狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

教科書検定 沖縄タイムス社説を斬る!非公開は妨害防止だろう

2008-12-07 07:56:09 | 教科書

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします   

 

沖縄タイムスが応援する「軍命派」は、教科書記述に関しては完敗した。

いち早く琉球新報、続いて昨日は沖縄タイムスが悲憤慷慨の社説を発表した。

検定透明化 審議の全面公開が必要だ (琉球新報社説.12.5)

「審議全面公開」の主張は、沖縄タイムスと琉球新報は同じなので、

代表して沖縄タイムス社説を論評する。

タイムスさん、あなたの負けですよ!

沖縄タイムス社説 2008年12月6日

[教科書検定]
審議公開の原則を作れ
 文部科学省自ら「改善」と呼ぶ方策も、中身をみると「密室審議」という批判をかわすための小手先の修正、とのそしりを免れないのではないか。沖縄戦の「集団自決(強制集団死)」の教科書記述をめぐる検定手続きが問題化したことを受け、文科省が示した「教科書検定手続きの具体的改善方策」のことだ。

 検定の実質的な権限を握るといわれる文科省の教科書調査官は氏名や職歴、担当教科などを公表し、調査官が示した意見は検定終了後に公開するとしている。

 教科書検定審議会はこれまで通り非公開とし、検定終了後に議事のおおまかな概要を公開する。詳しい議事録は作成しないという。

 二〇〇六年度の教科書検定で高校日本史教科書から沖縄戦の「集団自決」について旧日本軍の強制を示す記述が削除された。審議は内容が明らかにされないことから「ブラックボックス」と称される。

 〇七年三月に問題が明らかになって以来、今回の措置は文科省からの「回答」といえるものだが、透明性が高まったと自賛するにはあまりに不十分ではないだろうか。

 検定審の詳しい議事録は作成もせず、公表するのは概要だけで、しかも、検定終了後なのだ。

 検定終了後に間違った検定意見が付いたと判明した場合、どう訂正、修正するのか。教科書会社からの訂正申請の道があるとしても「後の祭り」ではないか。実際、文科省は沖縄側が求めている検定意見の撤回と強制を示す記述の回復には手を付けていない。

 検定意見が誤った場合、その誤りをただすような制度が担保されない限り、とても「改善」とは呼べない。

 「集団自決」の問題も検定が終わった後に結論が明らかにされたからだ。今後も起きる可能性は消えない。

 「静かな審議環境と透明性向上という相反する二つが両立するには、これが着地点じゃないですか」。文科省幹部は今回の措置について自らこう弁護する。文科省の立場は、透明性の向上と静かな環境での審議を両立させることだ。

 「静かな審議環境」とは何か。これを強調しすぎると、逆に密室審議を助長させることになるのではないか。

 教科書の作成過程を検定終了後ではなく、その都度、素早く国民の前にオープンにしながらつくっていくことは決して悪いことではないはずだ。

 むしろ、透明性を高める点では必要なのではないだろうか。そういう意味では、今回の事後の方策はとても十分だとはいえない。

 教科書は子どもたちが学び、成長していく上で、欠かすことのできない大切なものの一つといっていいだろう。

 政治が教科書に介入したり、政府が教育内容を統制したりしてはならないのは大原則だ。戦前の国定教科書を思い起こせば分かる。

 戦後の日本の民主教育はこれを原点にスタートした。その時々の政権の思惑によって歴史教育がゆがめられてはならないのはいうまでもない。

                       ◇

「11万人」集会の虚像をでっち上げてまで、「教科書検定撤回運動」を扇動し続けた沖縄タイムス。

ある意味、『沖縄ノート』の出版差し止め差し阻止(高裁判決)による喜びの大きさより、むしろ教科書に「軍の命令、強制、誘導」を削除されたまま出版されることの方が、沖縄タイムスにとっては、より大きな敗北感を感じるのだろう。

悔し紛れに、「密室審議」だの「小手先修正」、そして「ブラックボックス」な言葉まで引っ張り出して、

「改善手続き」にいちゃもんをつけているが、誰の目にも大きな進展だと評価できる。

特殊な色眼鏡で者を見る人は除いてだが・・・。

結局、沖縄タイムスが気にいらないのは手続き上の問題ではなく、

文科省の次の態度の一点につきる。

<実際、文科省は沖縄側が求めている検定意見の撤回と強制を示す記述の回復には手を付けていない。>

これでは去年3月の「検定意見公表」以来の「バカ騒ぎ」がまったくの徒労に終わってしまうからである。

あの狂乱騒動は一体何だったのだ!

こんな批判の意見もチラホラ吹き出している。

大山鳴動したがネズミ一匹出てこなかったし、それどころかネズミが騒がないような仕組まで決まってしまった。

タイムスは、「審議過程は非公開」にご不満のようだが、

審議は、外部の意見や先入観にとらわれず、静かな環境で公正に行われるべきものだ。

審議対象となる教科書に出版社名や著者名が書かれず、白表紙本と呼ばれているのも、そのためではないのか。

過去にも審議過程の情報が外部に漏れて、

国内外の「反日勢力」に不当な干渉にさらされ、

検定結果が出る半年も前から白表紙本が出回り、国内の「反日勢力」や中国、韓国政府の不当な圧力があった。

そんな異常な状況を避け、「静か審議環境」を確保するためには、非公開はやむえないだろう。

その意味で、関係者の次の発言は妥当である。

「静かな審議環境と透明性向上という相反する二つが両立するには、これが着地点じゃないですか」

社説文末の「歴史教育がゆがめられてはならないのはいうまでもない」と言う言葉はそっくりそのまま沖縄タイムスにお返ししたい。

教科書検定に外部から圧力や干渉を扇動し、歴史教育をゆがめてきたきたのはほかならぬ沖縄タイムスではないか。

 

<国民の知らないところで、中国や韓国の意向を受けた外務省サイドが検定に圧力を加えるケースがあった。いわゆる「新編日本史・外圧検定事件」(昭和61年)や元外交官の検定審議会委員による「検定不合格工作事件」(平成12年)である。>(産経新聞)

参考リンク:

教科書検定妨害:

教科書問題の遍歴

 

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします   

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空中分解の「11万人」集会 | トップ | カジノ導入の是非を討論 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼太)
2008-12-07 09:02:46
狼魔人様

事実上神話の崩壊ですね。
これで沖縄の人達も、目が覚めるのではないでしょうか。
沖縄タイムスを筆頭に、左翼団体は議論を日本本土に持ち込み、既成事実化しようと目論んだのでしょうが、元々嘘と捏造で固めた理屈です。説得力はありません。
左翼に洗脳された人達も、今まで教え込まれた日本軍=悪に気がつき始め、戸惑っているのではないでしょうか。
沖縄の社会を称してよくシマ社会といいます。
シマとは本来の島ではなく、暴力団が使う縄張りのシマだと思います。
自分のシマだから、何をやってもいいという論理は、江戸時代のそれこそ悪代官のイメージです。
悪代官は言わずと知れた、2大誌とそれに群がる団体でしょう。本人達は水戸黄門様だと思っているのかも知れませんが。
沖縄タイムスこそ・・。 (縁側)
2008-12-07 09:23:25
狼魔人さま おはようございます。

ホンット沖縄タイムスの論説委員って中身のない人ですね。

社説文中の
「検定終了後に間違った検定意見が付いたと判明した場合、どう訂正、修正するのか。教科書会社からの訂正申請の道があるとしても「後の祭り」ではないか。実際、文科省は沖縄側が求めている検定意見の撤回と強制を示す記述の回復には手を付けていない。」

この程度ですよ、沖縄タイムスって。「後の祭り」?
やっぱり沖縄タイムスですね。「沖縄タイムス」を新語にしたいですね。たとえば、組織や地域でトンチンカンなこと言う人に向かって「あいつって、ホント沖縄タイムスだよな~」とか。

一番に透明性が必要なのは県内二紙なのは明らか、やつらの、役員室・編集室・整理部等を見学自由にしろ。
タイムスの敗北 (狼魔人)
2008-12-07 12:19:53
◆涼太さん

沖縄二紙は今回の「教科書検定意見」での完全敗北を見出しの操作で誤魔化しているようですが、本音は悔しくてしょうがないようです。(笑)

裁判でも「隊長命令」は揺らいでしまっているので、最高裁での「出版差し止め」と謝罪広告が残るだけですね。
最高裁でタイムスが負けたら倒産でしょう。


◆縁側さん


「間違った検定意見」とは、「タイムスと異なる意見」ということなんでしょう。

今後は関係ないことで大騒ぎして、最高裁まで得意の「法廷外闘争」を続けるつもりなのでしょう。

今朝の朝刊では例の左翼学者の林教授が関係ない資料を「新発見」し、大騒ぎして「悪逆非道の日本軍」を印象操作していますね。(笑)

コメントを投稿

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
頑張れ麻生総理!! (とある反日にスパム認定されました)
 今回のエントリーはあちこちにトラックバックします。  正直、送り先のエントリー内容と食い違うことになるでしょう。  でも構いません。  どうしてもこのような事が嫌ならば、私のブログをトラックバック受付拒否の対象にして下さい。  それでも言いたいことがあ...