狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

吉永小百合が戦闘宣言!「9条は変えさせない!」

2016-08-16 07:33:53 | 未分類

 

お願い

 

 

 

人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

利巧ぶったバカほど始末におえないものはない。

物知りを売り物にしたが、バカ丸出しで晩節を汚した鳥越俊太郎氏が、「ペンの力はダメだが、落選したのは週刊誌のせい」などと、落選してもなお恥を晒している。

「⇒ペンの力って今、ダメじゃん。だから選挙で訴えた」鳥越俊太郎氏、惨敗の都知事選を振り返る【独占インタビュー】( Huffington Post 8月11日)

利巧ぶったバカでは鳥越氏に負けるとも劣らない吉永小百合氏が、ついに晩節を汚す第一歩を踏み出した。

「戦争反対を言えない空気」に危機感を感じ、「憲法九条を守る」ための先頭宣言だとのこと・・・。

いくらバカでも、これは酷い。

去年の国会前で「戦争反対!」「戦争法反対!」「徴兵制反対」などと騒いでいたバカ騒ぎは一体なんだったというのだ。
また辺野古や高江では、安倍首相に罵詈雑言の嵐ではないか。


言いたい放題言ってるくせに何が「物言えぬ雰囲気」なのか、ご本人に聞いてみたい。

吉永小百合氏については以前から「原爆反対の詩」朗読などで、サヨクに取り込まれ「8条教」のシンボルに祭り上げられるのを危ぐしていた。

それが戦闘宣言だと・・・。

どうせシンボルになるならもっと説得力のある主張を準備してからなってほしかった。

言い放題の昨今の状況で、「物言えぬ雰囲気」などと寝言を言うようでは、長年のサユリストも白けてしまうのではないか。

安保法案のことを「戦争法案」と罵るだけでは飽き足りず、提訴する女性団体もいるくらいだ。

 

安保関連法に反対の女性100人余が国を提訴 NHK-10 時間前

 

小百合さんも、提訴の原告になる自由はある。

晩節を汚す女版「鳥越」の登場である!

リテラ > 芸能・エンタメ > 俳優 > 吉永小百合が「9条は変えさせない」

吉永小百合が「戦争反対を言えない空気」に危機感を表明し「憲法9条は絶対に変えさせない」と戦闘宣言

2016.08.15
yoshinagasayuri_160815.jpg
TBSラジオ『今晩は吉永小百合です』公式サイトより


 日本を代表する女優・吉永小百合が、71度目の終戦記念日を直前に控えて、反戦と平和、そして憲法9条への想いを続けて発言し、話題になっている。

 たとえば8月7日放映の冠ラジオ番組『今晩は 吉永小百合です』(TBSラジオ)では、ゲストに昨年の安保法批判で『NEWS23』(TBS)を降板させられた岸井格成氏を迎えて改憲問題に言及。岸井氏が“先の戦争の反省の象徴こそが憲法9条だ”と、改憲により戦前に逆戻りする危機感を募らせると、吉永もまた「憲法9条はバイブルのように大切なもの。絶対に変えさせるわけにはいきません」と護憲への強い意思を語った。

 だが、最近の吉永が最も危惧しているのは、その「護憲」「反戦平和」を口にすることすら難しくなっているという、時代の空気感だ。現在発売中の「女性自身」(光文社)8月23・30日合併号に、吉永と政治思想学者・姜尚中氏の対談が掲載されている。タイトルは「みんな、声をあげて! 命が押し潰される前に」。冒頭、吉永は自身のこんな体験を語っている

「私は若いころ、母に『なぜ戦争は起こったの? 反対はできなかったの?』と質問したことがあるのです。
 そしたら母は、ひと言『言えなかったのよ……』って。言えないってどういうことなんだろうと、その時には理解できなかった。けれど最近、母の言っていた意味がわかります。今の世の中を見ていると息苦しい感じがして」

 たしかに、吉永の言う「世の中の息苦しい感じ」は、確実に戦前のそれを彷彿とさせるものだ。それは、吉永が身を置く表現芸術の世界にも浸透している。この8月、東京・東池袋の新文芸坐では「反戦・反核映画祭」と題して、21日までの期間中、戦争や原爆の実態を描いた日本映画約30本を上映するが、劇場支配人はマスコミの取材に対し「反戦・反核という言葉を使うことにも勇気がいるような、嫌なムードになってきています」と語っている(中日新聞7月19日付)。

「反戦・反核映画祭」では、7日に吉永の出演作『愛と死の記録』と『母と暮せば』の2本も上映された。1966年公開の『愛と死の記録』は、幼いころに被爆し、その後原爆症を発病して絶望した男性と、彼を励ます女性との悲愛を描いた映画だ。

 こうした原爆をテーマとする作品を上映することすら「勇気がいる」と言われる状況について、吉永は前述の姜尚中氏との対談で支配人の談話を紹介しながら「そんな時代になったのか、と改めてショックでした」と心境を吐露。姜尚中氏も「政治や平和を口にする人は、特別な主義主張を持った人ではないかと思われてしまう。言論の自由があるのに、政府に反対の意志を示すようなことを言ってはいけないのではないかと」と応えている。

 まさに2人の言う通りだろう。いま、日本が確実に“自由に平和への気持ちすら出せない国”になっているのは事実だ。一昨日、本サイトでもお伝えしたように、長崎の平和祈念式典では参列席から「改憲反対」と声を上げた男性が警察に連行された。ほかにも、昨年頃から「憲法9条」と記されたTシャツやバッジを着用しているだけで警察から詰問されたり、公共空間から排除されるなど、まるで治安維持法や特高警察が幅をきかせる戦前のような“事件”が連続して起きている。

 そして、この空気を作り出しているのは、間違いなく安倍政権だ。たとえば先月、自民党はホームページ上に「学校教育における政治的中立性についての実態調査」なる“密告フォーム”を設け、教員が「子供たちを戦争に送るな」と生徒たちに言うことを“偏向教育”とし、取り締まりに動いた。自民党はこの“密告フォーム”に寄せられた情報を警察当局に提供する考えまで示している。

 つまり、安倍政権は、教員が平和を訴えるという当たり前のことすら、警察ぐるみで糾弾しはじめたのだ。

 さらに最近では、奈良県奈良市で毎年開かれる「平和のための奈良市戦争展」に対し、市側が例年行ってきた「後援」を取り消すという事態も起きている。その理由は「米軍『NO』などと記した挿絵があり教育的中立性が順守されない」という信じがたいもの。沖縄の在日米軍問題は、先の戦争の経験と直結する日本の歴史問題だ。それが「教育的中立性」の名のもと“偏向”とされるのも、明らかに安倍政権による教育統制の影響が大きい。

しかも深刻なのは、こうした政府与党や自治体が主導する“反戦平和への締め付け”に、少なからぬ国民が同調していることだ。たとえば、芸能人やアーティストなどの著名人が少しでも政治的発言、とりわけ安倍政権を批判しようものなら、ネットですぐさま炎上騒動が巻き起こり、血祭りにあげられる。それは、真摯に反戦平和を訴えている吉永が、ネット上では“在日”“反日女優”“売国芸能人”などという大バッシングに晒されるほどだ。

 しかし、吉永はこうした状況に怯まない。むしろ、反戦や平和、護憲を言いづらくする圧力があるからこそ、みんなで声をあげる必要性を訴えるのだ。

 7日、新文芸坐で行われたトークイベントで、吉永はこのように語っている。

「私がいくつまで元気でいられるか分かりませんけれど、80歳になったときには戦後80年、90になったら戦後90年、100歳になったら戦後100年と、“戦後”が続いてほしい。そのためには、私たちが『戦争は、嫌だ!!』としっかり言わないといけない。そう思っている方たちは声に出して!と願っています」

 1945年生まれの吉永が、自身の年齢と重ね合わせて“戦後”という歳月を強調するのは、おそらく「戦後レジームからの脱却」を目指す安倍首相へのアンチテーゼだろう。そして、誰もが知る大女優である吉永が目線を下げずに「私たちが」と呼びかけるのは、「改憲してもさすがに戦争はしないだろう」とタカをくくっている多くの国民に対して、真剣に訴えかけているからに他ならない。

 自民党の改憲草案が目論むように、自衛隊が「国防軍」となれば、この国は戦後、初めての戦死者を出す。もちろん、人も殺す。だからこそ、吉永の言うように“私たち”みなが連帯して「戦争は嫌だ!!」と叫び続ける必要がある。将来、子どもたちに、いま私たちが生きている時代を“戦前”と呼ばせないためにも。
伊勢崎馨

                  ☆

沖縄の在日米軍問題は、先の戦争の経験と直結する日本の歴史問題だ。それが「教育的中立性」の名のもと“偏向”とされるのも、明らかに安倍政権による教育統制の影響が大きい。

是非沖縄の辺野古や高江にも来て頂いて、くるさりんどー山城氏とツーショットで思い切り「戦争反対」を叫んでほしい。

 

沖縄では酔った米兵がコップを投げただけで全国放送される「自由」があるというのに・・・。

 【動画】店員にコップ投げつけ…米軍海兵隊員逮捕 日本テレビ系(NNN) 8月15日(月)10時35分配信

 14日夜、沖縄県北谷町の飲食店で、アメリカ軍普天間基地に所属する海兵隊員の男が、アルバイト店員にガラスコップを投げつけ、ケガをさせたとして、逮捕された。

 傷害の疑いで逮捕されたのは沖縄県のアメリカ海兵隊普天間基地に所属する、ジェームス・ルイス・マッキ-容疑者(22)。警察によると、マッキー容疑者は14日午後10時すぎ、北谷町の飲食店で、アルバイト店員の男性(26)に、ガラスコップを投げつけ、頭にケガをさせた疑いがもたれている。男性は、頭を打撲し軽傷。

 当時、マッキー容疑者は泥酔状態で、突然、コップを投げつけたということで、警察は当時の状況を詳しく調べている

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島みずほ、高江ヘリパッド... | トップ | 琉球新報の間抜けな社説!  »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子@諏訪湖)
2016-08-16 08:06:47
反戦、反核なんて、当たり前。
それをどうやって実現していくかが問題になってきているのに、未だ、反戦、反核を口にするだけで、世間より一歩先を行くと思っている選民意識が、問われているのでしょうに。

核と軍隊を持っている国の無法を、どうやったら止められるのか。
遺憾砲だけでは止められないから、日本国民は不安になっている。
野球観戦中 (内地人)
2016-08-16 08:48:18
坂田様
丁寧な解説ありがとうございました。
なるほど理解できました。

さて、現在妻と嘉手納高校の試合観戦中…
うちの妻はアメリカ人が父のハーフです。
今年の初めに日本に移住し、初めての日本の夏を過ごしています。

妻「嘉手納ってベースがあるあの嘉手納よね。沖縄って民主主義がないがしろにされていて、植民地のようなんでしよ。基地被害も甚大で…日本から孤立し抑圧された人達なのよね。この子達は大丈夫?特権階級なの?」
私「…(苦笑)」

妻「ブーイングが凄いわね」
私「ん?どこが?」
妻「凄い口笛…」
ナルホド、アメリカではスポーツ観戦での口笛はブーイングの意味か強い。あらためて、文化の違いって面白いと思う。

頑張れ嘉手納高校!
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-08-16 10:24:34

オピニオン面に一般投稿5本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「今も思い出す 東京五輪熱気」の那覇市・勝連朝昭さん(71)は、1月17日、2月8日、3月6日、4月12日、5月31日、6月24日、7月1、19、31日に続き今年10回目の掲載。
「天皇生前退位 議論を活発に」の豊見城市・渡真利善朋さん(47)は、1月16、28日、2月11、24日、3月8、22、31日、4月12、20、29日、5月12、24日、6月4、19日、7月4、12日、8月3、14日に続き今年19回目の掲載。
「読谷の潜在力 掘り起こそう」の読谷村・新城初枝さん(67)は、1月6日、2月4、25日、3月20日、4月24日、5月11、29日、6月18日、7月10日に続き今年10回目の掲載。
「相続や遺言 手続き大切」の嘉手納町・仲與根巧さん(26)は、今年初掲載。
「貧困から育つ心」の宜野湾市・堀川恭吉さん(80)は、1月8日、2月5日、3月15日に続き今年4回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (amai yookan)
2016-08-16 10:42:40

さゆりさん、詩を読んで聞かせたりして居たが、詩なんて、自分で読んで・感じてナンボのもので、「あれでは、全然感動しないヘタ」と、言ったら、友人の音楽家が、完全に切れて(酒の性もあるが、、)怒り出した。・・・サユリストだったのかな~?

平和念仏唱えて、思考停止している(安心している)方々、もう、「目を覚ます時期=尖閣で戦争前夜」だのに、のんきなトーサン・ネーサンたちだよ!



  
阿呆を炙り出す安保関連法 (HM)
2016-08-16 11:35:06
安保関連法は阿呆と利口を見分ける試金石なのでしょうね。悲しい日本人が多すぎます。吉永小百合のその一人。嘆くサユリストは多いでしょう。
Unknown (宜野湾より)
2016-08-16 13:24:42
2014年5月3日TBS「報道特集」で放送された、北岡伸一・安保法制懇座長代理(当時)に対する金平茂紀のインタヴュー全文
http://www.tbs.co.jp/houtoku/plus/20140503_1_1.html
(全5ページ)
全文記録で金平が北岡伸一氏に半ば公開処刑wにされているのもそこそこ面白い。
当時、一部ネット上では北岡氏がインタヴューを受けるにあたって全文公開を条件にしたのでは?という観測もあったっけ。
全文記録が残っているのは、北岡伸一氏はかねてから戦前日本の侵略を認めても保守はやれるという考えの歴史家なので、右派にも左派にも警戒されているからかな。
とまれ、ここで北岡氏が出している事実についての知識も吉永小百合氏は当然持ち合わせていないだろうし、従って現状認識の方向や度合いも過不足があって、現実社会の中で多少なりとも具体的にはどうしたら自分の言う通りの恒久平和が実現するのかには小百合氏は触れられないわけで、露出するほど自ずと限界を晒すことに。
それに、現実の状況にある要素を総合的して考えるより前に、自分が誰かや何かを批判する自由と表裏一体に他人にも同じ自由があることを批判しちゃうわけだから、そこからズレているもの。

昨夜の朝日「橋下×羽鳥の番組」で、橋下徹弁護士が民進党のクイズ・コニタンに「(鳥越氏に政策が無かったわけだから)民進党は知名度だけで鳥越さんを推したんでしょ?」と言って、コニタンは明確にそれを覆せなかったし、コニタンが「元最高裁判事だった方が違憲だとー」を連呼しても、橋下と北村晴男両弁護士が「それ元職の個人的意見でしょ?」ではい終了。

どんな考えの何処の誰であろうと、知名度や責任の有無・軽重と言っている中身のクオリティが比例するとは限らない、なんてことは分かっちゃいるけどネームヴァリューだけに縋るのをやめられない人々、それすら自覚していないかもしれない人々は、どちらかといえばパヨクとかリベラルとかいう界隈に自爆的に目立つ昨今。
世の中の結論が出ると自分らの息の根が止まっちゃうと自覚している人たち、薄々そう感じている人たちにとっては、そりゃあ息苦しいだろう、ずっと解決しないで対立していたいだろう。
国政選挙じゃとっくに結論は出ているが、それで命を取られるわけじゃないのにねぇ。
Unknown (坂田)
2016-08-16 15:20:59
>吉永小百合氏  「戦争反対を言えない空気」

その一言で人格が良~く判りました。吉永さん、あなたの空気の裏側とは「日本共産党に反対を言えない空気」なのか、言いなりに成ると人は囚われの身に成る。

吉永さん、「戦争」とは相手が居ないと始まりません。その仮想敵国を晒さずに、どこの国かも知れず判らずに「戦争反対」はないでしょうに。あなたは、自衛隊の実力を買い被っていませんか、75年前の無敵帝国陸海軍と勘違いしていませんか、あれでも負けました。
自軍の実力も判らず、勝つ見込みも知らないで何故か
「戦争反対を言えない空気」とは、多分北朝鮮でしょ。

戦争を決意する最低限の動機は敵に勝つ見込みが立
ったかどうかなんです。やってみらんと判らん戦争とは
売国奴以外はしません。



>吉永と政治思想学者・姜尚中氏の対談掲載

姜尚中氏は後輩です。中堅なのに同窓会には気軽に
顔を出し、セレブなのに謙虚で明るい姿勢に感心していました。然し、彼が東大で天皇と講義して、帰国して日王と講演してたのを聞き質そうとしてるが、爾来未だ
同窓会に来ていない。日本語には日王と言う造語も漢字も在りません、我が校は明治天皇から恩賜を栄誉に
頂く伝統精神が継承されて、かっては防衛大学合格者が連続上位の変わった公立です、今でも変わり者ばかりで、そもそも教師の9割がOBの変わった公立です。
同じ学舎で暮らした姜氏の本意知りたい気持ちです。



>野球観戦中 (内地人)2016-08-16 08:48:18さん

嘉手納高校は残念でしたが、明徳相手に公立が良く踏ん張りました。投手力の差は否めません。
ベースと言えば知られてないのが基地内留学制度の
沖縄です、県民ならキャンプフォスター申し込みが半年後に迫りました、毎年70名で本国の分校が在り大学院まで備えています。日本政府の支援が在るので学費は安く、内地や留学の要もなく日本国内でアメリカ
留学が楽しめます。そして、周りは生の英語と生の金髪豊満ヤンキー娘の酒池肉林の米軍基地内留学制度を、なぜ県は周知しないのでしょうね。立派な教育の貧困層対策になるしろものなのにです。



>阿呆を炙り出す安保関連法 (HM)さん 安保関連法

3月までは、仮に日本国が有事でアメリカに集団自衛権行使を要請しても、たぶん行使を断られていました。
アメリカは幾ら同盟国でも、議会が議決した行使基準の2点を満たさなければ、大統領が誰であろうが行使
しません。アメリカが外国を自動的に守る国は台湾だけです、台湾を守る関係法が在るからです。この点は
沖縄本島二紙は決して報道しません。

然し4月から日本は2点を満たしてますからOKです。
それが安保関連法です。その2点を満たすかどうかで
グレーなのが、実は朴槿恵政権韓国の今です。

然しですね、日米安保は条約以上に日米の産業界同士を密な連携体制に仕立て上げました。逆に、アメリカ
は軍事産業の頭脳の面では優ってるものの、日本人の職人精錬度と類稀なる創造性と社会道徳観にアメリカは勝てません。その結果が、武器の現実は日本の囚われの身に成ってると言及しても過言ではない。

日本が、核心的心臓部の部品提供を停止したらアメリカは、無人機もステルス戦闘機も粛音カーボンスクリ
ューも戦闘機塔載レーダもタービンもカーボン機体も製造が出来なく成ります。仮に日本に近い物が出来てもアメリカ人が納期を守れるとは期待が出来かねます
今からは、東大が開発に成功したレーザー技術の実戦化が新革新技術に成ります。

こう言う軍事技術に繋がる革新技術を転用した新製品の開発に、アメリカがいちいち制限を加える今の現実に、国益を棄損されてるのですから日本国民は怒らなくては成りません。三菱製MRJも中型から小型に押さえ込まれたと聞きます、アメリカの国益が日本の国益をうっちゃりました。TPPを履行したがらない大統領候補者達は、反日主義ですから警戒する要が在ります。



Unknown (Unknown)
2016-08-16 16:43:46
国民投票のある憲法改正はハードル高いんで
まず、尖閣の特別法でも制定したほうがいいんじゃないですか。
憲法だ憲法だと揉めてるうちに、尖閣とられちゃいますよ。
Unknown (東子)
2016-08-16 20:03:12
「8/19(金)早朝集会の呼びかけ 2016年08月16日」
http://takaetent.ti-da.net/

>5時 東村平良にある東村役場近くの県道70号線に集合
>5時半 出発
>6時 北部訓練場メインゲート前で集会

東村役場近く~北部訓練場メインゲート前は、約18Km。
それを30分で行くには時速40kmでいかねばならない。

車列がどのくらいあるのか知らないが、先頭の車が40㎞で走って30分。
最後尾が入るのを余裕みて先頭車両は20分で到着するとすると、時速60km。

クルサリンド山城は、(13日の集会だったかな)高江の住民から苦情が来ているという項目の一つに外部から来ている反対運動をする人々の車のスピードがあった。
高江の住民は集落内で20km以上出さないそうだ。
それを外部から来ている反対運動をする人々の車は40kmでビュンビュン走るので、子供たちが危険だと言われた、と。
20km以下で走るように、と注意した。

が、19日の集会には、40~60㎞で高江の集落を通り過ぎるようだ。
それとも、東村役場近く~北部訓練場メインゲート前を占領するのか。
70号線は東村の生活のメインの道路。
Unknown (ウチナー鬼女)
2016-08-17 06:14:30
吉永小百合はかねてから「共産党員」説の噂まででるくらいな赤い女優さん。
「吉永小百合 9条の会」で検索すると出てくるのが「映画人九条の会」。

吉永小百合さんが、朝日新聞で映画人九条の会への参加を語る
 吉永小百合さんが4月1日朝日新聞夕刊の一面「時代の花戦後60年」に登場し、その中で「映画人九条の会」の結成に参加されたことに触れ、「イラク戦争支持とか先制攻撃がどうとか……。ここはしっかりみんなで考えて、声に出さないと大変なことになるという危機感が強いんです。憲法九条は読めば読むほどすばらしい。一人一人の命を守るという原点に世界が帰ってくれたら──」と語っていました。
 日本を代表する女優の一人である吉永小百合さんが、朝日新聞一面の大きな紙面で「映画人九条の会」について触れ、語っていただいたことは、映画人九条の会にとって大変意義あることであり、うれしいことでした。

以上引用終わり
今から11年も前の記事ですが、今回の記事と何も変わっとらん気がするのは私だけかいな?11年前の2005年どころか60年代、70年代からなーんにも変わってないんだよね、彼ら「反戦平和」主義者の主張って。
なおかつ勘違い甚だしいのが自分達を「サイレントマジョリティ」と思い込んでること!どんだけ大声なら気がすむんだっつー話。
「反戦平和」は誰しもが願うこと。それを彼らは自分達の専売特許のように騒ぐ。それが腹立たしい。

他の記事では吉永小百合さんはこうも言ってます。「武器より対話」って。
あの…所謂「平和の祭典」オリンピック会場周辺での軍隊の警備半端ないですけど?「武器より対話よ」と例の優しげな顔と丁度良い低さの声で警備の軍人さんに語りかけてみたら?「ヤバイ人」認定で即効拘束の可能性ありますがね。
Unknown (坂田)
2016-08-17 08:58:26
>Unknown (Unknown)2016-08-16 16:43さん
 「尖閣とられちゃいますよ」

在り得ません、言ってるご自身も全く根拠ない筈です。
東シナ海では、中國軍は自衛隊に勝てません。その軍事力の格差は毎年急ピッチで拡大しています。

中國軍は島嶼侵奪しようとしても、海兵隊組織と強襲揚陸艦が在りません、在るのは計画だけです。
そもそも、東シナ海の自衛隊レーダーの網の目を掻い潜ることは不可能で、逆に中國軍は東シナ海そのものを防空レーダーでカバーが未だに出来て居ません。

その自衛隊の探査と情報収集や諜報力は空も海も海中も宇宙も同じく中國は劣っています。宇宙とは、福岡県朝倉郡内陸自探索基地で24時間中國軍事衛星を監視しています。

仮に、中國軍が尖閣に上陸出来たとしたら(=然し、その前に領海侵入で纏めて海の藻屑になるので)潜水艦で深夜満潮時に特殊部隊小隊をゴムボートで上陸させる手段しか在りません、然し中國軍の特殊部隊が
軍装の侭で泳げるかどうかは定かでは在りません。自衛隊陸自水陸隊員は上陸ボートが破壊されても泳ぎは海自で習得してるから得意で軍装の侭泳ぎ着ます。
尚、陸自水陸の島嶼防衛訓練は夜間戦闘想定だけの演習になっています。

そもそも、東シナ海は深度200mですから自衛隊の探索網とP3Cの哨戒から逃れることは不可能です。中國潜水艦の致命的な欠陥は音が大き過ぎる点に在るので、音がする海域を探すだけで済みます。自衛隊潜水艦はいずれ世界初の粛音カーボンスクリューを搭載すると見做してます、中國軍は音のしない海域を探す羽目に成ります。そして、誰も知らないのが哨戒機P3C
は対艦巡航ミサイルを内蔵してる点です、東シナ海から発射したら台湾と大陸は射程距離です。

以上が中國軍が尖閣侵奪不可能の簡単な理由です。




Unknown (ジュゴン)
2016-08-17 09:24:57
>尖閣の特別法でも制定したほうがいい

9条があっても、駄目ですか…
9条の役立たずめが

コメントを投稿

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL