狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「従軍慰安婦」は居なかった 英字付き【動画】

2007-05-09 18:32:21 | 従軍慰安婦

【緯度経度】ワシントン・古森義久 慰安婦問題での陰謀説

 
米国のPBS(公共放送)系テレビのニューズ・インタビュー番組に招かれ、慰安婦問題について意見を述べる機会を得た。ニューズウィーク誌のコラムニストなども務める米人ジャーナリストのファリード・ザカリア氏が主宰する「フォーリン・エクスチェンジ(対外交流)」という番組である。(下記に動画①あり)

 今回のタイトルはずばり「慰安婦」、4月はじめに全米80以上のPBS系局からすでに放映されたが、ザカリア氏との15分ほどの1対1の討論だったため、かなり長く意見を述べることができた。このへんは米国ジャーナリズムの公正さである。

 私は米側がそもそも非難する「日本の政府あるいは軍による政策としての組織的な女性の強制徴用」という行為はなかったという点を説明した。
ザカリア氏は個々の兵士が慰安婦に代金を払っていたことを知らず、驚いていた。総括として私は思い切って、慰安婦問題での米側からの今回の糾弾を「ダブル・ジェパディー」「ダブル・スタンダード」「ティンジ・オブ・レーシズム」という三つの言葉で評した。

 「ダブル・ジェパディー」とは二重訴追の危険である。つまり個人や集団が同じ犯罪やその嫌疑を一度、すでに訴追され、裁判を受けたのに、またまた訴えられ、裁かれるという不当な事態のことだ。慰安婦については日本はさんざんに非難され、それなりに対応し、日本軍将兵による軍規違反の個別の強制徴用は戦争犯罪として裁かれまでしたのに、いままた罰せられようとする。その懲罰は米国の憲法でも保障している一事不再理の原則に違反する行為ではないか、と抗議するわけだ。

 「ダブル・スタンダード」とは二重規準である。軍隊のための売春制度は明らかに好ましくない事象だった。慰安婦となった個々の女性には悲劇も苦痛もあった。そうしたケースに同情し、現代のモラルから全体の制度を非難し、反省することはやぶさかではない。だが、
人道主義という観点からみるなら米国の原爆投下はどうか。中国のウイグルやチベットの少数民族抑圧はどうか。法輪功弾圧はどうか。なぜ60年以上前に終結した特定案件だけが糾弾されるのか、という疑問が残るわけだ。

 「ティンジ・オブ・レーシズム」とは人種や民族への偏見の色彩である。慰安婦問題で日本を非難するボストン・グローブ3月8日付社説の見出しは「『すみません』と言えない日本」だった。
ニューヨーク・タイムズの3月6日付社説は「日本の政治家たちは安倍首相はじめ恥ずべき過去を克服する第一歩はその過去を認めることだと知るべき時だ」と断じた。米国はフランスに向かって、こんな口調で告げるだろうか。こうした高所からの「日本とは」とか「日本の政治家たちは」という説教調の断定には日本国民を一括して特殊に決めつける人種偏見がにじんでいる。そう抗議したかったのだ。

 しかしいまの米側の日本糾弾にはさらに悪質な政治的攻撃が存在する。テレビでは言及する時間がなかったが、自己のイデオロギーの日本への押しつけに慰安婦問題を武器にするという動きである。その典型はエール大学のアレクシス・ダデン准教授が発表した「安倍首相の新しい服」という題の論文だった。タイトルからして明らかにアンデルセンの童話「裸の王様」を示す、日本の首相への侮蔑的な表現である。

 ダデン氏は次のように述べていた。

 「(慰安婦問題の)焦点は強制に関する事実ではなく、安倍(首相)が『強制』の意味を切り替えたこと、そしてその言葉の論議の忌避を最近、決めたことは、なぜかという理由である。簡単にいえば、それは安倍(首相)が日本軍を合憲の軍隊として復活させる前に旧日本軍の記録をごまかすための企図なのだ。1947年憲法を変えて、日本軍が活動できるようにするという安倍(首相)の決意はワシントンの公然たる奨励を得ており、そのことが慰安婦強制での日本軍の歴史的役割に関する彼の尊大な言明の要因となったことは疑いがない」

 安倍首相が慰安婦問題では日本軍復活のために「強制徴用」を否定した、というのだ。いかにもこじつけの「陰謀説」である。その語句には日本は憲法を変えることも、自衛軍を持つこともしてはならないという自己の勝手な政治主張がにじんでいる。

 ダデン氏といえば、慰安婦問題で日本を裁いた2000年の国際模擬裁判でも中枢の役割を演じた左翼活動家の女性である。
博士論文は「日本の謝罪テクニック」という題だったという。

いまの米国での慰安婦論議には日本を一定の政治鋳型の押し込もうとする、こんなぎらつく動きもあることを報告しておこう。

(産経新聞 2007/04/21 08:33)

                     ◇

日本の政治家、外務省が中国が仕掛けた情報戦になす術も無く狼狽する中、産経記者古森氏が日本の誇りをかけて米テレビ番組で孤軍奮闘する映像に拍手を送りたい。

以下の動画は英米人に「慰安婦問題」の真相を伝えるべく全て英語のテロップ付きである。

出来るだけ多くの人の目に触れるようにリンクして欲しい。

◆【動画】英字入り

①古森義久米テレビのインタビューhttp://www.youtube.com/v/Z9VFiNPe4do

②「慰安婦英語付き解説http://www.youtube.com/v/VWB-sc1wGV4

③「慰安婦、河野談話」首相国会答弁、桜井よしこ氏の解説http://www.youtube.com/v/HvWimmKifOs

                   

                    ◇

━━━━━━━━━
慰安婦は居なかった
━━━━━━━━━


         渡部亮次郎

日本軍にもアメリカ軍にも従いて行く「女郎」はいた。しかしそれは
「業者」が用意したものであって、軍が調達したものでは無い。何度言
えば分るんだ。大和武士がそんな破廉恥なことをするわけが無い。

確かに朝鮮人の女郎は居たが、日本の軍部や警察官が追いかけたり拉致
して来たものではない。売春業者が甘言を弄して寄せ集めたものであっ
て、日本政府が責任を負ったり、謝罪を要するような事例は皆無だった
はずだ。証人は嘘をついている。

それなのに河野洋平官房長官(村山自社内閣)が、謝罪したのは韓国政府
に日本外務省が騙されたからであって、実は無効な謝罪であるが、綸言
汗の如し、もはや取り返しの付かない永遠のチョンボ(失策)となってし
まった。

日本では1958年3月31日まで、「売春」は政府の認めた「職業」だった。
先進国の中でも、フランスは未だに売春を「公認」している。

性欲は人間が生きて行くために、種族を保存するために必要欠くべから
ざる本能である。ホンダ議員も中国人もノテウ大統領も認めざるを得な
いところだ。

而して大東亜戦争(或いはアメリカ流に言えば太平洋戦争中)、日本軍だ
けが助平で、戦場へペニス・サックの如く、慰安所、慰安婦を携帯しなが
ら戦争をしていたというのか。冗談は休み休み言え。

戦意高揚のためには豊富な栄養が要る。ちゃんとした栄養補給があれば
性欲が保たれるのは当然だ。しかし、日本陸軍も海軍も、そのことには
目を瞑った。戦意高揚に伴って勃起する事は恥、というのが武士道だっ
たからである。

闘いを目前にして男性が勃起するのは珍しいことではなかったようだ。
信長の時代でも、さて出陣、という時、武将は須らく勃起し、誰かナニ
をせざるを得なかったらしい。最近の我々はちぢみ上がってしまう情け
なさだから想像もできない。

ところで【朝鮮日報5/6-中国・海南島は韓国人向け「買春天国」、
「月刊朝鮮」5月号報じる】
http://monthly.chosun.com/board/view_top.aspωtnu=200705100055&catecode=E&tIdx=345

「月刊朝鮮」5月号↑は、中国観光特区海南島での韓国人によるゴルフ観
光を兼ねた買春行為の実態について報じた。
 
海南島では韓国人による買春行為が今や当然のように行われている。韓
国でゴルフのオフシーズンとなる晩秋から春にかけて、海南島は韓国人
の「買春天国」と化す。

ある韓国人ゴルフ客は記者の取材に対し、「ガイドに女性はいらないと
いうと変な目つきで見られた。ここで女性を買わない韓国人は逆に異常
と思われている」と説明した。
 
海南島が韓国人ゴルフ客による「買春天国」となったのは4年ほど前から
のことだ。韓国の旅行会社が競って安いゴルフツアー商品を販売したこ
とから、海南島を訪れるゴルフ客が急激に増加した。

現地のガイドたちは1人当たりおよそ100ドル(約1万2000円)ほど受け取
って積極的に買春を斡旋し、現地のホテルや自治体も観光客誘致という
名目で売春行為を放任または助長しているというのが実態だ。

海南島はビザが必要ない。団体ツアーに参加すれば現地の空港でビザが
もらえる。ゴルフ場のキャディーたちは、ほとんどが現地の10代・20代
の女性だ。彼女たちはゴルフ場で韓国語教育を受けており、簡単な韓国
語会話はできる。
 
一般的に、プレーが終了するとガイドはマッサージ店に韓国人観光客た
ちを案内する。1日に18から36ホールのコースを回る彼らにとって、足の
マッサージは好評だ。2時間のマッサージが終わると次に案内されるのが
カラオケだ。

韓国のカラオケと異なるのは、20代前半のスマートな女性が数十人から
多くは数百人待機して客を迎え、1対1で客の相手をすることだ。後に女
性を連れ出した場合、手渡される代金の半分は業者に、半分はガイドに
渡るという。
 
カラオケ店からパートナーを連れて出た韓国人男性がホテルに向かう際
も、何の困難もない。北京や上海など一部大都市の5つ星ホテルでは中国
人がホテルに出入りする際は身分を確認する場合が多いが、海南島では
そのようなことはない。
 
しかしこれが後になって問題となることもある。ホテル側がカメラで廊
下の様子を撮影しているからだ。数年前、ある日本人外交官がカラオケ
で知り合った女性と遊んでいた様子がカメラで撮影され、中国政府によ
る脅迫の手段として利用されたことがある。

そのためこの外交官は遺書を残して自殺した。韓国の企業経営者たちも
中国投資初期に中国側の接待により脱線し、後でそのテープにより脅迫
された事例が幾つもあるという。
 
しかし、1998年に観光特区となった海南島は、観光収入の増大に向け外
国人観光客を相手にする売春行為を事実上助長している。韓国の旅行会
社や航空各社もこうした事実をよく知っているが、利益を上げるために
みな口を閉ざしている。

ある旅行会社の社長は「韓国で買春による処罰や身分の公開などを恐れ
る一部の韓国人たちがゴルフ、酒、女を一度に楽しめる中国に向かって
いるのは事実だ。中国は費用も安く、当分このような流れを防ぐことは
できないだろう」と述べた。
 
この問題に対し「性売買問題解決のための全国連帯」のチョン・ミレ共
同代表は「昨年9月に女性団体が法務部に抗議し、海外で買春を行った人
物を対象に旅券発給を制限する約束を取り付けたが、これまで実際に旅
券発給が制限された事例は1つもない」と語った。

また「アジアでこれ以上醜い韓国人問題を引き起こさないためには政府
がより取り締まりを強化すると同時に、男性自身が考え方を変えなけれ
ばならない」と指摘した。ウォン・ジョンファン記者

◇唸声コメント
<海南島は中国一の売春地域として有名だそうだ。こんなジョークがあ
る。
 
自分が如何にお金が無いか知りたかったら上海へ行け、
自分の役人としての地位が如何に低いか知りたかったら北京へ行け、
自分の身体が如何に頑丈にできていないか知りたかったら海南島へ行け
 
この島でも従軍慰安婦訴訟が起きている。売春島で何を言っているのか?
納得できる筈が無い。
 
韓国人も海南島では昼はゴルフ、夜もホールとカップインに忙しい様子
である。需給バランスが取れていれば何もチョン・ミレ共同代表のよう
に大騒ぎしなくともよいと思うのだが・・・。慰安婦問題も同じ。
 
米軍の慰安婦問題も起きているが、どこの国の軍隊も五十歩百歩。米国
だけが人権国家だなんて、どこの国もそんなこと思っていないだろう。
米国のマイクホンダを支援する議員達に告ぐ、日本だけを悪者にしよう
等と思わぬことだ。DCマダムの顧客リストにある助平議員諸君、今のう
ちに賛成票を取消した方がいいんじゃないの?>

中国も韓国もこのように性をタネにして、それぞれの政府は黙認という
目こぼしをしている。韓国政府はともかく、中国政府は日本軍を非難す
るヒマがあったら、海南島を取り締まったらどうなのか。

しかし、売春が中国の大好きな「経済成長率」の向上に役立っているこ
とを認めざるを得ない以上、黙認という名の公認を続けざるを得ないだ
ろう。性に絡んで日本を非難する資格は中国には無いし、韓国政府も神
経があるなら元売春婦の口車に乗せられている目をいい加減に覚ませ。

日本人の元売春婦から名乗り出る者は1人も居ない。過去の賎業を恥ずる
も、決して拉致されての職業ではなかったからである。

性欲をどこの国の軍隊も自らは対処しなかった。「業者」に任せて、あ
とは黙認したのである。業者は植民地朝鮮で女郎(既に人身売買済み)を
誘惑して満洲や中国本土に案内した。業者が連れて行ったところは戦場
近くの女郎屋である。それだけの話だ。私は総理大臣経験者に何度も詳
しく聞かされた。

村山内閣(社会党プラス自民党)の時、韓国に騙されて河野談話が出てし
まった。軍が女郎を調達したり拉致したりした事実は1つも出せなかった
のに「あった」と言ってしまった。それを「証拠」にされて米国、韓国、
中国から「いじめ」にあっているのである。

私はここで河野洋平氏が登場し、当時の「苦境」を暴露したら済む話だ
と思うが、河野氏にその見識や度胸があるとは思えない。「洋平に度胸
があればなぁ」と言った父親河野一郎を思い出す。2007・05・08

 

 

                                            ◇

     渡部亮次郎のメイル・マガジン 頂門の一針  第796号
              平成19(2007)年05月09日(水)

http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
   

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日新聞が絶対崇拝「憲法9... | トップ | 安倍首相元秘書ら朝日新聞を提訴 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アメリカ人 (Takashi)
2007-05-09 21:06:22
>兵士が慰安婦に代金を払っていたことを知らず、驚いていた。

アメリカ人って案外分かってないですよね。

1、2年前に安倍首相がテレビで話していた笑い話?ですが、アメリカ人と靖国神社参拝について議論した時、参拝反対派のアメリカ人は靖国神社が中国にあると誤解していたそうです。

なぜ中国の神社に参拝するんだ!!

慰安婦問題も議論していけば、アメリカ人も納得するでしょう。

②「慰安婦英語付き解説」のリンク、エラーがでます。
他国の理解を求める困難さ (狼魔人)
2007-05-10 08:11:59

Takashiさん

何時もながらエラーの指摘ありがとう。

ローマー人としてはそれに甘えてはいけませんが助かります。

>アメリカ人って案外分かってないですよね。

所詮はよその国のこと、分ってないのはワカルとしても中国に靖国神社があるっていうのはワカラン。

〈沖縄に韓国の「恨之碑」があるのもワカランけど・・・。〉

でも靖国に遺骨があると思っている日本の「識者」もいるくらいですから他国の理解ってその程度のものでしょう。

それだけに地味でも事実の積み重ねを発信し続けることが必要でしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL