狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「ニュース女子は沖縄ヘイト!」、琉球新報、必死の弁明

2017-03-17 00:29:25 | 高江ヘリパッド

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

☆お知らせ☆
今月から正す会で定例会を行うことになりました!

第1回定例会

テーマ:「東京記者会見報告」...

日時:3月18日(土)14時~
場所:浦添産業振興センター・結いの街 小研修室
浦添市勢理客4-13-1(地図 https://goo.gl/maps/3HjbyH3PLcs

 

参加費:無料 事前申込制(電話またはFAX)
参加条件:当会の趣旨にご賛同頂ける賛助会員様、
会員でない方も参加可能ですが、
参加についてはお問い合わせください。

申込方法:電話またはFAXにてお名前と連絡先をお知らせください。
折り返しこちらからご連絡いたします。

電話:080-8364-3051(ヤビク)(10時~19時まで)
FAX:0980-43-5343
但し、いたずら防止等のために電話は番号通知でお願いします。番号通知がない場合は出ることができません。
もし番号通知ができない場合はFAXにて申し込みください。

当日に浦添産業振興センターの駐車場が満車の場合は隣接する国立劇場おきなわの駐車場が利用できますので、そちらをご利用ください

もっと見る

 

                ☆

「ニュース女子」の検証番組がネット放映されて以来、沖縄2紙は連日「おまいう」発言で死に物狂い。

「ニュース女子」の内容が真実と認められられたら、沖縄2紙が「黒を白と報じる捏造新聞」と認定される。

それを恐れるからだ。

弁解はコラムや社説を使って実に涙ぐましい。

琉球新報 金口木舌

▼情報を批判的に解読し、偽情報を見抜く力「メディアリテラシー」が問われている。新聞は情報への信頼度は高いが、読まれていない-。沖大メディア研究会が先月、県内7大学の学生を対象に実施した調査の結果だ
▼研究会の佐々木琢朗さん(4年)は「社会が(ニュースの)正確性よりも『面白いかどうか』を重視しているため」とみる。偽情報を意味する「ガセネタ」の「ガセ」は「人騒がせ」から来たという説がある。社会にとって、面白さを優先し、騒がせるうその代償は危険で大きい。

<社説>沖縄ヘイト告発 辛淑玉さんを支持する2017年1月28日 06:01

<対立した見解がある場合、双方の言い分を取材するのは報道のイロハである。東京MXテレビはそれを怠り、取材を受けていない辛さんを公共の電波を使って誹謗中傷した。同時に新基地建設に反対する人々を事実に基づかず中傷し、おとしめた。まさに「沖縄ヘイト」である。>

3日にネット放映された「ニュース女子」の検証番組は特に「問題は無い」という結論だった。少なくともこの問題を早くから取り上げてきた筆者には、特に目新しくも無い「高江の真実」を放映したという印象だった。

依田さんの「救急車の妨害」発言で、当初「妨害はなかった」と証言していた国頭地区消防本部の辺土名朝英署長から新しい証言を得た。
反対派の抗議を恐れてか、署長の証言は一見(一聞?)煮え切らない印象だったが、よく聞くと婉曲な表現ながら「救急車の出動に支障を来たした事実」を認めている。

反対派の妨害活動はこうだ。

まず、反対派は、抗議活動の現場への救急車の出動を要請しておき、その後キャンセルされることが何度もあった。


抗議活動の現場への救急車のキャンセルが何度もあった!


証言によると反対派によって救急車が完全に停止させられることはなかったが、反対派による通行妨害のために救急車が徐行しなければならないことはあった。

これは救急車の緊急の目的から言えば、明らかの通行妨害にあたる。

 


【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】についても、「妨害はなかった」と証言していた消防本部の署長から新しい証言。反対派によって救急車が完全に停止させられることはなかったが

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!

 

「反対派は救急車の通行も妨害している」という依田さんの証言に対して、次のように婉曲ながら事実と認めている。

 

消防本部署長「抗議活動側から邪魔されてるっていう見方も無きにしも非ずですね」


また、「ニュース女子」インタビュー出演の沖縄県民の一人依田さんが救急車問題をネットに投稿したら、その後現場への救急出動はなくなった。 

この事実は大きい!

 


また、「ニュース女子」インタビュー出演の沖縄県民の一人依田さんが救急車問題をネットに投稿したら、現場への救急出動はなくなった!

 

高江の反対活動の現場への救急車の出動件数
2016年
5月 0件
6月 0件
7月 8件
8月 5件
9月 5件
10月 2件 10月1日依田氏の投稿 10月10日を最後に出動0件

11月 0件
12月 0件

 

                ★

琉球新報「ニュース女子続報が沖縄ヘイト助長。報道の論理崩壊の危機だ!BPOよ、厳しく審査しろ!」

~ネットの反応「都合が悪いとヘイトか 楽な人生だなあ」「中国共産党みたいな態度だな」

シェアする

 

スレッドURL: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1489618795/

<noscript></noscript>
 

 

<社説>ニュース女子続編 検証に値せず偏見を助長

批判に向き合わず事実の検証を欠いては、公正な報道とは言えない。番組の問題を審議する放送倫理・番組向上委員会(BPO)には改めて厳しい審査を求めたい。

米軍ヘリパッド建設に抗議する市民をテロリストに例えるなどした東京MXテレビの番組「ニュース女子」の制作会社DHCシアターが「続編」をネット配信した。

番組の検証をうたいながら、事実を確認すべき当事者取材はおろそかにしたまま、問題のすり替えや意図的な編集など番組の正当化に終始した。
一例を挙げると、抗議の市民が日当を得ているとの番組内容に関し、「日当をもらった」とする当事者の証言を示し得ず、「知り合いがもらった」など伝聞情報にとどまった。
市民が「救急車を止めた」と断定した内容を消防本部が否定したが、安全面を考え「徐行した」ことをことさら強調した。
手弁当で参加する市民の声を伝えず、抗議行動が過激で交通を妨げる印象を与える編集手法はそのままで、検証の名に値しない。

「続編」はネット配信のみで東京MXは放送していない。テレビ放送はBPOの審査対象となる。
偏った内容との判断が働き、審査の対象とならないネット配信にとどめたのではないか。

放送倫理のチェックを免れるネット配信で、市民の抗議行動に関する事実誤認や偏見がさらに拡大再生産されかねない。

BPOは審議入りを決めた際に「明らかに事実の間違いが報じられている。(テレビの)考査の段階で見逃されたことが問題になり得る」との見解を示している。

にもかかわらず東京MXは先に「事実関係に捏造(ねつぞう)、虚偽があったとは認められず放送法、放送基準に沿った内容」との見解を表明した。
制作会社の「続編」も事実誤認を受け入れず、共同歩調で番組の正当性を主張しているのである。
これを看過してはBPOを中心とする放送界の自律的な規制が揺らぎかねない。
公正な報道の基盤がモラルハザード(倫理崩壊)の危機に直面している。放送、メディア界の自浄能力が問われている。

識者は今回の問題の背景に基地建設に反対する県民を異端視する「沖縄ヘイト」の風潮を指摘する。

BPOの毅然(きぜん)とした対応とともに放送、新聞などメディア各社にも「沖縄ヘイト」を助長する番組の検証報道を期待したい。

http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-461488.html

 


 

ネットの反応

中国共産党みたいな態度だな

>>↑
あ~似てるよね『日本は周辺国との緊張を高めるな!』ってヤツね
中国共産党と沖縄2紙、どう見ても同じDNAとしか思えない

と、異論封殺者が申しております

>米軍ヘリパッド建設に抗議する市民をテロリストに例えるなどした
警察が過激派左翼が居ると国会で証言したやん

 
事実を指摘されて火病

 

>公正な報道の基盤がモラルハザード(倫理崩壊)の危機に直面している。放送、メディア界の自浄能力が問われている。

おまいう

犯罪を美化するほうが問題だと思いますが
 
沖縄左翼に在日韓国民主統一連合(韓統連)が参加している。
韓国でも「反国家団体」認定されている従北団体。慰安婦問題や朝鮮学校補助金存続運動にも関わっている。
在日韓国青年同盟(韓青)は傘下団体。
<noscript></noscript>
http://i.imgur.com/1KYdtat.jpg
<noscript></noscript>
http://i.imgur.com/raIuMoI.jpg

括弧多すぎ

 

BPOは自分たちで検証に行くんだよね?

DHCって腕章つけて行けよw
沖縄タイムスとかの腕章つけて行きそうw

 
支那チョンが沖縄を侵略進行してる最中に邪魔するなと報道しています、
基地外www
 
 
左翼の機関紙ってバレたら不味いの?w
 
助長してるのはお前らの存在だとなぜ気がつかない

 
都合が悪いとヘイトか
楽な人生だなあ

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ヒーローへのラブレター」... | トップ | 翁長知事が国を提訴!いい加... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (宜野湾より)
2017-03-17 12:56:03
何が事実か、または事実・実態に近いと考えられるかは、異なる意見の両者がどこまで具体的な例証を提示できるか、どこまで掻い摘みを抑えて多くを見せているか、それを見た我々情報の受け手探し手側が考えますわ。

日当を貰ったと告白する人が出て来なかったことは日当が事実であることもデマであることも証明しない。
救急車両に対する妨害という積極的行動で止めることはなかったが、本来不要な徐行をさせたことは判った。
そして、反対運動ヘイトというならまだしも、沖縄ヘイトとは己惚れが甚しい。
地元に迷惑を掛け(事実)、逮捕者を複数回出す(事実、当然思想ではなく違法行為で逮捕される)運動は、自身らが思うほどメジャーではござらぬ。

情報弱者に何か爪痕を残せればいいや、という雑な社説は不要。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL