狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

【発覚】東京新聞の望月衣塑子記者、陰湿な行為や香山リカ批判も

2017-02-20 05:23:42 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

東京新聞とはやはり摩訶不思議な新聞。

論説主幹が他局テレビの「ニュース女子」について「深く反省」という首吊り自殺を試みたり、平記者が首吊りの足を引っ張るガセ記事を書いてみたり。

そろそろご臨終も近いようだ。

東子さんのコメント。

「【発覚】東京新聞の望月衣塑子記者、陰湿な行為や香山リカ批判も 2017/02/12」
http://ksl-live.com/blog7626

>左翼界隈とIWJに媚びるためにニュース女子を批判しつつ、自社に関する不都合は隠す。
>事実より社の顔色を窺っていただけではないのか?


IWJと望月衣塑子氏
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%9C%9B%E6%9C%88%E8%A1%A3%E5%A1%91%E5%AD%90

望月衣塑子氏は司会者ではなく、インタビュー受けている。
主役である。
ここで答えていることは、「東京新聞の主張」と見て良いんだ。


そんな仲良しなIWJの顔に泥を塗るような回答をしたのが、東京新聞の深田実・論説主幹。

「東京新聞の論説主幹と私が話し合ったこと 「事なかれ主義」を強く憂慮する 長谷川幸洋 ジャーナリスト 東京新聞・中日新聞論説副主幹 2017.02.10]
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50947


「「IWJの報道が間違っている」!? 東京新聞論説副主幹・長谷川幸洋のコラムに徹底反論! 論説主幹との質疑内容を完全公開! 長谷川氏は「ニュース女子」問題の本筋に戻って説明責任を果たせ!(第15弾) 2017.2.11」
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/362820

>「IWJの報道が間違っているか、東京新聞論説主幹が嘘をついているか」――。
>IWJは長谷川氏がいうような「間違った報道」などしていない。 
 

 

【発覚】東京新聞の望月衣塑子記者、陰湿な行為や香山リカ批判も

  2017/02/12     2017/02/13

望月衣塑子
写真:ツイッター@ISOKO_MOCHIZUKI

ニュース女子の沖縄報道を巡り、東京新聞主幹様に媚びまくり副主幹の長谷川幸洋氏を罵倒しまくって売名した望月衣塑子記者がジャーナリズムに反する行為を行っていたことが当サイトの調査で判明した。
参考:「辛淑玉動画は捏造?」東京新聞望月衣塑子記者の擁護が苦し過ぎる

この記者、1月10日には東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が「ニュース女子」の司会であったことを確実に認識していたにも関わらず、東京新聞主幹が2月2日に謝罪文を掲載するまで、その事実を隠して延々とニュース女子批判を展開していた証拠が見つかった。
不都合な真実は隠しておいて、主幹様が登場した途端に後ろから石を投げる望月記者の陰湿さを示す証拠の数々をご覧ください。
※最後に、望月記者が香山リカ先生を猛烈にディスってる写真を貼っていますが、逸る気持ちを抑えて焦らずゆっくりと読み進めてください。

記事の続きは下部へ

望月記者が事実を隠していた証拠

2月2日、望月記者はツイッターで「裏付けのないヘイトを垂れ流した」「その理由に一切触れず、謝罪もせず問題をすり替えるな」と、長谷川幸洋氏を糾弾している。

 

しかし、望月記者の過去のツイートを時系列で確認してみると、同僚の長谷川幸洋氏がニュース女子の番組司会があったことには一切触れずに番組批判を展開している事が分かる。
東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏は「ニュース女子」で司会を務めており、放送や動画・写真を一回でも見ていれば必ず気が付いていたはずだ。司会として番組冒頭から登場している同僚に気が付かなかったなどという言い訳は通用しない。

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/gGnlO81rwcI?feature=oembed" frameborder="0" width="580" height="326"></iframe>

 

この番組を見ていれば長谷川氏の出演に気が付いて、すぐさま謝罪があってもおかしくないのだが、望月記者は津田大介氏が1月7日にニュース女子批判として紹介した番組検証記事をリツイートしていながら自身では一切言及をしていない。
ここで引用されているBuzzFeed記事内に長谷川氏の写真があるのだが、それにも気が付いていないということは、この記事を読まないどころか開くこともなく批判ありきでリツイートしているということだ。
望月衣塑子が津田大介の批判をリツイート

その数日後にはもっと決定的な証拠を残している。
司会をする様子のスクショ付きツイートに「いいね」してんじゃん!

その後も司会の長谷川幸洋氏が東京新聞論説副主幹であることを隠し続け、ニュース女子とDHC批判を延々と展開。

望月衣塑子 ‏@ISOKO_MOCHIZUKI 1月10日
#MX #ニュース女子 の高江検証のこの報道はあまりにも酷い?沖縄が本土の為に背負って来た歴史的な過去を無視した電波を使っての暴挙 東京新聞1月7日特報面 「沖縄ヘイト」蔓延 番組でレポーター井上和彦氏「韓国人・中国人はいるわ。こんな奴らが反対運動やってると沖縄の人は怒り心頭」?
https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/818648971832737792
望月衣塑子 ‏@ISOKO_MOCHIZUKI 1月10日
#MX #ニュース女子 の高江検証の報道があまりにも酷い?沖縄が本土の為に背負って来た歴史的な過去を無視し、電波を使っての暴挙 許し難い。東京新聞1月7日特報面 「沖縄ヘイト」蔓延 番組では元経産官僚の岸博幸氏が「実は沖縄の人は皆アメリカが好き」。沖縄の人への侮辱にしか聞こえない
https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/818650243562553345
望月衣塑子 ‏@ISOKO_MOCHIZUKI 1月10日
#MX #ニュース女子 の高江検証のこの報道はあまりにも酷い?沖縄が本土の為に背負って来た歴史的な過去を無視した電波を使っての暴挙 東京新聞1月7日特報面 「沖縄ヘイト」蔓延 番組で須田慎一郎氏はのりこえネットの辛淑玉氏を「在日韓国人差別と戦ってきたカリスマで金がガンガン集まる」
https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/818652554418491392
望月衣塑子 ‏@ISOKO_MOCHIZUKI 1月10日
#MX の #ニュース女子 の高江検証のこの報道はあまりにも酷い?沖縄が本土の為に背負って来た歴史的な過去を無視し電波を使っての暴挙。許し難い。 #IWJ の原記者が報道を詳細に検証。ヘイトと権力に媚びる報道を意図的に演出か。
https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/818639268327194626
望月衣塑子 ‏@ISOKO_MOCHIZUKI 1月10日
#MX の #ニュース女子 の高江検証のこの報道はあまりにも酷い?沖縄が本土の為に背負って来た歴史的な過去を無視し電波を使っての暴挙。許し難い。 #IWJ の原記者が報道を詳細に検証。ヘイトと権力に媚びる報道を意図的に演出か。
https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/818642512046735360
望月衣塑子 ‏@ISOKO_MOCHIZUKI 1月10日
#MX の #ニュース女子 の高江検証のこの報道あまりにも酷い?沖縄が本土の為に背負って来た歴史的な過去を完全に無視し電波を通じての暴挙。許し難い。沖縄の「沖縄の基地反対派は日当もらっている」MX報道その根拠となる取材と証拠とは
https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/818639268327194626
望月衣塑子 ‏@ISOKO_MOCHIZUKI 1月12日
1月12日MX TV 前で #ニュース女子 への市民の抗議行動が行われました❗️琉球新報が取材❗️ #DHC不買 の動きが広がってることに励まされます。本土の犠牲になり続けてきた沖縄、高江の人々を愚弄する番組作りは許せない
https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/819583178042023936
望月衣塑子 ‏@ISOKO_MOCHIZUKI 1月12日
来週の木曜日1月19日にも抗議運動とのこと❗️ #IWJ が1月12日の #MX TV 前での市民の抗議行動を取材、記事に❗️「人間の尊厳をかけた闘いを笑うな❗️」
https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/819586018818932737
望月衣塑子 ‏@ISOKO_MOCHIZUKI 1月20日
#DHCシアター の #ニュース女子 への回答酷い。 報道を名乗るな❗️3)基地反対派を取材しないのは不公平との批判に「暴力行為や不法侵入、不法占拠など数々の犯罪や不法行為する集団を内包し、容認する基地反対派の言い分を聞く必要はない」
https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/822419750768623616
望月衣塑子 ‏@ISOKO_MOCHIZUKI 1月20日
#DHCシアター の #ニュース女子 の批判への回答が酷すぎ。一体あの相手を全く取材しない「報道」番組のどこが「良質」となのか❗️「今後もこうした誹謗中傷に屈すること無く日本の自由な言論空間を守るため、良質な番組を製作して参ります」
https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/822421794581725185

望月記者は、長谷川幸洋氏が司会だったことを確実に知っていたのに、ずっとその事実を隠して
一ケ月後に気が付いたふり!
白々しいぞ!

 

左翼界隈IWJに媚びるためにニュース女子を批判しつつ、自社に関する不都合は隠す。事実より社の顔色を窺っていただけではないのか?
※2/13追記 facebookでは1/11と1/29、長谷川氏が司会であることに触れ「東京新聞と真逆の意見では肩書を使わないで」と、会社の主張に迎合する発言がある。よって、2/2の発言「彼が批判されるのは、社是と違う言論だからでなく」という部分は完全に嘘であることが判明。

長谷川幸洋は退職しろ!にいいね!

どうやら望月記者は長谷川幸洋論説副主幹の降格だけでは都合が悪いようです。
退職してもらわないとポストが空かないからですかねぇ?
こんなツイートに「いいね」してますねぇ、バレてますよ。

この他、2件の「退職しろ」という内容のツイートに「いいね」をポチっていることがリストから確認できる。可視化できるリツイートではなく、いいね!を押すことで「長谷川退職しろ!」という言説を煽るのはどうして?
貴方も東京新聞の社員なら、社外の人間が発した人事に関する批判に反応するのは止めておきましょう。東京新聞社員の自覚が疑われますよ。

イジメグループの下っ端のようだ

自社の上層部である長谷川幸洋論説副主幹が司会を務めていたのに、深田実主幹が謝罪記事を掲載するまでその事実には触れず、他の出演者や企業だけを批判するのはジャーナリストしてフェアな言説と言えるでしょうか?
また、長谷川幸洋氏が司会をしていたことに触れていない期間、第三者からはほぼ可視化されない「いいね」で他の批判者を煽る行為は陰湿としか言いようがない。
長谷川幸洋氏が出演していたことに触れる勇気がないのなら、大人しくしていればいい。事実を隠していた期間は陰湿な行為をして、主幹が長谷川批判を展開しだした途端、それに便乗して長谷川氏を公然と罵倒し始めるその様はイジメグループの下っ端のようだ。

もう、東京新聞であなたが記事を書いても信用はされない。さっさと退職して大好きなIWJにでも雇ってもらってはどうだろうか?

で、こんな香山リカ先生をディスるツイートをリツイートしてますが、何か恨みでもあるのでしょうか?やっぱり望月記者も、香山リカ先生の発言は「紛れもない威力業務妨害」だと思うのですね。
望月衣塑子が香山リカを批判

続報→東京新聞望月記者「社是に反するなら辞めろ」言論の自由に反する発言

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 産経が報道!「ニュース女子... | トップ | 辛氏の仲間が我那覇さん自宅... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2017-02-20 08:08:11
東京新聞の「謝罪」には、前振りがある。
「謝罪」を載せた2月2日の数日前(1月27日)に、「沖縄に対する差別と偏見を拡大する番組」とする、佐藤優氏のコラムを掲載したのだ。

佐藤優氏は、コラムで当該番組を批判すると同時に、「それとともに深刻なのは、長谷川幸洋氏がこの番組の司会を務めていたことだ。司会は番組の構成にも関与しているはず。長谷川氏は『東京新聞論説副主幹』という肩書きで出演していた」と指摘したのだ。
この内容で何も「処分」しないのは、おかしなことになる。
そして、司会者であっても「長谷川氏は『東京新聞論説副主幹』という肩書き」を使った、それが良くないという意見に↓のブログ主のように、賛同する人が結構多いと感じたのだろう。

「佐藤優と東京新聞と水道橋博士がめっちゃかっこいい件 2017/1/28」
http://www.sugano.ne.jp/2017/01/28/post-1439/


で、「謝罪」をやっちまった。
慰安婦問題で「直接関係なくとも、大きな心で罪を認め、謝罪すべき」と考えている東京新聞としては、安倍総理が「謝罪」をしないのを苦々しく思っているのと相まって、「手本を見せてやろう。直接関係なくとも謝ったら世間から称賛されたではないか」とやるつもりだったのではと、考えている。
ところが、どっこい。称賛どころか、非難の嵐。
当の長谷川氏から反論と「処分」の経緯まで暴露される始末。
長谷川氏の反論に称賛を贈る人も多い。

「筋違い」という嘲笑だけでなく、「言論封殺」「人権弾圧」という日ごろ安倍内閣に言ってきた言葉が、自分(東京新聞)に返ってきた。

「知らないから、左でない。知れば左になる」で「知らせる」ことに頑張ってきたのに、「知ったらますます左離れ」になっている現状を受け止められない左。
「左でない人は知的レベルが低い」と切り捨てきた相手に反論されて、「左でない人は知的レベルが低い」以外に返す言葉がないことに気づいて、愕然としているに違いない。
Unknown (東子)
2017-02-20 08:09:00
「那覇空港第2滑走路事業 総事局、岩礁破砕許可切れを認める 2017年2月17日 05:00」
那覇空港 滑走路 沖縄総合事務局
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/84569

>那覇空港第2滑走路の増設工事で、県の岩礁破砕許可が切れた
>総合事務局は1月10日付で県へ新たに許可を申請。
>県水産課によると、現在、審査中で許可にはいたっていない。
>国は現在、岩礁破砕を伴わない工事をしている。

辺野古埋立工事と同じ規模なので、那覇空港第2滑走路の増設工事が、よく引き合いに出される。
那覇空港第2滑走路で設計変更を認めて、なぜ辺野古は認めないのかなど。

今、辺野古阻止は知事権限しかない状態。
そこで、県(翁長知事)は、岩礁破砕許可の更新をしないつもり。
辺野古で許可しないで、那覇空港第2滑走路で許可はおかしいではないかと突っ込まれること必定。
そこで、那覇空港第2滑走路の岩礁破砕許可の更新もしないことにした?
Unknown (東子)
2017-02-20 08:09:20
先日、F15脱輪事故が那覇空港滑走路であった。
事故で滑走路は閉鎖になり、大混乱が起こった。
それに対して、

「那覇市議会、空港F15脱輪で意見書 意見まとまらず2案可決 2017年2月6日 12:00」
那覇空港 自衛隊 脱輪
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/82968

>那覇空港滑走路増設事業の早期実現を盛り込んだ自民会派案と、同空港の民間専用化を求める新風会など4会派案の両案

那覇市議会は、「民間専用空港にしろ」という後先考え無しの意見を全会一致で採択できず、「新滑走路の早期完成要請」も採択。


「那覇空港の第2滑走路早期完成を 豊見城市議会、F15脱で意見書可決 2017年2月10日 13:48」
那覇空港 航空自衛隊 F15 脱輪 滑走路閉鎖 豊見城市議会
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-442338.html

>事故の原因究明と那覇空港第2滑走路の早期完成を求める意見書を与党などの賛成多数(賛成15、反対7)で可決した。

豊見城市議会は、「事故の原因究明と那覇空港第2滑走路の早期完成を求める」至極真っ当な意見書を可決。


「沖縄県議会、那覇空港でのF15事故で意見書提案へ 2017年2月13日 12:04」
沖縄県議会 自衛隊 那覇空港
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/83984

>自衛隊機によるトラブルに抗議し、①原因究明と調査結果の公表②再発防止と安全確保への対策―を求めている。

沖縄県議会は、「民間専用空港にしろ」までの後先考え無しでは、ないようだ。
「新滑走路の早期完成要請」は、無し。
そりゃー、そうでしょ。
一方で工事に必要な「那覇空港第2滑走路の岩礁破砕許可の更新」を先延ばししていて、「新滑走路の早期完成要請」は、ないものね。


「辺野古の岩礁破砕許可の更新」を人質にとったので、「那覇空港第2滑走路の岩礁破砕許可の更新」も先延ばしにせねばならぬことになり、工事は遅れる。

「那覇空港第2滑走路事業 総事局、岩礁破砕許可切れを認める 2017年2月17日 05:00」
那覇空港 滑走路 沖縄総合事務局
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/84569

沖縄総合事務局の成瀬英治開発建設部長の

>県の強い要望を受けて始めた事業

の言葉、今後効いてくると思う。


辺野古と那覇空港第2滑走路のダブスタだけ解消しようとしても、根本の「他の基地移設は認めて辺野古だけ反対というそもそもダブスタ」が解消されていないから、どこまでもダブスタはついて回る。
Unknown (東子)
2017-02-20 08:09:57
2017年度沖縄県予算
大型MICE受入環境整備=14億900万円。

昨年度の予算では、
「沖縄県予算 最高の7542億円 MICE整備80億円 2016年度案 2016年2月5日 05:30」
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/23548

>経済振興では中城湾港マリンタウン地区への大型MICE施設の整備に向け、土地購入費など計80億円を計上。

80億円ついている。
だが、


「大型MICE用地購入費 一括交付金使えず 2016年9月10日 17時55分」
http://www.qab.co.jp/news/2016091083407.html

>県は大型MICE事業に絡む用地購入に一括交付金を使う方針でしたが、国が難色を示したことからおよそ50億円を県の借金にあたる「県債」で対応することがわかりました。
>そのため県は一括交付金の活用を断念し、用地購入費のうち50億円を県債で賄うことにしました。

↑のことから、予算80億円のうち土地購入に50億円予定していたことが、分かる。
残る30億円が、開発費?


2020年開業なら今年こそ本番なはずだが、冒頭に書いたように予算は14億900万円。
2016年度の30億円の半額だ。
しかも、14億900万円にMICEの見本市会場の建設だけでなく、「まちづくり、交通インフラ整備など」周辺の環境整備も必要だと。
「整備費用を規模拡張に伴い500億~700億円台に膨らむ想定」していたのにね……。



【参考】
段々規模が大きくなるMICE施設。

「沖縄MICE、展示面積を1.5倍に 3万平方メートルへ 2015年12月3日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=144164


「MICE施設4万平方メートル決定  展示場規模、国内5番目 2016年1月21日」
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-207539.html

>県は当初、展示場の規模を1万~2万平方メートルで検討してきた
>知事は経済界の意向を考慮し、3万平方メートルに広げることを判断
>400億円を見込んでいた整備費用は、規模拡張に伴い500億~700億円台に膨らむ想定となった。
>2020年度の供用開始予定に変更はない。


「沖縄MICE施設、県が基本計画公表 本体延べ床面積7万2千平方m 2016年8月2日 12:34」
西原町 与那原町 MICE
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/55419

>沖縄県は1日、与那原町東浜と西原町東崎地区にまたがるマリンタウン地区に2020年9月の開業を目指している大型MICE施設について、施設の整備基本計画を公表した。
>10月に事業者の公募手続きに着手し、来年3月に決定する。 
>整備基本計画によると、建設予定地の敷地面積は14・5ヘクタール。
Unknown (東子)
2017-02-20 08:10:14
「MICE整備の促進要請 サンライズ推進協 2017年2月17日 17:58」
MICE サンライズ推進協 マリンタウン
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-446330.html

>2020年度の運用開始を目指すための財源確保、まちづくり、交通インフラ整備などに対する積極的な取り組みを求めた。

えぇーーっ!?
財源確保?
500億~700億円台は、無し??


>翁長知事は「早期着工できるよう財源の確保などを積極的に取り組んでいきたい。大型MICE施設の完成による新たな東海岸の形成で、県全体の均衡発展につなげたい」と述べた。

と考えているのに、2017年度の予算の貧弱なこと(驚

「一括交付金を使えないことになった」だけでなく、「県は、仲井真県政時代から観光客誘致の目玉プロジェクトとして、収容2万人規模のMICE施設の2020年開業を目指し、国に沖縄振興交付金の要求を続けてきた」にもかかわらず、建設の本番になる2017年度の振興交付金に入らなかった。
3000億円台確保と、いかにも多くの振興予算をつけてもらっているようだが、翁長知事が要求するプロジェクトは、軒並み国に蹴られるという、予算を引き出す力無しということ。
経済発展の阻害要因は、基地ではなく翁長知事。



【参考】
「経済発展の阻害要因は、基地ではなく翁長知事」を早くから悟った首長は、翁長知事に要請ではなく、菅官房長官か鶴保沖縄担当大臣に要請。
島尻氏を追い出して、伊波氏取り換えに成功したと意気揚々の「オール沖縄」に支えられる翁長知事だが、伊波氏が中央で翁長知事の力になることの何かする力があるか?


「尖閣資料館など9項目 市町会、鶴保大臣に要請 2017年1月22日」
https://www.yaeyama-nippo.com/2017/01/22/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%B3%87%E6%96%99%E9%A4%A8%E3%81%AA%E3%81%A9%EF%BC%99%E9%A0%85%E7%9B%AE-%E5%B8%82%E7%94%BA%E4%BC%9A-%E9%B6%B4%E4%BF%9D%E5%A4%A7%E8%87%A3%E3%81%AB%E8%A6%81%E8%AB%8B/


「中台との漁業協定見直しを 浦崎副知事や上原会長ら要請 2017年2月17日」
https://www.yaeyama-nippo.com/2017/02/17/%E4%B8%AD%E5%8F%B0%E3%81%A8%E3%81%AE%E6%BC%81%E6%A5%AD%E5%8D%94%E5%AE%9A%E8%A6%8B%E7%9B%B4%E3%81%97%E3%82%92-%E6%B5%A6%E5%B4%8E%E5%89%AF%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E3%82%84%E4%B8%8A%E5%8E%9F%E4%BC%9A%E9%95%B7%E3%82%89%E8%A6%81%E8%AB%8B/


お仲間の平良朝敬氏も、直言できるチャンスを捉えて、直訴。

「那覇から北部が近くなる? 沖縄担当相に観光プロジェクト提案 沖縄観光コンベンションビューロー 2017年2月18日 05:00」
沖縄観光コンベンションビューロー 鶴保庸介 平良朝敬
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/84745
Unknown (東子)
2017-02-20 08:10:41
「沖縄の浦添・宮古島両市長、自民の支援へ謝意 2017年02月17日 18時09分」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170217-OYT1T50080.html

>沖縄県浦添市の松本哲治、同県宮古島市の下地敏彦両市長が17日、菅官房長官や自民党の二階幹事長らに両市長選での勝利を報告し、支援への謝意を伝えた。

このニュースは、首長の公約の実現に今後も自民党の中枢の支援があることを、示す。
二階幹事長は、翁長知事に敵対する態度を取らない。


「「基地過重負担に配慮を」 翁長沖縄知事、二階氏と会談 2016年12月26日 12:08」
翁長雄志知事 翁長知事 二階俊博自民党幹事長 オスプレイ墜落 安全保障
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-418056.html

>翁長雄志知事は26日午前、来県中の二階俊博自民党幹事長らと知事公舎で会談した。
>翁長知事は、2017年度の沖縄関係予算案や税制改正への対応に感謝を表した上で「オスプレイが墜落し、県民の不安と怒りは頂点に達している。米軍基地も沖縄からすると過重で配慮いただきたい」と述べ、日本の安全保障を日本全体で考えるよう改めて求めた。
>これに対し二階幹事長は「できる限り沖縄の皆さんの心に寄り添って日本の安全保障、戦後のたくさんの課題を負っていただく沖縄に対して自民党が何をなすべきか常々仲間の間で議論している。たくさんの課題を抱えていただいており、与党としてしっかり要望にお応えしていけるようにしたい」と応じた。

寧ろ味方のように接しているが、翁長知事の要望に具体的には何一つ応えていない。
だが、それを翁長知事は非難できない。
まやかしの絆でも、県民には自民党と絆があるように見える唯一の絆だから失えない。
でも、二階幹事長に少しでも頼れば↓

「自民、沖縄県酒連に党組織創設を提案「酒税軽減延長に有利」 2016年11月26日 12:02」
泡盛・ビール・酒造業 自民党 酒税
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/72871

>県酒連は酒税軽減措置が17年に期限切れとなるため、これまでに自民党本部の二階俊博幹事長、武田良太副幹事長らと県内と党本部で複数回会談し延長を要請。

「酒税軽減措置延長」を二階氏に持ち込んだのは、沖縄側。


>二階幹事長は当初、会談の中で酒造関係者の党員を拡大するよう求めていた。
>その後、幹事長側が県連を通じ、酒造業界側に県酒連を母体に政治団体を立ち上げ支部とするよう打診。
>自民は党勢拡大と同時に、支部という党の関係組織となれば、酒税の延長で党本部により強く業界の要望を伝えられるとしている。
>また、中小規模の酒造業者の意見をくみ上げることが酒造業全体の支援につながるとの狙いもある。

自民党の勢力拡大を恐れた「オール沖縄」」の意向(?)に沿ったか、立ち消えに。
全ては、翁長知事との交渉に留まるのではなく、税制など国の仕組みに関係することは国との交渉が必要なのだから、翁長知事と「オール沖縄」の国会議員が、中央で自民党に影響力を及ぼせるなら、「オール沖縄」」の意向(?)に沿うのもありだ。
が、力が無いのに、県内の勢力だけで止めるのは、如何にも近視眼的。
Unknown (東子)
2017-02-20 08:36:55
「宮古・浦添市長選 オール沖縄”連敗の衝撃” 2017年2月17日 18時40分」
http://www.qab.co.jp/news/2017021787970.html

>12日に行われた、浦添市長選挙。
>これまでのオール沖縄への追い風を読み違えていたことは明らかでした。
>赤嶺昇又吉健太郎陣営選対本部長「しかしこれだけの票差になってくると、これはもう民意ですので。枠組みは良い分、もしかすると足し算とか、これで大きな票になるっていう。その部分が私たちにとっては油断になったのかもしれない」
>又吉さん陣営がいう「足し算」とは、去年の県議選で、浦添市区から出馬した県議のうち、又吉さんを支援した県議らが得た得票数、およそ3万票のこと。
>しかし又吉さんの得票は、2万2千票という結果に終わりました。

理念がない野合は、支持されない。
「オール沖縄」は、辺野古阻止の一点だけでくっついている理念なき野合。

野合するそれぞれの集団は、「オール沖縄」の集団を自分たちの集団の勢力拡大に利用しようするので、益々、理念が分かれてしまう。
野合ゆえに抱えるジレンマ、悩み。
今のところ、野合するどこの集団も「オール沖縄」の集団を自分のものできていない。
つまり、抜きん出た強い集団がいないということ。
言い換えれば、覇権争いに暮れている。
全ての政策が、覇権争いの種になる。

野合のジレンマを有権者に隠すことができている間(例えば、知事選のころ)は「足し算」になるが、理念なき野合ゆえ、なんの政策も進まないので、「オール沖縄」を形成するどこの集団も不満。
Unknown (東子)
2017-02-20 08:37:15
「辺野古が人質」になっているなら、「辺野古反対」で全てを押さえることができた。
が、「辺野古」は人質になっていない。
そうなると、逆に「辺野古反対」で全てが止まってしまう。

コメントを投稿

マスコミ批判」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL