狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

笛に踊らぬ宜野湾市民!ヘリ墜落抗議集会

2010-08-15 08:16:49 | 普天間移設

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

 

今日の沖縄タイムス、25面トップは「沖国大ヘリ墜落事故」に関するシンポが13日の夜、那覇で行われたことを写真入で大きく伝えている。

沖縄の平和学習のリーダーらしき四人のパネリストが発言したようだが、記事の見出しはこれ。

平和 次世代へどう継承

若者視点で「学習」模索

沖国大ヘリ墜落から6年  那覇でシンポ


 

更に同じ紙面にこんな記事も。

米軍ヘリ墜落の写真や新聞展示

宜野湾市役所ロビ

新聞は6年前の墜落事故の日(13日)を二日も過ぎた紙面に、このように関連記事継続報道しているが、

シンポの参加者は約50名と伝えているが,半分以上はマスコミを含む関係者だったとも聞く。

では、その日(13日)の宜野湾市民の動きはどうだったのか。

13日の各種抗議集会を大きく伝える沖縄タイムス記事から、その実態を検証してみた。

                         ◇

昨日(14日)の沖縄タイムスは、前日の13日が沖国大ヘリ墜落から6年目に当たるということで、一面と二つの社会面のトップを、ヘリ墜落関連記事で埋め、更に「普天間基地撤去」の集会や抗議行進の報道がてんこ盛りである。
 
おどろおどろしい大見出しだけで判断する読者なら、沖縄国際大学を中心にした宜野湾市界隈は、怒りに燃えた地元市民の大群衆で溢れていたかのような印象を受けるであろう。
 
ところが、沖縄タイムスが各紙面総動員で扇動したにも関わらず、宜野湾市民は粛々と普通の生活を続けていた。
 
笛吹けど踊らずとは、まさに宜野湾市民のことである。
 
先ず一面トップはこうなっている。

<市内各地では沖国大や市民団体の集会やデモ行進があり、固定化の懸念さえささやかれ始めた同飛行場の早期閉鎖・返還や飛行中止を国内外に訴えた。
 沖国大は事故が起きた時刻にあわせて午後2時10分から飛行中止を求める集いを墜落現場で開いた。米軍機が爆音を響かせる中、大学関係者ら約200人が参加した。>
 
                       ◇
新聞が報じる参加人数は大幅な水増しが相場だが、僅か200名の参加人数の正体を、ウェブには載っていない次の記事で、「200名でも報道陣だけが目立っていた」と、沖縄タイムス自身が暴露しているから驚きだ。
 
◆沖縄タイムス 2010年8月14日
  
告知甘く 参加者少数 沖国大集会
 
消極姿勢に疑問の声
 
沖縄国際大学で開催された集会は昨年に続き少数の学生や教職員らの参加にとどまり、地域住民の姿はほとんどなかった。 大学側の消極性に疑問を投げかける声もあり、告知の仕方や記憶の継承に課題が残った。
同校が在校生に集会開催を告知したのはちょうど夏休み入る今月9日、学内掲示板への張り出しではなく、電子掲示板への掲載だった。 また、地域の案内も宜野湾区など一部の自治会にとどまり、卒業生への連絡もなかった。 参加者数は表向き昨年と同水準だったが、実際には報道関係者が目立った。(略)
 
                       ◇
参加人数が少ないのを「告知が甘い」だの「学校側が消極的」だのグダグダ責任転嫁をしているが、あれほどマスコミが騒いでいるのに、学校側が耳を引っぱってこなければ集まらないようでは、沖国大は小学校並みということか。
 
いやいやそうではあるまい。
 
良識ある沖国大の学生は、死亡者はおろか一人の負傷者も出ていないヘリ墜落事故で大騒ぎするマスコミを騒ぎ過ぎだと判断し、マスコミやプロ市民の扇動に乗らないだけではないのか。
 
記事では他にも「夏休みだった」とか「告知が遅れた事」もイロイロ理由にしているが、実態はほとんどの沖国大生は関心が無いということに尽きるのではないか。
 
その証拠に昨年も「ヘリ墜落抗議集会」は同じ日に行われているが、参加人数は判で押したように200人となっている。
 
昨年の8月14日のエントリー沖国大ヘリ墜落 事故と虐殺の混同!主客転倒の基地移設論を抜粋するとこうなっている。
 
 
◆引用開始
 
<今朝のタイムスの見出しを見てもヘリ墜落事故一色である。

一面トップ

米ヘリ危険放置に抗議 

墜落5年で沖国大集会  普天間封鎖訴え

社会面トップ

今も危険の真下

住民・学生怒りの声

ところが第二社会面には小さな次のような見出しの記事が・・・

そして「街の声」ならぬ近所の商店主の声としてこんな記事が掲載されている。

参加者、一握り

《「沖国大は教官と事務員あわせて約200人いるのに、集会には数えるほどしか来ていなかった。 学生もあまりいなくて報道陣が多いくらい。 びっくりした。」》

おいおい、記者さん、こんな真実を報道して大丈夫ですかね。

抗議集会は、「報道陣の方が多い」というのに、一面の大見出しや三面の「住民・学生怒りの声」とは、どんな声だったのだろう。>

◆引用終了

驚いた!

昨年も今年と同様約200人の内ほとんどが教官と事務職員で学生はあまりいなく、相変わらず報道陣が多いくらいだというではないか。

結局、例年行われている沖国大のヘリ墜落抗議集会は、去年に続いて今年も、

「マスコミの、マスコミによる、マスコミのための集会だった、ということになる。

つづく

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日の捏造だった皇居前の号... | トップ | 続・笛に踊らぬ宜野湾市民 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当の民意は何処に? (ayataro04)
2010-08-15 19:33:58
日本がどんどん解けて行く様です。

普天間小学校も2度の移転問題に、基地反対左翼が闘争のシンボルが無くなると言って反対しました。
子供を人質に取って危険を訴える姿勢は何なのでしょう。

大学も基地が在るのに、横に建て、基地の危険を訴える沖縄の左翼。
まるで韓国の反日の左巻きと追随してあおるマスコミの図式にとてもよく似ているのが悲しいです。
落選して出版した元民主党の参議院の本に「沖縄は独立した方が良い」と左翼総理が言った書いてある様ですが、沖縄の左翼にはかなりのショックを与えたのではと思っています。

言いたい放題で、要求をぶつけ膨大な税金で沖縄の経済を支えていた事実を見ないで、もし日本が見放したらと言う現実を考えたらかなり厳しいものをマスコミも感じたのではと思います。
日本が潰れたら、沖縄もひとたまりも無く中国に飲み込まれ、チベットの様な状態になるでしょう。
日本が潰れるかもしれないのも、現政権が続けばより現実味を帯びています。
全くの経済対策も無いままに、株価が下がり円が高騰しています。
アメリカの経済がこれ以上悪化すれば、オバマも退陣し、強いアメリカを求める声が出てきそうです。
いま、三島由紀夫が生きていたら、なんと言うか聞いてみたいものです。
このまま、中国人が増え続けると、いずれ将来内戦が起こるかもしれません。
それも日本人に国を守る気概が残っていれば、ですが・・・
でなければ、完全に中国の支配下に置かれるでしょう。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL