狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

上陸した中国人を逮捕!小泉首相の指揮権発動

2010-11-09 08:03:24 | 中国
 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

■間抜けなカメレオン

昨日(8日)の国会質疑を見ていて、中国漁船衝突問題に関する那覇地検の一連の処分に政治関与はしていないと強弁する管首相、仙谷官房長官と関係閣僚の間抜けな答弁を見ていて、何かの本で読んだ「間抜けなカメレオン」の話を想いだした。

緑色に変身して緑の木の葉に身を潜め、誰にも気付かれないつもりだが、その木の葉が枯れて茶色に変色してしまい、誰の目にもバレバレなのに依然と緑色のままでいる間抜けなカメレオンの話である。

法と証拠によって処分すべき案件を、あえて「外交的配慮」と公言して中国人船長を釈放した那覇地検の鈴木次席検事の苦悶の記者会見を見た国民で、政治介入があったことを疑うものはいない。 言葉を換えれば中国船長の釈放には実質上の指揮権発動が行われたことを国民は皆知っている、ということである

つまり菅内閣がいくら白を切っても「間抜けなカメレオン」と同様、誰の目にもバレバレということ。

柳田法務大臣が答弁に窮して「(中国人船長の)捜査は終了した」とつい本音を吐いて、本件の関係閣僚の動揺ぶりテレビを通じて全国に放送された。 あわてて官僚答弁を持ち出して読み上げる会われた仕草は下手な芝居を見るよりよっぽど興味深い見世物であった。

法務大臣が国会で「捜査は終了している」と発言した以上、那覇地検は一刻も早く処分保留で釈放された中国人船長を「在宅起訴」でもいいからとにかく起訴すべきである。

「ビデオ流失」の犯人は、身元不確定でもすばやく起訴しているではないか。

                      ◇

■堂々と指揮権発動すべき案件、石破氏が仙谷氏にブリーフィング

昨日の国会質疑を見ていて、菅内閣は弁護士の仙谷官房長官が下手に法律知識があるため、教条主義に陥ってしまい「指揮権発動」のトラウマに陥っていると感じた。

つまり指揮権発動といえば「検察が追求する悪徳政治家を法務大臣が横槍で捜査を辞めさせる」といった悪いイメージのトラウマだ。

前回も石破自民党政調会長が、仙谷長官に「日本国憲法に首相の職務としてわざわざ外交が明記されている理由」を憲法を引いてレクチャーし、今回の案件は当然首相が地検に介入すべきであったと、素人にもわかるように解説した。

その時は仙谷氏も理解したように見えたのだが、昨日の議論では健忘症になったのか、又しても一般論を持ち出して那覇地検の判断には政府は介入しておらず、「地検の判断は了」と同じことの繰り返し。

ちなみに日本国憲法 第72条は、日本国憲法の第5章「内閣」にある条文で、内閣総理大臣の職務について次のように規定している。

第七十二条 内閣総理大臣は、内閣を代表して議案を国会に提出し、一般国務及び外交関係について国会に報告し、並びに行政各部を指揮監督する。

つまり重要な外交に関わる検察の判断には内閣総理大臣が「指揮監督する」、つまり今回の案件は首相が憲法の規定により同道と政治介入すべきというのだ。

石破氏によると、指揮権発動は検察の極端な横暴を抑える意味があり、必ずしも「悪を助ける」という意味ではないとのこと。

                      ◇

■強行上陸の中国人を逮捕した小泉内閣

尖閣近海での中国人の逮捕は今回が初めてなので、日中関係が前代未聞の緊張関係に陥ったという向きがあるが、自民党時代にも中国人の逮捕劇はあった。 

だが今回のような日中間の危機的情況には至らなかった。

2004年3月24日の未明、尖閣近海での中国船の領海侵犯どころか、中国人が海保の阻止を振り切って魚釣島に上陸を敢行し、中国国旗を立てたるという過激な行為に走ったため、海保が逮捕するという事件があった。

ここまでは「衝突」と「上陸」の違いはあっても「中国人の逮捕」という点では今回の案件と全く同じである。

石垣海保は、当初、当初中国人の身柄を検察に送致する方針だったが、送致直前になって突如方針転換し、福岡入獄管理局那覇支局に身柄を引き渡し、強制送還することで急遽問題解決に至った。

もちろんその間、中国側から早期釈放の要求があったことは事実だが、今回のような釈放後の謝罪や賠償請求は無かった。

同じような「中国人の逮捕劇」でも、その後の情況がこうも違うのは、小泉首相が「重要な外交案件」と判断し政治介入したからだといわれていた。

最近のテレビインタビューで小泉首相と一心同体の仲だといわれた当時の飯島秘書官がその時の様子を回想し「(首相は)俺が責任を持つから釈放しろ」と堂々と政治介入したと述べていた。

このニュースを伝える朝日新聞からの抜粋記事がこれ。

先鋭化する領有争い 尖閣上陸巡る日本の対応  (03/31 14:51)

(略)

◇「手上げず」一転「毅然と」

 3月24日、日本政府は中国人活動家を逮捕した。96年の紛争時、島を守る海保職員らに「決して手を上げずに押し返せ」と指示した首相官邸の姿勢は、大きく変わったといえる。24日の関係省庁会議では、東シナ海への影響を強める中国をにらみ、「毅然(きぜん)と対応すべきだ」との意見が出た。

 自民党、民主党の一部では、尖閣諸島を日本の領土と確認する国会決議を求める動きも出始め、30日には衆院安保委員会が領有権を確認する決議を可決した。自民党国防族のある議員は「強い姿勢をとることが高い評価を受ける近道、という考えが流行している」と解説する。

 一方、中国側にもナショナリズムの高まりがある。小泉首相の靖国神社参拝や中国国内での日本人による買春問題などで中国の民衆の対日感情は悪化している。今回の活動家たちの行動もそうした文脈の中で起こった。

 しかも、活動家たちは逮捕を覚悟していたようだ。従来と異なり、上陸予定日を偽って海保の警備を突破。母船が領海外に去り、「逮捕するしか選択肢がなくなった」(政府関係者)という。

 最終的には「日中関係に悪影響を与えない大局的な判断」(小泉首相)で、早期決着が図られた。外務省で対中外交に携わった浅井基文・明治学院大教授は「領土問題は国民感情に直結する。尖閣諸島問題は、爆発したら日中関係全体が吹っ飛びかねない火種だ」と警告する。

 過去にも緊迫した場面があった。前回、紛争が起きた96年秋。早期警戒機E2Cが5機、青森県の航空自衛隊三沢基地から那覇基地に飛来した。ヘリによる上陸を阻む目的だった。関係者によれば、同年10月10日から約10日間、尖閣諸島東北沖にE2Cが、東南東沖にF4ファントム戦闘機が展開した。首相官邸では武器使用の是非さえ議論された。ヘリが警告を無視し続けた場合、対領空侵犯措置に従って「粛々と対応する」ことを申し合わせた。ヘリは結局、来なかった。

 同年9月、香港の活動家が、尖閣諸島の周辺海域に飛び込み死亡した。台湾の国防部(国防省)顧問によれば、台湾軍は同様の事故を恐れて、軍の救難ヘリ派遣を検討した。しかし、自衛隊との連絡手段がわからず混乱。最終的に「軍事的緊張を高める」として断念したという。

 今、日中の軍事交流は停滞したまま。緊急事態に備えたホットライン設置は「はるか先の話」(自衛隊幹部)というのが実情だ。

 78年に中国の実力者、トウ小平氏は「次の世代は、我々よりもっと知恵があろう」と述べ、問題を先送りした。東アジア地域におけるナショナリズムの高まりの中で、練達の指導者の提案は次第にかすんでいくようだ。 (略)

(03/31 14:51)

                                                        ◇

小泉首相の送検前の「中国人釈放」という決断の是非はともかく、その判断は内外ともに大きな問題にはならなかった。 これは小泉首相が全て自分の責任を明らかにした決断だったからだ。

一方同じ「中国人逮捕劇」が、菅内閣で大問題になった理由は、小泉首相のように「政治介入」を明確にせずに、姑息にも外交案件を那覇地検に責任転嫁したからである。

だが他にもっと大きな理由があった。

中国は民主党政権になってからの日米関係の動向を窺っていたのだ。

小泉政権当時は日米関係はこれまでにない蜜月関係にあり、中国側としてはいちゃもんを付けるのはよっぽどの覚悟が必要だったのだ。

だが、民主党内閣に変わって、普天間移設を巡って日米関係にヒビが入り、そこに付け込んで恫喝をしてきたのが今回の「領海侵犯と恫喝劇」である。

これに対する「柳腰外交」が日中対立を引き起こし、北方領土へのロシア大統領上陸」に繋がっていくのである。

日米の信頼関係にヒビを入れた民主党内閣が中国、ロシアに理不尽な行為の引き金となった。

さらに「米軍基地撤去」と「自衛隊配備反対」を叫ぶ伊波候補が沖縄県知事に当選でもしようものなら、「沖縄県民は反米・反日で中国を歓迎する」という誤ったメッセージになる。

この閉塞した外交環境をぶち破る道はただひとつ、

解散総選挙しかない。

そして伊波候補の県知事当選を阻止することである。

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2弾のネット流失も? | トップ | 売国奴・官房長官、読売が「... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
小泉さんの時 (ももりん)
2010-11-09 08:59:11
尖閣への上陸で、「不法入国」ということで強制退去という判断でしたから、あれはあれでよいのでは?

今回とは罪状が違いますよね。
不法入国は強制退去処分ですから。
Unknown (るんるん)
2010-11-09 12:13:29
伊波氏は、「自衛隊配備」を叫んでいるんですか??
間違いでした (狼魔人)
2010-11-09 12:20:23
るんるんさん

「自衛隊配備反対」の間違いでした。

この場で読者にお詫びして、訂正しておきました。
姑息な民主党 (アイゼンシュタイン)
2010-11-09 13:03:03
今回の沖縄県知事選挙は、非常に重要ですね。しかし、民主党は敵前逃亡で、候補者すら出さない。ふざけているとしか言いようがありません。
しかし、内地では多くの人が、誤った情報から「沖縄は反米、反自衛隊で凝り固まっている」と信じて疑いません。困ったものです。
今回、与那国に自衛隊配備が検討されているようですが、そちらのマスゴミが過剰反応するでしょうね。是非、ご紹介いただければ幸いです。
頑固なカメレオン (Sugar Pie Guy)
2010-11-09 13:11:16
管、仙石その他を間抜け、無能と評するには異議があります。

彼らは不屈の闘士なんだと思う。
日本をソフトランディング(革命を伴わず)に赤化させるための布石を着々と打っている。

不屈の闘士だからこそ手強い。
安易に放置はできない。
打倒せねばならない政権なんです。

カメレオンの例えで言えば、緑色に変色しようとせず赤いままの、鉄の意志を持ったカメレオン。
愛国無罪君よ。 (エム)
2010-11-09 16:58:13
>伊波のような極左を立候補させている時点で琉球人は「反米反日媚中」と明言しているも同じなのだから。
テロの一つも起こせない臆病者が何を知った風なことを書いてるんだかw


 ところで君は、極左集団が政権を握っている国がどこか知らないらしい。

 臆病者の私にはテロはできないので、君に
お願いする。


 
Unknown (狼魔人)
2010-11-09 17:32:57

季節はずれの蝿が一匹迷い込んできたのでしばらく晒して、適宜駆除いたします。

皆さん笑ってやって下さい。

どうやらこの薄汚いハエ、「成りすまし中国人蝿」のようで日本語が良く理解できないようです。
まるでゴキブリ (半世紀)
2010-11-09 18:14:37
中国、韓国のことを少しでも批判するとウジャウジャ沸いて来ます。
どこで調べたのか、携帯にまでシナ人が嫌がらせの電話をして来るんです。恥ずかしいことに、私は自分の携帯電話の番号を覚えてないんですが、一体どこで調べたんでしょう?
そこまでするということは、結局「やましい事」があるんでしょうね。
シナ人は仲間が笑われるのが一番の屈辱だそうですから(川合俊一さんの受け売り)「コキントウ?プッ!」って笑ってやりましょう。
Unknown (涼太)
2010-11-09 18:58:58
狼魔人様

中国はEU各国に、ノーベル平和賞に出席しない様、書簡を送っているみたいですね。
もちろんEU各国は無視するみたいですが。
本当に非常識な行動です。そんな国だから、成りすまし中国蝿のような低レベルな人間しか出てこないのでしょうね。
憂国志民の提言 (空き缶粉砕)
2010-11-09 19:52:27
 10月22日の新聞紙上で、前宜野湾市で、次回沖縄県知事選候補者(名前は忘れましたが)が、「…沖縄は、明治になって日本に併合されるまでは、中国に朝貢していたので、私は、日本より中国に親しみを感じる。」と答えていた。
 日本と沖縄は、同じ先祖(九州南部から南下した人が琉球を作った)を持ち、同じ言語(学問的に日本語と琉球語は姉妹語)を持つ民族であり、中国人は異民族である。
 「朝貢」をするとは、属国として、その支配を無条件に受け入れることを意味する。
 どこの世界に、身内よりも、寺銭や諸場代をとられたやくざの親分に親しみを感じるなどという馬鹿者がいるだろうか。
 そして、琉球が同じ属国だった李氏朝鮮のような悲惨な目にあわなかったのは、薩摩藩の支配下にあったからだ。
薩摩藩は、琉球を経由した中国との間接貿易で、利益を挙げており、琉球を形式的に中国の属国のままにしておき、朝貢させておくほうが得策と考えたからだ。
 因みに、琉球王は、民のことを省みず、明治維新になり、東京に住むことになり、琉球を離れることになったが、それを聞いた琉球の人々は、拍手喝采して喜んだそうである。
そして、九段下(現九段高校)に屋敷を構えた琉球王は、昼間から芸者をあげて大散財をした。
 どうしても、李氏朝鮮や北朝鮮、琉球など中国が支配すると民は悲惨になり、戦前の朝鮮半島や台湾など日本が支配すると、民は豊かになるようだ。
 それでも、琉球は薩摩藩が陰で実質支配をしたので、李氏朝鮮のようにならなかったのは、不幸中の幸いであった。
 今度の沖縄県知事選挙では、沖縄県民は、「中国に朝貢していたので日本よりも中国に親しみを持つ」などと言う、どこの馬の骨か分からない「バカヤロウ」を県知事に選んではならない。
基地問題以前の問題である。
 来るべき沖縄県知事選挙は、沖縄県民の知性を問う選挙になるだろう。
Unknown (涼太)
2010-11-09 20:25:01
狼魔人様

本題に入ります。
私は、5年間の沖縄勤務で沖縄の空気はよく知っています。多くの県民は私たち本土人と変わらぬ意識を持っています。ただ生活の心配のない公務員や、某大学の工作員教授の様に、反日感情を煽る人も確かにいます。その人達は例外でしょう。
沖縄の企業は社員研修に自衛隊の体験入隊なども活用しています。ただ沖縄県民としてのアイデンティティーは強いもがあります。それが即親中国では無いと思います。その感情はどの県の人間も持っています。例えば千昌夫や吉幾三がわざとお国訛りで故郷の歌を歌いつづけるのと一緒です。沖縄の代表的グループ、ビギンも「オジー自慢のオリオンビール」や「島んチューの宝」とか多くの曲を作っていますね。のりがいいので私も良く聞きます。
地場企業と本土大手企業との確執も確かにありますが、それはどの県でも同じです。
普段は流暢な標準語で原稿を読む女子アナも、お国自慢となると方言丸出しです。(個人的には今までのイメージが壊れてがっかりしますが。)
ほんと綺麗な顔して、ズーズー弁(もう死語かな。)、九州弁、広島弁丸出しです。最近ではNHKの青山アナが「じゃけんのう。」とか、広島弁丸出しで話していました。故郷を愛する気持ちは、全ての県の人に共通するものです。

故郷(ふるさと)

1 うさぎおいしかのやま
こぶなつりしかのかわ
ゆめはいまも めぐりて
わすれがたきふるさと

2 いかにいますちちはは
つつがなしやともがき
あめにかぜにつけても
おもいいずるふるさと

3 こころざしをはたして
いつのひにかかえらん
やまはあおき ふるさと
みずはきよき ふるさと


こんな心情、日本人だけが共有できる財産です。
ゆえに、日本人は絶対に中国などには屈しない。
今日も、長文お許しください。

Unknown (涼太)
2010-11-09 20:32:05
狼魔人様

今日も言葉不足です。

>こんな心情、日本人だけが共有できる財産です。

ですから、某党の党首や、日本の政権に入り込んでいるであろう、成りすまし在日国会議員には絶対理解出来ない心情だと思います。

Unknown (涼太)
2010-11-09 20:46:31
空き缶粉砕様

つまり、前宜野湾市長は、のこのこ韓国まで出かけて行って「日本人は劣った民族だから、韓国の優秀な血を注入しないといけない。」と発言した、国会の証人喚問から逃げ回っている国会議員(名前は忘れました。)と同じレベルだということですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL