狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「玉津氏、議事録改ざん」、久々の発狂!

2011-12-21 08:00:08 | 八重山教科書採択問題

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

本日の沖縄タイムの一面と社会面。

しばらく鳴りを潜めていた発狂新聞のマジキチ見出しが久々に躍った。

そういえば懐かしい又吉嘉例記者の署名記事だ。

で、一面のマジキチ見出しはこれ。

≪玉津氏、議事録改ざん≫

「教科書全部は見れない⇒見れないのであれば」

「意図異なる」と指示

7月・八重山協議会連絡会

「玉津氏、議事録改ざん」の大見出しを見たら誰でも「玉津氏も血迷って墓穴を掘ったのか」と誤誘導されてしまうマジキチ見出しである。

玉津氏が「議事録改ざん」というとんでもないことをしでかしたのなら、発狂新聞としては一面、社会面ともにトップに掲載のはずだが、トップ記事はそれぞれ、フォロー記事に譲っているのは、良く考えてみたら「議事録改ざん」には相当しないと気が付いたからなのだろうか。

結局大騒ぎする「改ざんと」は「教科書全部は見れない」「見れないのであれば」と手直しした一点だけ。

泰山鳴動ねずみ一匹、いや、ねずみの影さえ見えないではないか。

一旦躍り上がって万歳を叫んだ嘉例記者も、社内の良識派に諭されて「発狂も中くらいなりおらが春」と、しぶしぶ一面トップを譲ったのだろうか。

そもそも音声記録を文字起こしする場合、意味が間違って伝わる恐れのある場合、多少の手直しが有るのが通常である。

それを証明するのが識者として沖縄タイムスが取材した琉球大学の宗前清貞准教授のコメントだから、これもブーメランといえるだろう。

琉球大学の宗前清貞准教授
「手直しは発言の趣旨を曲げない修正に止めるべきだ」

宗前先生の仰るとおり、玉津氏は発言の趣旨を曲げない修正に止めている。

宗前先生も、一旦上げた拳の下ろしどころに困っただろう。

 

だが、同教授は続けて「会議を公開すべき」とか「議事録も公開すべき」などと「議事録改ざん」とは筋違いの批判をして御用識者の面目を辛うじて保っていtる。

筋違いの批判ではなく「玉津氏は発言の趣旨を変える改ざんをしている」などと真正面から玉津氏の「手直し」を改ざんと批判したら、大学准教授の国語読解力を疑われることになる。

そこでピンと外れの玉津批判で苦労しているのが良くわかるコメントである。

御用識者も多少の良心が有ると苦しいものらしい。(笑)

そもそもこの問題は、詐話師の平良守克氏の「教科書は見なくても見たと言えばいい」という大うそを、発狂メディアが何の検証もなく垂れ流したことに端を発する。

沖縄メディアがばら撒いた「教科書は見なくとも見たと言えばいい」という大うそ報道の一例。

八重山の教科書選定問題で玉津会長 「教科書は見なくても見たと言えばいい」と発言 QAB

QAB 八重山教科書問題 地区協議会の会議録一般公開

八重山教科書:玉津氏「見たと言えばいい」 沖縄タイムス

玉津教育長「教科書見たと言えばよい」発言 委員「そう言った」 八重山毎日新聞


沖縄タイムスが「玉津氏、議事録改ざん」と狂喜乱舞する「ビッグニュース」も、玉津氏が黒を白と改ざんした訳ではなく、発狂メディアのデタラメ記事で誤解している県民が「意図と異なる解釈」をしないように手直ししたに過ぎない。

「教科書は読まなくても読んだといえばいい」などの大嘘報道が流布していなかったら、わざわざ手直しする必要のない微調整である。

発狂新聞が「玉津潰し」に発狂すればするほど、良識ある県民は新聞離れしていくことに気が付かないのだろうか。

まぁ、無理なことだろう。

発狂している人に、自分が発狂していると気が付かせるのは至難の業だから。(笑)

 

■「議事録改ざん」の遠因は沖縄メディアの大嘘報道

沖縄メディアが垂れ流した「教科書は見なくても見たと言えばいい」という大嘘報道についての経緯を知らない読者のために、過去エントリー「妖怪変化と魑魅魍魎!つづらの中から現れたもの」から抜粋引用する。

 ≪発狂した沖縄メディアが口を揃えて大合唱した発狂記事のなかには「(玉津氏が)教科書は見たといえばいい」という大嘘記事がある。

この大嘘を沖縄メディアに売り込んだのが平良守弘課長という石垣市職員だったと聞いただけだけでも呆れるが、平良氏には非公開の「8.23協議会」の盗録の疑いと公務員の守秘義務違反の疑いもあるというから呆れ果てて言葉を失う。

平良氏がマスコミにばら撒いた玉津氏の「教科書見たといえばいい」という発言は7月19日の協議会連絡会で発言したとされていた。

だが、問題の「7・19連絡会」の会議録が公開されてもウソをばら蒔いた沖縄タイムス等の発狂メディアが、会議録の内容を検証したという報道がないのはどうしたことなのか。

会議録の検証こそ「独裁専横の玉津改革」を暴くための決定的証拠ではなかったのか。 

会議録を細かく検証して玉津氏の独裁専行を暴きだし、一面、社会面のトップで玉津糾弾の大見出しで騒ぎ立てるはずではないのか。

ところが会議録というつづらの蓋を開けてみたら、出てきたのは玉津氏の暴言ではなく、平良氏の大嘘だったというから発狂新聞やQABテレビが黙殺するのも納得である。

沈黙を守っているの理由は、「7.19連絡会」の会議録を検証すれば、己が発狂している事実を公に晒すことになるからである。

ここでも「不都合な真実」を県民に知らせてくれる八重山日報が、「7・19連絡会」の会議録を天に替わって検証してくれている。


■八重山日報 11月16日

読めない〟主張委員は東京書籍版
イメージ、事実とは逆
教科書情報公開

 一般公開された「会議録」と録音のCD


 八重山地区の公民教科書問題で、八重山採択地区協議会(会長
・玉津博克石垣市教育長)の「会議録」と録音が一般公開された。
「教科書を全部読めない」と訴え、調査員(教員)の「順位付け」
を求める一部の委員。教科書を読むよう求める玉津教育長。両者
のせめぎ合いが見えてくる。「教科書を見なくても見たと言え
ばいい」と発言したと報道された玉津氏。自ら教科書を読みもし
なければ、委員に読ませもせず、育鵬社の公民教科書ありきで議
事を主導したというイメージができてしまった。ところが会議録
や録音から、事実は逆だと判明する。
 問題の「発言」があったとされたのは7月19日の協議会連絡会。
会議録と録音から確認すると、次のようなやりとりがあった。
A委員  
「(教科書を)全部はどうせ見れないので、ぼくは、調
     査員の意見を参考にしながらやりたい」
玉津氏 「最初から、全部は見れないとか、あんな話はしないで下
     さい。建て前上、基本的には、全部の教科書は見るとい  
     うことで話し合いなので、やりますけれども、それは、
     の話で全部は見れないということであれば…」
B委員  「全部これ(教科書)を評価するというのは、とっても
     私は…」
玉津氏  「だから、そういうことはおっしゃらないでください」
B委員  「厳しいです」
 
玉津氏は渋る委員に対し、教科書を読むように必死に説得してい
ることが分かる。これに対し一部の委員は、読めないとして譲らな
い。このやり取りでは、玉津氏の「見たと言えばいい」という発言
は存在しない。玉津氏が会長として委員に「他人には見たと言えば
いいんだ」と高圧的に支持するようなニュアンスも全くない。
 協議会は教科書を選定する役割があり、玉津氏は、委員は教科書
を読まなくてはいけない、という原則論を強調しているのだ。この
発言を、委員の1人が「見たと言えばいい」という趣旨に受け取っ
た、というのが真相だった。
 しかし
、存在しない「見たと言えばいい」発言が一人歩きした結
果、育鵬社の公民教科書は「教科書を読んでもいない委員が選定し
た」というイメージが定着してしまう。ところがこの批判も、事実
は逆であることが判明する。
この日以外も含
めたすべての会議録や
録音を調べると、一貫して教科書を「読めない」と主張しているの
は、8人の委員中3人であることが分かる。いずれも、公民教科書
の選定で東京書籍版に投票したと推定される委員だ。つまり、教科
書を読んでいない委員が選んだのは育鵬社版ではなく、東京書籍版
だということになる。
 「
教科書を読んでいない委員が選んだ教科書だから疑問がある」
という論理を突き詰めると、東京書籍版を採択した9月8日の全教
育委員による協議の正当性こそ疑われるのだろう。実際には、これ
だけ世間の注目を集めた以上、どの委員も公民と歴史教科書には目
を通したはずで「教科書を読んでもいない委員が選定した」という
言い方は極論でしかあるまい。
 
会議録によると、委員の1人は「従来の教科書は教材研究をしな
いで済むから(教員は)現在の教科書を選ぶことが多い」と発言し
ている。
八重山地区で、公民教科書は10年以上、東京書籍版が使用
されてきた 。
 
玉津氏の「協議会の責任と権限を取り戻す」改革がなければ、向
こう10年以上も同じ教科書が使用された可能性がある。
もちろん、
そのこと自体は悪ではない。
会議録と録音の一般公開によって、教
科書選定をめぐる「本当のこと」を検証することが可能になった。
時代の変化に即応した内容だと評価されれば、どの社の教科書であ
れ、先入観にとらわれず選定できる。それが「玉津改革」だという
ことだ。
                  (仲新城誠)          ≫


            ☆

ついでに本日(21日)の沖縄タイムス社会面のマジキチ見出しも紹介しておく。

≪「改ざんしてまで」≫

市民、選定に不信感

おなじみの「子どもと強化よ考える会」の大浜敏夫事務局長や沖教組八重山支部の上原邦夫支部長らが登場し、「改ざんは住民と教育に対する冒瀆だ」などと怒りの大合唱をしている。

だが御用識者の宗前准教授が指摘するように玉津氏の「改ざん」は「発言の趣旨を曲げない修正」であり、これを大げさに「議事録改ざん」だとか「住民と教育に対する冒涜(ぼうとく)だ」などと騒ぐのは、「沖縄タイムスの読者は読解力のないバカだ」と愚弄しているに等しい。

これでは新聞離れがますます加速するのも仕方がない。

 

 

【追記】

「玉津氏の議事録改ざん」が、沖縄タイムスが騒ぐような重大問題なら、八重山採択協会会長として教科書選定を行った「8・23協議会」の法的有効性にも疑義が出てくるはずだ。 文科省が有効と認めた「8・23協議会」の法的有効性を葬り去るには、これを取り仕切った玉津協議会長の資質を疑って行政訴訟に打って出るべきではないのか。

だが反玉津派がそこまでやる勇気はないだろう。

玉津氏の「議事録改ざん」は、常識の範囲内の「意図することの誤解を避けるため」の微調整に過ぎないことは、中学生レベルの読解力が有れば容易に理解できること。

沖縄タイムスの「プロ市民」を使っての玉津批判の大合唱は、ヤクザの言いがかりに過ぎない。

何とか「玉津潰し」で、突破口を開こうとする気持ち。

嘉例というめでたい名前の又吉嘉例記者も、公開質問で玉津氏に迫った女子高生の父親も同じ焦りから出た行為なのだろう。

めでたさも中くらいなりおらが春 小林一茶

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地元紙が報じない玉津氏の素顔 | トップ | 発狂新聞のマジキチ報道 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブーメラン (ヒロシ)
2011-12-21 08:57:32
狼魔人様、おはようございます。
左翼お得意のブーメラン攻撃ですね。(笑)
センセーショナルなタイトルであおるけれど詳しく調べれば調べるだけ事実と相違している事がわかるだけでなく
自らがそのような不正をしていた事が明るみに出る。
なんという喜劇でしょうか。
慶田盛氏は議事録作成していないし、9月の全体会も議事録後だしでしたしね。
議事録の録音まで流出させていますけれど、この件は問題にしないのでしょうかね?
せっかく流出させた録音データに玉津会長の問題(とされる)発言が無かった事は、sengoku38氏が流出させた動画に「中国船が映っていなかった」みたいなものですけど。

そろそろ八重山地区から公費留学した人たちは団結して立ち上がる時期です。
恩師を腐った左翼マスコミから護ろうではありませんか!
朝から、笑わせてもらいました。 (義挙人)
2011-12-21 10:03:17
狼魔人様、おはようございます。

私も、新聞広げて、「プウッ」とコーヒーを噴出しそうになりました。死刑執行日まで後10日と言うのに、、何を今更、何をしたいの?分かりませんね。

最後の「悪足掻き」てとこでしょうか。

それから、狼魔人様同様に、「本島保護者」様も大ファンになりました。、、、もちろん本ブログの読者の皆さんもフアンですけど、、(苦笑)
ありがとうございました (城所望)
2011-12-21 12:17:48
本日の八重山毎日新聞に公開質問の回答を読んでの感想及び、今後の考えについて投稿させていただきました。これを最後に発言はしないつもりですが、当ブログの皆様には最後に御挨拶をしておくべきだと考え投稿いたします。私が今回、公開質問の回答に対する投稿をしたのは、紙上で議論するためではありません。回答に対して議論したい点は多々ありましたが、それは飲み込んで書きませんでした。投稿した理由としては以下があげられます。①正確な情報が伝わっていない(公開質問のごく一部しか紙面に載らずに状況が理解できていない一般人が多い)②回答に明らかな間違いがある(勘違いによるもの)③橋氏の「お詫びと訂正」が出たことを伝える必要がある④今後の自分の考えを明らかにするべきと考える―などです。 ですから、事実を述べることが中心の内容になっています。可能な限り、事実の確認作業も行っていますし、玉津教育長にも確認している事実がほとんどです。回答に対する意見を求めて、マスコミ数社からは、記者会見を是非開いてほしい旨の要請がありましたが、騒がれすぎたくはないのと、文章の方が正確に思いを伝えることができると考えて新聞投稿という手段を選びました。
 さて、投稿文の中で述べていますように、私はこの問題についてこれ以上語らずに過ごしたいと思います。当ブログに投稿することには、当初大きなためらいがありましたが、様々な方からいろんな考え、ご意見、アドバイスを伺うことができ大変参考になりました。この場を借りて、皆様に、とりわけブログ管理者の狼魔人様に感謝いたします。ありがとうございました。ひとつだけ気になったのは、以前にも述べましたが、匿名で誹謗中傷される方がいらっしゃるということです。考えや思想が異なるものが、ルールにのっとった上で話し合うということはとても大事なことだと思います。異なるもの同士がお互いを尊重してぶつかり合うことによって、「化学反応」が生じて、新たなものが生まれることを様々な場で経験してきました。とても大切なことだと思います。ただし、ご自分の発言には責任を持っていただきたいと思います。「この問題についてこれ以上語らず」と書きましたし、今後ブログ上の投稿も控えますが、今まで発言してきたことに関しては、説明責任を果たしたいと思います。私と直接会って対話を希望される方がおられるのなら、時間の許す限りお応えしていきたいと考えております。
〒907-0004 石垣市登野城1357-1 石垣市健康福祉センターまでお便りをいただければ幸いです。勤務時間外で時間を調整いたしたいと思います。寒さに向かい風邪、胃腸炎が流行ってきています。皆様、お体ご自愛ください。ありがとうございました。
城所氏の投稿文 (無法者キラー)
2011-12-21 13:23:06
城所望氏が八重山毎日に投稿したコメンの全文が
「オトシタレ読んだか?ブログ」で紹介されています。↓

http://blog.livedoor.jp/otositare/
Unknown (◯◯◯)
2011-12-22 00:24:45
城所様、

書こうか書くまいか迷っていましたが、この際ですからハッキリ言います。

表ヅラではどうだか知らんが、アンタ周りに相当嫌われてると思うよ。
匿名が気に入らないみたいだけど、これでも俺は赤の他人のアンタになんとか真っ当になってほしい、妙な意地を貼ったり真意を隠して他人を誹謗中傷するのは結局自分を貶めるだけだからやめてくれと思いながら書き込みしてたよ。
匿名だろうがなんだろうが勘違いしてるバカ相手に説教してくれる奴がアンタの周りにいるのかよ?

一体どっちが卑怯者の誹謗中傷野郎なんだか胸に手を当ててゆっくり考えてみるんだな。
Unknown (涼太)
2011-12-22 00:41:03
狼魔人様

私も当事者ではないので、遠慮していましたが、なんか個人的な怨念みたいなものを感じます。
それは、留学問題で希望枠に入れなかったことから始まっているように思います。
個人的に恨みがあるから、玉津氏のやることなすことが気に食わない。
前にも書きましたが、その事と教科書問題は別ですから、教科書問題が一段落したあとに冷静に話し合われたほうがいいと思います。
そうでないと、マスコミの格好の餌食になってしまいます。
Unknown (涼太)
2011-12-22 01:05:29
ヒロシ様

湯呑み茶碗購入しました。
なんか心にグッとくる言葉です。
ケジメですか (本島保護者)
2011-12-22 02:06:44
ここは県内マスコミとは違い、自由に、そして理性的な意見を述べ合う者が集う場所だと私は認識しています。
そのような場へ堂々と名乗りをあげ、文字を紡いだ貴殿の勇気に心から感謝します。
さて、私の言葉は貴殿には届きましたか?
「公」の精神を忘れてはならないPTA役員として、1人の父親として、貴殿と娘さんのことを心から危惧いたしておりました。
貴殿は職務上「公」の持つ意味を十分に知っているはずですよね?
しかし、今までの貴殿の動きを見ていますと、どうもそれが感じられません。
素晴らしい言葉を、時には英語を交え並べて頂きましたが、至極空虚な感じにしか聞こえないのは、貴殿の本当の目的が文章の端々から見え隠れしたせいなのかもしれません。
これだけ世間を騒がせたのです。
もう十分でしょう。
それでも貴殿は3者の話し合いをと延々と手を離そうとはしない。
それが娘さんのために何になるのでしょうか。
他所の娘のことだから、ほっといてくれ、と言いたいのかもしれませんが、健全育成と言う観点から見た場合、それはできません。
それがPTAであり公の精神です。

貴殿が職場を公開したことは驚きましたが、そのおかげで貴殿の周囲にいる方々がどのような方々なのかも見えてまいりました。
そして決して表に出さない、本当の目的も確信が深まりました。

これ以上、マスコミに登場しないと貴殿は言いますが、そんなに甘いものではありませんよ。
いつか何処かで、教科書選定で同じような問題が発生したとき、あのときのお父さんは、高校生はと銘打たれ、永遠に追われ続けられます。
そのような煉獄に、貴殿は娘さんを送り出したのです。
過ぎたことは取り返すことは出来ませんが、ぜひ親として命ある限り子を守ってやってください。
そして貴殿が子供をイデオロギー成就の道具として茨の道へ送り出さないことを心から願っております。

さて、私のような稚拙な文章を褒めて頂ける方がいらっしゃるなんてお恥ずかしい限りです。
狼魔人様の軒下を借りる身ゆえ、恐縮の至り。
でも嬉しかったです、義挙人様に感謝。


涼太様 (ヒロシ)
2011-12-22 12:00:04
湯呑み、ご購入されたのですね。
心にきますよね。
山本五十六氏の言葉に感謝し、同じ日本人として彼らに恥じないような日本にしてくために努力したいと思います。
Unknown (涼太)
2011-12-22 21:51:55
ヒロシ様

ありがとうございます。
私はアマゾンで買いました。
若いころちょっと海外で仕事をした経験がありますが、つくづく日本人に生まれてよかったと感じました。先人たちが残してくれた財産です。
明日から、映画も封切られます。
是非見に行きたいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
青山繁晴「アンカー」12月21日 金正恩氏後継体制で拉致問題はどうなるのか?北朝鮮の真相を青山ズバリ!  (必見!) (青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ)
本日も必見映像です! 番組サイトより 「スーパーニュースアンカー」 (KTV)  http://www.ktv.co.jp/anchor/ 12/21のアンカーは… 金正恩氏後継体制で拉致問題はどうなるのか?北朝鮮の真相を青山ズバリ! ズバリ!キーワードは、「甘い!」「甦る日本外交」。 ...