狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

NHK特番の感想 【重要付記】あり!

2009-06-23 21:00:00 | ★集団自決

 人気blogランキングへ クリックお願いします 

文末に【付記あり】

6月22日放映のNHK、「“集団自決”戦後64年の告白~沖縄 渡嘉敷島から」を途中からしか観てなかったので、コメントを避けていたが知人の録画したのを見せてもらった。

予想通りとはいえ、過去に何度も登場した金城重栄、重明兄弟の手垢のついた「証言」を繰りかえしただけの陳腐かつ安易なな番組構成にコメンの必要もないと思ったのだが・・・。

保存記録として感想を記しておく。

全編を通じて、昨年年8月29日放映の≪九州沖縄スペシャル“集団自決”~沖縄渡嘉敷島 兄弟の告白~≫の焼き直し番組で、唯一の変化は、兄の重栄氏が認知症になりかけて、現在は一人渡嘉敷を離れて那覇で入院生活を送っていること。

証言の主役は兄・重栄氏であったが、認知症で記憶を失いかけた重栄氏に、NHK担当者が無理やり用意した証言を言わそうとしているという印象を避けられなかった。

同じ年の2月1日19時30分に放映されたNHK「渡嘉敷島の集団自決」も、金城重栄、重明兄弟が証言者として登場している。

実はNHKが渡嘉敷島の集団自決特集の為取材を始めた頃、渡嘉敷出身の知人から次のような連絡が入っていた。

<NHK取材班は渡嘉敷島在住でで軍命があったと証言するのは、金城重栄氏と吉川嘉勝氏と数人の取り巻きしかいないが、また金城兄弟ではないだろうね>と。

予想は的中し、重栄氏が口にしていない文言も、ナレーションで勝手に「補作」していたし、戦陣訓の文章を画面にアップで映して「生きて虜囚の云々」の部分に光を当てて、アナウンサーが朗読し「これが重栄さんにとっての軍命だった」とナレーションを入れた。

何のことはない。 これでは認知症の老人をNHKスタッフが取り囲んで予定した証言を言わそうとしているのが画面からミエミエではないか。 

それも上手くいかないので、戦陣訓の文言を画面に映し、「これが彼にとっての軍命だった」とは、NHKもとんだ猿芝居演出したものだ。

 

参考までに昨年6月放映ののNHK番組を見た感想引用するとこうなっている。

<同番組を見た感想ですが、特に目新しい証言はなかったが、

次の2点は、既知の事実とはいえ、天下のNHKが放映したということで重要な意味を持つ。

①父親殺害の告白

これまで金城重明氏は「親兄弟」という表現で母親と弟、妹を殺害したことは繰り返し告白してきたが、父親のことは逃避行中はぐれてしまい、どこかで不明死したと述べていた。

それが雑誌『WILL』増刊号でジャーナリストの鴨野守氏が、父親も殺害した事実をレポートしたため、隠せないと思ったのか今回の番組では父親殺しもカミングアウトした。

数ある集団自決の証言では、一家の主が年寄りや女子供を殺害したという例はあるが、壮年と思われる父親をその子供が殺害したという例は未だないし、少なくとも筆者は知らない。

金城兄弟が、「親兄弟を手にかけた」といいながら、長いこと「父親殺し」を隠していた理由は一体なんだったのか。

勿論、番組ではこれには触れていない。

更に兄弟は、自分の親弟妹だけではなく、他の村人も数多く殺害している。

②金城重明氏は島で毎年行われる戦没者慰霊祭には一度も参加したことはなく、
島に住む兄の重栄氏は慰霊祭の日を避けて一人でそっと参拝していた

これも知る人ぞ知る事実ではあったが、今回NHKが本人たちに取材した結果、確実な情報となった。

この事実から、二人が渡嘉敷島では村八分状態であることがわかる。

遺族としては、敵である米軍の攻撃で死んだのなら諦めもつくが、同じ村の兄弟に自分の肉親が殺害され、しかも加害者が揃って生きている事実には耐えられないのであろう。

村人の突き刺さるような怨嗟の視線を背に受けると、金城兄弟としては、何が何でも「軍の命令だった」と言い続けなければ、戦後生きてはおれなかった。

すくなくとも、6人家族のうち、兄弟二人で、残りの四人を皆殺しにしたのなら、計算上は四人分の「援護金」が遺族である兄弟二人に支給されていることになる。(未確認)

自分の手で殺害した父母弟妹の「遺族援護金」を金城兄弟が受けているとしたら・・・・・・・・、

どんなことがあっても、軍に責任転嫁しなければ生きてはいけなかったのだ。

 
                    ◇
 
金城兄弟の「軍命あり論」は裁判でも否定されているので、ここでは詳しく述べないが、その破綻した「軍命あり論」を繰り返し放映しなければならないほど、軍命あり論派は追い詰められてきたのかと感じるような中身の無い番組だった・・・これが番組を見ての偽らざる感想である。
 
【付記】
 
渡嘉敷出身の知人から「NHK特番」を観た感想をいただきましたので、紹介します。
 
数少ない「軍命あり派」のなかでも出たがり屋といわれる元教師の吉川嘉勝氏が画面に出なかったのが不思議なようです。
 
やはり、早い時期に現地聞き取り調査をした星雅彦氏の告発が影響したのであろうか。
 
太字強調は引用者。
 
兄弟の周りにいる殺された人たちの親族、あるいは殺されかけた人たちが、あえて口からださなかったこと「惻隠の情」を加害者の側が無視して、呪縛から逃避し自己を正当化するためマスコミに登場(利用)したことは、地域においては受け入れられないと思います。
那覇で暮らす弟の方は創り上げた環境の中で生活できるからまだ良い方で、
島で暮らす兄の方は自己主張すればするほど、地域の人たちから離れていくことになると思います。

NHKはかなり前から2週間に1度程度は来島していたようですが、何をしていたのでしょうか?
あれだけ力を入れてあの程度の内容では、逆に驚きです。証言で登場した方達もでたがりで理由ありの人だけで、「あの人だったら言うだろう」と思います。
それにしても、吉川弟が画面に出なかったこと、あれだけの取材で彼らに都合の良い新しい証言が一つとして無かったことは、やはり命令なんて聞いた人はいなかったことの究極の
証明だと思います。


 
人気blogランキングへ クリックお願いします 

 

沖縄戦「集団自決」の謎と真実
秦 郁彦
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続・軍官民共生共死の大嘘!... | トップ | 琉球新報の恥ずべき社説 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼太)
2009-06-23 22:52:43
狼魔人様

昨日の特番は見ていません。内容はわかっていたからです。

私も沖縄勤務という経験が無ければ、沖縄に興味を持つこともなかったと思います。
子供が3歳か、4歳頃、明日○○ちゃんのうちに行くよ。というと、もう子供が興奮して、友人の子供達に会うのを楽しみにしていました。
また、私が5年ぐらい前に、沖縄に出張して、どうしてもプライベートな時間が取れなくて、友人達にも会わないで、帰ったことがあります。そのとき友人達ががっかりして、「沖縄に来ているのに、なんで連絡しない。」とのお叱りを受けました。
友人の、オジー、オバー(正確には友人の両親ですが子供達がそう呼ぶので。)も嫁さん、子供達を我が子の様にかわいがってくれました。夜泡盛を飲みながら、オジー、オバーの話を聞きました。その時は仕事が忙しく、そんなに深刻には考えていませんでした。そのうちに集団自決裁判などが始まり、オジー、オバーの話の重大さに気が付きました。
それから、沖縄の本を読み漁りました。沖縄のオジー、オバーは嘘を付いていませんでした。
狼魔人様、私にはそういった大事な友人達が、沖縄にいます。友人達は、集落の規則や、沖縄の同調圧力で、はっきり物をいいません。だから余計に沖縄左翼の嘘には我慢できません。沖縄のマスコミが伝える沖縄と、実際の沖縄は全然違います。私に出来ることは、友人達がいえないことを代わりに言う。
そう思っています。オジー、オバーも高齢で最近は畑も、貸しているそうです。ちょっと心配しています。
NHKは何故か認知症のお年寄りばかりにインタビュー (chudo)
2009-06-24 08:20:28
偶然の一致かどうかは判りませんが、NHKは「JAPANデビューアジアの一等国」という番組の中でも、許進貴さんというパイワン族の認知症の男性を出演させて恣意的編集を行っていたようです。
認知症のお年寄りからは正確な証言を得られないので取材はやめて欲しいと思いますが、逆に言うと、明晰な方からは適当な証言が得られなかったので、仕方なくそういう胡散臭い形になったのだと思います。
金城兄弟が「村八分」状態だとは知りませんでした。
軍命令有派の方が少なく、仕方がないので、認知症のお兄さんを出演させざるを得なかったという事なのでしょうか。
NHKの苦しい事情が手に取るように伝わって来ます。
Unknown (狼魔人)
2009-06-24 08:42:55
涼太さん

観なくて良かったですよ。

一言で言えば「気の抜けたぬるいビールを飲まされた」といった気分にさせられました。

渡嘉敷の知人から番組」を見た感想いただきましたので、付記で掲載しました。

あの番組はNHKの敗北宣言にも等しい自爆番組ですね。(笑)

Unknown (狼魔人)
2009-06-24 08:54:49
chudoさん

兄弟が村八分状態になっていることは以前からしっていましたが、昨年のNHK特番が皮肉にもこれを公表した結果になったわけです。

これまで弟の重明氏は当該に移住して島とは絶縁状態でしたが、NHKのしつこい取材にこれまで証言を避けていた兄・重栄氏も再三引っ張り出されますます島には住みにくくなったのでは無いでしょうか。

認知症のため島を出て那覇の病院に一人で入院というのも、何か不自然です。

度重なるNHK特番出演のため、重栄、重明兄弟に殺害された遺族の目が厳しくなり、村八分状態が激しくなり、認知症の兆候を「渡りに舟」と島外へ脱出したというのが真相のような気がします。

NHKも罪なことをしますね。

本文の「付記」もご覧下さい。
まあそういう意見もあるだろけどさ (み)
2009-06-24 10:42:25
志願して自衛官に入隊した奴ですら戦時下でもねえのにレイプしたりコンビニ強盗したりタクシー運転手殺害したりしてんのにさ
徴兵された日本軍が戦時下にマトモな事やってるわけねえじゃん

しかも軍規で「生きて虜囚の辱めを受けず」捕虜になるわけにはいかない
住民には捕まって米軍に情報流される位なら死んでもらった方がいいわな
↑の「み」って人さ (通りすがり)
2009-06-26 03:01:23
>>志願して自衛官に入隊した奴ですら戦時下でもねえのにレイプしたりコンビニ強盗したりタクシー運転手殺害したりしてんのにさ
徴兵された日本軍が戦時下にマトモな事やってるわけねえじゃん

↑今の自衛官と当時の徴兵された軍人だと、犯罪率が 軍人≧自衛官 に決まっているという言い回しに見えるけど、ソースは?ソースが無いなら黙ってればいいと思うの

>>しかも軍規で「生きて虜囚の辱めを受けず」捕虜になるわけにはいかない
住民には捕まって米軍に情報流される位なら死んでもらった方がいいわな

↑もし自分が当時の軍人だったらそう思うってことだよね…

あんたが当時の軍人じゃなくて良かったと心から思う
Unknown (狼魔人)
2009-06-26 12:50:40
通りすがりさん

代わりにツッコミありがとうございます。

時々意味不明な蝿が舞い込んできます。

削除すれば簡単ですが、自衛隊や軍隊を批判するのにこの程度の幼稚なことしか言えない、という見本に晒しておきます。
Unknown (義挙人)
2009-06-28 09:19:11
おはようございます。

>>軍規で「生きて虜囚の辱めを受けず」捕虜になるわけにはいかない>>

これは、軍規でしょう。軍規が一般住民に適用されるのか私は理解出来ません。
今、NHKで例の再放送してますよ。
↑これを、国家(軍)からの命令だと、、、、、
金城さんではなく、ナレーションが言ってます。
Unknown (琉球人民)
2009-07-12 20:37:57
沖縄侵略して併合した侵略者は報復されて虐殺されるべきだ。
クソ倭人は死ねよ

戦争に巻き込んだ時点で虐殺加害者だろ

バカ虐殺ゴミ軍人の一族郎党がリンチされて惨殺されますように^^
妄想琉球人の実体 (尚 寧)
2009-07-12 21:36:55
自称琉球人とは、自らは日本国にヌクヌクと寄生しながら、同じ国民のリンチ・虐殺・惨殺を嗜好妄想する「タダの人間の屑」の様ですな。

>琉球人民
お前みたいなのは日本も琉球も何も関係無い、人間の屑と言うんだよ。ありもしない琉球を妄想してすがる暇があるなら、現実の自分がいかに人間の屑かを鏡で見直したらどうだ?
Unknown (狼魔人)
2009-07-13 07:26:33
義挙人さん

>これは、軍規でしょう。軍規が一般住民に適用されるのか私は理解出来ません。

自分に適用されない軍規を守るため、自分の家族を殺害する・・・これこそ死んだ人への最大の冒涜です。


尚 寧さん

こんな妄想キチガイは即効削除してもよいのですが、絶滅危惧種の見本として一回だけはさらしておきます。
集團自決證言 (neverneverland)
2009-07-13 13:10:17
 そもそも、『軍規・軍律』であつたとしてすら、それに從ひ、己が家族を殺した己の行ひを、先づ何よりも悔いるものではないだらうか。
 ほとんど、迷ふ事無く『殺す』といふ事には、『軍規・軍律』なるものを絶對視して見せることにより、己の優位を愉しんで、殺戮に走つた事情があるからではないかと思へるのだが、どうだらうか。
 その時は、『軍規・軍律』であつたと信じてゐたにせよ、信じた己の未熟を恥ぢてこそ。
 はたして、本當に、『家族』への愛があつたのか。父親との、日頃の確執は無かつたのかとの疑ひを抱かせる出来事である。
Unknown (狼魔人)
2009-07-14 08:03:56
neverneverland

>はたして、本當に、『家族』への愛があつたのか。父親との、日頃の確執は無かつたのかとの疑ひを抱かせる出来事である。

金城兄弟が特異なのは、当時一家の主である壮年の父親を少年であった兄弟が殺害したことです。 他の一家殺害の例は父親が家族を殺して最後に自害している。 これを「家族への遭い」というなら多少は理解できる。

だが、米軍が上陸する前の渡嘉敷島では、当時のにほんとしてはごく普通の生活をしていたわけですから、少年が父親を含む一家殺害したとなると「父親との日頃の確執」も勘ぐりたくなります。

いずれにしても金城兄弟が「軍の命令」を叫べば叫ぶほど島の住民の心は離れていきますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL