狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

第2弾のネット流失も?

2010-11-08 08:20:09 | 中国

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

動画投稿サイトに記録提供を要請
11月8日 4時10分  NHKニュース
尖閣諸島沖で起きた中国漁船による衝突事件の映像が流出した問題で、検察当局は、流出した経緯を解明するため、8日から刑事事件として捜査に乗り出す方針で、映像が流された動画投稿サイト側に対し、投稿者に関する記録の提供を要請しました。映像を扱うことができた関係者から事情を聴くなどして本格的な解明を進めるものとみられます。(略)

                     ◇

中国船衝突ビデオがネットに流失して以来、顔に泥を塗られた仙谷官房長官は犯人探しに狂奔している模様。 焦った仙谷氏は当初から「調査」から「捜査」への切り替えのタイミングを窺っていた。面子を潰したままでコキントウ主席が来日するのでは、崇拝する中国様への)面目が立たないからだ。 

とにかく犯人を逮捕し、可能な限りの法律を適用し「重罪」に処して、中国様のご機嫌を窺うつもりなのだろう。

又してもお笑い劇を演じるつもりなのか。

領海侵犯等で重大な違法行為をした中国人船長を事実上の無罪釈放にし、国益を考えた「犯人」の内部告発を政治判断で重罪に処するというブラックジョークの・・・。

結果的に民主党内閣は再度世界に大恥を晒すことになる。

これが「柳腰外交」の正体である。

【途方に暮れるカンカラ管首相と柳腰官房長官】

$流星のフィリピン
                       

                    ◇

カンカラ菅首相と柳腰仙谷の二人がいくら無い知恵を絞っても、確信犯による情報流失を止めることは不可能である!

石原慎太郎東京都知事がフジTV「新報道2001」で、「情報は止められない」と前置きし、仄聞だと断りながらも流失ビデオの未公開部分を見た人の話しとして、

「海保保安官が海に突き落とされ、それを中国人がモリで突くシーンがある」と語った。

この話はネット上ではかなり前から出回っていたが、東京都知事がテレビで発言したことで話題になった。

確かに今回の「ネット流失」には海保保安官がが中国漁船に乗り移って中国人の身柄を拘束するシーンは含まれていない。

で、その「ネット流失映像」から削除された形の「海保保安官が乗り移る場面」をネットから拾うとこうなっている。

写ってない部分は、海保船舶が横付け。
海保職員が乗り込む。
その後、中国船舶が突如離船。
取り残された海保職員が中国人船員に飛び蹴りされて中国船舶から 海中に突き落とされる。 ?
海に落ちた海保職員を潰すように、中国船舶が進路変更。
海保職員が必死に泳いで逃げるのを執拗に銛で突き殺そうとする中国人船員。
海保船舶が海保職員を救出するため停船し救助に乗り出す。
その後ろから中国漁船が溺れる海保職員に乗り上げ、
海保職員が海の中に 沈んで見えなくなる。

その後、浮かび上がった海保職員は海保船舶に後部から担ぎ上げられる。
這い上がる海保職員めがけて数秒後に漁船が全速力で海保船舶の後部から 衝突し、
海保側の船体が大破。

ビデオを見た日本側関係者は異口同音に 「 こ れ 殺 人 未 遂 だ よ 」 と呻くように 言ったらしい。

【動画】⇒20101107 たかじん 尖閣

今回のネット流失の「犯人」を憂国の士だとする元内閣安全保障室長佐々淳行氏は、「第二のネット流失」があるかもしれないと予測している。

「超確信犯の犯人」はそれを政府に対する切り札としているというのだ。

【尖閣ビデオ流出】船長逮捕シーン皆無は政治的意図 識者が徹底分析

2010.11.6 20:57

 投稿者は憂国の士か、あるいは愉快犯か-。どちらにしても、今回の告発が、中国に配慮し続ける菅政権の対中外交に不満を持つ、多くの国民を勇気づけたことは間違いない。ただ、法治国家である以上、事件性も含めて犯人特定に向けての調査は進む。今回の尖閣ビデオ流出が提起した問題点、今後のポイントを識者に聞いた。

菅政権の緩さ

 元内閣安全保障室長の佐々淳行氏は、「私が現役なら、絶対にこんなことはさせなかった。民主党政権は、機密情報の管理体制を語る以前に情報の取り扱い方をまるで分かっていない」と怒りをあらわにする。

 「今回の映像は初動段階で公開すべきもので国家機密でも何でもない。それを菅内閣が勝手に機密化した。警視庁の公安情報漏洩も、捜査協力者や他国の諜報機関との信頼関係を根底から崩す非常事態。担当大臣や外務大臣が各国に事情説明とおわびをした上で、徹底究明すべき由々しき問題にもかかわらず、内閣周辺からはそういった危機感がまるで感じられない」

隠された意図

 佐々氏は衝撃的な内容以外に次のような意図も読み取る。

 中国の不法行為を証明する場面は、酔っぱらって抵抗したとされる船長の逮捕シーンだが、流出した43分間の映像には一度も映り込んでいない。これは明らかな政治的意図で、これ以上、菅政権が、国家国益をおとしめるような対中外交を進めるなら『第2第3の公開もあり得るゾ』という強い意志がうかがえる

 個人的には「今回の“犯人”には(国民に真実を伝えるという意味で)もろ手を挙げて拍手喝采を送りたいところ。だが、元国家公務員の矜持で自重している」とも。

意外と微罪

 告発された場合、流出させた人物はどのような罪に問われるのか。

 弁護士の紀藤正樹氏は「海保からの流出を前提にすると、国家公務員法第100条『秘密を守る義務』違反に問われる可能性がある」と指摘する。

 その上で、刑事事件化するなら「海保を原告とした被疑者不詳の国家公務員法違反が適当」。同法違反は、1年以下の懲役又は3万円以下の罰金のため、意外と微罪だ。

 “犯人”像については、「海保から那覇地検に提出され、国会議員が見た映像と、投稿映像が異なる以上、今回の出元は海保内部と判断しやすい。となると、投稿者、あるいは投稿を指示した人物は、現場の海保職員である可能性が高くなる」とみる。

 「映像の編集を外部に委託し、そこから漏れることも考えられ、仮にそうなら編集業者に対し守秘義務違反を問える。だがその可能性は低いのでは」
 

“捜査”の方法

 気になるのはどうやって“犯人”を突き止めるのかということ。インターネットプロバイダー支援業務のネットセキュリティ(東京)は「捜査方法は、巨大掲示板『2ちゃんねる』の書き込みと同じ」(戸川仁マネジャー)と解説し、こう続ける。

 「まず捜査当局が『YouTube』を運営する米グーグル本社に、日本法人経由で、裁判所の命令による投稿者のIPアドレスやログ(アクセス記録)の開示を請求。これで、投稿者が使用したサーバーやプロバイダーが判明し、ユーザー個人の情報がつまびらかになる」

 だが、ことはそう簡単ではない。投稿者が身元を割れないようにするなら、警視庁公安部の情報漏洩と同様、海外サーバーを経由させればいい。

 投稿に至るまでに、複数の外部サーバーを噛ませれば発信元の特定は困難。海外のサーバーには、IPアドレスやログが正確に記録されていないケースも多く、その場合、発信元の追跡は難航を極める。

 「ただし、(動画投稿の場合)こうした細工をすると動作が非常に“重たく”なるため、今回の映像のように容量が大きい動画を複数投稿するのは不便で疑問。投稿者は、身元がバレても構わない『超確信犯』とも考えられる」 

                                                       ◇

コキントウの面子が最大級につぶれるのは、来日当日に「ネット流失第2弾」を決行することである。

そのときは菅内閣は吹っ飛んでしまうだろう。

それに怯える菅内閣は調査を捜査に切り替え「刑事事件」で処罰するという。

「国家機密漏洩」とオドロオドロシイ表現をする民主党幹部もいるが、そもそもわが国には「スパイ防止法」は存在しない。 それでも法治国家の面子を通すとしても精々「守秘義務違反」の微罪だ。

菅内閣は「ネット流失」を危機管理の問題にしして犯人を「人身御供」にし酔うとしているが、これは問題の本質のすり替えに過ぎない。

船長逮捕の直後、現地の石垣海保事務所を訪問した前原国交大臣(当時)は、「証拠のビデオを見れば一目瞭然」と大見得を切っていた。

船長釈放までの政府方針では、ビデオはいずれマスコミに公開するため複数のマスコミ用ビデオを製作していたという。

その後、中国の恫喝に怯えて釈放したため、急遽「ビデオ非公開」に」方針変更をしたという。

だとしたら「国家機密漏洩」なんて笑止千万で、最大でも罰金刑で執行猶予だって考えられる微罪ではないか。

これをコキントウ主席への人身御供として政治主導で重罪にするようだったら、草葉の陰で大審院長・児島惟謙が日本の劣化を嘆くことだろう。

いや、児島だけではない。

今度こそ管内閣に対し、国民が反乱を起こすだろう。

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 琉球新報と沖縄タイムスの社説 | トップ | 上陸した中国人を逮捕!小泉... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のび太)
2010-11-08 08:39:20
狼魔人様、おはようございます。
早く自民党政権に戻して、歴代総理の
オールスター内閣を作って、この国難を
乗り切ってほしいです。中曽根さんにも
小泉さんにも復帰していただいて、兎に角
この事態を収拾してもらいたいです。
例えると (ヒロシ)
2010-11-08 08:44:15
コンビニ強盗にたとえると
警察に通報されて強盗は失敗したが器物破損、強盗未遂で逮捕されその後釈放された。
設置してあった監視カメラの映像がネットに流出した。
店主は器物破損、強盗未遂はとがめないが監視カメラの映像が流失した事に対して犯人探しをして店員を問いつめている。
みたいなモノでしょうか。

そのお店を利用するお客さんからすると店主の取った行動はおかしいと思いますがね。

sengoku38さんの動画を見て海保の方達の頑張りに感謝いたしました。
日本以外の国なら停船命令に従わなければビデオと同時に射撃されてたはずなんですよね。
Unknown (とおる)
2010-11-08 09:58:16
> コキントウの面子が最大級につぶれるのは、来日当日に「ネット流失第2弾」を決行することである。

YouTubeへの投稿は、コキントウの来日後、APEC開催中(出来るだけ始め)にすると、大騒ぎでワクワクです。
中国漁船の悪辣な行動を全世界に知らしめ、APECで、中国の国際法遵守・領土侵略を議題に出来れば、この上無く感激。
小沢がリークという怪情報 (普賢)
2010-11-08 12:28:50
小沢の息がかかった検察が意図的にリークしたという怪情報もありますね。目的は菅・仙石つぶしでしょう。

で、微妙なところが削除されているのは、国民を目覚めさせないようにという配慮なんでしょうか。

だとしたら、第2のリークで真相がわかることは無いと考えられます。

以上は無根拠の怪情報です。

海保職員の決死の内部告発という線もつまるところ憶測のひとつに過ぎません。

この時点での過度の期待は禁物かと存じます。
Unknown (涼太)
2010-11-08 19:49:36
狼魔人様

日本人の予想以上の反応に、中国も、ロシアも明らかに動揺していますね。何ら基礎技術も無く、日本の援助で成り上がった国が、図に乗りすぎましたね。
私の勤務する会社にも、中国からの技術研修生がいますが、明らかに態度が違ってきました。
今まで、休みの日は自由に街に出ていましたが、寮に篭り、個人行動はしなくなりました。
民主党も、社会党も、日教組も、中国も、ついでに沖縄に集結した極左も、日本人を甘く見すぎました。今までどんなに無理難題言われても受け入れてきた日本人がついに切れたと思います。
ま、アジアが(中国、朝鮮含め)が軒並み欧米列強に蹂躙されたなか、アジア唯一の砦になった日本人です。内面は、熱い武士道が生きています。
私は、勘違い馬鹿の小沢が100人以上の馬鹿議員を連れて中国詣でを行った頃から、日本人の愛国心にメラメラ火がついたと思っています。
イザ有事の際は、先の太平洋戦争同様、欧米にヘラヘラしていた国が、旧満州などに、取り残された日本人を皆殺しにしたように、中国に進出した企業が標的になると思います。
ならば、日本も日本にいる不法滞在の中国人を、全て強制収容すればいいのです。もうそこまで考えないといけない時期に来ています。
ついでに沖縄の極左も、強制収容ですね。
そこまで出来れば、中国は自ずと内部から崩壊するでしょう。
今、中国は世界の顰蹙者になっています。先の戦争では、日本は孤立しましたが、今は中国が孤立しています。やれるならやってもらいましょう。
もう事態はそこまで来ています。


石垣の箝口令 (M)
2010-11-08 20:10:39
石垣に箝口令が敷かれたとの噂は本当でしょうか?
Unknown (縁側)
2010-11-08 20:38:50
狼魔人さま こんばんは

 仮に海保官が噂のような酷いことになっているとするなら、菅や仙谷は無法なテロリストを擁護したことになりますね。そのときは、倒閣ではなく、ムッソリーニかチャウシェスクと同様の惨めな最期しか残されていないでしょう。他国なら確実に暗殺されるところです。
Unknown (綿菓子)
2010-11-08 21:20:53
客観的に見て現在の缶内閣はルーピー政権より醜いですね。こんなんであと3年弱持ちこたえられるんでしょうか?
我が党は野党時代が懐かしいんじゃないんですか。
もし、これからも強気で政権を担う気でいるなら、相当の覚悟が必要だと思います。たとえ殺されてもです。
Unknown (涼太)
2010-11-09 01:11:14
狼魔人様
M様

石垣の件は本当だと思います。
恵隆之助さんは、一見不器用ですが人が言わない事をズバズバ言います。自分の足で調べたことしか言いませんし、過去の発言も外していません。
私の感じたことですが、沖縄の極左も恵さんには一目置いているように感じます。
中国や左翼の特徴は、弱い人間には強く、強い人間にはもうまったく弱いですね。
多分、嘘、捏造でかためた極左には、正論で向かってくる人間が一番恐いのでしょう。
やはり、人の心は圧力で封じ込めることは出来ないと思います。
Unknown (ネッシー)
2010-11-09 21:21:11
海猿を銛で突付いたなどの過激な発言は気になります。何らかの確信があってのことだと思います。ぜひ第2段の流失を願います。残念ながら「たかじん」は見られませんでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
陸自 与那国に「沿岸監視隊」を配備 (遊爺雑記帳 in iZa)
  遅れていた防衛大綱(今となっては、遅れたことが幸いして現状認識が深まった)で、南西諸島方面への自衛隊配備に政府と民主党外交・安保調査会が積極姿勢を示し始めていました。  人気取りの口先だけの「カンカラ菅」政権ですから、どこまで本気かとの不安は付きまと...