狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

ケビン・メア氏が暴露本出版!「民主党政権は脳死している」

2011-07-14 12:58:31 | ★メア発言

 

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

「メア発言」で「沖縄の敵」いや「日本の敵」にされてしまった米国国務省のケビン・メア氏が文芸春秋社から暴露本?を出すという。

日本人の妻を持ち将来は日本に移住したいとも言われる日本びいきののメア氏としては、このまも「嫌われメア」のままで引っ込むことは耐え難いことだったのだろう。

「民主党政権は脳死している」という過激なタイトルから判断すると、メア氏が現役外交官の時には決して聞くことの出来ない民主党政権の内幕や、「メア騒動」の真相の暴露など期待される。

『民主党政権は脳死している』(文春新書)

出版元の宣伝文句によると内容はこうなっている。

 「沖縄はゆすりの名人」などと発言して解任された米政府高官が、ホンネで語った管政権の内幕、沖縄基地問題、トモダチ作戦の全容

メア発言といえば、沖縄2紙の狂ったようなバッシング記事に踊った沖縄内外の有識者と称する面々約30名が、「裏取り取材」もない沖縄2紙のヨタ記事のみを唯一の根拠に、連日入れ替わり立ち代りで、メア氏の集団リンチに加わったことは記憶に新しい。

「事件」を告発したとされるアメリカン大学の学生のリーダーがトーリー宮城という沖縄出身の米国人とあって、問題は「民族差別」にまで発展する勢いであった。

ところがこの事件の仕掛け人はトーリー宮城氏でもなければ、学生の指導教官でもなく、学生に成りすましてアメリカン大学に潜入していた日米の弁護士資格を持つ国際的左翼活動家・猿田佐世しであると、当日記は再三指摘してきた。

つまりアメリカの大学で「反基地運動」の学生たちをオルグするため潜入した猿田弁護士の扇動に乗った学生たちが美人弁護士の意図するままに動いて、それに加担したのが共同通信であり、沖縄2紙であるというのが「メア発言」の真相である。

その意味では、沖縄2紙のヨタ記事のみを根拠に「民族差別」だの「植民地政策の表れ」などと集団リンチの輪に加わった有識者の面々は「虚に「咆える犬の群れ」と批判されても返す言葉はないだろう。

当日記は「メア発言」に関して、当初からメア氏が左翼勢力の仕掛けた罠にひっかった被害者であるというスタンスでエントリーしてきた。

改めてあのばかげた「メア発言」を振り返ってみたい方は、当日記の次のカテゴリーをお勧めする

★メア発言(20)

これまで20件もエントリーしているのには我ながら驚きである。

次に紹介するのは猿田弁護士の活躍を示す、左翼ブログ増田都子のページのコピペであるが赤字強調を施した人名を見れば左翼活動家猿田弁護士と沖縄左翼の関係が一目瞭然である。

               

 ラク国際戦犯民衆法廷

イラクク国際戦犯民衆法廷は、抗議した反戦パフォーマンス。

概要

主催者側の主張によれば、出す民衆法廷である。民衆法廷の活動に参加しない人々からは、事も多い。新聞社などの報道機関も取っており、括って報道されている。イラク国際戦犯民衆法廷は活動している。「公聴会」・「公判」は開かれるが、開催される予定である。「判決」は出された。

構成

被告人

被告人」たちの肩書きはものである。

  • ジョージ・ウォーカー・ブッシュ
  • トニー・ブレア
  • 小泉純一郎
  • グロリア・M・アロヨ

「弁護人」

アミカス・キュリエは、大久保賢一、他4人。

「判事」

  • 阿部浩己
  • 申惠丰
  • 李長煕
  • ジョンソン・パンジャイタン

「検事」

検事:ジョージ・シェル、ジョン・H・キム、車智勲、土井香苗、猿田佐世、他。

事務局

検事の事務を行う。

「起訴状」の内容

序 イラク攻撃に至る経過
第1章 イラク攻撃
第2章 イラク占領
第3章 被抑留者への拷問
第4章 ファルージャの虐殺
第5章 小泉首相の犯

日程

第一回「公判」:2004年7月17日。第二回「公判」:2004年7月18日-起訴状の提出。「結審」:2004年12月11日、11日、12日、12日、東京。「判決」:2005年3月5日、場で発表された。

判決

侵略の罪において有罪。戦争犯罪において有罪。ジェノサイドに関わったことにおいて有罪。人道に対する罪においても有罪。戦争犯罪の幇助と支援の罪において有罪。ファルージャ虐殺の幇助と支援の罪において有罪

呼びかけ人・団体

浅野健一、安孫子誠人、伊藤成彦、内海愛子、きくちゆみ、工藤英三、栗田禎子、栗田禎子、佐藤昭夫、佐藤和義、澤藤統一郎、ジャミーラ高橋、高里鈴代、武田隆雄、土屋典子、広河隆一、藤田祐幸、本多勝一、前田朗、アンドレア・バッファ、李煕子、李性旻、コリーヌ・クマール、STW・ストップ戦争連合、IAC・世界行動センター、LAAW・戦争に反対する法律アクション、、チャック・カウフマン、ネリア・サンチョ、ポール・ガラン、ローレン・モレ、山内徳信、渾大坊一枝、マニカント・ミシュラ、尾形憲、飛田雄一。

                        ☆

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅内閣は反日工作員の巣窟! | トップ | 記憶に留め置くべき事柄 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
左翼革命を狙う、極左民主党の実体、(素顔) (町工場の親方)
2011-07-14 22:05:45
《朝日新聞をみんなで叩き潰す掲示板》ーーー
平成18年12月

『チョーニチ!、越年でも、越々年』でも追求するぞ!!

今年、一月十二日、「朝日」、が行った、政治、イデオロギー的に自分の気に食わぬ、(=またチョーニチの大好きな北朝鮮、中共にとっても、非常に気に入らぬ)、与党・自民党の幹部、安部晋三、中川昭一、両代議士を貶め、政治生命を失わすべく仕掛けた、捏造記事の酷さは、今まで散々捏造記事を書いてきた、「朝日」、でも極めつけとも言える酷いものでした。

四年も前のこと、NHKが制作した、従軍慰安婦関係の酷い偏向番組の内容に驚いたNHK幹部が、内容を是正するため、非左翼の秦郁彦教授のコメントを取ったりして手直しした事件に対し、今頃になって、「自民党の政治家が圧力をかけて、無理やりHKの自主性を奪うようなことを行った」、と一面にデカデカと書き立てました。

あまりに酷い偏向番組に対して、国民から選ばれた政治家が、意見を言うのは当然です。
日教組や左巻き大学教授ならいざ知らず、常識的一般国民は、日放労に、左翼偏向の著るしい、番組制作の白紙委任をした覚えは毛頭ありません。

しかし、そのようなことをしておきながら、訂正、謝罪は一切行わず、あたかも、「真っ黒な烏を純白の鷺」、で押し通そうと言うのですから、無茶苦茶です。左巻き人種は別として、常識的国民は呆れ返っています。

「朝日」、は10月1日の記事で、「『NHK報道』、委員会」、の見解とやらを元に、幕引きをしたつもりかも知れませんが、とんでもないというほかありません。

第三者機関?「『NHK報道』、委員会」、とかいうものが実に怪しい代物です。
この委員会は、安部、中川代議士、松尾総局長に会って話しを聞くことすらしていません。
挙句の果てに、

「公共放送のあり方に一石を投じたことは評価していい。それを浮き彫りにした朝日の努力を評価したい」・・・丹羽宇一郎・伊藤忠商事会長。(※:民主党内閣が民間から任用した、現・在北京・日本大使)

「このケースは典型的な、『政治的圧力による番組変更』、の例といえる」・・・原寿雄・元共同通信編集主幹。

「そもそも今回の記事の狙いは、公共放送と政治の距離、すなわち、放送番組への、『政治的不干渉』、『番組編集の自主性』、を定めた放送法の精神や憲法で保証された表現・報道の自由が危うくなっていないか、という問題提起があった」・・・本林徹・前日弁連会長。

「当初の取材結果からは、記者が、中川氏と松尾氏と、放送前日会ったと考えたことに相当性があり、初報の書き方に過失はないであろう」・・・長谷部恭男・東大大学院教授。

何のことはない、本田記者の行動と、「朝日」、のやったことを何としても正当化しようとする、最初に結論=朝日無罪、ありきの、「朝日」、ベッタリの言い分です。

こんなもので国民が納得すると思っているのか!、と怒りが湧きます。

私は今回の、「朝日」、対、NHKの事件の結末をつけるのは、実に簡単な事だと思っています。

『まず、何よりも、本田雅和記者、長井暁チーフプロデューサー、松尾総局長、安部、中川代議士が、国民全部が見られる公開の席、オープンな場で、ことの真偽に関して討論することです。

しかし、一体、全体、どうしたことか、本田雅和記者は事件以後一年経った今も、杳としてどこにいるのかわかりません。私は、彼が雑誌等に書いているものも、新聞・雑誌の記者が彼にインタビューしているものも、読んだことがありません。

「朝日新聞」、の権威で、朝でも、夜遅くでも、政治家の家のインターホンを鳴らしまくって強引に取材をした、という本田記者はどこに行ったのか、不思議です。

が明けたら、是非とも討論を実現してもらいたい、と強く望みます。
今回の事件は、「朝日」、にも随分左翼側の応援団が出てきました。

如何にも、「問題すり替えの朝日」、を応援するグループらしく、東大の教員有志14人が呼びかけ人となって、今回の問題の本質は、「放送に対する政治介入による、学問の自由、思想・信条の自由を侵害する、検閲だ」、と声明を出しています。

《昔の名前で出てきました》、と、東大、『社会科学研究所』、の大沢真理教授、(男女共同参画法作成の中心人物)、も名を連ねています。日放労も、「長井氏を支援する」、と言っています。

当事者同士のオープンな討論を何より望みますが、この問題はここまで大きくなった以上、双方の支援者、弁護団、応援団も入れて、国民が見ている開かれた場所で、大いに議論してもらいたい、と考えます。

と言っても双方あまり数が多くなると、収集がつきませんので、五、六名ぐらいずつ出たら良いと思います。
私が望む、両陣営の顔ぶれの一例を挙げさせていただきます。

「朝日側」:本田雅和記者、長井暁・プロデューサー、本多勝一、大沢真理・教授、日放労委員長、朝日新聞社長。

「NHK側」:安部、中川代議士、松尾総局長、西尾幹二名誉教授、高山正之教授、稲垣武氏、水島総・チャンネル・桜、社長。

「NHK側」、は西尾、高山、稲垣、のうち二人に替えて、私が、「世の中には優秀な人がいるものだ」、とつくづく感じている、インターネット掲示板、「朝叩き板」、や、「史の会板」、に優れた文章を発表される論客、KABUさん、や教科書改善運動で知り合い、その智謀に感心した、平田文昭氏が出ても面白いと考えます。

民主党に入った巨額の金が、管直人を迂回して、極左政党に流れた。

しかし、「産経」、を除くマスコミはこのドス黒い事実を報道せず。

何とも酷い話です。



コメントを投稿

★メア発言」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
お金よりも大切なもの。。。それは“インセンティブ” (ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ)
Tweet お金があれば人間は幸せになれるのか? 答えは明白に“ノー”であろう。 もちろん、お金があればより幸福になりやすいのは否定しない。それは事実である。しかし、フリーターで縛れるものがなく結婚もせず生きている...
再生可能エネルギーは利権化するだろう (「小さな政府」を語ろう)
福島の原発事故を受けて原発利権を徹底的にたたく人は多い。僕も多いに賛同である。そしてポピュリストの菅首相は「脱原発を宣言した」ようだ。これについては後日僕の考えをまと ...