狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

沖縄県議会へ、中国への抗議決議をせよ!

2010-09-20 18:33:58 | 中国

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います


読者のタマさんのコメントです。

毎日新聞の表現は柔らかめですが、読売は「強い対抗措置」ではなく「強烈な報復措置を講じ」と書いています。ただの表現の仕方の違いだとは思いますが「報復」は物騒ですね…

あと、沖縄県に属する領土にもかかわらず県内マスコミの消極的すぎる気がします。最初こそ少し騒いだものの今じゃ共同の記事を載せるだけ。こんな時こそいつもの「識者」の方とか「平和団体」の方にインタビューしてもらいたいです。「平和」な状況が侵されようとしている時に何も行動せず、宮古の米軍の音楽隊や掃海艦寄港にご執心のようです。次のターゲットは沖縄の陸自増員計画でしょうか。
閣が危機にある中今こそ平和団体の方には「県民大会」を開催してもらいたいです>

確かに米軍車両が誤って病院の駐車場に迷い込んだだけで大騒ぎし、平和団体が新聞で批判の意見を述べるわりには、今回の中国の領海侵犯事件に対しては、共同配信記事を他人事のように掲載するだけの沖縄紙は異様だ。

尖閣諸島は沖縄県石垣市の行政管轄区域ではなかったのか。

この事件について沖縄タイムスと琉球新報が社説で意見を述べたのは夫々一回に過ぎない。 事件の重大性から言って沖縄二紙が中国には腰が引けているのがよく分かる。

二紙の社説を検証してみたら、琉球新報の意外な主張にはいささか驚いた。

[尖閣沖接触事故]事態の悪化防ぐ知恵を

沖縄タイムス・社説 2010年9月9日 09時51分     

< 双方が領有を主張しているホットな海域だけに、小さな事故であっても処理の仕方を誤れば、両国の領土ナショナリズムを刺激し、事態が思わぬ方向に発展しないとも限らない。>

 < 事態をこれ以上こじらせないためには、何よりも、冷静な対応と細心の注意が求められる。日中双方が知恵を絞り、種火が燃え広がらないようにしてほしい。

 問題をこじらせたくないという気持ちは日中両政府にあると思う。問題は、振り上げた拳をどうおさめるかという、その次の対応である。>

< 「弱腰でもなく、かといって強腰でもない」という冷静な姿勢が必要ではないだろうか。最も警戒すべきなのは、日中両国の軍事的緊張を招き寄せることである。

 中国漁船の日本領海での操業と、中国海軍の活発な活動を結びつけて中国に対する警戒感をかき立て、中国の脅威をことさら強調することによって結果として冷戦時代への逆戻りを許してしまう―そのようなことがあってはならない。

 沖縄の漁業者の不安にも耳を傾け、事態の悪化を回避する手だてを尽くしてほしい。>

                         ◇

中国を母国と慕う沖縄タイムスだけに、「双方が領有を主張しているホットな海域・・」と、いかにも中国と日本が領有権争いしているような書き出しで読者を誤誘導しているが、言うまでも無く、東シナ海に領土問題は存在しない。

日本の領土に中国が侵入し、問題をこじらせている事実を矮小化させ、ひたすら「冷静に」とは、言う相手が違うのではないか。 今回の日本側の船長逮捕はごく当然の処置であり、これに異論を唱える中国にこそ、社説で抗議すべきではないのか。

やはり沖縄タイムスは、中国の理不尽な言いがかりには何も言えず、日本側に静かにせよ(冷静に)と言うのか。

その点琉球新報は、事件の本質を明確に指摘して、沖縄タイムスよりはるかに国家観のある社説を書いている。

冒頭部分で「まず、はっきりさせておくが、尖閣諸島は日本固有の領土である」と明快に問題の本質を指摘したのには驚いた。 そして返す刀で「中国の領海侵犯と違法操業は異例の事態」と切り捨てている。 

さらに今回の船長逮捕も当然のことと述べ、単なる一漁船の偶発的事故ではなく、「中国には、東シナ海の資源獲得を譲らないという思惑がある」と一歩踏み込んで断じている・・・琉球新報に一体何があったのか、想定外の社説だ。

中国漁船衝突 冷静な外交で摩擦最小に

琉球新報・社説 2010年9月9日               

 < まず、はっきりさせておくが、尖閣諸島は日本固有の領土である。明治政府が他国の支配が及んでいる痕跡がないことを確認した上で、1895年に領土に編入した。
 東シナ海で石油資源埋蔵の可能性が浮上し、中国は92年に「釣魚島」として領土と明記した領海法を制定し、領有主張を強めてきた。>
 
 <漁船側の領海侵犯による違法操業が引き起こした異例の事態であり、外交のために国内法の厳正な執行を曲げず、粛々と対処したことは当然である。
 海軍の艦船の動きを含め、日本の排他的経済水域(EEZ)にまで活動範囲を拡大している中国には、東シナ海の資源獲得を譲らないという思惑があることは間違いない。>

                         ◇

それにしても米軍関連の些細の事故でもすぐに抗議集会を開く「平和団体」が、中国の領海侵犯には沈黙しているのはおかしいではないか。

中国は日本の正当な行為に逆切れし「強烈な報復措置を講じ」と脅しをかけているが、これに対しては「平和団体」の出番ではないのか。

抗議のための「県民大会」を開くべきではないのか。

また沖縄タイムスもいつものように各市町村議会に、アンケートによる抗議決議の圧力を加えるべきではないのか。

そして国防を度外したイデオロギーだけの「米軍基地撤去運動」で、県民を扇動するのをそろそろ止める時期ではないのか。

■沖縄の民意で前原外相をバックアップせよ■

タマさんの言われるように中国の狼藉には沈黙し、陸自の増員には反発するようだったら、沖縄紙も平和団体も中国の工作員だと言われても仕方がない。

前原外相が中国の理不尽な要求に一歩も引かず対応しているが、前原外相にとって一番の心の支えは国民世論の後押しである。

特に現場である沖縄県民の民意の後押しこそ、百万馬力で新外相に勇気を与える。

沖縄県議会そして石垣市議会へ、

早急に中国へ「抗議決議」を要請する。

 

【おまけ】

尖閣にらみ陸自増員 1万3000人 防衛省方針
先島配備検討
 2010年9月20日 09時18分     

 防衛省が流動化する東アジアの安全保障情勢や国際テロ、災害への対処能力を向上させるとして、陸上自衛隊の定員を現在の15万5千人から16万8千人へ1万3千人増やす方向で調整していることが分かった。複数の防衛省、自衛隊関係者が19日、明らかにした。(3面に関連)

 年末に策定する新たな「防衛計画の大綱」に盛り込みたい考えで、来年度から増員すれば1972年度以来、38年ぶりの規模拡大となる。

 ただ主要国では領土侵攻の前に敵を食い止めるため海軍や空軍を重視し、陸上部隊を削減する傾向にある。財政難の中で経費負担の増大も避けられず、政府内の調整は難航しそうだ。

 定員増は陸上幕僚監部の強い意向を踏まえ、防衛省内局で検討。陸幕は日本近海での中国海軍の動きの活発化に伴い、中国沿岸から距離的に近い南西諸島での島しょ防衛強化が特に必要と説明。天然ガスなど東シナ海の資源獲得をめぐる日中摩擦も生じており、政府、与党の理解が得やすいと判断したようだ。

 具体的には、中国が領有権を主張する尖閣諸島への対応を視野に、防衛態勢が手薄とされる宮古島以西への部隊配備を検討。沖縄本島の陸自部隊は現在約2千人だが、これを2020年までに南西諸島を含めて2万人規模とする構想も浮上している。

 防衛省によると、増員は前年度比で千人増の18万人とした1972年度が最後。96年度以降は減員傾向が続いているだけに、本年度比で1万3千人増とする今回の措置はこれまでの流れに大きく逆行することになる。

 

◆講演会のお知らせ

第三回「正論」セミナー

日時 平成22年10月15日(金曜日) 午前11時半開場・午後2時終了

場所 沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ
    (那覇市前島3-25-1 電話0988-860-2111)

講師 宮本雅史・産経新聞那覇支局長 『沖縄リポート』

    阿比留瑠比・産経新聞政治部 『民主党政権と沖縄』

参加費 1500円(昼食費込み)

お問い合わせ 沖縄「正論」友の会 電話 098-861-6778

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います


ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国がさらに恫喝、一歩でも... | トップ | 沖縄人の75%は独立希望だ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
賛成します。 (沖縄県民の仲地)
2010-09-20 20:38:45
狼魔人様お久しぶりです。毎日当日記を閲覧しています。

この頃の尖閣諸島問題を中国の一方的な泥棒的主張を、今日の沖縄タイムスは「何考えているんだ」と言いたい気分ですね。「対話が重要だが、ダメなら諦めて、めんそ~れ沖縄」と出迎える準備をするのかね。平和団体等と一緒に。

今の頼りは、前原外相ですよ。中国を徹底的に抗議し、尖閣諸島は我々日本国領有である事を公言しなければ、今でも中国漁船の侵犯が続いているだろうし、早急に手を打つべきでしょう。
売国奴 (ayataro04)
2010-09-20 21:37:56
狼魔人さま
毎日欠かさず拝読させて頂いています。

産経にあった「琉球王国住民の大部分は福建省、浙江省、台湾付近の出身で、言葉も制度も中国大陸と同じだったと断言。」などと言う論文が在日中国大使館勤務経験した商務省の役人から出てくるのをみると明らかに中国政府がかんでいるとしか思えません。

下は正しい歴史認識さんのブログです
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3980.html
この中に日本人の【血液型Gm遺伝子の分布図】というのがありますがアイヌから沖縄まで同一の遺伝子を持ち、韓国、中国とは著しく異なると言う研究結果があるようです。

私が昔し読んだ本の記憶では、琉球時代に公用語を中国語にしようと言う提案が有ったようですが実現しなかった様です。
沖縄の方言の中に中国語を起源とする言葉が少なく日本の古語が数多く残っているのを見ても明らかですが、なぜ左翼の連中が沖縄にこれほど多いのか解りません。
彼らは左翼運動を生活の糧にしているのでしょう。
かれらの経済活動なんでしょうが、国を売る連中だけは許せませんね。
しかも琉球大学には沖縄独立を掲げる中国人の教授が居り、国税から給料を払って彼らの運動を野放しにしている事態が理解不能です。

名護市議選の結果を受けて
9月13日のタイムスには、[名護・市長派圧勝」敗れたのは日米政府だ
と書いていますが、ならば勝ったのは「中国共産党政府]か?と聞いてみたく成ります。
本当に酷い新聞です。
Unknown (Unknown)
2010-09-20 21:52:35
>中国の狼藉には沈黙し、陸自の増員には反発するようだったら、沖縄紙も平和団体も中国の工作員だと言われても仕方がない。

その通りですね。
狼魔人様 (半世紀)
2010-09-20 22:44:23
沖縄の方々がみんな米軍基地に反対で、自衛隊も嫌いで、日本軍憎しと思っていると私の周囲ではテレビの影響でそう思っている人が多いので、狼魔人さんのブログを印刷して配ったところ、目からウロコの状態です。40代の後半なので、みんなパソコンには不慣れと言うか、覚える気が無いので、、そういう私もこの間の「石井某議員」のことで狼魔人さんにご迷惑をおかけしたのに、コメントできなくて申し訳ありませんでした。恥ずかしながら「ログイン」でパニックになってしまい、今日のような形でないとコメントできなくて、、(冷や汗です)

沖縄のお年寄りの映像が流れると凄く幸せな気持ちになります。戦争や占領下の頃の苦労が全く見えないくらい、明るくて元気で、、その人達にまた「中国」という恐ろしい国が忍び寄るのは許せません。私も周囲に色々伝えて行きます。勝手に印刷をしますが、お許し下さい。

Unknown (縁側)
2010-09-21 00:40:04
狼魔人さま こんばんは

 県議会は野党多数だったはずですから、中国非難決議はあり得ないでしょうね。決議してもらいたいですが・・・。

 たしか那覇は決議したような・・。
琉球新報の社説で尖閣はわが国古来の・・・の記事は多分、前泊論説委員が書いたものだと思います。彼の歴史観は大嫌いですが、気骨ある性格は好きです。歴史観はとにかく嫌いですが。

 
Unknown (狼魔人)
2010-09-21 08:30:25
沖縄県民の仲地さん

お久しぶりです。

>今の頼りは、前原外相ですよ

昨日のテレビを見ていたら、中国船長逮捕で、中国側が日本旅行団をキャンセルしたとか、一連の対抗処置に「日本側の受けるダメージは大きい」という部分のみを強調し、名前こそ挙げなかったが、「観光業界の損失は前原はの責任」だといわんばかりの報道でした。

前原外相だけが頼りというのも情けないですね。


ayataro04さん

いつも貴重なご指摘ありがとうございます。

コメントを本日のエントリーに勝手に(いつも勝ってですが)引用させていただきました。


Unknownさん

本文中に出てくる林泉忠琉球大学准教授などは工作員と呼ばれても仕方ないではなく、工作員そのものですね。



半世紀さん

>沖縄の方々がみんな米軍基地に反対で、自衛隊も嫌いで、日本軍憎しと思っていると私の周囲ではテレビの影響でそう思っている人が多いので、狼魔人さんのブログを印刷して配ったところ、目からウロコの状態です。

◆そういっていただくとブロガー冥利につきます。

ありがとうございます。

>狼魔人さんのブログを印刷して配ったところ、目からウロコの状態です。

>勝手に印刷をしますが、お許し下さい。

◆印刷配布は大歓迎です。

(冷や汗)に懲りずにまたまたコメントください。



縁側さん

>県議会は野党多数だったはずですから

◆国の領土、というより県の地域に関する侵犯問題を野党だからといって決議に反対したら国賊ですね。

昔だったらスパイ罪で死刑でしょうね。(笑)

>たしか那覇は決議したような・・。

沖縄タイムスによると抗議は抗議でもあて先は日本政府で「領海侵犯させないで」という抗議決議だそうです。

相手がアメリカだと直接抗議決議するのに、やはり中国様に直接抗議は失礼に当るのですかね。
沖縄人は事大主義 (よな)
2010-09-21 12:44:01
「沖縄県議会へ、中国への抗議決議をせよ!
沖縄県に属する領土にもかかわらず県内マスコミは消極的すぎる気がします」
 完全に同意します。しかし、だからといって、彼らが親中国はだとは限らない。去年の沖縄・鹿児島交流拡大宣言では、「薩摩による琉球出兵・侵攻400年という節目を迎えたこの年、過去の出来事や成果をしっかり踏まえつつ、両県が真の隣人としての関係を・・・」として、過去の植民地支配を不問にした。つまり、手ごわそうなものとは争わないという伝統的な事大主義を忠実に実行しているにすぎない。
 ところで、話は変わりますが、管理人さんは別にも似たようなブログを開設していますが、何か意図でもあるのですか。また「久しぶりに帰郷し、東京に住む友人の某君に聞いた話しだが」とありますが、本当は沖縄の人ではないのですか。はじめてですが、ぶしつけな質問を許してください。
Unknown (狼魔人)
2010-09-21 13:33:20
狼魔人

>久しぶりに帰郷し、東京に住む友人の某君に聞いた話しだが」とありますが、本当は沖縄の人ではないのですか。

◆本来は「久しぶりに帰郷した東京に住む友人」と書くべきとこを書き間違えました。

文章のニュアンスが誤解を与えるので次のように書き改めました。

>「久しぶりに帰郷した東京に住む友人に聞いた話しだが」

◆沖縄に帰郷した友人」ということで、彼は沖縄出身で、高校時代の同級生ですが現在東京に住んでいます。

この前、これまで参加したことのない在東京沖縄県人会に初めて参加したことを語ってくれました。

最初の文章では、私が「東京に帰郷した」と判断されますよね。(笑)
勿論私は沖縄人ですよ。

>管理人さんは別にも似たようなブログを開設していますが、何か意図でもあるのですか

◆ブログを書き始めた当初、読者がほとんど居なかったので、メモ代わりと資料収集のつもりで書いていたのですが、読者が急に増え始めたので、それはそのままにして、このブログに引越しをしたわけです。

別に特別な意図はありません。

那覇市議会 (アイゼンシュタイン)
2010-09-21 21:26:51
狼魔人さま

>漁船衝突事件で中国政府に抗議決議…那覇市議会
>沖縄県石垣市にある尖閣諸島沖の日本領海内(東シナ海)で、海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件で、那覇市議会は21日、中国政府に抗議する決議案と、日本政府に毅然(きぜん)とした対応を求める意見書案をそれぞれ全会一致で可決した。

那覇市議会はやりますね。この決議案に対する地元マスメディアの反応をご紹介頂けると幸いです。
毅然と対処せよ中国へ (wellwell)
2010-09-23 22:38:30
絶対中国のごり押しに負けるな。
ビデオを証拠として世界に示せ。
日本の領土とした年号と資源があった
事が判って、慌ててごり押し宣言した
のは、はっきり示せ。
沖縄住民は、アメリカだけに抗議するのか、中国住民になりたいのか。
中華思想の中国と国際アピールせよ
ベトナム、台湾、フィリピンの領海も危ないし、アジアシーレーンも安全ではない。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL