狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

集団自決研修を大学新入生に、金城重明氏が講演

2008-05-21 07:52:30 | ★集団自決

沖縄語の「ユーレー」(寄り合い⇒模合⇒頼母子講)が死語になりつつあると書いたが、

同じく死語になりつつある言葉の「スーマンボース」が今日から始まる。

今日(5月21日頃)は二十四節気の1つ小満(しょうまん)という。

この日から芒種(ぼうしゅ)までの期間を沖縄では「スーマンボース」というが、ウチナンチュといえども、50代以下の人には聞いたことも無い人が多いだろう。

「 スーマンボースーヌ アミヌ フイチジチュン」といっても意味不明だが、

「小満(しょうまん)芒種(ぼうしゅ)の雨(あみ)が降り(ふい)続く(チジチュン)」書き換えれば何とか判読できるだろう。

そう、小満芒種とは沖縄で梅雨期にあたる季節。

小満とは「草木枝葉繁る」、「麦畑が緑黄色に色づき始める」といったさわやかな季節を意味するようだが、

沖縄では一足お先に鬱陶しい入梅となる。(気象庁の入梅宣言とは別)

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

戦の現実子どもに 日教組の若手教諭ら戦跡で平和学習(2008.5.19)

山本隆司沖教組教文部長の説明を聞く大阪府教組の教師ら=18日、読谷村のチビチリガマ

 5・15平和行進へ参加するため全国から集まった日本教職員組合の会員約200人は18日、沖縄戦についての理解を深め、今後の平和学習に役立てようと南城市のアブチラガマなどを巡る南部コースと読谷村のチビチリガマなどを巡る中部コースの二手に分かれ、野外現地調査を行った。

 中部コースには大阪府教職員組合の20代、30代の教師を中心に約120人が参加。案内をした沖教組の山本隆司教文部長は読谷村のガマを案内し、平和学習の模擬授業を行った。
 山本さんはチビチリガマでの「集団自決」について「捕虜になることの恐怖や『日本人らしく死ぬ』ことを強制する当時の教育が背景にあった」と説明した。対照的に米兵の呼び掛けに応じてガマを出たため、避難していた約1000人が助かった同村のシムクガマ、1人の死者も出さずガマの中で2人の子どもが誕生したうるま市のヌチシヌジガマも訪れた。
 和泉市立南松尾小学校の金谷一基教諭(38)は「沖縄で何度も戦跡巡りをしているが、南部戦跡が中心で悲惨な話ばかりだった。ヌチシヌジガマのような全員の命を守り赤ちゃんまで生まれたガマがあることを初めて知った」と感慨深そうに述べた。
 山本さんは「戦争体験をしていないわたしたちは事実関係を淡々と伝え、生徒たちにどう思うか問い掛ける授業をするべきだ」と指摘し、「子どもたちは63年前の戦争の話を聞くことで今をどう生きるか考えることができる」と強調した。
 初めて沖縄での平和学習に参加した大阪市立三津屋小学校の岡崎淳子教諭(27)は「自分があまりにも沖縄戦について知らなかったことを知りショック。また訪れて勉強したい」と述べ、大阪市立長吉六反小学校の佐伯直美教諭は「自分が感じたことを生徒に伝えたい。機会があったら生徒にもぜひ沖縄での平和学習に参加してもらいたい」と話した。

                    ◇

地元紙もここのところ「集団自決」に関しては開店休業の状態だが、上記は日教組の教師達が生徒達を洗脳するための研修会をしている模様を伝える「教育面」の記事。

「軍命あり派」は水面下で動いているようで、東京で大城将保(嶋 津与志)氏の講演会、映写会等を活発に行っている模様。

「GAMA―月桃の花」上映会  ~「沖縄のこころ」を伝えたい~

日時:5月24日(土)

場所:大田区民センター 音楽ホール

第一回上映10:30~ 大城将保先生講演12:30~ 第二回上映14:30~

料金: 大人1000円-当日1300円  大学生以下800円-当日1000円

主催 : 大学生の「GAMA-月桃の花」上映実行委員会

後援 : 高文研 沖縄タイムス社 琉球新報社

協賛 : 大田区教育委員会

■映画「GAMA-月桃の花」

文部省選定

沖縄県・沖縄県教育委員会推薦



地元でも中学生や高校生を「平和学習」でコツコツと洗脳しているので、見出しだけを拾っておく。

「沖縄戦を知ってほしい」 沖尚→兵庫・野々池中、平和学習講演(2008.5.19) カメラ

戦争の記憶後世に 平和絵本3冊発行(2008.5.16) カメラ

「集団自決」問題で資料集 教科書検定の経緯集約(2008.5.2) カメラ

県民大会体験報告へ 北部農林高生、全国サミット参加(2008.4.29) カメラ

 

 学校の先生がこんなことをしても良いのかね。↓
 
 
学生の洗脳活動は中高校生に留まらず、大学新入生にも「集団自決」でオリエンテーションをするというから驚きだ。
 
で、講演をするのが金城重明氏というから、研修内容は推して知るべしだ。
 
昨日(20日)の琉球新報の教育面の左トップの見出し。

「集団自決」伝え継ぐ

体験者の金城さん講話

キリ学新入生 渡嘉敷合宿で

琉球新報によると、沖縄キリスト教学院大学・短期大学の2008年度新入生オリエンテーションキャンプが渡嘉敷島で開かれ新入生や教職員ら約400人が参加し、金城重明氏が「平和学習」で講演をしたという。

金城氏は「集団自決」で自分の親兄弟を殺した悲劇の主人公として紹介されているが、彼がその現場で他人を撲殺して廻っていたことを報じるマスコミは殆どない。

沖縄在住の作家星雅彦氏が、その凄惨な現場の様子を聞き取り取材し、それをまとめて雑誌に発表していた。
 
雑誌「潮」1971年11月号
特別企画・沖縄は日本兵に何をされたか
星雅彦(作家)

               (略)

修羅場と化した西山盆地

一方、西山盆地では、ほとんど無傷でいた阿波連の人たちの間から、無残な殺し合いが始まっていた。それは三百人の集団がアラシのように立ち去った直後だった。遠くで、迫撃砲が激しく炸裂するのを、生き残っている多数の村民は上の空で聞きながら、ある人たちはナタやガマを借りて生ま木を切って棍棒を作っていた。その側で、母や妹や弟を、青年になった息子が、ベルトでつぎつぎと締め殺していた。また手榴弾で死にそこなった渡嘉敷の人たちの間では、持ってきた農具がそのまま凶器に変わって、血縁へ向かって理解しがたい怨念を打ち出すように、妻子を惨殺しはじめた。
(略)
ウシが気が変になったように、「クルチ、クミソウリ」(殺してください)と小声で繰り返し言っているとき、七歳になる二女は「死にたくない、死にたくない」と泣き叫んだ。長女は妹を腹の下に隠すように押えつけ、ただ恐ろしさのあまりじっとしていた。そのとき、阿波連の青年たちがワイワイ騒ぎ立てながら走ってきた。血の気のない顔で、彼らは何やら奇声をあげ、まだ生きている人を探し出しては、持っている梶棒で撲殺するのだった。 
 
その中の金城重明(現牧師)という十六歳の少年がウシの側へ近寄ってきた。学校で成績がよいと評判の少年だった。彼は立ち止まった。と、いきなり直径十センチぐらいの棍棒を振り上げ、「まだ生きているのか!」と叫び、妹を抱き押えて後込みしている長女の頭へたたきつけた。ギャツという声が短く走り、頭から血が流れた。少年はもう一度たたきつけた。娘たちは動かなくなった。それから少年は血走った目をむいて、ウシを見た。ウシは祈るように、「重明……」と小声でいって目を閉じた。ガーンと頭が割れるような音がした。ウシは額の上を二度叩きつけられるのを感じた後、意識を失った。 
 
何時間かたって、ウシも長女も意識を取り戻した。夕方間近くなっていた。周囲は死者ぱかりだった。首つり自殺をとげた死体が、十五、六人、潅木にぶらさがっていた。二女は痴呆状態になってすわっていた。ウシが抱いていた子供は、口がほおのところへ移って顔がゆがんでいた。ウシの額に振りおろされた棍棒は勢いあまって子供の顔にもあたったようである。
ウシは急にわれに返って、娘に、「水をくんできて」と叫んだ。娘はふらふら立ち上がり、ころがっている薬カンを拾って、水をくみに行った。その間、ウシは自分の顔いっぱいについている血糊をソデでふき、割れた前頭部からまだ血か流れるのを防ぐために、湿った赤土を取って膓口に塗りこんだ。それから娘がくんできた水を、抱いた子供の顔にかけた。すると子供は全身ひきつらせ、顔をぶるぶるけいれんさせて、元に戻った口から血のアワを出した。「生き返ったよ」と、ウシは思わず笑顔になった。

それからウシたち親子四人は、なんとか生きようと思い、谷間のほうへ下りて行った。

 

                        ◇

ここに描かれているのは「自決決行者」が、軍の命令で配給された手榴弾で自決して果てるのではなく、パニックになった住民が棍棒や農具で女・子供を殺して廻る凄惨な場面である。

事実、金城重明氏も手榴弾など配給されておらず、棍棒等で肉親を殺したあげく、関係ない他人まで撲殺して廻っていた。

「集団自決」の生存者というと手榴弾の不発等で死にきれなかった人たち、

と考えがちだがが、実際は金城氏のように女子供を殺して廻って自分は死にきれずに生き残ったという例も多い。

戦争が終わり、正常な社会に復帰して生きていくには、自分の犯した「原罪」への贖罪意識から逃れるために、どうしても「軍の命令」が必要だった。

彼らが戦後生きぬいていくためには、「(集団自決は)軍の命令で止むを得なかった」という神話が必要であり、それには「鬼の赤松」が必要であった。

以下は金城氏証言「集団自決は家族への愛」よりの抜粋です。


金城氏「軍命出た」 岩波「集団自決」訴訟

 渡嘉敷島で「集団自決」を体験し、生き延びた金城重明沖縄キリスト教短期大学名誉教授(78)が岩波側の証人として出廷。「(島に駐留していた)赤松嘉次隊長が指揮する軍の命令なしに『集団自決』は起こり得なかった」として、日本軍の強制を証言した。
(略)

当時16歳だった金城さんも母と妹、弟を手にかけた。 軍の命令で陣地近くに集められていた金城さんら住民の下に軍の自決命令が出たようだとの話が伝わり、村長の「天皇陛下万歳」の号令で「集団自決」を始めたと具体的に証言した。
 「『天皇―』は玉砕の掛け声。村長が独断で自決を命じるなどあり得ず、軍命が出たということ」とし「集団自決」の直接の引き金に軍の強制があったと明言した。
 金城さんは家族を手にかけた時の気持ちについて、「米軍が上陸し、(惨殺されるかもしれないという思いで)生きていることが非常な恐怖で、愛するがゆえに殺した」と語った。
 (略) 原告代理人は会見で「村長が自決命令を出すはずはなく、軍命だったという金城氏の証言は推論にすぎない」などとして「金城氏は集団自決の隊長命令を語る証人として資格がないことがはっきりした」と述べた。

(琉球新報 9/11 9:38)

                      ◇

■軍命令はすべて推論■

軍命令をにおわす証言については、金城氏はこれまでいろんな場面で証言しており、それが62年も経った今頃になって新しい証言が出たらかえって信憑性を疑われるだろう。

ただ、新しいといえば吉川勇助氏の証言を法廷で自分の証言の「軍命令あり」の推論の補強に使ったぐらいだろう。

結局、金城証言のどこを見ても「軍命があった」という「体験者」としての証言は無い。

琉球新報が「軍命あり」と断定する部分は次の点だろう。

①村長が音頭を取った「天皇陛下万歳」とは玉砕の掛け声。 村長が独断で自決命令を出すのはありえず、軍から命令が出たということ。

②村長が「天皇陛下万歳」唱える前、軍の陣地から伝令の防衛隊員が来て、村長の耳元で何かを伝えたとの事だが、軍の命令が伝えられ、村長が号令を書けたことが分かった。

③軍から手りゅう弾が配られた。 

>村長が独断で自決命令を出すのはありえず、軍から命令が出たということ。

「Aが○○をすることはあり得ないから、Bがやったに違いない」。

これは原告弁護団がいみじくも言うように金城氏の「推論」である。

■伝聞の又伝聞■

>村長の耳元で何かを伝えたとの事だが、軍の命令が伝えられ、村長が号令を書けたことが分かった。

結局金城氏は軍の命令を直接聞いていないが、他人の伝聞、それも「耳打ちしたのを見た」であり、耳内の内容を聞いたわけでも無い伝聞のその又伝聞を自分の「推論」の補強にしているに過ぎない。

おまけにその耳内を目撃した吉川勇助氏の証言によると、耳打ちの最中にすさまじい迫撃砲や艦砲射撃の爆発音も聞いている。

その伝聞の伝聞さえ爆音で消されているのである。

≪不意に軍の陣地方向から現れた防衛隊員が、村長に何かを耳打ちしているのに気付いた。迫撃砲や艦砲射撃のすさまじい音と爆発の音、防衛隊員が村長に何を伝えたか、勇助の所までは聞こえない。≫。(9)防衛隊員、耳打ち「それが軍命だった」

このような状況での「耳打ち」を目撃した吉川証言に頼らざるを得ないほど金城氏は「隊長軍命令」を語るには不適格なのである。

                   ◆

以上地獄を見た二人  雉も鳴かずば・・・より抜粋加筆で引用。

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 
 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 強姦魔の尻拭い、防衛省が血税で | トップ | 続・強姦魔の尻拭い、 ピン... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もしそれが事実ならば (物言うサラリーマン)
2008-05-21 13:39:53
K牧師は自分にそうさせた当時の日本および日本軍が許せなかったのでしょう。それでもおめおめと生き続ける自分に対して、何か支えとなるものが無ければ、己が犯した罪に押しつぶされると思ったのではないでしょうか。
ついにはキリスト教にすがり、自分をそうさせた日本軍に罪を転嫁することにより、心の平穏を保っているのものと推測されます。
でも一番の平穏は、己が犯した罪を世の中に知らしめ懺悔すると共に、これから日本がどういうことを成すべきかを問うていくべきでしょう(それが憲法9条を守るとか、軍隊を無くするとか、そういう幼稚な発想では無く)。
Unknown (涼月)
2008-05-21 14:19:01
金城氏もお忙しい身ですね。

自決は軍命令だったという前に、どうして自分だけその命令からのがれることが出来たのかということを説明する義務があると思いますけどね。
徳永 信一弁護士沖縄に来る! (●Takashi)
2008-05-22 06:09:52
講演会のお知らせです。

「沖縄集団自決冤罪訴訟」原告弁護団の徳永信一弁護士沖縄に来る!

http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-1085.html

私は行けるかどうか分かりませんが、楽しみですね。
Unknown (狼魔人)
2008-05-22 18:12:40
◆物言うサラリーマンさん

>・・・、何か支えとなるものが無ければ、己が犯した罪に押しつぶされると思ったのではないでしょうか。

悲惨な体験をしたことはお気の毒としか言いようがないが、だからと言って他に責任転嫁はいけません。


◆涼月さん

> 金城氏もお忙しい身ですね

最近では講演を楽しんでるのかとさえ思います。

>どうして自分だけその命令からのがれることが出来たのかということを説明する義務があると思いますけどね

説明できるはずがありません。


●Takashiさん

情報ありがとうございます。
ところで、 (それで、)
2008-05-22 23:20:59
仮に自決命令があったとすれば、
自決された方々は、潔くと言うか、想像するに、天皇陛下万歳と言われたそうですから、純な志でお国のために自決されたのでしょうね。

ところが、生き残られた人たちはその命令に従わなかったことになるのでしょうか?まして命令に背いて他人に手をかけるなどは、反逆、犯罪そのものではないでしょうか。これなどは命令があったからと言い訳するより苦しい弁解を強いられるのではないでしょうか。
生き残られた人たちと自決された方々の数がわかりませんが、少なくとも生き延びられた人たちは自決された方々に対して負い目があるのではないでしょうか。それは命令があっても無かったても同じように思います。

また、命令があつたとすれば、その命令に従わなかったのだから、軍隊の威光も地に落ちていたのであり、軍人など恐れるに足りない、と生き残った人たちは思っていたのか?隊長の命令を無視し、己の命を惜しんだ人たちが生き延びたのか、と訳の判らない結論に集約して行きそうになります。

軍命あり、は生き延びた人たちにこそ厳しい審判のような気がします。命令が無かったとすれば、無いのだから、生き残っても自決された方々に対して自責の念に駆られることも無いように思います、そして言い訳する必要も。

これはその場に居合わせていない、戦争を知らない私にも、言えることです。

そもそも「自決命令」自体が訳の判らない命令です。こんな命令は非現実的で、邪魔なら殺せば済む話で、食料が必要なら拠出させればよいのであり、重要な弾薬を渡す根拠もありません。
理由も無しに、死ねと言われて死ぬひとなど、いるはずがありません。
おかしな軍命令 (狼魔人)
2008-05-24 07:48:11
それでさん

>生き残られた人たちはその命令に従わなかったことになるのでしょうか

他人を殺したのは、軍の命令で仕方なかった弁解する一方、本人は死に切れずに日本軍の基地内で過ごした証言者の証言などは誰が聞いても矛盾だらけです。


>そもそも「自決命令」自体が訳の判らない命令です。こんな命令は非現実的で、邪魔なら殺せば済む話で、食料が必要なら拠出させればよいのであり、重要な弾薬を渡す根拠もありません。

仰るとおりです。

コメントを投稿

★集団自決」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
入梅宣言 気象庁 (ハンディカム DCR-SR220 場所 カメラ ソニー)
集団自決研修を大学新入生に、金城重明氏」、「麦畑が緑黄色に色づき始める」といったさわやかな季節を意味するようだが、 沖縄では一足お先に鬱陶しい入梅となる。(気象庁の入梅宣言とは別) よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 戦の現実子どもに ...