狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

小林よしのり「集団自決」はプレッシャー? 「沖縄論」で

2007-09-05 06:11:04 | ★集団自決

 

人気blogランキングへ参加しました。↓クリックお願いします。 http://blog.with2.net/link.php?514420

 

新ゴーマニズム宣言スペシャル・沖縄論

2005年8月14日、「小林よしのりを沖縄に呼ぶ会」(会長高里洋介)主催で著者の講演会が行われた。『SAPIO』2005年9月28日号によれば集まった観客は約1300人、沖縄タイムズによれば1200人が集まったとされる。那覇市で同時刻に行なわれた「日本の潮流と沖縄の戦後六十年」の参加者は100人と、明暗が分かれた(この規模の差が沖縄県民の意識の差と言えるかもしれない)。(ウィキペディア)

 

沖縄の新聞が煽る「民意」と、二つの性格の異なる講演会の動員数の差は一体何を物語るのか。

実は筆者も宜野湾コンベンションセンターで行われたこの講演会に参加していた。

小林よしのり氏に敵意むき出しの沖縄タイムスのカウントでは聴衆は1200名とあったが、

実際は会場には開場前から行列をなしており、筆者の目測では満席で2000人近い入場者と見た。

「日本の潮流と沖縄の戦後六十年」は沖縄のサヨク作家目取真俊 氏が小林氏に対抗して同日、同時刻にマスコミの後援を得ての講演会だったが、実際は100名も集まっていなかったと聞く。

目取真氏の敵意剥き出しの対抗意識にも関わらず講演会には閑古鳥が鳴き、一方小林氏の講演会には行列ができた事は事実である。

当日小林よしのり講演会では「糸数慶子VS小林よしのり討論」が予定されていたが、当日になって糸数氏からドタキャンになった話は≪幻の討論会 「小林よしのりvs糸数慶子(沖縄県知事候補)」≫で書いた。

同氏の『沖縄論』では沖縄戦については詳しく触れておらず、次回に書くようなことを言っていたが、あれから2年。

「集団自決」で沖縄マスコミがこれほど盛り上がっているのに沖縄戦を詳述した『沖縄論』はいまだに出版されていない。

講演では、現在の沖縄の同調圧力の強さをしきりに強調し、次回執筆の折には沖縄戦では日本兵が必ずしも住民を守らなかったということを認識した上で、「集団自決」を含む沖縄戦を書く予定だと言っていた。

だが、敵は米軍ではなく日本軍だったというほど日本軍の残虐さを信じる沖縄県民は、小林氏の取材に対しても「戦争を煽りに来た」といった敵意に満ちた接し方を受けたという。

たとえば、船内で眠っている小林がたたき起こされ、厳しく詰問されたり、取材協力者に圧力がかかり、名前を絶対に出さないで下さいと言われ、沖縄論に登場した人物にも圧力がかかるなど、の話が紹介された。

本人のみならず講演会を世話した高里洋介氏にも圧力がかかり、周囲からは名前を出すことに心配する声もあったという。

結局小林氏は沖縄に渦巻く、「日本軍は残虐だった」という「とてつもない」情熱の同調圧力に負けてしまったのだろう。

そのためなのか、「沖縄論」では妙に県民感情に擦り寄って、沖縄サヨクの英雄である共産党員 瀬長亀次郎 氏に多くのページを割いて沖縄の英雄として賛美している。

米占領下の沖縄では共産党は非合法であり、瀬長氏は人民党を名乗っていたが、復帰直後の国政選挙では正体を現して本来の共産党で立候補し当選を果たしている。

 

このように沖縄戦の実態、そして「集団自決の真相」といったおいしいテーマを書き残していながら、尚且つ続編が書きにくい理由を小林よしのり氏本人が動画で語っている。

流石の小林氏も沖縄に渦巻く「とてつもない」(本人の弁)同調圧力の情熱には打ち勝てないと悟ったのだとしたら、沖縄の言論空間はやはり異常だと言わざるを得ない。

【動画】小林よしのりが「沖縄論」で「集団自決」を書けない理由。http://www.youtube.com/watch?v=Sit4cNFxvNA

 

【おまけ動画】左翼の嘘に便乗する在日コリアンと沖縄サヨクhttp://www.youtube.com/v/9NA22FXZDcY

人気blogランキングへ参加しました。↓クリックお願いします。 http://blog.with2.net/link.php?514420

                                              

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「呪われたポスト」農水大臣... | トップ | 桝添大臣は救世主か   社保... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (知足)
2007-09-06 16:22:51
《沖縄に渦巻く、「日本軍は残虐だった」という「とてつもない」情熱の同調圧力》というのが印象的です。
Unknown (狼魔人)
2007-09-06 20:13:31
知足さん

特に最近の≪「とてつもない」情熱の同調圧力≫は「9.29県民大会」に向かって激しさを増しています。

そのうち「県民大会」不参加社は村八分ならぬ島八分にもなりそうな勢いです。

コメントを投稿

★集団自決」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
“YouTube撮影モード” (三谷のブログ)
を搭載した新「EXILIM」誕生。 果たして機能を使うのだろうか…。と微妙なところだが、 持っていたデジカメはぼこぼこで、機能を果たさなくなってしまったし、 新しいもの好きな私はぜひほしいと思います。 いづれも9月中旬、価格は4万円前後だそうです。 買えるよう...
「日本軍は残虐だった」という「とてつもない」情熱の同調圧力 (マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会)
小林よしのり氏に敵意むき出しの沖縄タイムスのカウントでは聴衆は1200名/敵は米軍ではなく日本軍だったというほど日本軍の残虐さを信じる沖縄県民/沖縄に渦巻く、「日本軍は残虐だった」という「とてつもない」情熱の同調圧力