狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「県外」大きく後退!名護市長選の自民党県連、 

2013-11-12 07:25:11 | 県知事選

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします  

  『かみつく Ⅲ』、発売中!
価格1735円(税・送料込み)

  ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp
※↑↑こちらまで住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします
<送金方法等詳細はここ> 
 

 

 ■大阪及び近郊にお住まいの方に、御知らせです。

 「パンドラの箱訴訟」勝訴報告会

 このほど、沖縄の琉球新報社を相手どって争われていた「パンドラの箱掲載拒否訴訟」は、一審判決を完全に覆す逆転勝訴となりました。 この裁判の原告と上原正稔氏と関係者を招いて下記の如く報告会を行いますので、1人でも多くの皆様の参加を頂き、ご協力をお願いいたします。

この裁判は梅澤さん、赤松さんの名誉回復を目的として、沖縄冤罪訴訟からの継続した戦いがなされた結果、沖縄言論界を牛耳っていた一角が瓦解し、歴史を歪めていた軍命を覆す援護法のカラクリが解明された歴史的な逆転劇となりました。
 

2年半に及ぶ戦いの中の特筆すべきエピソードも沢山報告されます。 大阪での新たな運動にも繋がるものと思います。 

皆様のお越しを心からお待ち申しあげております。

 ■日時; 11月24日(日) 午後1時会場、1時半開演

 ■会場;  堂島ビルヂング1階 B(研修室)

      大阪市北区西天満2-6-8 
             電話;06-6318-168
        地図

       ①地下鉄堂島線・京阪本線
                ・・・「淀屋橋駅」 徒歩5分

       ②JR東西線
                ・・・「北新地駅」 徒歩5分

 ■登壇予定者: 
  
   
徳永信一弁護士、 

   上原正稔原告人

   江崎 孝 (ブログ「狼魔人日記」管理人)

 ■参加費:  2000円

 ■懇親会;  4000円

 ■主催: 「パンドラの箱訴訟」戦傷報告実行委員会

 ※お問い合わせ 090-8579-0056 吉田  FAX:072-695-5919

 ※ご参加ご希望の方は上記にご一報下さい

 

今朝の沖縄タイムス2面にこんな見出しのベタ記事が・・・。

末松氏の「容認」 菅氏歓迎の意向

石破氏は一本化促す

読者に誤解を与えるのが目的なのだろうが、菅、石破両氏とも知事が辺野古沖の埋め立承認を前提での発言だ。 だが県知事の埋立承認と辺野古容認とは別問題だ。

辺野古埋め立てに関する埋立法は、申請がなされる段階では「手続き法」に過ぎないという。 申請手続きに不備がなければ、行政の長である県知事は、政治判断を排除して粛々と承認せざるをえない。

だが、知事の政治判断は「県外移設」のはず。

県知事は行政手続き上は埋立を承認しても、政治判断では県外なら、ここにもねじれ現象が生じてくるから分かりにくい。

菅氏が11日の会見で末松氏の発言を受けて「政府の方針に沿うもので歓迎したい」と発言しているが、これはおかしな発言だ。

末松氏は「県知事に従がう」と発言。県知事は「県外」なので政府の方針とは真っ向から対立するはずで、歓迎するはずはない。

一方の石破氏は11日会見で「(知事が承認した場合に)従うというというのは、辺野古容認なのでしょう。島袋さんも末松さんも容認論とすれば、一体何が違うのでしょう。」と一本化の圧力を強めている。

肝心の末松氏は、昨夜このように発言している。

RBCテレビ 11月11日 11:53

名護市長選 末松氏「知事承認なら辺野古容認」

 来年1月の名護市長選挙への出馬を表明している県議の末松文信氏は、普天間基地の辺野古移設について仲井真知事が埋め立て申請を承認すれば自身も容認する考えを示しました。
10日夜、名護市辺野古区で行われた会合で、末松氏は仲井真知事が普天間基地の辺野古移設に向けた国の埋め立て申請を承認すれば自身も移設を容認する考えを示しました
 これまで辺野古移設について「選択肢の1つ」と述べるにとどめていた末松氏ですが、今回の発言は「移設推進」を掲げる島袋前市長との分裂選挙を避け候補者を一本化するための布石と見られます。
 一方、知事が埋め立て申請を承認しなかった場合については「その時に知事と相談する」と述べるにとどめました。
 名護市長選挙には現職の稲嶺氏と前の市長の島袋氏も出馬を表明しています。

             

 

 来年一月の沖縄県名護市長選の行方が混沌(こんとん)としてきた。最大の争点となる見通しの米軍普天間(ふてんま)飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり当初、移設反対で現職の稲嶺進市長(68)と容認派が推す末松文信自民党県議(65)の一騎打ちになるとみられていた。そこへ容認を明言する保守系島袋吉和前市長(67)が名乗りを上げ、三つどもえの構図に。安倍政権は保守系の一本化による分裂回避を急ぐが、妙案はなく焦りを募らせている。

◆説得失敗

 「辺野古(へのこ)への移設容認を明確に掲げれば、出馬は譲る」。十月に入り断続的に続いた末松、島袋両氏の陣営による保守系候補の擁立協議。一本化調整が大詰めを迎えていた十月二十二日、島袋氏は末松氏側に、移設容認を明確に打ち出せば、自らは立候補せず支援に回ると提案した。

 容認派の名護市議や経済界から推される末松氏は一時、容認明言も検討した。だが、支援が確実な仲井真弘多(なかいまひろかず)知事や自民党沖縄県連は「県外移設」を唱える。ねじれをあえて招く必要はないと判断。反対の世論が根強いことも考慮し、移設問題の争点化を避ける戦略を選択した。島袋氏の条件提示には最後まで首を縦に振らず、両者は折り合わなかった。

 不信感を募らせた島袋氏の出馬が明らかになった同二十九日夜。自民党の石破茂幹事長は島袋氏に直接電話し「なぜ出馬するのか。考え直せないのか」と翻意を迫った。島袋氏は「末松氏が移設容認を打ち出さないからだ。私の方が党本部の考えに近いはずだ」と応じなかった。説得は失敗し、保守陣営の決裂は決定的になった。

◆望みは知事

 辺野古移設を前進させたい政権内には、動揺が広がる。反現職陣営が分裂したまま選挙戦に突入すれば保守票は割れ、稲嶺氏の再選阻止が難しくなるからだ。「島袋氏の出馬は誤算だ」(自民党選対)としながらも、最後まで一本化努力を続ける意向だ。

 ただ、地元では末松、島袋両氏は感情的にこじれているとの見方が大勢で、政権も打開策を見いだせていない。

 移設に関し、あいまい戦略を取る末松氏が移設容認を鮮明にすれば、島袋氏が撤退する可能性は残る。しかし、末松氏の後ろ盾は仲井真知事。政府は、移設に必要な辺野古の埋め立てを知事に申請している。仲井真氏が年内に許可すれば、末松氏も追随する形で容認を明言できる環境が整う。

 自民党選対は「一本化は知事の決断次第だ」と、県外移設を主張する仲井真氏の方針転換に望みを託す。

 安倍晋三首相周辺は「知事は絶対に年内に許可の判断をする」と強気だが、党幹部は「確証はない」と吐露。こうした現状に、官邸筋は「政権が地元と連携し一本化できなければ負け戦は必至。移設は進まない」と不安をあらわにしている。

<普天間移設問題> 沖縄県宜野湾市の市街地にある米軍普天間飛行場の移設をめぐる問題。1995年の米兵少女暴行事件を機に、日米両政府が96年に返還合意。日本政府は99年、名護市辺野古への移設を閣議決定した。政府は今年3月、公有水面埋立法に基づく辺野古沿岸部の埋め立てを県に申請。仲井真弘多知事は12月以降に埋め立てを認めるかどうか判断する見通しだが、具体的な判断時期は明言していない

 

 よろしかったら人気blogランキングへ クリック願いします

 ■イベントのご案内■

■御知らせ■
 
基地統合縮小実現(辺野古移設を推進する)沖縄県民大会

 


自民党県連の迷走等で混乱状態にある基地移設問題ですが、マスコミや左翼勢力、公明党等の力を見誤り過大評価するところから生じているように感じます。
それならば、民間から健全な声を上げてまいりましょう。

 

私たち県民の会は、辺野古移設を推進する五万筆の署名を知事に提出し、「埋め立て承認申請書」の承認を迫ります。
沖縄県民の良識派が五万名の声を持って迫る歴史的な大会になります。

 

 

 

もちろん参加費、無料ですのでご参加下さい。

 

 

 

日時 11月24日(日)午後2時~

 

場所 パシフィックホテル沖縄 万座の間(2階)

 

 

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

     
稲嶺名護市長、選挙違反で告発さる

 「かみつく3」定価:1735円(税・送料込み)

ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp
※↑↑こちらまで住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします
<送金方法等詳細はここ>

「かみつく2 」の目次
「かみつく」の内容紹介
「沖縄に内なる民主主義はあるか」の内容紹介

『沖縄に内なる民主主義はあるか』定価:1735円(税・送料込み)

季刊誌「かみつく」創刊号紹介HP
価格 1420円(税・送料込み)

「かみつくⅡ」定価:1735円(税・送料込み)

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【追記】あり、「慶田盛効果... | トップ | コウモリ男の由来 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コウモリ男の当て馬 (那覇市民)
2013-11-12 07:46:15
末松は最低でも「県外移設」と叫んでいればいい人なんだがね。まあ、最近の自治体の選挙では既存政党の支持する候補者より市民団体の応援する候補者が勝っていますよね。島袋さん頑張ってください。このままでは共倒れしますので良識ある名護市民は島袋さんに傾くと思いますよ。
Unknown (Unknown)
2013-11-12 13:36:39
島袋の悪政知ってる名護市民が島袋には投票しないでしょ
推薦団体が少ないのも、数久田区民しかいないのも見てたらわかるでしょ
都合いい情報だけ出すてタイムス、新報と変わらん
Unknown (宜野湾より)
2013-11-12 14:01:49
↑いやだから、具体的政策を早く教えてくれと、可能ならば末松さんに伝えてくださいな。

政治は「現実の取り扱い」ですから、誰某で勝てる勝てないの話も結構ですが。
本人が発するところが言質になる。
何のために誰のために何を実現するために選挙に立つのか、を発信しているのは今のところ島袋さんだけ。
そこのところの説明が遅くなるほど末松さんと稲嶺さんは、島袋さんと比較されたくないのか、有権者に政策を比較検討勉強する時間を多く提供しようと思わないのか、という疑念が生まれちゃう。
政策や大局観は昨日今日でぽっと思いつくものでもなし。
末松さん稲嶺さん、他所の作戦を見てないで早く言っちゃいなyo!
Unknown (狼魔人)
2013-11-12 14:03:06
Unknown様

「タイムス、新報と変わらん都合のいい情報」を愛読しているのはご愛嬌だが、意味のない悪意アルカキコは反論の対象にもなりません。

荒らしと認定、削除の対象です。

しばらく晒して適時削除します。

Unknown (名護市民)
2013-11-12 15:13:05
同感できる点もあるだけに惜しいと思います。
応援してる島袋氏のことだけ押すのは素晴らしいことだけど、同じ保守で一本化調整協議してる末松氏を下げるのは
正論いってる部分含めて偏った意見に見えて仕方がないです。
Unknown (狼魔人)
2013-11-12 16:39:17
名護市民様

>同じ保守で一本化調整協議してる末松氏を下げるのは
正論いってる部分含めて偏った意見に見えて仕方がないです。

よく読んでから書いて下さい。

一貫して「辺野古誘致」を主張している島袋氏を応援しているのがいけませんか。

「あいまい戦術」の末松氏は誠実とはいえません。 あの沖縄タイムスでさえも有権者を愚弄しているといっているじゃありませんか。



末松氏 ダッチロール (遊爺)
2013-11-12 17:34:41
末松さんと言う方は、ころころ言うことが変わるのですね。
・「辺野古も選択肢のひとつ」
・「知事が埋め立てを承認すれば、自分も移設を承認する。」
・知事が埋め立て申請を承認しなかった場合については「その時に知事と相談する」

ご自身が政治家として市長に立候補して、市民の為に何をやりたいのか。市政をどのように運営したいのかは、県外にいるせいでしょうか見えてきません。

少なくとも、短期間にこんなに言うことが変わって、知事がどう言うかと日和見。ご自分の政見を主張して、知事に名護市にとって最適の政策を実行するよう要求するのが市長の職責ではと考えますが。。


Unknown (ま゛)
2013-11-12 19:41:29
自分の明確な主張もなしに、何を市民にアピ-ルして選挙を戦うつもりなのか?この末松と言う人は?
あの人が言ったら私もそうするなどという腰ぎんちゃく根性の人に市長など務まりません。
Unknown (Unknown)
2013-11-13 01:18:56
ほんまですね、じゃあ末松は仲井真が氏ねって言えば
氏ぬんかいと子供じみた批判もしたくなりますわ。
願ってもないことだ! (loghouse1736)
2013-11-17 03:29:26
末松は辺野古移設容認の明言を強要するのであれば立候補を取り止める可能性もあるそうです。こんな誠意が微塵もなく最大の争点をあやふやにして名護市民を愚弄する輩はとっとと立候補を断念するべきです。まぁ、末松が出馬を強行したとしても勝ち目はありませんけれどもね。政府は何を考えて末松の一本化に向けて頑張っているのかさっぱり分かりませんけれども、自民党の意に寄り添う候補は末松ではなく島袋氏です。もう一度言わせて下さい、辺野古移設容認の明言を強要するのであれば立候補を取り止める?上等だ!とっとと取り止めちまえ!最大の争点である辺野古移設の是非をあやふやにして名護市民を愚弄する泡沫候補に勝ち目はないし、そんな信念のない奴を市長にしようと思うバカな市民は誰もいない!立候補は何時辞退するの?今でしょ!

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL