狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

強姦魔の尻拭い、防衛省が血税で

2008-05-20 07:47:22 | ★米兵事件

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

防衛省:米に代わり見舞金 米兵による女性暴行事件で

 防衛省は19日、02年に神奈川県横須賀市で起きた米兵によるオーストラリア人女性への暴行事件で、米兵や米政府に代わり女性に見舞金300万円を支払う方針を決めた。同事件をめぐる民事訴訟で東京地裁は04年、米兵に同額の損害賠償を命じたが、米兵は判決前に帰国。日米地位協定は米兵に賠償能力がない場合、米政府が慰謝料を支払うよう定めているが、米国内法でも既に時効を迎えている。このため、放置されていた支払いを日本政府が肩代わりすることにした。

 同省は、米兵による公務外の損害が地位協定で救済が難しい場合、必要であれば日本政府が支給できるとした1964年の閣議決定に基づき「問題を放置することは社会的に妥当でない」と判断した。例外的な措置という。【松尾良】

毎日新聞 2008年5月19日 23時04分

                                              

最初に断っておきたいが、婦女暴行等の卑劣な犯罪の被害者が、何の賠償もされず「問題を放置することは社会的に妥当でない」という政府の基本姿勢に異存はない。

だが、今回の防衛庁の措置には大いに異存がある。

加害米兵に賠償能力がない場合、当然米政府に請求すべきと日米地位協定でも決めているではないか。

米国内法でも既に時効を迎えているというが、被害者には気の毒だが、これは日本が関知すべき問題ではない。

アメリカ人がオーストラリア人に加えた犯罪の賠償を、何故日本国民の血税で尻拭いするのか。

防衛省は閣議決定を根拠にしているが、閣議決定は何の拘束力も無く法律を超越することは無い。

それに今回の措置は米兵にとっても「逃げ得」という風潮が蔓延する悪しき前例となる。

それにこの措置はもう一つの問題を含む。

加害者が日本人の場合で、賠償能力が無い場合も政府は補償してくれるのか。

加害者が米兵だから国が補償するというのは人種差別ではないのか。

日頃人権問題にうるさい「プロ市民」の方々は是非とも今回の防衛省の人種差別的措置に反対して欲しい。

ましてや「ナンパ・ゲーム」の果ての「暴行事件」も対象になるとしたら、安易に米兵とラブ・ゲームに陥る女性にも血税を払うようなことにもなりかねない。

今回の防衛省の措置は米政府か豪政府の仕事であり、日本国民の血税で尻拭いすべきではない!と思う方クリックお願い。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

                       ◆

 

4000人基地なき島訴え 5・15平和行進  2008年5月19日 琉球新報
全国での平和運動展開を誓い「頑張ろう」と三唱する参加者=18日午後、宜野湾市の宜野湾海浜公園
 5・15平和行進最終日は18日、本島の各コースの参加者が最終地の宜野湾市の宜野湾海浜公園野外劇場に集結し「復帰36年 5・15平和とくらしを守る県民大会」(同実行委員会、沖縄平和運動センター主催)を開いた。
主催者によると平和行進への参加者は宮古、八重山コースも含め県内外から計約7千人、県民大会への参加者は約4千人だった。大会では米兵女子中学生暴行事件など米兵の凶悪犯罪が相次いでいることを受け、登壇者から「基地をなくしていこう」「米軍再編を許さない」などの声が上がった。大会宣言では日米地位協定の抜本的改定などを求めることを表明した。(略)

                    ◇

わざわざコメントすることも無いと思いながらこの記事を取り上げた理由は次の二つを言いたかっただけ。

①会場が「11万人」集会と同じ「宜野湾海浜公園」で行われ、参加人数が「4000人(主催者発表)」だったこと

②知人のT君が名護から那覇に向かう途中、読谷界隈の国道で、道路の中央を歩く「平和行進」に遭遇し、あまりの傍若無人な「プロ市民」の態度に腹を立てたということ。 

お陰で国道は渋滞で目的地に着くのに二時間も遅れたという。 

T君、他人の迷惑を考えない「平和行進」には絶対反対と怒っていた。

琉球新報も昨年の「11万人」集会では会場全体の航空写真を掲載するという大ポカをやってしまったが、今回はその点は反省したのかシッカリと部分写真で誤魔化している。(笑)

(部分写真だが、参加人数は去年の約30分の一だって)

                       ◆

「おまけ」

「カエルとネズミの助け合い」

別件の検索でネットを彷徨っていたら偶然見つけたのほほえましい写真なので保存しておいたもの。(出典は失念)

説明書きは以下の通り。

2006年6月30日、豪雨が続き、洪水による被害が出ているインド北部のラクノーでは、カエルの背中に乗って避難するネズミの姿が見られた.

ダウンロード

 

カエルの写真で四川大地震を予知したと言われるカエルの大集団移動に話題を持っていこうと思うのだが・・・ちょっと無理がありますか?

でも、強引に話は続きます。

 

大紀元日本5/14-四川大地震前、各地で兆候が↓http://jp.epochtimes.com/jp/2008/05/html/d68786.html

印刷版   

地震発生の数日前、綿竹市西南鎮の檀木村で、ヒキガエル数十万匹が道路を渡ろうとした

中国四川大地震前、各地で兆候が発生

 【大紀元日本5月14日】四川省大地震の発生数日前、前兆と思われる奇妙な現象は同省各地で現れたことが分かった。

 四川省「華西都市報」5月10日の報道によると、綿竹市西南鎮の檀木村では、大量のヒキカエルの移動風景が見られた。数十万匹とも言われたヒキカエルは人を恐れず、道路を渡ろうとしている。多くのヒキカエルは車に轢かれたり、人に踏まれたりした死骸も道路上に残っているという。(略)

  各地の奇な妙現象に不安を感じた人々から、地元の防災機関に問い合わせが殺到したが、ただの自然現象とか、地震なんかありえないと結局無視された。

(08/05/14 00:18)

【四川省大地震】 カエル集団移動に地震雲「予知現象あった」とネットが当局批判 

 ◆お知らせ◆

自由主義史観研究会会報誌『歴史と教育』6月号(5月末発行)に、拙文が掲載されます。

『歴史と教育』6月号
【沖縄 不当判決反論特集】
(1)巻頭論文・・・・(藤岡信勝)
(2)沖縄の言論空間・・・(鴨野守)
(3)証言を阻む南の島の呪縛・・・(狼魔人
(4)沖縄自決報道の検証・・・(飯嶋七生)
(5)平松茂雄講演ルポ・・・(篠原寿一)
〈告知〉
*夏の全国大会告知
*沖縄パンフ
〈連載〉
*咲都からのサイト・・・(赤野達哉)
*沖縄冤罪訴訟の今後・・・(南木隆治)
*ネトウヨの星・・・(木村日向子)
*論壇時評・・・(岡屋多津郎)
 表紙・目次・寸感

発刊後に当日記でも紹介したいと思います。

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「嘘の巨塊」のノーベル賞作家 | トップ | 集団自決研修を大学新入生に... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
買います (ヒロシ)
2008-05-20 08:24:36
本、買います。
5月末発売という事は6月7~10日くらいの発売でしょうか?
今から楽しみにしています。
買います2 (umetaro)
2008-05-20 10:56:28
私も買わせていただきます。
藤岡先生の著作なら、大学の購買で買えると思うので

私事ですが、環境問題・捕鯨に関するブログをはじめました。とりあえずのテーマはグリーンピースの偽善です。
狼魔人さんをはじめブロガー諸兄の方々のアドバイスを受けつつ成長していきたいと思います。
http://d.hatena.ne.jp/umetaro100/
Unknown (狼魔人)
2008-05-20 19:11:50
◆ヒロシさん

拙稿は編集長にも面白いと褒めていただいていますので期待して下さい。


◆umetaroさん

ブログ解説おめでとうございます。

勉強させてください。

早速ブックマークに登録させて頂きました。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL