狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

尖閣ビデオ流出!現場の反乱だ

2010-11-05 07:03:50 | 中国

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

A家の息子が隣家Bの息子と喧嘩をした。 父親は相手が悪いという証拠のビデオを保有しているにもかかわらず、B家の面子だけ考え、証拠のビデオ隠した。 その間、相手は自分のほうが正しいと一方的に主張している。

自分の息子の心情は考えず相手のことばかり配慮する「柳腰の父親」に息子がブチ切れた! 

「親父はどっちの味方なんだ!」と。

息子は密かにコピーしていたビデオをインターネットでばら撒いた。

 

【動画】⇒尖閣追突ビデオ A

【動画】⇒尖閣諸島追突ビデオ B

【動画付きNHKニュース 
“漁船衝突時の映像”流出か
11月5日 5時15分  
沖縄県の尖閣諸島沖で、中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突したときの状況を撮影したとみられる映像が、4日夜からインターネットの動画投稿サイトに流されていることがわかりました。海上保安庁の幹部は「映像は、本物の可能性が高い」としており、政府は、実際の衝突の映像かどうか確認を急いでいます。

インターネットの動画投稿サイトに流されているのは、沖縄県の尖閣諸島沖の日本の領海で、ことし9月7日、中国の漁船が海上保安庁の巡視船に衝突したときの状況を撮影したとみられる映像です。動画は6つに分けられ、あわせて44分間余りあり、いずれも4日午後9時すぎから次々に投稿されました。映像には、中国漁船とみられる青い船が、海上保安庁の巡視船「よなくに」とみられる船に後ろから衝突して逃走する様子や、その後、巡視船「みずき」とみられる船に右側から衝突する様子が映っています。この中では、海上保安官が衝突の直前に中国語で「ここは日本の領海内です。出て行ってください」と警告する声や、衝突の直後に「巡視船みずき右舷の船尾部に衝突してきた」と説明する声なども入っています。これを受けて、海上保安庁は、5日未明に鈴木長官ら幹部が緊急に集まり、対応を協議しました。映像を見た海上保安庁の幹部は「映像は、本物の可能性が高い」などと話しています。尖閣諸島沖での中国漁船による衝突事件のビデオ映像は、今月1日に衆参両院の予算委員会の理事らが視聴していますが、このときの映像は6分50秒に編集されたもので、今回流された映像とは長さが違います。これについて、政府高官は、NHKの取材に対して「映像が実物かどうかわからないのでコメントすることはできない。政府としては、まずは映像が実物なのかどうか事実関係を確認することが先決だ」と述べており、政府は、この映像が実際の衝突の映像かどうか確認を急いでいます。

                        ◇

責任は全て現場に押し付け、国益は考えずに中国の面子だけを考える政府の「柳腰外交」に現場の人間の鬱憤が爆発した。

それが今回のビデオネット公開となって現れた。

民主党の川内博史議員などは、「どこから流出したのかが、まずわからない。しっかり検証すべきだし、大きな責任問題にもなるんじゃないかと」と狼狽を隠しきれない。

すっかり顔に泥を塗られたカンカラは管内閣は今後必死になって犯人探しに狂奔するだろう。

犯人は二つの組織しか考えられない。

海保か那覇地検のどちらかだ。

犯人がどちらにせよ、政府の「ビデオ非公開」という命令を無視して公開したわけだから、業務命令違反か何かの法律違反になるだろう。

だが重大犯罪ではないはずだ。

仮に「ビデオ公開」を罪に問うなら、「非公開」によってわが国が被る損害の罪は誰に問うのか。

「非公開」が売国奴であり、「公開」は愛国者であることは自明ではないか。

当日記は、義憤に燃えてビデオ公開に踏みきった「犯人」に拍手を送る。

彼らはあえて命令違反をすることによって国益が何であることを「柳腰内閣」に示したことになるからだ。

7分弱の編集された「限定ビデオ」を見た国会議員は、会員だけともったいぶって「モザイク入りエロビデオ」を見せられた後、モザイクなしビデオが一般公開されたようなもの。

あれは一体なんだったのだ。

「秘密ビデオ」を見た30人の先生方は、とんだ間抜け面を晒すことになった。(爆)

■「柳腰内閣」に対する現場の反乱

今回のビデオ公開は「柳腰内閣」に対する現場からの痛烈な批判であり、反乱でもある。

「事件は現場で起きているのだ。 会議室でおきたわけではない!」

「我々は日本のために命を張っているのであり、中国のために働いているのではない」と。

これは国民の声でもある。

現場の義憤で世界に恥を晒すことになった菅内閣は即刻解散せよ!

【追記】

『帝國』ブログさんが流出ビデオ全巻アップされているのでご参照下さい。⇒http://imperialproperty.blog.shinobi.jp/Entry/575/

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やはり小沢は敵前逃亡!三権... | トップ | 「投稿者は憂国の士だ」元内... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
内部告発に期待する、、 (義挙人)
2010-11-05 09:10:12
>>『帝國』ブログさんが流出ビデオ全巻アップされているのでご参照下さい<<

おはようございます。

視ようと思ったら、すでに削除されています。

「とくダネ」のテレビのビデオより、ネットのビデオが迫力あります。   
明らかに、、悪意を込めて、攻撃してますね。

海保、検察からの内部告発を期待しています。
↑⇒続き。 (義挙人)
2010-11-05 09:12:22
おはようございます。

視ようと思ったら、すでに削除されています。

「とくダネ」のテレビのビデオより、ネットのビデオが迫力あります。   
明らかに、、悪意を込めて、攻撃してますね。

海保、検察からの内部告発を期待しています。
暴支膺懲 (Sugar Pie Guy)
2010-11-05 10:06:32
悔し涙がこみあげてきました。

漁船に衝突されてビデオ撮影しかできない海軍(海上保安庁)しか持てないとは。

いかなる国であれ、これは即時撃沈です。仮に海軍があれば永世中立国のスイスでさえためらわないでしょう。

この悔しさをもっと感じているのは現場の海上保安庁の方々です。
「友愛」とかほざいて、我が国の防人の誇りを踏みつける史上最低政権をすぐにでも打倒せねば。
やはり (国の行く末を案じる男)
2010-11-05 10:48:41
どこの新聞も、ヤフーのオーストラリアでも
この事件取り上げているのに、肝心要の地元の沖縄新報のWEB版どこにもありません。
琉球タイムズではたった3行のみ。
彼らはどこの国の、メディアなんでしょうね。

初めてコメントさせていただきました。
いつも 興味もって読ませてもらっています。
小沢が犯人? (キルシナ)
2010-11-05 13:07:19
小沢一郎の菅内閣潰しの自作自演の可能性あり。自分待望論復活させる為とか。
録画成功! (dabe082)
2010-11-05 14:31:43
You Tubeの画面を見て早速録画していたところ、1から4までは録画出来ましたが、5と6は削除されていました。しかし、有志の方が再アップしては削除され、またアップしては削除されるというモグラタタキ様相になっているんではないでしょうか。時間差で何度か5と6の録画を試みたところ、ゲットしました。これで1 から6まで全部揃いました。まだ。全部見ていませんが、後でゆっくり見ます。テレビマスゴミはおしなべて、面倒な事をしてくれた、という否定的なニュアンスで放映していますね。政府も犯人探しに躍起になっているようで(マスゴミも側面支援している)、方向が間違っていると思うのは穿ち過ぎですかね?ミンス党本部周辺のデモ規制に見られるように、この政党は注意深く監視していないと、言論の自由を制限する危険性を隠しています。
Unknown (半世紀)
2010-11-05 16:27:38
ビデオ流出、やった~って喜んでる間に、朝鮮学校無償化を決める??血税を反日教育にくれてやるなんて、、シナや朝鮮よりも「民主党」が国民の敵ですね。
Unknown (涼太)
2010-11-05 21:48:25
狼魔人様

民主党の対応は、泥棒にお土産を持たして返したようなものです。中国国内でも動揺が広がっているようです。結局、南京、慰安婦にしても、毅然とした態度をとらないから、付け込まれる。
確かに中国から莫大な利益を得ている、ユニクロの様な経済界からの圧力もあるのでしょう。
中国は一つが駄目なら全て駄目のようなな態度をとりますが、櫻井よし子先生が仰るように、経済は経済、領土問題は領土問題と分けて考えないと、虎視眈々と日本の財産を狙っている野蛮人たちの思う壺です。経済界は経済の足を引っ張るなと発言しますが、この期に及んでは、逆に経済界が日本の国に足枷になっているのかも知れません。
Unknown (涼太)
2010-11-05 22:10:39
狼魔人様

今日も、言葉不足です。
煮え切らない政府に代わって、現場が反発したとしても、よくやったと応援します。
中国は、自分たちが垂れ流した公害の後始末も、日本企業にやらそうとする国です。
何より、もうじきバブルも弾け、国内の暴動も絶えません。日本は国民から集めた金を全ての国民に平等に分配しますが、(最近ではばら撒き過ぎだと思いますが。)中国は国民の面倒も見ないで、ひたすら軍事面と資源獲得に金を使っています。
旧ソ連の様に、内部から崩壊するのは目に見えています。その時どうするか。
旧満州に取り残された人達が、どんな目にあったか。築いた財産も全て捨てて、我が子も捨て、命からがら日本本土に引き揚げています。
今後、同じ事が起きないとは誰も言い切れないでしょう。
Unknown (涼太)
2010-11-06 00:15:37
狼魔人様

今、TBSが「99年の愛」なるドラマやっています。日系移民一世の境遇には心から同情します。
それにしても、愛国心ではアメリカは凄まじいものがあります。
時代は違えど、日本人も学ぶべき点はあると思います。少なくとも帰化を望む外国人には、日本への忠誠心を強制しても仕方無いと思います。
そしてアメリカ人として生きて行く決心をした、二世部隊は立派だったと思います。二世部隊のお陰で日本人もアメリカで市民権を得ています。日系一世、二世の血のにじむような苦労に敬意をはらいます。
Unknown (涼太)
2010-11-06 00:41:50
狼魔人様

本当にしつこくて申し訳ありません。
私も今日は興奮しています。
沖縄に終結した、反日極左や某国の総連みたいに、日本の国の恩恵は受けたい。でも忠誠を誓うのは嫌だ。では多くの国民は絶対に絶対に納得しないと思います。
Unknown (涼太)
2010-11-06 00:45:08
狼魔人様

沖縄に終結した。を沖縄に集結に訂正します。
でも、極左の終焉と言う意味では、終結でもいいかもしれません。
涼太さんへ (義挙人)
2010-11-06 08:44:20
おはようございます。

涼太さんの熱意が伝わってきます。
これからも、沖縄県民保守の心の発信、宜しくお願いします。

それにしても、名護市長、名護市議会議長、行動には、あきれます。完全に脳内の鎖がずれていますね。
知らせたい沖縄戦の史実 (愛国市民)
2010-11-06 10:41:55
 よく水上特攻隊[震洋・丸レ]は無力だったと知ったかぶりの輩が、いい加減なことを書いていますが、
英国の戦史研究家リチャード・オネール著『特別攻撃隊』によれば、
「沖縄における特攻艇部隊の戦闘は、長くかつ苦しい沖縄戦の一部であったが、
特攻艇はある程度の成功をおさめたものと言えよう。それは沖縄防衛軍の士気を高め、
また特攻による抗戦で、長い間連合軍の戦意を喪失させる最も確実な貢献をしたからである」と述べております。
事実、連日の激しい砲爆撃の下、また主要出撃基地であった慶良間群島が最初に占領されるという蹉跌がありながらも、
海軍の震洋は、4月4日未明に中城湾にて、市川正吉及び鈴木音松の両二等兵曹が搭乗して
米軍の大型歩兵揚陸艇LCI-42号[387トン]を撃沈、19名の死傷者を出しております。
最近出されている本では一切無視されており、載ることはありませんが米海軍の記録による間違いない事実です。
さらにまた、陸軍海上挺進隊の戦果はずっと多く、
3月28日に設網艦テレビンスが軽微な損傷を受けたのを皮切りに、同日LCI(L)-588号が損傷。
30日に中型揚陸艦LSM-12号[520トン]が攻撃を受け4日後に沈没。
4月9日、駆逐艦チャールズ・J・バジャーが停泊中爆雷攻撃で機関室が浸水、使用不能に陥り、
戦時標準型輸送艦スター[添付写真]に軽微な損傷、中型揚陸艦LSM-89が損傷、駆逐艦ポーターフィールドが友軍の流れ弾丸により損傷。
15日、機雷掃海艇LCS-331号が大破。
27日、駆逐艦ハッチンズが左舷のエンジンとスクリュー軸を破損し18名が負傷し使用不能。輸送船ポ-ズマンビクトリ-損傷。
29日、ロケット砲撃艇LCS(R)-37号が大破して破棄。
大型輸送船に横付けされていたトラック等を搭載した上陸用舟艇LCVP数隻が沈没又は損傷。
5月4日、中城湾にて輸送船カリーナ大破。といった着実な戦果を挙げておりました。
こうした一連の水上特攻により米軍艦船乗組員は極度の緊張とストレスに悩まされ
「水上に浮かぶタバコの吸い殻よりも大きな物体に対しては、射撃しても差し支えなし」との指示がなされました。
例えとしては不適当かも知れませんが、
漁船群に紛れて爆装艇が日本の艦船に奇襲体当たり攻撃を掛けてきたらどうなるかと思うとゾッとします。

日本軍を卑劣な殺人鬼に描き出たがる輩とてそれが不可能なことは史実が立証しています。
民主党空缶内閣に人徳がないことは今回の快挙が物語っていますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
閣議決定もされていない。人権救済法案は水面下で進んでいるが真相 (なめ猫♪)
私が書いた日記がfreejapanの外部ブログでも紹介されていましたが、常に人権侵害救済法案は蠢動を続けて来ました。 http://www.sns-freejapan.jp/2010/11/04/jinken/ それはこれまでも繰り返し述べて来...
三国志検定-政権交代は孔明の罠かも知れない (森羅万象の歴史家)
 試験官は諸葛孔明。開始と終了の合図はドラの音。そんな「三国志検定」が11月7日、神戸市長田区の六間道(ろっけんみち)5丁目商店街である。「鉄人28号」の原作者として知られる神戸出身の漫画家、故横山光輝さん作の「三国志」から出題される第1回の検定で、神...