狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「70代男性」の正体!暴徒のリーダー起訴!

2015-12-27 07:56:29 | 普天間移設
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

 お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

今朝の沖縄タイムス社会面の最下部のベタ記事の紹介。

ゲート前逮捕者

地検が初の起訴

公務執行妨害と障害

那覇地検は25日、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で警備する県警の男性機動隊員=当時(44)=に暴行を加えたとして逮捕・送検されていた札幌市の無職北島義久容疑者(77)を公務執行妨害と障害の両罪で起訴した。 ゲート前の抗議活動中の逮捕者の中で、起訴されて裁判になるのは初めて。 起訴状によると北島被告は、5日午前7時ごろ、ゲート前で抗議活動中に「下がって下さい」と警告していた機動隊の警部のすねを右足で蹴って公務執行妨害したとされる。 警部は全治2週間の障害を負った。

              ☆

12月5日の早朝、キャンプシュワブ前で三人の暴徒の「大物」が逮捕された。

山城博治、瀬長和男そして「70代男性」の3人。

逮捕された瀬長和男統一連事務局長は反日サヨクのカリスマ瀬長亀次郎氏の孫であり、山城博治氏は逮捕歴のあるおなじみの「クルサリンドー山城」。

 

この2人の「大物・暴徒」は逮捕後すぐ釈放されたが、もう1人の70代男性は逮捕・拘束されたのに名前が伏せられていた。

これを報じる当時の沖縄タイムス一面トップの発狂見出しはこうだった。

■一面左トップ⇒「
抗議行動の3人逮捕」「
辺野古 刑特法違反容疑など」
 
■社会面トップ⇒「
リーダー逮捕 辺野古騒然」「
強制排除■大音響警告■人の壁」「
市民反発 名護署で抗議」

 

当時の沖縄タイムスの記事。

辺野古で抗議 まとめ役ら2人逮捕、1人拘束

 沖縄タイムス 2015年12月5日

キャンプ・シュワブゲート前に座り込んで抗議する中、機動隊によって強制的に排除される市民=5日午前7時半ごろ、名護市辺野古

キャンプ・シュワブゲート前に座り込んで抗議する中、機動隊によって強制的に排除される市民=5日午前7時半ごろ、名護市辺野古

 名護市辺野古の米軍キャンプシュワブゲート前で5日朝、政府による新基地建設に反対する市民約90人が座り込んだ。機動隊が強制的に排除した上、朝の抗議行動のまとめ役だった県統一連の瀬長和男事務局長と70代男性を、公務執行妨害容疑で逮捕した。

 

 午前9時45分ごろには、沖縄平和運動センターの山城博治議長が、2人を逮捕した機動隊に抗議するためシュワブ内に入り、市民に立ち退くよう警告する名護署の車両にペットボトルの水をかけた米軍側が取り押さえて拘束した。

 市民は抗議行動のリーダーを相次いで逮捕、拘束した機動隊や米軍に強く反発し、朝の座り込み開始から5時間がたった正午現在も、シュワブ前の路上で「山城さんや瀬長さんを返せ」「市民の怒りを助長したのは機動隊だ」と怒りの声を挙げている

                   

その後、この「70代男性」の続報はなく、名前も伏せたままであり、読者の記憶から消えうせる寸前だった。

それにしても、沖縄タイムスが名を伏せる理由はなにか。

「70代男性」の正体は謎だった。

チャンネル桜「沖縄の声」でも、実名を明かすと不都合な人物かもしれない、と疑念を述べた。

疑念は事実に変わった。

実名公表の上逮捕された山城・瀬長の両氏は全国的反日サヨクとしては意外に「小物」であったらしい。

本物の筋金入りの「大物活動家」は実は名を伏せた「70代男性」であり、25日に起訴されたことが判明した。

それを報じたのが、冒頭で引用した沖縄タイムスのベタ記事。

では、なぜ北島容疑者が「大物活動家」とわかるのか。

実は、昨日の産経がこの「70代男性」が起訴されたと報じ、この人物が札幌と沖縄を頻繁に行き来する筋金入りの活動家であることを報じていら。

 

それがこれ。

 

2015.12.26 05:00更新

 

【辺野古移設問題】
活動家を初の起訴 シュワブ前で機動隊員を蹴る 反対派の活動実態を解明へ

 

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先となる同県名護市辺野古近くの米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、抗議活動の際に県警機動隊員を蹴ってけがを負わせたとして、那覇地検は25日、住所不詳、無職の北島義久容疑者(77)を傷害と公務執行妨害の罪で起訴した。辺野古移設反対派の抗議活動が激化した昨夏以降、活動家が起訴されたのは初めて。北島被告は生活拠点のある北海道と沖縄を短期間で往復しており、捜査当局は抗議活動の実態解明を進める。

 今年に入り反対派の活動家らは15人が逮捕され、うち2人が略式起訴されて罰金を科されたほかは釈放されている。

 起訴状によると、北島被告は今月5日、警備を行っていた県警機動隊の警部が反対派に「下がってください」と警告をした際、警部の足を蹴る暴行を加え、全治2週間のけがを負わせたとしている。北島被告は調べに黙秘していた。

 名護署が北島被告を現行犯逮捕した後、反対派の抗議活動は激しさを増し、反対運動を統率する沖縄平和運動センターの山城博治議長もシュワブの敷地内に侵入したとして刑事特別法違反の疑いで逮捕され、その後、釈放されている

 

北島被告は教員経験があるとされる。捜査当局は過激派組織との接点にも注目しており、反対派の一部は、北島被告が北海道から通っており、「支援者」と称して県外からシュワブのゲート前に集まってくる活動家らの実態が裁判の過程でつまびらかにされることを警戒しているという

 

 反対派はゲート前だけではなく、先月から応援で派遣されていた警視庁機動隊の宿泊先のホテルにも数十人が2度にわたり押しかけ、敷地入り口に座り込むなど不当な活動をエスカレートさせている。

                     ☆

どうやら北島容疑者は、公安がマークしていた筋金入りの活動家だったらしい。

北海道から報復して反日活動をするとは、資金は一体何処から来るのか。

東西冷戦時代、寒い国から帰ったスパイ - Wikipediaという映画が話題になったが、この男も一種のスパイなのだろう。

現在、シュワブゲート前で法令違反の抗議活動をしているジジ・ババ活動家たちは稲嶺名護市長らが扇動する「法廷闘争より大衆活動」を妄信して、「赤信号皆で渡れば怖くない」の心境だろう。

徒党を組んで乱暴狼藉を働いているが、北島容疑者のようなプロ活動家の扇動に乗った活動は、国家を否定する革命運動と同じである。

沖縄2紙の「反戦平和は免罪符」を信じて、乱暴狼藉を続けたらどうなるか。

最後はブタ箱入りを覚悟してほしい。

【おまけ】

沖縄タイムスは、プロ活動家である北島容疑者のが逮捕された12月5日の報道で、実名を伏せて「不都合な真実」を県民の耳目から遮断した。

だが、12月6日の時点で産経新聞は実名報道をしていた。

沖縄平和運動センター議長を逮捕 米軍シュワブ基地に「侵入」容疑で 2015.12.6 06:30更新

シュワブ近くで県警機動隊員に暴行したとして、公務執行妨害の疑いで、抗議活動をしていた住所職業不詳の北島義久容疑者(77)ら男2人も現行犯逮捕した。

 

「サンマは目黒に限る」

沖縄のニュースは県外紙に限る!

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 翁長知事、訴訟乱発!大衆運... | トップ | 慰安婦問題、過去を学習せよ! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-12-27 11:09:49

オピニオン面に一般投稿10本(児童生徒限定の「ぼくも私も」など除く)。

「根拠ない発言 市議資質疑う」のうるま市・長濱清信さん(78)は1月13日、2月2、15日、3月29日、4月18日、5月4、17日、6月6日8月8、27日、9月16日、10月4、22日、11月5、22日、12月19日に続き今年17回目の掲載。
「遺伝子操作の 作物輸入懸念」の豊見城市・佐藤悦晴さん(68)は4月5日、5月17日、6月14、26日、7月13日、8月2、16日、9月14日、10月5、24日、11月7、22日に続き今年13回目の掲載。
「地域活動参加 見聞を広げる」の浦添市・手登根光子さん(77)は9月17日、10月16日に続き今年3回目の掲載。
「税金の私物化 発言許されぬ」の豊見城市・大山隆さん(75)は今年初掲載。
「ダイエットを 努力した1年」の沖縄市・比嘉信雄さん(68)は今年初掲載。
「最後の満州会 15年活動感慨」の那覇市・新城勝さん(88)は9月12日に続き今年2回目の掲載。
「幼少の楽しみ 映画振り返る」の那覇市・仲間義勝さん(74)は7月30日に続き今年2回目の掲載。
「読書の楽しさ 子らに教えて」の沖縄市・山城正夫さん(81)は1月25日、2月26日、4月26日、5月28日、12月6日に続いて今年6回目の掲載。
「基地反対 非暴力の闘い」の埼玉県川口市・長谷部洋子さん(59)は5月6日に続き今年2回目の掲載。
「シロからクロへ」の那覇市・大城玉子さん(68)は今年初掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。

うるま市・長濱さんと埼玉県川口市・長谷部さんは、いずれもゲート前抗議行動に参加したことを話題に。最近、この手の投稿が続く。


Unknown (宜野湾より)
2015-12-27 11:28:31
言ってる中身を批判されたり、やってる事を批判されたり取り締まられると、ヘイトだ・自由がない・民主主義がないと喚く…ゆしとうふメンタルから卒業する人が現れないと、実(じつ)のある話し合いに発展するかもしれない芽も潰れますわ。

あの人らは金の動きを追われる
キンペと解放軍の動きは煙の匂いがしてくる
来年は、パヨクが逆神・多くの新聞が逆紙だと露わになりそうな。

自由世界って、土地や海や企業や職を不逞な輩や外国人に握られることもあるし、隣に引っ越して来た人、飛行機で隣に座った人が犯罪を企図する人なこともある。
世の中はリスクだらけだけれど、それでも自由な世界をみんな選びたい、それには目が粗すぎるザルのままではいられない…そういう流れじゃありませんの?
南北両端の類似性 (HM)
2015-12-27 13:37:37
南北両端には極端な方々がいるるようですな。
北海道には、「アイヌモシリ独立」を唱える一派がい
る。北教組や高教組も活発で、左翼も新左翼もいる。
100万部を超す反日左翼新聞もある「赤い大地」です。
Unknown (東子)
2015-12-27 17:29:40
幾多の抗議行動を上手く切り抜けてきたであろうに。
北島容疑者、不覚でしたね。

あの捕まった朝、ツイキャスを観ていましたが、山城氏が「もっていかれた? 何人? 2人? 誰? 誰?」と聞いても即座に返事はなく「赤いジャンバーを着た人」とか「年配の人ともう一人若い人」みたいな答え方で、座り込み常連の人達には、知られていない人のようだった。
もっとも、同時に捕まった(あちらの用語では“もっていかれた”と言うのですね)瀬長和男氏の名前もすぐに出なかったから、そんなものなんですかね?
裏で糸を引くものは、仲間内でも気づかれないで目だたず動いているのだと思った。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
合意はあり得ない (文句言いのたわごと)
市民を名乗るテロリスト 北海道から通っていたんだね_____________ (´・ω・`)