狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

フライングタイガースは米国正規軍だった

2011-03-02 12:43:26 | 歴史

 

 人気blogランキングへ クリックお願いします

    ブログセンターランキングへ。

 

本稿はフライング・タイガース アメリカの「卑劣なだまし討ち」に一部加筆したものです。

 

だいぶ前のことだが、「パール・ハーバー」と言うハリウッド映画を見た。

所詮はアメリカの視点のハリウッド映画なので、ある程度の予測はしていたが、余りにもアメリカのご都合主義で貫かれた映画だったのには驚かされた。

歴史は自分たちの都合の良いよう歪曲されていた。

細部をここで取り上げる余裕は無いが、こんな映画でも全米で記録的ヒットをしたと言うから、たかが映画だと軽く見るわけに行かないと一人憤慨した。

映画の、キーワードは「リメンバー・パールハーバー」と「スニーク・アタック(卑劣なだまし討ち)」だった。

映画の中では再三この言葉が繰り返され日本憎悪のキーワードに使われていた。

                 ◇

1991(平成3)年7月6日付ロサンゼルス・タイムズ紙の一面に、

米国民間人パイロットにより結成された対中国義勇団、通称フライングタイガースが、実は米国の正規兵であったことが米国当局によって公式に確認された、との記事が掲載された。

このフライングタイガースは、中国国民党(蒋介石率いる台湾政府)に協力して日本軍機を撃墜した部隊だが、これまで民間義勇軍であり米国陸軍省や米国大統領とは無関係であると米国防総省は主張してきた。

ところが同記事は、今までの主張を覆して米国務省がフライング・タイガース(AVG)の生存者100人を退役軍人と認定した、と伝えたのだ。

「日米開戦五十年」の記念日のこの年、フライング・タイガース結成から50年にして、

アメリカ政府は公式にフライング・タイガースを「義勇軍」ではなくて「正規軍」であったことを認めたのだ。

これは、日本の真珠湾攻撃以前に「中立国」であったはずのアメリカが、自国の「中立法」を侵して日中戦争に介入し、

宣戦布告なしの「SNEAK ATTACK」を日本にした、と政府が公的に認めたことを意味する。

フライング・タイガースと言っても日本では知る人は少ない。

だがフライング・タイガースの存在は、アメリカでは第二次大戦の英雄として知らぬ者がいないといわれる。
 
中国やビルマ戦線での「活躍」は世界中に知れ渡り、いまなお出版物があとを断たないという。

フライング・タイガースのロゴ入りジャンパーその他のグッズは今でも人気で販売されている。

そういえば沖縄では虎のマークを刺繍したジャンパーが米人のお土産グッズ店で今でも人気だと聞いた。

フライング・タイガースの創立には中華民国の蒋介石夫人・宋美齢が深く関わっている。
 
幼少の頃からアメリカに留学をして完璧な上流英語を話す蒋介石夫人・宋美齢は、アメリカの支援獲得に乗り出し、特にルーズベルト夫人メアリーの後援を受けた。

宋美齢はホワイトハウスで演説をした初めての東洋女性と言われている。
 
又タイム・ライフ社の社長の知己を得てタイムの表紙をも飾り、完璧な英語でラジオ等で中国の危機を訴える宋美麗の姿に、アメリカ人は「東洋に嫁に行った娘が里帰りして苦境を訴えている」と言ったイメージを抱き、蒋介石のアメリカの支援取り付け作戦は大成功した。

こうしたアメリカ上流階級との豊富な人脈からルーズベルト大統領の支援を取り付け、フライング・タイガースの創立者、退役軍人シェンノートとの遭遇に至るのである。
 
こうして「中立法」の壁を密かに踏みにじり、蒋介石は「人、物、金」を米国が提供し、中国空軍の識別マークで戦う異例の航空部隊を創設させる事に成功した。
 
まともに事を運べば明確な「中立法」違反であるから、シェンノートは身分を偽って「中国銀行員」を装い、軍事作戦は商行為の仮面をかぶって行われた。
 
1941年初頭から隊員の募集が始まった。
 
給料は月600ドルで、日本軍機一機を撃墜するごとに500ドルのボーナスが支給されるという破格の厚遇。
 
現役軍人から人員を募集する大統領特別令も出された。
 
ルーズベルトは500機からなる部隊を準備し、中国派遣を命じた。
 
これが「義勇軍」フライング・タイガース(AVG)の実態であった。
 
陸軍航空部隊長の1941年8月のメモによれば、米国正規軍としてのフライング・タイガース(AVG)の創設はすでに「大統領と陸軍省が承認していた」という。
 
フライングタイガースが米国を出発してビルマに到着したのは昭和16(1941)年春のことであった。

この事実は日本が開戦回避を必死で模索してワシントンで日米交渉を行っていた時、既に米国側は対日参戦にひそかに踏み切っていたことを示しているのである。

アメリカが「リメンバー・パールハーバー」と対で使う「SNEAK ATTACK」(卑劣なだまし討ち)は、実は真珠湾以前に既にアメリカによって行われていたのである。

【おまけ】

中国の飛行場で「フライングタイガース」のエンブレムのサメが描かれた米軍P-40戦闘機の隊列を護衛する中国人兵士、1942年撮影。


A Chinese soldier guards a line of American P-40 fighter planes, painted with the shark-face emblem of the "Flying Tigers,"
at a flying field somewhere in China, cira 1942. Photo courtesy of National Archives.

 

日本の戦闘機と交戦するフライングタイガー米戦闘機

 

フライングタイガーの創始者シェノート大将

General Claire Lee Chennault

 人気blogランキングへ クリックお願いします

    ブログセンターランキングへ。

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「真珠湾」の前の日米戦争 | トップ | 大統領の承認を得ていたフラ... »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
諸説あれど間違いなく事実 (安仁屋正昭)
2011-03-02 15:10:01
狼魔人様
それにしても、我が国の国会議員の腰抜けぶりには、腹が立って我慢なりません。


米軍に先制攻撃されたことぐらい、知らないのか?この あふぁー!と言いたくなってしまいます。
戦没者の遺族会会長の古賀のことです。
靖国から東條氏らを分祀するとか言い出したらしいですね。
そんな事出来はしませんが、あの中国・韓国に媚びる面を思い出すたび、虫唾が走ります。
フライング・タイガーについては、諸説色々ありますが、米空軍の精鋭達だった事は間違いありません。
米国人が何かいちゃもんをつけてきたら、
「リメンバー・フライング・タイガー、卑怯者が何をぬかす」と言ってやりましょう。

Flying Tiger (nishiki_1955)
2011-03-02 17:39:17
出発点は日中戦争での日本軍機による、誤爆が
上海租界の米英など欧州人の危険を呼んだこと、及び、アメリカの対中貿易が停滞せざるを得なくなった事への対抗から、義勇軍(AVG)として後のシェンノートなどの率いるFlying tiger に繋がっていますが。このFlying Tiger という名称は後の対米開戦後も米正規軍が複数の部隊名として使用しております。

確かに、日米開戦前に米国人が一応軍を退役した形を取って中国軍へ顧問として入営してはおりますが、開戦前に米人パイロットが操縦するP-40などの新鋭機が日本軍機、主として爆撃機の撃墜を多数行っていた事は事実であり、開戦前の実質的な戦闘行為と言う事は出来ると思います。

中国戦線ではまだ数も少なかったが、ビルマ戦線などで隼(64戦隊)と交戦を繰り返したのもタイガーであり、これが中国戦線のタイガーか、陸軍の正式部隊のタイガーかは良くわかりません。

いずれにしろ、発端は、上海の日本機による誤爆とはいえ、宋美齢の外交手腕によりアメリカが中国援助に立ち上がった最初である事は間違いなく、開戦前の宣戦なき戦闘行為と言うことになります。

対英米戦争の開戦を、真珠湾と取るのは誤りであり、マレー半島上陸が実質的な英軍との先頭であり、開戦はここに置くのが正しいとおもいます。

アメリカのタイガーの援助は、パイロットの腕がよく、日本軍にとっては煩わしいものでしたが、せいぜい100機足らずで整備が思うように行われず、実質的には零戦登場後は相手にならないくらいの戦力でした。

日米開戦の、卑怯者はタイガーか、或いは上海で対日攻撃を指導し参戦していたドイツ軍か、やはりボランテアとして銃を取って日本軍基地を攻撃した英軍か、その辺は判然としません。

これを見ると、アメリカが声高に真珠湾をだまし討ち開戦の日とするには、無理がありますが、衝撃度と被害の大きさ、軍事行動の大きさから、これを日米戦争の最初の戦闘であるとする声は、日本の歴史家からも指摘されています。

Flying tiger 自体は、開戦前のシェンノート指揮下の小規模部隊の他に、米正規軍(陸)の別のFlying Tiger も数部隊あり、使用機がP-40からP-47,P51、P-38などに及んでいる部隊もニューギニア方面で特に我が陸軍航空部隊との戦闘に多数登場しております、また英軍がこの部隊に混成されていた例も、豪州軍が混成されていた部隊もあるようです。
アメリカが宣戦布告した戦争ってあるの? (太郎の嫁)
2011-03-02 19:46:31
アメリカがやった戦争って、全部だまし討ちですよね。
近代だけを書くと、
ベトナム戦争、アフガン戦争、湾岸戦争とどれも宣戦布告をしていない!

アメリカ人に「リメンバーパールハーバー」と言われたら
「じゃアメリカが宣戦布告した戦争を教えてくれ」
と尋ねよう。
日本の悪口を言う国は、ブーメラン (Unknown)
2011-03-02 21:15:41
アメリカの「真珠湾を忘れるな」もそうですけど、他の国が日本の悪口を言う時、その悪口の主語を日本ではなくて言っている国に変えたら、大体当たっていますよね。



>アメリカが「リメンバー・パールハーバー」と対で使う「SNEAK ATTACK」(卑劣なだまし討ち)は、実は真珠湾以前に既にアメリカによって行われていたのである。



>「卑劣なだまし討ち」


アメリカ自身がそういう発想だから出てくるのでしょう。


アメリカは、これでも中国やロシアに比べれば、はるかに真っ当な国ですけどね。


宣戦布告とだまし討ち (nishiki_1955)
2011-03-02 21:36:15
宣戦布告とだまし討ちとは全く関係がありません。

また奇襲とだまし討ちも似て非なる別のものです。

日中戦争もある理由があり、日本から中国軍へ
宣戦布告はしていない、

だが、戦争は大規模で日本軍も20万人
を超える戦死者を出している。

これに対して中国も宣戦布告の有り無しを問題にした事はない。

ついでに、規模と時間は少ないが、ノモンハンも宣戦布告はされていない。

ジュネーブ条約の解釈にも二三異なった解釈が成り立つので、宣戦布告は必ずしも正々堂々たる戦争の条件ではない。

アメリカがベトナム、アフガン、湾岸戦争で
宣戦布告をしていないのは、全面戦争ではないからだ。

ソ連が日ソ不可侵条約を破り、いきなり満州の国境を越え、60万を越える抑留者をだし、数万人の在留邦人が虐殺、強姦された。
そして北方領土まで、奪われている。

だが、ソ連は、直前に、日本に対して宣戦布告をしている。だからこれを正々堂々たる戦争であったと考える日本人はいない。

従って、宣戦布告が=正々堂々たる戦争行為ではない。

真珠湾は、奇襲かだまし討ちか、よく議論されるが、宣戦布告とは関係なく、

アメリカ軍とどこかで戦争状態が行われていれば、真珠湾は奇襲となり、平和状態から攻撃をすればだまし討ちと呼ばれるだけの違いだ。

先のフライングタイガーが米正規軍と米国政府が認めていない以上、私戦であり、米国との戦闘状態とは、日本軍さえも考えていない。

宣戦布告は必ずしも、戦争開始の条件ではない、以上が国際的に認められている定義です。

したがって、日本が真珠湾をなんら引け目に感じる必要はなく、宣戦布告しても、リメンバーハールハーバーは変わる事はない。
Unknown (涼太)
2011-03-02 22:54:59
狼魔人様

フライングタイガーは名前だけは知っていましたが実態は初めて知りました。
だから歴史は面白いですね。
当時は中国始めアジア全体が欧米列強の植民地化しており、敗戦処理の一方的に押し付けられた戦後史感では分からない部分が多すぎますね。ハルノートの問題など現代の感覚では理解出来ない世界もあります。日々勉強です。
Unknown (涼太)
2011-03-02 23:03:04
狼魔人様

エントリーとは関係ありませんが、
まだ詳細は不明ですが、今日のNHKニュースで、中国の戦闘機が尖閣上空に接近し自衛隊機がスクランブル発進したそうです。
今すぐには戦闘行為には発展しないと思いますが、中国のデーター収集の一環でしょうか。
Unknown (Unknown)
2011-07-15 13:33:48
>日中戦争もある理由があり、日本から中国軍へ宣戦布告はしていない

これはオカシイ
上海租借地に宣戦布告無しで攻撃してきたのは、蒋介石です
日本側から日中戦争開始したわけではありません

フライングタイガースは正規軍であった (ムッシュ山本)
2011-08-30 15:13:51
 アメリカは「リメンバーパールハーバー」日本が卑劣な騙し討ちをして、日米が全面戦争になったことを主張しているが、実際は日露戦争後のセオドル・ルーズベルトからの「オレンジ計画」から、いかにして日本をたたくか、ABCD経済封鎖、日本人移民の禁止、日本人資産の凍結、日本から物を買わない、日本に物を売らない、そして国民党をバックアップしたフライングタイガース、表向きは戦争をしないことで当選したフランクリン・ルーズベルトはいかにして日本と戦火を交えるか、最後にどうみても戦争を誘発する「ハルノート」などアメリカの陰謀そのものです、アメリカの西部劇で悪い先住民が開拓者を殺害する場面が多く見られますが実際は、アメリカの白人が先住民のほとんどを殺害して今のアメリカという国がつくられました、まさにプロバガンダそのものです。
 内容的のまとまりませんでしたが、日米との全面戦争、大東亜戦争(太平洋戦争とは日本の敗戦後アメリカから押しつけられた名前)はアメリカの陰謀に日本がひっかかったものです。
捏造だらけの中国の戦争宣伝に注意 (ある日本人)
2011-08-31 16:55:58
nishiki_1955 さんの

「いずれにしろ、発端は、上海の日本機による誤爆とはいえ、宋美齢の外交手腕によりアメリカが中国援助に立ち上がった・・・」

は、第二次上海事変のことであれば、
国民党軍機による上海空爆であり、謀略として日本に罪をなすりつける戦争宣伝であることが明白になっているようです。
ウィキペディアなり、少しでも調べられて、日本を貶めるための捏造宣伝を拡散させないように注意したいものです。

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
青山繁晴「アンカー」3月2日 どこまで波及? 中国と北朝鮮が戦々恐々…中東・北アフリカの民主化ドミノ 緊迫情勢を青山ズバリ! (青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ)
番組サイトより 「スーパーニュースアンカー」 (KTV)  http://www.ktv.co.jp/anchor/ 3月2日(水)のアンカーは… ▽どこまで波及?  中国と北朝鮮が戦々恐々…  中東・北アフリカの民主化ドミノ  緊迫情勢を青山ズバリ 話のタネとして・・・ ヤマヒロ...