狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

福岡・三輪中のいじめ自殺の背後には日教組と同和が

2006-11-28 08:22:44 | 教科書

よろしかったら人気blogランングへ クリックお願いします

◆日教組、教基法改正阻止に3億円投入(産経新聞)

  日本教職員組合(日教組)の反教育基本法改正運動への支出が約3億円に上ることが24日、分かった。教師が平日も国会前でのデモに参加していることに対し、自民党幹部からは「高い給料をもらいながら政治活動していいのか」(中川昭一政調会長)と批判が出ているが、日教組は「授業代行を他の教師に頼み、年休を取って活動している」(組織局)と組合費支出や運動の正当性を強調している。

 関係者によると今年4~10月、教育基本法改正反対運動のため日教組が主催した国会前デモ行進や都内での集会などは7回行われ、組合員延べ約1万5000人が動員された。ほとんどが現役の教職員で、交通費や宿泊費、食費は日教組が負担した。さらに、25日には東京都千代田区の日比谷公会堂で3000人規模、12月8日には1万人規模の反対集会を予定。ビラ作成や新聞への意見広告掲載費も組合費から支出しており、反対運動への支出は約3億円に達する見込みだ。

 日教組は10月26日、同法改正に反対し31年ぶりに「非常事態」を宣言しており、「近年にない取り組み」(連合関係者)という。


 ≪教職員組合 政府の思惑 教基法「不当な支配」で攻防≫

 参院教育基本法特別委員会は24日、一般質疑に移った。教職員組合を支持組織に持つ民主、社民の野党側と伊吹文明文部科学相は、焦点の一つである教育基本法改正案16条の「不当な支配」の主体をめぐり、厳しいやりとりを交わした。背景には、この文言を運動に利用してきた教職員組合の事情と、改正によって法に基づく教育行政を目指す政府との思惑の違いがある。

 「不当な支配の主体には、行政府や政治権力も含まれるのか」

 民主党の福山哲郎氏はこの日、繰り返しこうただした。民主党は22日の総括質疑でも、所属議員が同様の質問を執拗(しつよう)に展開した。

 現行の教育基本法10条には、「教育は、不当な支配に服することなく」との規定がある。教職員組合などはこの「不当な支配」を根拠に、教育委員会の指導を拒否したり、国旗国歌反対運動に利用したりしてきた。国旗掲揚時の起立や国歌斉唱を求める東京都教委通達を「不当な支配」と認めた9月の東京地裁判決のような例もある。

 しかし、改正案16条では、新たに「(教育は)この法律及び他の法律の定めるところにより行われるべきもの」との文言が加えられた。政府は、これにより「法に基づいて行われる教育委員会の命令や指導は『不当な支配』ではない」(田中壮一郎文科省生涯学習政策局長)ことが担保されたとしている。

 また、伊吹氏は「不当な支配」の定義について、「特定のイズム(主義)や考えを持ち、国会で決められた意思とは違うことを画策することだ」と指摘。政党や宗教団体、特定の思想的背景を持つ組織が教育に介入することを防ぐための規定だと説明する。これは暗に、教職員組合による教育現場の「不当な支配」は許されないことを述べたものだ。

 伊吹文科相は24日、社民党の近藤正道氏の質問に対し、「何が不当か、何が介入にあたるのかは見解の相違だ。(見解の相違があれば最終的に)司法の判断を仰ぐことになるが、司法も法律をもとに判断するだろう」と指摘した。基本法改正が実現すれば、9月の東京地裁のような判断は、下されにくくなるとの見方を示したといえそうだ。(佐々木美恵)

(11/25 10:25)

職場放棄をして政治活動に走るような教師がいなくなれば「教育基本法改正」なんて必要ないということをこの狂師達、もとい、教師達は分かっていない。

中川政調会長の「悪性腫瘍説」は言い得てミョウだ。

今回も≪高い給料をもらいながら政治活動していいのか≫とは、相変わらず分かりやすい。

≪授業代行を他の教師に頼み、年休を取って活動している」≫

明らかな違法行為(教師の政治活動)をするために正式の年休がもらえるの?

                      ◇

◆福岡・三輪中のいじめ自殺の背後には日教組と同和が

連日「いじめ自殺」が連発して、ミソもクソ一緒くたになって問題の本質を見失いそうになるが、

「福岡県筑前町三輪中でのいじめ自殺事件」は他のいじめ事件とは一線を画して論ずるべきだと思う。

◆参考:福岡県三輪中学 いじめ自殺事件の背後にみえるもの

日本が過去に腫れ物(悪性腫瘍?)のように扱っていた「日教組」、「同和」が絡み、それに共産党まで割り込んで来るとなると単純な「学校のいじめ」では終わらなくなる。

やはり早々に「教育基本法」は改正して「悪性腫瘍」を切除するのが日本の教育の健康回復には一番の治療法だ。

 

以下福岡在住ブロガーよりのメールの再再転送です。

大手メディアが忘れ去った事件をフォローするブログジャーナルの特性を遺憾なく発揮しているようです。

◆大阪八尾市の根屋 です。
小生の若き知人君から以下のメールが届きました。
彼の行政への飽くなき公開請求と質問攻めの中で、自らのブログが地元共産党をはじ
め、議会でも注目され、小生のブログまで利用されているそうです。
改めて、今日的状況を以下のメールでお知り下さい。

以下転送メール

三輪中学校は部落解放同盟の解放教育実践校だった--教育の中立性が守られていない
現実


> 各位
>
>  こんばんは。福岡の近藤です。
>
>  福岡県筑前町三輪中でのいじめ自殺事件について報道が減りましたが、その後い
ろいろな
> 事実が判明してまいりました。
>
>  25日の読売新聞に筑前町の調査委員会が三輪中校長や現担任などから聞き取り
調査を行ったとの報
> 道がありました。
>
> **************************
> 九州発>週間ニュース(読売新聞)
> 生徒自殺問題で三輪中校長らから聞き取り…筑前町教委調査委
>  福岡県筑前町の三輪中2年の男子生徒(13)がいじめを苦に自殺した問題で、
> 同町教委が設置した調査委員会(委員長=高田清・福岡教育大教授)の
> 第4回会合が24日、町内で開かれた。
> 合谷智校長や2年時の担任ら同校の教職員4人から初めて聞き取り調査を行った。
> 終了後、高田委員長は「既に報道されているいじめの内容について、
> 事実かどうかを確認したり、より詳細な状況を聞いたりした」と説明したが、
> 具体的な内容は明らかにしなかった。
> ****************
>
>  ところが、この調査委員会の委員長である高田清教授は共産党系の教育基本法改
正反対
> 運動に名前を連ねる左派系教育学者であることが判明しました。
>
>  共産党系の教育出版社「高文研」とも深いつながりがあり、共産党系の大学教職
員組合である
> 全大教九州傘下の福岡教育大学教職員組合の委員長もつとめていました。
>
> <教育基本法改悪反対意見広告・呼 び か け 人 サイトより>
> ttp://www5.ocn.ne.jp/~peace082/yobikakeninn.htm#呼%20び%20か%20け%20人アン
カー
> 個人:高田清 福岡教育大学教授
> 団体:福岡教育大学教職員組合
>
> ■全大教九州が九州地区学長会議に申し入れ
> http://ac-net.org/dgh/01/524-kyushu.html
>
>  それから、三輪中学校が地域に同和地区があるいわゆる「同和校」であることは
既報ですが
> 11月7日の福岡県議会決算委員会において、日本共産党の議員が同校の同和教育
について質
> 問を行っています。
>
> ■部落解放同盟による教育介入を立証――党県議団
> 決算特別委員会 2006年11月7日 <三輪中学校いじめ自殺問題>
> http://www.bea.hi-ho.ne.jp/hidesato/jimu/tayori0611071.html
>
>  三輪中学の学校運営が、一にも二にも同和教育を機軸に据えて行われてきたこと
が明らかで
> あり、このような特定の団体の理論そのままの偏向した同和教育は直ちに是正しな
ければいけ
> ません。
>
>  拙ブログ「なめ猫♪」で昭和50年代の解放同盟からの教育介入を取り上げまし
たが、現在も
> 連携を謳うなどその状況は変わっていないようです。
>
> ■主任制粉砕闘争に屈した三輪町教委--福岡でもあった部落解放同盟の教育介入
> http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-158.html
>
>  しかし、これは三輪中学に限らず福岡県下、どこも同じような状態の学校が多
く、政治運動
> や社会運動との区別がされていない指導案に基づいた教育がまかりとおっていま
す。
>
>  そうした学校では屋外の国旗掲揚台に日章旗が掲げられていません。三輪中学で
も町旗と校旗
> しかありませんでした。
>
>  これまでの経緯から主体的に県教育委員会がしっかり是正を行うとは昨年の勤務
評定の件等を見ても
> 考えにくく、文部科学省や教育再生会議、県教育委員会などに対して是正措置をと
るよう意見を出して
> いくことが必要だと思います。
>
>  何卒、御協力いただきますようお願い申し上げます。
>
> ●文部科学省・初等中等教育局
> 文部科学省に関するメールでの御意見・お問い合わせ専用メールアドレス
> voice@mext.go.jp (添付ファイル不可)
> TEL 03-5253-4111(代表)
>
> ●福岡県教育委員会(メールだけでなく、両課に電話を直接かけて意見をお願いし
ます)
> 教育振興部
> ・人権・同和教育課 kdowa@pref.fukuoka.lg.jp
> TEL 092-643-3915~3918
> FAX 092-643-3919
>
> 教育庁教育企画部
> 教職員課 市町村立学校係 kkyoshoku@pref.fukuoka.lg.jp
> TEL 092-643-3892
> FAX 092-643-3896
>
よろしかったら人気blogランングへ クリックお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「核」通過容認・ 当然のこ... | トップ | かつて日本の子供は卑怯を一... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
時代の流れが読めない人々 (きゅー)
2006-11-28 09:59:55
 毎回の更新ご苦労様です。美味しい料理の独り占めみたいで申し訳ありません。ケインズ型公平分配路線からハイエク型傾斜配分路線への転換、地政学的国際協調主義から排外主義的ナショナリズムへの転換、解りやすく言うと、競争原理の強化、日本経済の活性化、国力の強化、日本人の国家意識、民族意識の強化。更に強者としての機関車が弱者の客車を牽引等。教育現場の人たちには時代の風が読めないんですね。風の流れを知らない教師は要りません。生徒が一番被害をこうむりますから。
時代は変わる (狼魔人)
2006-11-28 18:12:27
きゅーさん

>美味しい料理の・・・

照れてしまうほどの激励のコメントありがとうございます。 ともすれば、無気力になり勝ちな毎回更新にこのようなコメントをいただくと勇気百倍です。

風邪をこじらせて戦意喪失しかかっていたこの数日、やる気が出てきました。

勇気のみならず、きゅーさんのコメントには触発される点も多々あります。

>ケインズ、ハイエク・・・・

ガルブレイス、フリードマンと最近大物経済学者が物故しましたが、遠い学生時代に戻ってサムエルソンの「経済学」でも読み返してみようかと思っています。

またコメントください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL