狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

安慶田「口利き」、氷山の一角、百条委員会で真相解明を!

2017-01-25 13:30:52 | 未分類

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

朝のエントリー後、所用で外出した。

ついでに日頃購読していない琉球新報をコンビニで買って、ただ今帰宅。

安慶田疑惑報道では、沖縄タイムスに遅れ取った琉球新報だが、本日25日の記事を見る限り、安慶田疑惑の徹底解明を主張。 陰の主役と見られる翁長知事の辞任に迫らんばかりの論調。

どうやら沖縄タイムスと並んで、琉球新報も翁長県政を見限ったようである。

とりあえず、琉球新報の見出しを抜粋・紹介しよう。

■一面トップ

副知事口利き認定

教員採用・人事問題

教育庁、否定を一転

諸見里前教育長た証言

■二面トップ

県への不振残る

安慶田氏「ノーコメント」

■三面トップ

実名告白 転換点に

知事に大きな痛手

■第二社会面トップ

ずさん調査露呈

”誘導”質問否めず

教育庁 不十分な聞き取り

■社会面トップ

全容解明険しく

苦しい説明に終始

教育庁「私にも責任」

表情硬く「疑念」

知事、擁護崩さず弁明

「事実隠し罪重い」

教員から批判相次ぐ

 

実名告発 転換点に 沖縄県副知事の口利き問題 知事に大きな痛手

報道陣の質問に答える翁長雄志沖縄県知事=24日午後、県庁

 沖縄県の安慶田光男前副知事による教員採用試験への口利きと教育庁幹部人事への介入で、副知事が23日県庁を去り、県教育庁は翌24日に疑惑を認定した。激震が走る県庁の今後を展望する。
   ◇    ◇

 「弁護士から言われたのは、記事内容は具体性がないと。時期も時間も指定されていないと。そして匿名の人だと。こういうものしかない」。安慶田副知事(当時)は疑惑が発覚した当初、強気だった。18、19日と連日報道される自身の口利きや人事介入疑惑を巡り、匿名証言であることや詳細情報にも乏しいと指摘し、自身の潔白を繰り返し強く訴えた。

 20日の記者会見でも安慶田氏は教員採用試験などへの介入を全面否定し、続投の意思を表明した。県幹部は「副知事本人が否定し、教育庁の調査でも『やっていない』という結果だった。そのような事実はないということだ」と述べ、早期に“幕引き”をはかりたい意向をにじませた。

 安慶田氏が重視していたのは「物証」だった。記事では受験者名を書いたメモを教育庁幹部に渡して合格を依頼したとあるが、メモや受験者名が公になっていないことから、物証なき“告発”の影響は限定的と見ていたようだ。

 ■「否定」調査に異議

 だが状況が一変したのは21日。匿名で証言していた教育庁元幹部が一転して実名での証言をほのめかした。一部報道で情報提供者の元幹部が、教育庁の「否定」調査に異議を唱えた。実はこの日、諸見里明前教育長がそれまでの証言を翻して、安慶田氏の口利きを認める証言を公にすると教育庁に示唆した。

 平敷昭人教育長「委員会などで発言するのか」

 諸見里前教育長「どうしようかな。場合によっては何らかの形で表明するかもしれない」

 安慶田氏にとり、実名での暴露や県議会への証人喚問などがあれば、さらなる混乱は避けられない。知事周辺にあった「(新聞の情報提供者が)実名で出てこられたりするようなことがあれば、議会対応などで(翁長県政は)厳しくなる」という懸念が現実のものとなったのだ。

 21日午後6時すぎ、安慶田氏は弁護士を通して翁長雄志知事に辞意を伝達し、週明けの23日に正式発表した。短期間で対応が一転し、県政の混乱ぶりが浮き彫りになった。

 安慶田氏辞職を発表する翁長知事の記者会見は県庁内で中継された。多くの職員が仕事の手を止めてテレビ画面に見入り、県庁内部に走った衝撃の大きさを見せた。

 24日には県教育庁が改めて記者会見し、安慶田氏の介入があったとする前教育長の書面証言が公表され、県政への不信感を高める事態となった。

 ■水面下の交渉役

 一方、非公式や水面下の交渉も含めて経験が豊富な保守系のベテラン政治家で、辺野古新基地建設問題や沖縄関係予算を巡り菅義偉官房長官ら政府側と渡り合ってきた側近の安慶田氏を失うことは、翁長知事にとって大きな痛手となった。

 これまで翁長県政は、知事が表舞台に立つ形で政府を強く批判し、辺野古新基地建設の見直しを迫りつつ、安慶田氏が菅氏らとの水面下の交渉チャンネルで政府に打開策を働き掛ける“役割分担”をしてきた。

 県幹部の一人は今後の県政の体制再構築について「全く白紙だ。安慶田氏の代わりの役割をできる人がいるのか」と頭を抱えた。

 知事周辺は「県政にとって辺野古の問題は『絶対に譲れない一線』だ。一方で安慶田氏は県政の立場を維持しつつも、政府と押したり引いたりの交渉をし、複数の選択肢やシナリオを白紙から議論した上で、『持ち帰り、知事と相談する』という形で交渉を引き取ってきた」と解説する。

 安慶田氏の“代役”がいない中、知事周辺の懸念は「知事は安慶田氏のような『ナンバー2』ではない。政府と直接交渉すれば最高責任者として決断を迫られる。『持ち帰り県庁で議論する』『支持者に相談する』などと応じれば、一気に足元をみられる」という点だ。

 辺野古新基地建設の埋め立て工事の初段階に当たる護岸工事は3月にも迫る。一方、政府が工事を続けるために必要な県の岩礁破砕許可は3月末に更新時期を迎え、県の対応が注目される。安慶田氏不在の県政は重大な節目を迎える。

 知事周辺は「体制を立て直すまでの間、政府との関係は『直球勝負』にならざるを得ないだろう。向こう(政府)もそのつもりで仕掛けてくるはずだ」と固唾(かたず)を飲んだ。
(滝本匠、島袋良太)

 

 「口利きが疑念になっている。全面解決というものではない」。24日の記者会見で沖縄県の翁長雄志知事は、県教員採用試験や県教育庁幹部人事で安慶田光男前副知事の介入の事実を認めた教育庁の認識とは異なり、「疑念」という言葉を繰り返した。「今もって一回も『もしかしたら』というものがなかった」と今も疑惑を否定している盟友を思い、「(安慶田氏に)改めて問い直したい」と調査継続の方針を示した。

「全面解決とは言えない」と、調査を続ける意向を示した翁長雄志知事=24日午後1時44分、県庁

 教育庁の会見終了から、約2時間半後にあった知事の会見。最初に問われたのは、安慶田氏の介入を証言する諸見里明前教育長の文書が22日に教育庁へ届いていたにもかかわらず、翁長知事が23日の会見で言及しなかったことへの見解についてだった。

 「100%どうだと言える時でないと、報告するものではないと思っている」「正確なものは実は読んでいないので分からない」

 黄色い付箋紙が三つ貼られたペーパーを持っていたが、目を通したのは冒頭だけ。その後、自身の任命責任を問われると、そのペーパーを細く丸めながら「大変自覚している」「(疑念が)白であれ黒であれ、任命責任は今の行政が停滞することを含めてあるのではないか」と語った。

 約17分の会見中、淡々と答えていた翁長知事が唯一語気を強めたのは最後の質問。「諸見里氏の証言が事実なら、安慶田氏が知事に虚偽の説明をしていた可能性があるのではないか」という問いに対してだった。

 「教委からそういうものを聞かされているだけで、私からすると一貫して、本当に一貫してそんなことはないということだ」と最後まで安慶田氏をかばった。

幹部に再度調査をした結果、「安慶田氏からの働き掛けがあったと認定せざるを得ない」との結論を公表していた。

               ☆

 

 安慶田疑惑が教育委の内部告発として大きく報道された。

これに対し「教育関係者は不正を黙認できない人が多い」などと、教育委を正義の人の組織と看做す向きもあった。

ところが、県教育庁とは沖教組など左翼思想の持ち主の巣窟と考える筆者は、次のように問題の背景を指摘した。

≪今回の安慶田副知事の「口利き」・人事介入疑惑は、内部告発をした教育委関係者の正義感のなせる業でもなければ、それを報道・糾弾する沖縄タイムスの正義感に拠るものでもない。

宮古島市長選の「オール沖縄」陣営の候補者を巡る分裂騒ぎが引き起こした生臭い告発劇だ。

報道によると告発したとされる「関係者」は、「なぜ証言に応じたのか」との質問に、「採用や人事に対する副知事の介入が度を超えている。教育行政の独立という原則がゆがめられており、正常化してほしいとの思いだ」(19日付沖縄タイムス)と答えている。

ではなぜ、2015年7月の1次試験後に起きた「口利き疑惑」から1年6カ月後に告発に踏み切ったのか。

さらに、「教育庁人事介入疑惑」から約1年経過してから告発した理由は何か。

当然宮古島市長選での「オール沖縄」の支援で奥平候補に肩入れした「翁長ー安慶田体制」潰しを狙った告発劇と考えざるを得ない。

本日22日は宮古島市長選の投開票日である。

安慶田氏自身が宮古島出身である上、翁長氏が自衛隊配備に反対している奥平一夫氏への支持を表明している状況で、今回の「疑惑報道」が奥平陣営にとって大きな打撃であることは間違いない。≫

「正義の塊」とみなされた教育庁の責任者である平識教育長が正義の人みなされたのは、つかの間の幻であることが判明した。

「口利き」疑惑は存在しなかった、と証言した平識教育長が諸見里前教育長の証言文書により、前言を翻したのだ。

今度は諸見里前教育長の正義感を賛辞する人が出てきた。

だが、諸見里前教育長はそんな単純な「正義の人」ではなかった。

八重山教科書問題で法令無視の竹富町教育長を徹頭徹尾支援した大城浩教育長の後任の諸見里教育長は、文科省の竹富町教育長に対する「是正勧告」を無視し、不作為により竹富町教育長の「法令無視」を支援をした沖教組の操り人形に過ぎなかった。

その諸見里教育長が任期半ばで、現職の平識教育長に交代させられた時期がまさに、安慶田副知事が教育庁に人事介入したとされる2015年だ。 安慶田氏の教育庁への人事介入で平識氏が教育長に登用され、そのしわ寄せで諸見里氏が任期半ばで更迭されたと考えても仕方がない。

一見正義感による告発のように見える告発文書は安慶田副知事への告発に見えるが、間接的には自分の後任の平識教育長に対するしっぺ返しと取られても仕方がない。

ひいては、安慶田副知事をして論功行賞のため、人事介入をさせた翁長知事に対するしっぺ返しの意味があると考えざるを得ない。

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

 

 

 

 沖縄県の安慶田光男元副知事が2015年の教員採用試験で特定の受験者を合格させるよう依頼していた疑いを持たれている問題で、当時の諸見里明教育長が県教育委員会に提出した文書を公開します。

(注1)文書2ページ目の1行目、下線つきの「所感」2カ所は、「所管」の誤りです。

(注2)文書2ページ目(二)【人事異動への介入について】冒頭の下線つき「2016年」は「2015年」、2段落目冒頭の下線つき「2017年」は「2016年」の誤りです。

写真を拡大 諸見里氏からの文書(1/2ページ)
写真を拡大 諸見里氏からの文書(2/2ページ)

 

前教育長文書の要約

 沖縄県の諸見里(もろみざと)明・前教育長が今月22日付で県教委に提出した文書の要約は次の通り。

 

【採用依頼(口利き)】

 2015年に実施された(学校教員の)1次採用試験合格発表後、8月中旬~末日ごろ、安慶田(あげだ()光男副知事(当時)から副知事室に来るようにとの電話があり、メモ用紙を渡された。3人の受験番号、教科、氏名が記入されており、「よろしくお願い」などと言われた。私は、幹部を呼んで協議し「こんなことは絶対にできない」と確認した。学校人事課には、この件は一切知らせていない。

 また(同年)10月末日ごろだったが、副知事から電話があり、学校事務職員採用試験1次合格者1人の受験番号と名前を告げた後、「よろしく頼む」と言われた。県教育委員会の所管ではないと説明すると「そうか、わかった」と引き取った。

 副知事から渡されたメモ用紙はシュレッダーにかけたが、記入された人数は3人(あるいは4人)と記憶している。その中の不合格者は1人(あるいは2人)だったと思う。

【人事異動への介入】

 副知事室に呼ばれ、教育庁幹部の異動先を指導統括監にするよう副知事から指示された。当時の指導統括監がまだ就任1年目であることを理由に固辞した。2~3日後に再度呼び出され、今度は県立総合教育センター所長に統括監級として異動するように指示された。持ち帰って(別の2人の幹部と)絶対にだめだと確認した。

 この件については、後日県教委の委員に事情を説明したところ、異動させないようにとの意見で一致したことから、その旨副知事に伝えた。その際に、激しく恫喝(どうかつ)されたのを覚えている。結局、幹部は県立総合教育センターには配置していない。

 (別の時期に)小学校校長を義務教育課長か那覇教育事務所長に異動するよう指示され固辞したところ、厳しく恫喝された。

 以上が私の記憶するところの真実だ。

                      ☆



 

当初の記者会見で「口利きはなかった」とする平識教育長は、この諸見前教育長の任期半ばで登用された人物。

諸見里前教育長が、任期半ばで県庁のトップとして乗り込んできた翁長ー安慶田体制により更迭され、平識現教育長が登用されたと考えたら、平識教育長が当初の記者会見で安慶田氏をかばうように曖昧な調査で「口利きはなかった」と発言したことも理解できる。

つまり平識教育長自身が安慶田・人事介入疑惑の当事者ということになるからだ。

またこの時期は翁長知事誕生に協力した人達への論功行賞が話題になった時期。

地縁血縁が濃密な縁故社会の沖縄では、以前から役所などの「口利き」が隠然と行われていた。

翁長知事の「汚れ仕事」を引き受ける条件で副知事の座を得た安慶田氏が、論功行賞のポスト配分などに「度が過ぎる」(沖縄タイムス)程の人事介入をしても想像に難くはない。

翁長氏就任直後から、県の外郭団体・コンベンションビューローなどの人事において、論功行賞が行われたことは記憶に新しい。

翁長知事就任翌年の6月、沖縄県の観光振興団体である「沖縄観光コンベンションビューロー」の会長に、知事選で功績のあった「かりゆしグループ」の総帥・平良朝敬氏を起用した。

さらに「沖縄都市モノレール」の社長に、翁長支援の大黒柱といわれる建設業大手・金秀グループの幹部・美里義雅氏を起用している。

論功行賞はこれだけに止まらず、6月下旬には「県物産公社」社長に「オール沖縄」の沖縄市長候補だった島袋芳敬氏を充当している。

おまけにMICE施設の建設候補地も、金秀の本拠地の東浜地区に決定している。

翁長知事の支援者の沖縄2紙が、知事批判を封印しているのをいいことに、翁長・安慶田体制は、県庁内部で「度が過ぎる」言わしめるのほどの腐敗堕落した県政を強いていたのである。

沖縄2紙が声を合わせて主張するように、副知事辞任だけで幕引きする案件ではない。

教員・教育庁人事の介入は氷山の一角に過ぎないのだ。

翁長・安慶田県政となって、腐敗堕落の伏魔殿と化した県政の一刻も早い浄化が望まれる。

先ず、副知事に対して、特別な理由がなく出席や証言を拒むと禁錮刑や罰金を科されるなど強い権限を持つ100条委員会を早急に設置し、安慶田氏を召還して、併せて平識教育長の前言翻しと諸見里証言が事実であるかどうかを究明し、陰の主役である翁長知事とのかかわりにまで切り込まなければ県民が納得しない。

 

 

 【おまけ】

■虎の威を借りる狐(ふぐ?)の安慶田副知事

それを拱手傍観、野放しにした翁長知事の任命責任は限りなく重い。

産経新聞 2017.1.24 20:43更新
恫喝は日常茶飯事!? 教員採用依頼疑惑で辞任の安慶田光男沖縄元副知事 「門前払い」受けた職員も 

沖縄県の安慶田光男副知事

沖縄県の安慶田光男副知事

 

 沖縄県の安慶田(あげだ)光男・元副知事の働きかけを告発した前教育長が「恫喝(どうかつ)された」と証言したことは安慶田氏の専横ぶりを象徴する。県職員に対する恫喝は日常茶飯事で、辟易(へきえき)した職員は距離を置き、政策も安慶田氏に意のままに操らせる悪循環を招いた。「翁長雄志(おなが・たけし)知事が見て見ぬふりで虎の威を借る狐(きつね)に増長させた」と指摘する幹部もおり、翁長氏の責任も重い。

 「また怒鳴られた」。翁長県政の発足から2年余りで、職員からは同じ言葉が何度もつぶやかれていた。「狐に門前払いされた」と話す職員も少なくない。翁長氏との調整前に安慶田氏に突き返されたことを意味する。

 門前払いの代表はパイロット訓練が激減した下地島空港(宮古島市)の利活用事業だ。政敵の市長を利することは認めないと事業は停止状態に置かれた。

 安慶田氏は行政上必要とされる日程よりも政治的な日程を優先。職員が台風被災地の三役視察を求めようものなら怒鳴られるのがオチ。進言しないため災害復旧は常に後手に回った。

 威を借る虎は翁長氏だけではなかった。安慶田氏はある市の幹部に「長官とメールのやりとりをしているんだぞ」と携帯電話を見せ、菅義偉官房長官との交渉役であることを誇示した。那覇と名護を除く9市長が「反翁長県政」を貫くのは、こうした安慶田氏の態度に嫌悪感を抱いていることが大きく働いている

 安慶田氏の口利き疑惑は18日に沖縄タイムスが報じ、琉球新報も追随した。この地元2紙は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設阻止で翁長県政と共闘関係にあり、普段は県政擁護の記事ばかりだが、今回は不正を追及する姿勢に徹している。

 県政与党である革新政党の一部と安慶田氏の間には隙間風が吹いている。安慶田氏が辺野古移設阻止で埋め立て承認取り消しに続く対抗策を打ち出さないのは、菅氏との裏取引があるからだという不信感があるためだ。

 県議の一人は「今回の疑惑は氷山の一角」と指摘している。徹底的に究明されれば、任命権者の翁長氏の進退問題にも直結しかねない。県政与党側に翁長氏の後継は見当たらず、辺野古移設阻止に向けた勢いもさらに弱まることになる。

 それでもなお地元紙は疑惑を徹底追及するのか。安慶田氏の退場で翁長氏の支持基盤はどう変容するのか。そこが注目される。(半沢尚久)

今回の安慶田前副知事介入疑惑、共産党が仕掛けたという噂がある。
百条委員会設置を、どう共産党がかわすか。
興味深々。

「恫喝は日常茶飯事!? 教員採用依頼疑惑で辞任の安慶田光男沖縄元副知事 「門前払い」受けた職員も 2017.1.24 20:43」
http://www.sankei.com/politics/news/170124/plt1701240033-n1.html

>県議の一人は「今回の疑惑は氷山の一角」と指摘している。
>徹底的に究明されれば、任命権者の翁長氏の進退問題にも直結しかねない。
>県政与党側に翁長氏の後継は見当たらず、辺野古移設阻止に向けた勢いもさらに弱まることになる。
>それでもなお地元紙は疑惑を徹底追及するのか。


「自民沖縄、百条委設置を提案へ 副知事「介入」問題 2017年1月25日 08:04」
副知事疑惑 安慶田副知事辞任 安慶田光男 自民党 百条委
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/81288

>百条委は地方自治法100条に基づき地方議会が設置できる特別な委員会。
>特別な理由がなく出席や証言を拒むと禁錮刑や罰金を科されるなど強い権限を持つ。


「自民沖縄、翁長知事の責任追及へ「隠蔽と受け取られてもおかしくない」 2017.1.24 19:32」
http://www.sankei.com/west/news/170124/wst1701240089-n1.html

>自民党沖縄県連
>地方自治法に基づく調査特別委員会(百条委員会)設置を県議会で求める方針
>照屋守之会長は、諸見里明前教育長が「働き掛けを受けた」と改めた証言の概略が22日に翁長氏へ伝わっていたのに、24日までこの内容を発表せず、23日に安慶田氏を辞めさせて追及をかわしたと指摘。
>「隠蔽と受け取られてもおかしくない。知事の責任問題だ」と批判した。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【翁長県政崩壊】沖縄県教委... | トップ | 標的は翁長知事!安慶田「口... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (石垣島読者)
2017-01-25 14:37:08
放置網から「法治網」に移された「生き物語り」、

その一、アゲーブグのポン焼き上がり一丁!
 次の注文、オキナ鳥の串焼き、レホウナギの蒲焼、
 しばらくのお待ちを。


「真実は自ら語りだす」、「真実」は隠せないもの、その一例??

(替え歌で違法人に指示か?)冗談です。

二重どっこの唄(元唄水前寺清子「いっぽんどっこの唄」)

♪和服着てても 心は二重~
  どんな服より 似合ないが~
   代表とやは 二番じゃないし
     どんとやれ 今ならば~
      二番じゃやれないことをやれ~♪


その後、先日見つけた他ブログから抜粋しての転載です。

【二重国籍】民進党・蓮舫が日本人になりすまそうとしてするも
日本文化を全く理解出来ず醜態を晒すwww
http://seikeidouga.blog.jp/archives/1063909792.html


石井孝明? @ishiitakaaki
蓮舫のバッジの付け方、
たしかに和服に穴を開けるのは変だ。
レンタルの場合は特に。細かいことだが3点。

1・日本人の常識がない。
2・女性議員に友達がいない。
3・党と事務所の広報、スタッフに常識がない(党首になってからずっと感じてる)

14: 名無しさん@おーぷん:2017/01/23(月)10:50:16 ID:MBr

>>12
>>1でも実際のほかの和装の議員が例示されてるが

女性の場合は帯揚げにつけ
http://livedoor.blogimg.jp/seikeiwarosuwww/imgs/6/a/6a86cbe0.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/seikeiwarosuwww/imgs/4/1/41c6fbf7.jpg

男性の場合は組紐につける
http://livedoor.blogimg.jp/seikeiwarosuwww/imgs/2/f/2f5fb719.png

29: 名無しさん@おーぷん:2017/01/23(月)11:39:23 ID:B8l
稲田大臣の和服写真あった
http://livedoor.blogimg.jp/seikeiwarosuwww/imgs/b/0/b0b97157.png


以下、WEBニユースから

【参院代表質問】民進・蓮舫代表、カウンター不発 安倍晋三首相、上手の返り討ち
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%80%90%e5%8f%82%e9%99%a2%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e8%b3%aa%e5%95%8f%e3%80%91%e6%b0%91%e9%80%b2%e3%83%bb%e8%93%ae%e8%88%ab%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e3%80%81%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e4%b8%8d%e7%99%ba-%e5%ae%89%e5%80%8d%e6%99%8b%e4%b8%89%e9%a6%96%e7%9b%b8%e3%80%81%e4%b8%8a%e6%89%8b%e3%81%ae%e8%bf%94%e3%82%8a%e8%a8%8e%e3%81%a1/ar-AAmaLeH?ocid=DELLDHP17#page=2

民進党の蓮舫代表は24日の参院本会議で、安倍晋三首相への代表質問に臨んだ。
満を持して用意したのは、自民党への「ブーメラン返し」。
国会論戦でプラカードを掲げる民進党の手法を批判した首相の施政方針演説を逆手に取り、
野党時代の自民党も同様の手段に出たと攻撃した。
ただ、首相の切り返しのほうが一枚上手だったようだ。

(松本学)

昨年12月の党首討論以来となる首相との対決で蓮舫氏が持ち出したのは、
首相の演説の「言論の府である国会の中でプラカードを掲げても何も生まれない」という一節だった。
・・・・


長々と失礼しました。
Unknown (東子)
2017-01-25 17:36:38
「<社説>前副知事口利き 教育行政の独立性に疑問 実態解明へ第三者が必要 2017年1月25日 06:01」
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-432910.html

>諸見里氏の証言では、調査した指導統括監から「この件については、依頼などなかったとしてよろしいですか」と隠蔽(いんぺい)を図るような問い掛けもあったという。

黙っといてくれんか。


>今回の事態は知事が介入したわけではないが、平敷教育長は知事部局での経歴が長く、知事から直接任命された。

事件を起こさないのが、公務員の鑑。


「実名告発 転換点に 沖縄県副知事の口利き問題 知事に大きな痛手 2017年1月25日 06:30」
安慶田副知事 辞職 口利き 人事介入
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-432939.html

>だが状況が一変したのは21日。
>匿名で証言していた教育庁元幹部が一転して実名での証言をほのめかした。
>一部報道で情報提供者の元幹部が、教育庁の「否定」調査に異議を唱えた。
>実はこの日、諸見里明前教育長がそれまでの証言を翻して、安慶田氏の口利きを認める証言を公にすると教育庁に示唆した。
>平敷昭人教育長「委員会などで発言するのか」
>諸見里前教育長「どうしようかな。場合によっては何らかの形で表明するかもしれない」

「なんとか、諸見里前教育長に黙ってもらう方法はないか」と接触してみたが、(任期1年残しての交代を恨みに思ってか?)どうも、黙ってもらえないみたいだ。


>知事周辺にあった「(新聞の情報提供者が)実名で出てこられたりするようなことがあれば、議会対応などで(翁長県政は)厳しくなる」という懸念が現実のものとなったのだ。
>21日午後6時すぎ、安慶田氏は弁護士を通して翁長雄志知事に辞意を伝達し、週明けの23日に正式発表した。

(お前、止められんのか!と怒鳴られようと?)伝えなければ。


「決め手となった前教育長の新証言 「翁長知事がいつ知ったか」に質問集中 2017年1月25日 11:38」
副知事疑惑 安慶田副知事辞任 教員採用試験 翁長雄志
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/81289

>22日に届いていた諸見里氏の告発文の内容が、知事が改めて副知事の疑惑関与を否定した23日の会見で全く反映されなかった経緯にも記者の質問が集中。
>平敷教育長は「趣旨は知事に伝えたが何度も中断があり、細かい中身を伝える時間がなかった」と弁解し、内容を伝え終わったのは「知事の会見後だった」と述べた。

報告を聞こうとせず、遮って「お前が、なんとかしろ」と言われた?


>「知事は2回も事実に基づかない会見をした。教育長に責任はないのか」。
>記者からの追及に対しては「私にも責任はあるのではと思う」と神妙な表情を浮かべた。

諸見里前教育長を黙らせられないと悟った時から、そして、翁長知事が積極的に対策を立てようとしない姿勢から、自分は悪者になることははっきりした。


特オチの巻き返しか、新報の記事が裏に迫って、生々しい。
関係者に猛烈アタックか?
で、平敷教育長、自分だけ悪者は、嫌だーー。
だったら、どんどん裏話しちゃおっかな?
Unknown (東子)
2017-01-25 17:36:58
「盟友かばい続ける翁長知事 任命責任「自覚している」 2017年1月25日 07:50」
副知事疑惑 安慶田光男 翁長雄志
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/81285

>「教委からそういうものを聞かされているだけで、私からすると一貫して、本当に一貫してそんなことはないということだ」と最後まで安慶田氏をかばった。

安慶田氏をかばった?

悪いのは、嘘をついた安慶田前副知事。
悪いのは、告発文があると早く教えてくれなかった平敷教育長。
私(翁長)は、悪くな~~い。
寧ろ、被害者。

と、読、め、た。
Unknown (東子)
2017-01-25 17:37:33
「沖縄県ワシントン事務所長に運天氏 基地行政の経験豊富 2017年1月25日 06:30」
ワシントン駐在 沖縄県事務所 トランプ政権 基地問題
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-432938.html

>平安山英雄氏(68)の後任に知事公室参事兼基地対策課長の運天修氏を起用する方針

平安山英雄氏(68)、馘。



【参考】
「沖縄県ワシントン事務所長が「運営不能」と直訴 翁長雄志知事に不適正ビザ問題で 2016.9.29 01:25」
http://www.sankei.com/politics/news/160929/plt1609290004-n1.html


「再入国拒否「あり得る」 沖縄県ワシントン事務所長の不適正ビザ活動で 2016.12.8 17:25」
http://www.sankei.com/politics/news/161208/plt1612080023-n1.html
Unknown (東子)
2017-01-25 17:41:44
「[政なび]辺野古の民意示す「11班」 2017年1月25日5時0分
http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20170125-118-OYTPT50080/

>沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブ司令官室には、星条旗、部隊旗とともに、地元の辺野古地区から贈られた「11班」の班旗が並ぶ。
>歴代司令官が引き継いできた「友好」の証しだ。
>翁長氏の後ろ盾は県民の「民意」というが、辺野古の住民は長い年月をかけ、移設容認の「民意」を熟成してきた。
>沖縄は「辺野古反対」一色ではない。
>政府と県の対立をあおるだけでは、民意をくみ取ることはできない。
>(沖縄担当 松下正和)

辺野古11班のこと、沖縄では報道されないそうですが、本土では報道されています。
こういう報道と、タイムス、新報の温度差が、「ニュース女子」の内容にうなずかせる。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
"ミゾーユー"から"でんでん"へ (The Curation)
 現内閣で副総理となってる元総理の麻生太郎先生は総理在任中に「未曾有」を「みぞうゆう」とやって世の失笑を買いましたが、稲城市と町田市の間に在る川崎市の麻生区は「あさお......