狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

教科書問題、決戦の場は市議会へ!

2011-09-11 08:14:24 | 八重山教科書採択問題

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

「発狂新聞」の特徴は、攻撃にかかったら同じネタでも紙面をおしまず、一面、社会面のトップを大見出しで飾って狂いまくる。

だが、一旦、不利な状況が出てくると、必死の印象操作で防御した後黙殺を続け、そっとフェイド・アウトしていく、という高等技術を駆使する。

今朝の沖縄タイムスの教科書関連記事は、昨日の「義家メモ」で、必死に「政治介入」の印象操作を試みたが、それも無理筋と悟ったのか怒りのターゲットを義家議員から玉津教育長に向けた小さな記事が社会面の下部に。

★社会面 下段

教育長不信任案提出へ

石垣市議会野党 「教育界に混乱」

このネタは既に昨日の琉球新報が次のように報じている。

八重山教科書問題 教育長不信任案提出へ

琉球新報 2011年9月10日      
 【石垣】石垣市議会の野党会派は9日、教科書採択問題などをめぐり八重山の教育行政全般を混乱させたとして、教科用図書八重山採択地区協議会の会長を務めた玉津博克石垣市教育長の不信任案を12日開会の9月定例会で提出することを決めた。
 
同議会の議長を除く与野党勢力は与党12人、野党9人で不信任案が可決されるかどうかは不透明だ。
 玉津教育長は教科書選定の過程で協議会の役員会を開かず調査員を委嘱したことや、市教育委員会で前例のない
無記名投票で教科書を採択したことなどが問題視されていた。
 野党の大浜哲夫市議は「これまでの流れを見ると、混乱を招いた張本人は玉津教育長だ」と指摘。一般質問などで一連の問題を追及し、議会最終日に不信任案を提出する考えを示した。

           ☆

石垣市議会の与野党の勢力分布から考えると、与党多数のため不信任案が議決される可能性は極めて少ないが、この記事の致命的ミスは、仮に不信任案が可決されても、市議会には教育長を解任する法的拘束力はないという事実を伏していることである。

玉津教育長の改革の一環である「無記名投票」を問題視する。 それだけのために書いた記事と勘ぐられても仕方ない。

前にも書いたが八重山地区のような濃密な人間関係が今でも生きている共同社会では、「記名投票」が村八分的攻撃の対象になることは自明のことで、玉津教育長はそれを「狭い共同社会だから」と説明している。 ところが、発狂新聞はそれを承知で無記名投票の結果を調べあげ、育鵬社に投票した各委員の名前を報道するという卑劣な手段に訴えた。

八重山毎日新聞が育鵬社に投票した委員のインタビュー記事を掲載している。

■八重山毎日新聞 9月9日

自らの判断で 育鵬社選択

石垣朝子委員

石垣市教育委員の石垣朝子氏は8日、3市町全教育委員による協議の場で「私は、自分なりに基準をたてて育鵬社を選んだ」と延べ、自分らの判断で育鵬社を選択したことを明らかにした。「世論を騒がせている歴史と公民について教科書を調べた」という石垣氏は、家族、地域、国など自分の所属するところを大事にしたいとの思いで内容をチェックした結果、「私が公民を教えるなら育鵬社と思った」と述べた。 さらに歴史と公民のとらえ方、道徳性なども評価の対象となったという。 他の教科書について石垣氏は「悪いとは思っていないが、国家や日の丸を小さな字で扱っている。報告書で育鵬社で天皇の写真(6枚)が多いと言っているが、これは主観、他の教科書は一枚もない」と指摘した。

八重山毎日の意図(村八分を誘導)が透けて見える記事だが、石垣朝子委員の堂々とした対応が、賛否に関わらず、逆に読者の賛同を誘うのは皮肉である。

玉津教育長の不信任案提出の件だが、八重山日報は読者の知りたい情報をちゃんと記してこんな報道をしている。

 ■八重山日報 9月10日

教育長不信任案提案へ

野党、教科書問題で

教科書問題で、石垣市議会の野党連絡協議会は9日、玉津博克教育長の不信任決議案を9月議会に提出する方針を固めた。 野党議員の1人は「八重山の教育を混乱させた張本人は教育長」だと玉津教育長を非難した。 議会に教育長の解任権はないため、不信任案には法的拘束力はないが、野党として抗議の意志を世論にアピールする狙いがある。 一方、与党は玉津教育長が進めている教科書選定作業の改革に理解を示しており、不信任案が提案されても否決に回る。 9月議会は12日に開会し、一般質問は26日から4日間行われるが、野党の1人は「今会議は『教科書審議会になる』と断言、教化用図書八重山採択地区協議会(会長・玉津教育長)が教科書を選定した手続きに問題があるとして、玉津教育長に集中砲火を浴びせる構え

           ☆

■決戦の場は石垣市議会へ!

石垣市の市議会関係筋によると、与党議員は教育長の不信任案どころか、採択業務を混乱させた張本人は県教育委であり、その責任は重大だとして、逆に県教育委に対する抗議決議を上程する、と意気軒昂の様子だとのこと。

>野党の1人は「今会議は『教科書審議会になる』と断言

石垣市民が選んだ議員が市議会という公的議論の場で、「混乱の張本人は誰か」で徹底的議論をするのは、石垣市民、いや全県民、いやいや全国民が注目するところである。

どちらの側が民主主義と法の秩序を踏みにじったか。

議会の場で堂々と議論してほしいものである。

以前、極左思想の大浜前市長が「自衛隊は殺人装置」と暴言を吐いたとき、当時野党議員だった現中山市長が市議会で質問し、発言を撤回させた場面をチャンネル桜がしっかり映像として全国に流した経緯がある。

今回の石垣市議会も全国民の目が石垣市議会に注がれるのは必至である。

チャンネル桜の大高美貴さん、出番ですよ!

≪参考≫

沖縄タイムス 2008年12月19日【夕刊】 政治 

自衛隊「殺人装置」一転「命がけに敬意」/石垣市長が発言陳謝【政治】
 【石垣】大浜長照石垣市長は十九日の市議会(入嵩西整議長)十二月定例会の最終本会議で、前日の一般質問で自衛隊が「人を殺すための国家の物理的な装置」と発言したことについて、「全部撤回する。認識を新たにする」と語り、陳謝した。(略)

        ★★★   

 「パンドラの箱掲載拒否訴訟」

第3回口頭弁論と報告会のご案内

 

9月13日(火)午前10より那覇地裁に於いて第3回口頭弁論が行われます。

傍聴希望される方は、9時半までにお出で下さい。

尚、裁判終了後、会場を護国神社二階大会議室に移し、報告会を行いますのでご参加下さい。参加費は無料です。

予定時間は11時から12時半です。
--------------------------------------------------------------------------------

上原正稔公式サイト

http://ueharashonen.web.fc2.com/index.html

少しずつ充実して参りました。
--------------------------------------------------------------------------------

パンドラの箱掲載拒否訴訟をご支援下さい

三善会は、平成23年1月31日に上原正稔氏が琉球新報社を提訴した裁判「パンドラの箱掲載拒否訴訟」を支援する為、支援金のご協力のお願いを致しております。支援金は、裁判の支援・報告会・講演会等の開催や広報活動等に活用させて頂きます。

ご協力頂ける方は、ご自身の郵便貯金の口座をとキャッシングカードを作り、以下の口座に振り込み頂けましたら、手数料はかかりません。

尚、他の金融機関をご利用される場合は振り込み手数料がかかります下記の如く郵貯と異なる記入の仕方になりますので、宜しくお願い申しあげます。
--------------------------------------------------------------------------------

【郵貯】

記号 17010   番号 10347971    名前 サンゼンカイ
--------------------------------------------------------------------------------

【他の金融機関からの振込】

【店名】 七〇八(読み ナナゼロハチ)

【店番】 708 

【預金種目】 普通預金

【口座番号】 1034797

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県が首謀のペテン劇、全教委会 | トップ | ネットvs発狂新聞 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
後、一踏んばり、、、完全にタッピラかすまで、、。 (義挙人)
2011-09-11 12:08:48
狼魔人様
お久しぶりです。
(やつとコメント欄が開きました。)

今回の八重山教科書選定問題については、当初から漏らさず拝読しており、、、、狼魔人様に完全同意です。
毎日のブログ更新素晴らしいです、又、大変なご苦労に感謝しています。
お疲れ様ですが、この連中はこのままでは、引き下がらないと思いますので、後、一踏んばりお願いします。

>>チャンネル桜の大貴さん、出番ですよ!
は、私の大好きな、、大高美貴さんですよね。

訂正です (狼魔人)
2011-09-11 12:39:08
義挙人さん

お久しぶりです。

>>チャンネル桜の大貴さん、出番ですよ!
は、私の大好きな、、大高美貴さんですよね。


義挙人さんの大好きな大高さんの名前を間違えてはいけませんね。

訂正して、お詫びの印に大高美貴さんの写真を掲載しておきました。



教育行政を混乱 (偶然)
2011-09-11 17:07:32
教科書採択問題などをめぐり八重山の教育行政
全般を混乱させたのは、玉津氏ではなく、
採択前から勝手な妄想で玉津を悪者に仕立て上げ執拗に個人攻撃をした上に、世論誘導を行った地元マスゴミだと思うのですが。


教育基本法第16条では、教育行政に関して
「教育は、 不 当 な 支 配 に服することなく、この法律及び他の法律の定めるところにより行われるべきものであり、教育行政は、国と地方公共団体との適切な役割分担及び相互の協力の下、公正かつ適正に行われなければならない。」と定められています。

私から見れば、マスゴミや沖教組をはじめとする諸々の団体(ありすぎて割愛)の「不当な支配」に屈する事がなかったの玉津氏は、賞賛に値する人物だと思うのですが。

玉津氏は13日に上京するとか。
今後の動きからも目を離せません。
パー人の記事 (太平山)
2011-09-11 17:15:34
9月11日琉球新報記事です。今や琉球新報を代表するパー人の稲福政俊記者の記事をとくとご覧下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《 逆転不採択「つくる会」系との攻防 》
玉津氏「改革」
― 規約改正へ「自作自演」―
(拙速陣営で隙与える)

石垣市、竹富町、与那国町の3教育委員会が教科書選定を諮問する教科用図書八重山採択地区協議会の定期総会が開かれた6月27日、協議会の規約改正を求める要請書が委員に配布された。委員の構成から教職員を外すこと、協議が整わない場合の決定方法を事前に定めることを求める内容。石垣市教育長が同月24日に協議会会長へ宛てたものだ。石垣市教育長も協議会会長も玉津博克氏の役職。つまり、玉津氏は自分自身へ送った要請書を規約改正の根拠にしていた。

各教育委員会が答申通り採択しない場合を想定した規約改正案第9条5項「県教育委員会の指導・助言を受け、再協議した結果を八重山採択地区の最終決定とする」は、玉津氏が定期総会直前に挿入した肝いりの条文だ。この文言を事前に竹富町教委に知らせていなかったため、定期総会は紛糾する。

「教科書採択権は教育委員会にある。主客転倒だ」。教育委員会の下部組織に当たる協議会の決定に従うとする文言を初めて見た慶田盛安三竹富町教育長は猛反発した。約3時間の議論の末、条文は「役員会で再協議することができる」と修正した。

修正によって、答申通り育鵬社版公民教科書を採択しなかった竹富町教委の権限が保証され、ひいては教科書採択の場が協議会から離れ、育鵬社版を採択した石垣市、与那国町の両教委の決定を教育委員全員による協議で覆すことが可能となった。後に玉津氏はこの修正を捉え「規約を骨抜きにされた」と語っている。

定期総会では調査員についても「会長が委嘱、任命する」とする改正案を「役員会で選任し、会長が委嘱、任命する」と修正した。

定期総会翌日の28日、玉津氏は規約で調査員は役員会で選任するとしたにもかかわらず、石垣市教委単独で調査員の委嘱状交付式を実施。その場で定期総会で話題にならなかった
教科書の順位付け廃止を調査員に言い渡した。

役員会を経ずに調査員を委嘱したことや独断で順位付けを廃止した行為が公になった7月中旬以降、「新しい歴史教科書をつくる会」系教科書の選定に向けた玉津氏のもくろみは次々と明るみに出た。用意周到に見える玉津氏の「改革」は、拙速な協議会運営で自ら付け入る隙を与えていた。 (稲福政俊)
超おひさしぶりです。 (〇〇◯)
2011-09-11 20:52:36
以前コメ欄汚させていただいてた者です。
色々ご無沙汰しておりましたがブログはチェックさせていただいておりました。
この度は教科書採択制度の危機ということで電凸させていただいておりました。
様々な役所に電凸しましたが、私の感触でも竹富町教育委員会はただの傀儡で巨悪は県教委と沖縄二紙とその取り巻きで間違い無いと思います。
文科省は全くやる気はなさそうですね、そんな中玉津教育長やヤンキー先生は本当に頑張っくださってると思います。
私の電凸など下品なだけで何の役にも立ちませんが、怒りの気持ち、感謝の気持ちが伝わるだけでもいいかなと思い協力させていただきました、自己満足にすぎないかもですが。

まだまだ戦いはこれからです、県教委には今回の違法行為の責任を取ってもらわねばなりません、石垣市議会野党はアレですが、市長はまだまだやる気です、明日は応援電凸です。

石垣、採決は「無効」 行政訴訟を検討http://sankei.jp.msn.com/life/news/110911/edc11091101370000-n1.htm
踏ん張りどころです (Unknown)
2011-09-12 01:35:20
市が県を訴えることになるのか、あるいは文科省がきちんと法の順守と秩序を取り戻すために県を処分し、当然竹富町教育委員会も処分できるのかが焦点になります。

経済相の辞任騒ぎに続いて文科省が公然と法を踏みにじる判断をしたら、その対応いかんでは日本国民も黙ってはいません。
文科省への史上最大のデモが行われる可能性があり、間違いなく野田政権のアキレス腱になります。

まだまだ目が離せません。
ただ、マスコミが騒げば騒ぐほどに世間の目を集めることになり、どんどん目覚める人が増えると思います。
13日には玉津石垣市教育長が文科省を訪ねるとのこと。 当然その後に国会議員の義家議員に経過説明を行うものと思います。

本当にチャンネル桜、大高さんの出番ですね。

石垣委員 (ヒロシ)
2011-09-12 04:31:19
石垣委員のコメントもいいですね。
どうせなら全委員のコメントを載せてくれるとよかったのですが、反対派の理由が幼稚過ぎる事がバレるから出来ないでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
9.10左翼デモ&NHKに勝利した日!? 左翼デモを迎撃&NHKに抗議文を手渡すのに一騒動! (sakuraraボード)
連日お騒がせ中の八重山地区教科書採択に関して、地元紙沖縄マスゴミの中で唯一頑張っている、八重山日報さんがご意見を募集しています。どうかご協力をよろしくお願い致します。 ◎今回の渋谷街宣、左翼デモを迎え撃ったり、抗議文を渡すのにNHK側警備員&職員との闘い...