狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

八重山は教育改革の魁

2012-02-27 07:59:35 | 八重山教科書採択問題

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

昨年の夏以来沖縄の八重山地区で勃発して教科書戦争は竹富町が「有償給付」を受けるという形で、一応の決着を見たが、ほぼ同じ頃平行して橋下大阪市長が挑戦してきた「教育改革」に筆者は注目してきた。 そして橋下氏の教育改革は、大阪という一地区に止まらず、八重山地区の「教育改革」の追い風になっていると何度か書いた。

26日付八重山日報が八重山教科書問題の「総括記事」で、次のように「玉津教育改革」の成功を指摘した。

ただ1つ明確なのは、教科書採択は、教員の意見を、第三者である八重山採択地区協議会が判断し、最終的には教育委員会が結論を下すという制度になっていることだ」と。

玉津改革は紆余曲折はあったものの一応の成功だったということが出来る。

その意味では中山石垣市長が、長年の閉塞した教育界に風穴を開けるべく玉津氏を教育長に抜擢し、「教育改革」を断行したことは、橋下大阪市長の「教育改革」を、八重山が先に身をもって実践したということが出来る。

八重山教科書騒動は、反日左翼複合体の激しい抵抗はあったが、実は国民が期待する教育改革の魁であった。

そして「教育改革」については先駆者とも言える安倍元首相がついに橋下教育改革にエールを送った。

安倍元首相と維新の松井知事、教育問題でエール交換
産経新聞 2012.2.26 22:25


 自民党の安倍晋三元首相は26日夜、民間教育団体「日本教育再生機構」が大阪市で開いたシンポジウムに出席し、教育改革に取り組む松井一郎大阪府知事(大阪維新の会幹事長)にエールを送った。支持率が低迷する自民党では中堅・若手を中心に安倍氏の再登板を求める声が強まっており、次期衆院選後の政界再編を視野に、自民党と維新の会の連携に向け、秋波を送ったとの見方もある。(佐々木美恵)

 「教育基本条例は閉(へい)塞(そく)状況にある教育現場に風穴を開ける意義がある。松井氏には岩盤のような体制を崩す役割を担ってほしい」

 シンポジウムで安倍氏は、維新の会が制定を目指す大阪府の教育基本条例をこう持ち上げ、最後は「教育再生は道半ばだ。私も同志の皆さんと頑張りたい」と力を込めた。

 松井氏も「教育基本条例を制定するのは、安倍政権で教育基本法を改正したのに教育現場に民意が反映されていないからだ」とエール交換。終了後は両氏一緒に記者団のぶら下がり取材に応じ「教育の方向性は一緒だ」と口をそろえ、その後近くの居酒屋で教育関係者も交えて会食した。

安倍氏が教育改革を評価するのも分かるが、称賛はこれにとどまらない。25日の読売テレビの番組では「国民は橋下徹大阪市長なら閉塞感を突破してくれるんではないか」と橋下氏も評価。維新の会が策定中の「維新版・船中八策」も「教育では安倍政権の教育再生と同じことを進めようとしている」と語った。維新の会の国政進出や、東京都の石原慎太郎都知事の新党構想が現実味を帯びる中、「新党の看板として安倍氏を迎えるべきだ」との声も出ているだけに安倍氏の言動は波紋を広げる公算が大きい。

 ただ、安倍氏に新党に参画する意思はなく、むしろ自民党再生を志向する。称賛するのは、将来の自民党と保守系新党との「保保連立」を念頭に置いているからだとみられる。ただ、教育問題を通じて安倍氏と維新の会の連携が強まれば、9月の自民党総裁選、そして次期衆院選の行方も大きく左右する可能性がある。

               ☆

八重山教科書問題については、昨日紹介した八重山日報の総括記事でしばらくはお仕舞いにしようと思ったのだが。

「ゾンビの会」会員の渡辺賢一氏が、昨日の八重山毎日の「論壇」に「教科書採択問題を考える」と題するピントはずれな文を掲載しているので、付き合わざるを得ない。やれやれ。

「スポーツ競技において、ルールを守るということは重要なことである」という書き出しなので、「ゾンビの会」もやっと目が覚めて竹富町のルール破りを批判するのかと思いきや、教科書問題で「筋を通して、民主的なルールに基づいて競技(協議)を遂行したのは竹富町である」とあいも変わらず寝言の連発である。

おまけに「これまでの経緯と問題点については、本紙2月2日付不連続線で八重山洋一氏によって要領よくまとめられている」と、まる投げしているのには、呆れてしまい、付き合うのを止めようかとも思った・・・だが、気を取り直してお付き合いする。

八重山洋一氏を含めてこれら往生際の悪い面々の特徴は、問題の情報源を「発狂3紙」に限定し、他の情報源、例えば八重山日報などを読んだ形跡がないということである。

つまり、「ゾンビの会」などのお仲間と「発狂3紙」から都合の良い情報のみを読んで、現実から目を背けようとしているのだ。

危機に瀕したダチョウが砂に頭を突っ込む話しをした。 が、説明が不十分だったので再度説明を試みる。

stick one's head into the sandとは「現実から目をそむける。現実に目をつぶる」と訳される。
    
ダチョウが危機に遭遇すると、そこから逃れるために、頭を地面に潜らせる習性からこのような表現が生まれたという。(実際はそんな習性はないらしい) 

鳥にしては巨体のダチョウは脳みそが数gしかないという。 
 
一方の脳ミソが化石化した「ゾンビの会」の面々は、状況判断が出来ないという点ではダチョウと五十歩百歩、いやダチョウにも劣る。

で、八重山毎日「論壇」にピント外れの寄稿をした渡辺氏とは、以前に石垣在住の読者から説明があったので、再度引用し、続けて昨日の辛口コメントも紹介する。

 

 

教科書問題で記者会見する住民の会メンバー=20日午前、市役所 教科書問題で記者会見する住民の会メンバー=20日午前、市役所

昨日のエントリーで紹介した「ゾンビの会」らプロ市民グループの断末魔の記者会見の写真を見て、石垣市在住の読者が開設メールが入りましたので以下に紹介する。

           ☆

本日(22日)の写真の登場人物、左から順に

①「とんぼの眼鏡」の「渡辺先生」、元高校生物科教師、トンボ研究一筋。

②「大浜某」、昨年3月上旬の休養目的のイージス艦の「自衛隊員」の上陸地で
動画、恥さらし者どもの前面で口汚く罵っていた大写し主役気取りの人物?
奇しくもその3月11日、東日本大震災の発災、東北地方の自衛隊災害救助活動、
在日米軍「トモダチ作戦」について尋ねても、おそらく当時の新聞論調と同様で
しょう。聴くだけ無意味の左化石脳の人物。

③仲山忠亨共同代表、ご存知、仲山弁護士の長兄。元高校教師(世界史)、
八重山高校校長→前大浜長照市長時代、初当選時?に「石垣市教育長」
うるわしき兄弟愛、でもお二人の「思想」が、・・・ね。・・・。

④「村田栄正」元中学校校長→前大浜市長時代の「石垣市教育長」
失礼ですが、ボーとした表情のニコニコ顔、というだけの印象でしたね。

           ☆

 

本日26日、八重山毎日の投稿論壇に「トンボの眼鏡」の渡辺先生が
2/2の不連続線で「八重洋一郎氏によって要領よくまとめられている。」
と書いています。

【失礼ですが、孫娘の童謡の替え歌】(*元歌の作詞、作曲者はご立派な方です。)
http://www.miyajimusic.com/blog/cho/?p=185

とんぼのめがねは 赤色めがね
赤い夕陽に飛んだから 飛んだから


とんぼのめがねは あかぴかめがね
赤○新聞読んだから 読んだから


とんぼのめがねは 赤色めがね
アカの他国もお友だち お友だち

もう、ほんとに、しつこくて、往生際が悪くて疲れる者らです。
こちらが疲れるのを持ったいるとしか、言いようがありません。

仄聞ですが、本島在の八重山出身者が1万5000円程度で
八重山出身者としてほんとに恥ずかしい、と述べておられたとか。
おそらく、この者らには理解できないのでしょう。
ほとんどが「生活安全地帯」にいる退職教師か、退職公務員、もしくは
地元に顔を知られてない移住者の連中です。まったく始末に負えない者らです。

普段、子供目線と言いながら、
那覇市の子供達に寄せる青森市の善意な「雪まつり」行事をもぶっ壊す。
取りやめる行政も行政ですが、よっぽどこの者ら、悪意をもって移住してきた
裕福な暇人らか、どこぞの国の工作員どもかもしれません。

「2/2の不連続線」
http://www.y-mainichi.co.jp/news/19294/
文科省が竹富町教育委員会に対して教科書の有償配布を要求し、
竹教委がそれに反発しているというような報道に接し続けていると、
何だかだんだん竹教委のみが問題であり竹教委が不法行為をしているような印象
を抱いてしまうから単なる印象というものは実に恐ろしいものだ
▼その間、石垣、与那国両教委には何の問題もなく、そのまま育鵬社版の配布が
成り行き上自然だとの印象が生じ、しまいにはウヤムヤのうちにどうでもいいの
ではという雰囲気さえ醸し出されてくる
▼ところが問題ははっきり存在し、しかも何ひとつ解決されてはいない。文科省、
沖教委、石教委、竹教委、与教委すべて問題含みである
▼そして、その発端は石垣市教育長の独断的行動であった。繰り返せば、採択委
員の構成を変えたこと、調査委員の推薦もない育鵬社版に決めたこと
▼三市町教委の一致が得られず、急きょ沖教委の立合のもと全教育委員出席の会
合で東京書籍版に決まるとそれを不服として文科省に訴え、文科省が直ちにそれ
を受け入れ沖教委の見解を否定したこと、しかし沖教委は9月8日のその決定を有
効と主張していること等々である
▼一体どうなるのか全く分からないが、問題は何ひとつ解決されていないことだ
けはもう一度確認しておきたい。(八重洋一郎)

「トンボの赤色眼鏡」の渡辺先生によれば、
2/2の不連続線で「八重洋一郎氏によって要領よくまとめられている。」のだ
そうです。

「赤色眼鏡」の渡辺先生、ぜひ「八重山日報」読んでください。
それとブログ「狼魔人日記」も毎日欠かさず読んでください。

そうすれば、
「赤色眼鏡」で見ていたいつもの赤みがかかった、あのお空と海の色が、
「水色眼鏡」に変わって、きれいなお空と海の色が見えることでしょう。


石垣島より

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 総括、教科書問題、中国への... | トップ | 琉球人民を26万人虐殺!日... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ダチョウとゾンビ (無法者キラー)
2012-02-27 09:34:05
往生際の悪いゾンビの面々は、八重山日報や狼魔人日記を出されたら反射的に目をつぶるのでしょうね。
ダチョウと同じですね。

もっとも、無理して読んでも脳ミソが硬化しているので、理解できないのでしょう。(爆)
Unknown (ayararo48)
2012-02-27 15:57:54
狼魔人さま

前回、私の疑問にお答えいただきありがとうございました。
疑問に思いだしたきっかけは下記ブログです。
http://plaza.rakuten.co.jp/oo00wa00oo/diary/200905150000/

ネットではこの種の情報が沢山有るのに気が付きました。
集団自決で最も大きく取り上げられた人が同じ名前ですが。
どのような家系の方なのか調べようが有りません。

そもそも個人情報保護法の壁は厚く、全く知りようが有りません。
2007年11月に羅馬人さんが触れておられる「鉄の暴風」には
<『鉄の暴風』は主として沖縄タイムス記者伊佐良博氏(後に太田に改姓)によって書かれたが、同書のもう一人の著者、牧港篤三氏・・・>とあります。

著者の取材ノートと言うページを見つけましたが・・・
http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/885.html
そこには、「英文の全訳をアメリカ軍政府に提出する必要があったらしく、琉球大学の翁長俊郎氏に依頼して翻訳させた」とあります。
明らかにプロパガンダを想定したものであった様です。

その過程で下記のブログを見つけましたが、量が多くてまだ読んでいません。
http://ueharashonen.web.fc2.com/sosyo.html

最初のブログに有った、金城と言う名前にどうしても引っかかっています。
有名な牧師の名前ですが、昔穏やかだった沖縄の人や本土の人は
親兄弟の頭を石で殴り殺すなどと言う残虐な行為が出来るとは思えません。
しかも本人と兄は生き残り、遺族年金をもらい本人は国費留学で大学に行き、アメリカに留学して牧師の資格を取得、聖職者としてキリ短を経て協会で説教までしていたと言うのも、あちらの人ならばと頷けるのですが・・・

教科書から慰安婦を削除してあれ程強烈な反応を見せる新聞に驚きました。
太田良博氏が名前を変えたのは戸籍名を変えたのでしょうか?
彼らは通名と本名を使い分け在日特権で、どちらの名前でも銀行に預金が出来、
通名での運転資格も得られると聞きます。
しかも朝鮮系の銀行だと幾つでも通名を変えて預金通帳が作れるようで、脱税にも使われるそうです。

軍命令など、全く無かったのは事実ですが、本当に沖縄人なのかと気になりだしました。
沖縄には2紙に変わる右寄りのまともな新聞がもう1紙有ったそうですね。
石垣市長だけが、今は一筋の光の様に思います。
続き (ayararo48)
2012-02-27 16:01:51
途中で切れた様です。

<『鉄の暴風』は主として沖縄タイムス記者伊佐良博氏(後に太田に改姓)によって書かれたが、同書のもう一人の著者、牧港篤三氏・・・>とあります。

著者の取材ノートと言うページを見つけましたが・・・
http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/885.html
そこには、「英文の全訳をアメリカ軍政府に提出する必要があったらしく、琉球大学の翁長俊郎氏に依頼して翻訳させた」とあります。
明らかにプロパガンダを想定したものであった様です。

その過程で下記のブログを見つけましたが、量が多くてまだ読んでいません。
http://ueharashonen.web.fc2.com/sosyo.html

最初のブログに有った、金城と言う名前にどうしても引っかかっています。
有名な牧師の名前ですが、昔穏やかだった沖縄の人や本土の人は
親兄弟の頭を殴り殺すなどと言う残虐な行為が出来るとは思えません。
しかも生き残り、遺族年金をもらい国費留学で大学に行き、アメリカに留学して牧師の資格を取得、聖職者として説教までしていたと言うのも、あちらの人ならばと頷けるのですが・・・

教科書から慰安婦を削除してあれ程強烈な反応を見せる新聞に驚きました。
太田良博氏が名前を変えたのは戸籍名を変えたのでしょうか?
彼らは通名と本名を使い分け在日特権で、どちらの名前でも銀行に預金が出来、
通名での運転資格も得られると聞きます。
しかも朝鮮系の銀行だと幾つでも通名を変えて由宇町が作れるようで、
脱税にも使われるそうです。

軍命令など、全く無かったのは事実ですが、本当に沖縄人なのかと気になりだしました。
沖縄には2紙に変わる右寄りのまともな新聞がもう1紙有ったそうですね。
残念ですが、石垣市長だけが、今は一筋の光の様に思います。
Unknown (越来の金M性C)
2012-02-27 19:06:39
>「スポーツ競技において、ルールを守るということは重要なことである」

「とんぼの眼鏡」の「渡辺先生」とかいうこいつにとってそれは、「スポーツ競技」における中国・北朝鮮の選手・審判・観客などの「ルール」破りの正当性を主張することと全く同レベルですね。


「とんぼの眼鏡」をおかけになられてるそうですが、その眼鏡、間違いなく国会の場で、真部局長「講話」問題を捏造した沖縄の年金未納兄弟のアカメガネから譲ってもらったものでしょうね(笑)。

ちなみに実際の眼鏡は、レンズの度数から譲ってもらってもよく見えるとは限らないですが、その沖縄の年金未納兄弟のアカメガネから譲っていただいた「赤色めがね」、度数が合っててもよく見えないことでしょう(笑)。
ayararo48様 (安仁屋正昭)
2012-02-27 19:55:34
横から乱入、失礼します。
太田良博は、ペンネームです。
本名は伊佐良博です。
氏が沖縄タイムスに用いられたのは、「鉄の暴風」というGHQのW・G・I・Pの沖縄版の片棒を担がされるためだったと知るのは、出版からずっと後の事だったのでしょう。
当時の社長であった高嶺朝光からは、「この年齢(26歳?)では文屋になるのは遅すぎる」と言われていたようですので、何かしら違和感を感じていたのでしょう。
後に真実をしり退社しています
曽野綾子女史との論争(1985年)からしばらくの年を経て沖縄の言論界では有名なある方に、「あれを(鉄の暴風)書くときは、何もない時で取材する事も出来ず、与えられた情報で書くしかなかった」と事実を吐露したようです。
本名からペンネームに変えたのも、鉄の暴風の執筆と関係があるものと思います
ありがとうございます (ayataro04)
2012-02-27 22:06:57
安仁屋正昭さま

名前をペンネームに変えたことには理由があったようですね。
それにしても、あの本を下敷きにして沢山の沖縄戦がかかれたようで、罪な本です。

最近では電話取材で記事にする、記者クラブで聞いた事を記事にするなど当たり前に成っているようです。

私の伯父は満鉄に居ました。
昭和12年12月南京陥落直後満鉄から5人「南京特務機関」に出向、中国語が出来るのと、中国の状況に詳しいと言うのが理由だったようです。
伯父は満鉄の後始末をして、一番最後に着の身着のままで帰ってきました。
その時の特務機関の南京での報告書がネットにも有ります。

先日、名古屋の川村市長が「南京事件」は無かったと発言し、物議をかもしていますが、追いかけて「都知事」と「山田宏前東京都杉並区長」が明確に名古屋市長を支持しています。
http://www.yamadahiroshi.com/

先日は新聞の100人切り競争の記事が元で、戦後中国で処刑された野田毅さんがビルマでアウンサンを支援して指揮しイギリスからの独立を成し遂げたと初めて知りました。
南京を離れていたにもかかわらず、朝日は記録が300人を超えた等と書いていたようです。

妹さんが保管していたビルまでの陣中日誌が昨年12月25日に本に成り、直ぐにネットで買いましたが未だ読んでいません。
その後、中国で処刑されるまでの日記と裁判記録も本に成りました。

毎日新聞は、社史で100人切りの記事は真実ではないと言っています。
朝日の本多勝一は南京大虐殺も100人切りも本にして居ます。
慰安婦も靖国問題も全て朝日が引き起こしたもので、「鉄の暴風」も初版は朝日から出ています。

国民は70年の間に、すっかり惚けてしまったようです。

それにしても、私も知らない事が多すぎます。
本当にありがとうございました。
2つのハードル (金城和史(那覇市))
2012-03-03 09:24:41
>八重山地区の中学公民教科書問題に関連し、東京書籍版教科書の無償給付の地位確認を求めた行政訴訟に追加提訴した石垣市と与那国町の中学2年生3人と保護者を含む計6人が1日までに、両市町を相手に地位確認の仮処分を那覇地裁に申し立てていたことが関係者への取材で分かった。
>関係者によると、生徒が4月に3年生となり公民教科書の給付を受けるため、早急に裁判所の判断を得る必要があるとして申し立てたという。2日に同地裁で審尋が開かれる。

玉津氏には2つのハードルがあります。

■第1のハードル
9月8日の協議が無効との判決を勝ち取る

■第2のハードル
9月8日の協議が無効であるとき、新たな協議は不要であり、答申に従って採択することが法の手続きであるとの判決を勝ち取る




玉津氏は危ないと思う (Unknown)
2012-03-03 09:42:44
>玉津氏には2つのハードルがあります。

>■第1のハードル
>9月8日の協議が無効との判決を勝ち取る

>■第2のハードル
>9月8日の協議が無効であるとき、新たな協議は不要であり、答申に従って採択することが法の手続きであるとの判決を勝ち取る

民法では9月8日の協議は有効だと思います。
有効の要件は概ね以下のとおりです。
①構成員は協議の趣旨を知っていたか。
②協議開始時に構成員は全員がいたか。
③著しく不当な方法で採決がなされなかったか。

個別会をし、全体会に戻ったことで、協議の趣旨を知っていたことが証明されるだろう。

教育委員13名で協議することを、議長が提案したとき、反対する委員は一人もいなかった。これで成立ですよね。(反対ならその時点で席を立つべきであった)

多数決は、著しく不当な方法とは言えませんよね。




Unknown (狼魔人)
2012-03-03 10:39:36
金城和史(那覇市)さん

失礼ながらあなたは、このコメント欄でご高説を垂れる資格はありません。

その理由は基本的情報を知らないままに勝手なことを書き込むのははた迷惑だからです。




>教育委員13名で協議することを、議長が提案したとき、反対する委員は一人もいなかった。これで成立ですよね。(反対ならその時点で席を立つべきであった)

本当に上記情報を信じているとしたら、あなたも発狂3紙の哀れな犠牲者です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL