいわけだ。そうすれば日本は完全に非武装中立になる。
しかし、その結果、日本人は飢え死にするかも知れないが、、、」
最初は何で撤退する米軍が日本の産業を完全に壊滅させる必要があるのか?疑問でしたが、要はダレスは憲法九条を皮肉っている訳ですね。
陸海空軍、その他の戦力はこれを保持しない
この、その他の戦力とは、ダレスの解釈では兵器を運ぶ為の道路、橋、鉄道、軍事にも利用する電話や通信施設、負傷者を収容する病院、など一般のインフラ設備にも及ぶ。
つまり、日本が憲法九条を誠実に遵守するなら近代文明を放棄して縄文時代の生活に戻るしかない。それでいいなら米国がお手伝いしてさしあげよう。そういう皮肉なのでしょう。
元々、憲法九条はあり得ない前提に立って成立しているファンタジーな条文ですから、こんな物を六十三年間、聖典のように仰いでいる日本政府が諸外国に馬鹿にされるのもむべなるかなです。
追記 (石原昌光)
2010-10-25 15:44:41
失礼、それから、それらのインフラを供給する為の産業施設が抜けていました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
第二東京弁護士会人権擁護委員会が「現代排外主義と人種差別規制立法」講演会を企画 (なめ猫♪)
東京第二弁護士会人権擁護委員会主催で、人種差別規制立法をつくるべきという趣旨の講演会が開催されます。 在特会の活動への評価は何度も...