狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

復帰後の米軍凶悪犯、沖縄県人との人口比3.5倍 沖縄タイムス調べ

2016-06-17 19:20:09 | ★米兵事件
 

お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

 

 

復帰後の米軍凶悪犯、沖縄県人との人口比3.5倍 本紙調べ

沖縄タイムス 2016年6月16日
 
 本土復帰の1972年から2015年の44年間で、沖縄県警が摘発(逮捕)した殺人、強盗、放火、女性暴行の「凶悪犯」の人数は人口1万人当たりの平均で「米軍関係者」は3・39人で、「県人等」0・98人の約3・5倍に達していることが15日、沖縄タイムスの調べで分かった。
 
 摘発総件数は減少傾向にあるが、人口比では復帰から現在に至る各年代で、米軍関係者の割合が県人より2倍以上高い状況が続いている。

 県警の「犯罪統計書」(1972~2014年版)と県警ホームページ「犯罪統計資料」から、米軍人・軍属、家族の「米軍関係者」の摘発人数を集計。

 米軍関係者を除く県人や観光客、在住外国人などを含む「県人等」と比較した。

 復帰直後の1970年代は社会情勢が不安定になり、凶悪犯も増加した。72~79年の「米軍関係者」の凶悪犯摘発数は69~29人で推移。70年代の人口1万人当たり平均では「米軍関係者」が10・35人で「県人等」2・17人の約4・8倍に上っている。

 当時は全逮捕者の約10人に1人が米軍関係者。凶悪事件が頻発し、県警も「(米軍関係者の)凶悪犯は一般人より比率が高い」(80年、犯罪統計書)と警戒していた。

 「県人等」との比率は80年代に3・71倍、90年代に2倍に下がったが、近年10年では2・3倍と再び、高まる傾向となっている。米軍犯罪が起きるたびに、インターネット上などでは「米軍関係者の犯罪数は県人に比べて少ない」との指摘もあるが、凶悪犯の発生率は米軍関係者の方が高い。

 統計は県警が摘発した数で、基地内で発生した事件や、基地に逃げたまま逮捕できないケースは数値に反映されない。米軍事件の実態は、統計より深刻な可能性が高い。

                     ☆

沖縄タイムスの涙ぐましい意図が見え見えの「印象操作記事」である。

賢明な読者なら決して騙されることのない沖縄タイムスの意図とは何か。

「米軍関係者」の凶悪犯をできるだけ多く印象付けて、逆に「県人等」の凶悪犯をできるだけ少なく印象付けしようとするもの。

典型的な例が、民間会社に勤務する民間人の「元海兵隊員」を「米軍関係者」に分類する卑劣な手口だ。 この手口で分類したら、米兵を父の持つ玉城デニー衆院議員も「米軍関係者」だし、その家族もすべて「米軍関係者」ということになる。

この単純な手口とは別に、沖縄タイムスは「数字のマジック」を駆使して「米軍関係者の凶悪犯」をできるだけ多く印象つける必死の悪足掻きをみせてくれている。

逆に「県人等の凶悪犯」は、できるだけ少なく見せようと・・・・嗚呼!泣けてくる。

以下は東子さんの関連コメントである。

 

数字のマジック。


①「県民等」の分母を大きくして人口比で大きく見せる。

「復帰後の米軍凶悪犯、沖縄県人との人口比3.5倍 本紙調べ 2016年6月16日 05:01」
統計・調査 注目 事件・事故 社会・くらし

>米軍関係者を除く県人や観光客、在住外国人などを含む「県人等」と比較した。

同じ件数(分子)でも、分母が大きければ、人口比は小さくなる。
と言っても、米兵5万人と140万人の県民と比べてなら、まだ理解できる。
だが、「観光客、在住外国人などを含む」で比較?
観光客は550万人以上。
県民の4倍で薄めて、3.5倍。
薄めないなら、「復帰後の米軍凶悪犯、沖縄県人との人口比」0.7となる。


②件数をカウントする期間を件数の多かった復帰後すぐからにして犯罪件数を多くする
 (復帰前は日本政府が米国に申し入れができなかったので野放しとも言えた。が復帰後は日本政府日米で話し合いを持ち、件数低下に努力している)

「沖縄の米軍属の犯罪の推移をグラフ化して驚く 2015年6月16日」
https://www.landerblue.co.jp/blog/?p=20429



【参考】
集計の仕方によっては、基地米兵の犯罪率 0.14%~0.16%


「被害者ぶる沖縄~基地米兵の犯罪率~ 2012-03-01」
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/e04c466d7ec732d4a074cae0d7d52052

>米軍 @ 沖縄     0.14%    刑法検挙人員/滞在数


「 犯罪率・在日米軍、在日韓国人(朝鮮人)、沖縄県民など比較・基地がなくなっても犯罪はなくならない 2016/5/22(日) 午後 6:18」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/49309162.html

>・米軍
>42÷25993×100=0.16%
>・沖縄県民
>5058÷1401730×100=0.36%
>・結論
>沖縄県民の犯罪率は、対沖縄米軍比で225%(2.25倍)。

先月発覚したうるま市女性遺体遺棄事件は「米軍関係者」が容疑者だが、米兵の犯した殺人事件は21年ぶりといわれるが、沖縄県人の殺人事件はこの20年間に数え切れないほど起きている。

 

【おまけ】

米軍関係者の凶悪犯、沖縄県人等の2.3倍 全刑法犯では逆転

2016年6月11日 16:42
 
県警が摘発した凶悪犯の数を米軍関係者と県人等で比較

●1万人当たりでは米軍関係者は1.03人で県人等0.45人の2.3倍だった

●窃盗なども含めた全刑法犯で比べると米軍11.24人、26.61人だった

米軍人・軍属・家族と県人等の凶悪犯摘発人数の推移

米軍人・軍属・家族と県人等の凶悪犯摘発人数の推移

 

沖縄県警が2006~15年の10年間に摘発(逮捕)した殺人、強盗、放火、女性暴行の「凶悪犯」の人数は、人口1万人当たりの平均で「米軍関係者」が1・03人となり、「県人等」0・45人の約2・3倍に上っていることが10日、沖縄タイムスの調べで分かった。米軍事件をめぐっては「県民の方が犯罪数が多い」との指摘があるが、人口当たりの統計で見ると、凶悪な犯罪ほど米軍関係者の摘発数の割合が高い。(社会部・新崎哲史)

» 沖縄米軍関係者の凶悪事件 本土復帰後571件検挙

 犯罪の約7割を占める窃盗なども加えた「全刑法犯」では、「米軍関係者」11・24人、「県人等」が26・61人で逆に「県人等」が2・4倍高かった。

 県警の犯罪統計では、米軍人・軍属、その家族の「米軍関係者」の事件数と摘発人数を年ごとにまとめている。

 「凶悪犯」を見た場合、統計によると06~15年の10年間の摘発人数のうち、「米軍関係者」は年に0~13人とばらつきがあり、計46人。米軍関係者を除く県人や観光客、在住外国人などを含む「県人等」は年42~90人の計620人が摘発されている。

 合計数だけを見れば米軍関係者の摘発者数が少ないが、「1万人当たりの摘発人数」でみると、「米軍関係者」は年0~2・89人、「県人等」は年0・3~0・65人と「米軍関係者」の割合が高い。

 米軍関係者の逮捕者がゼロだった年を含む12、13、14年の3年間を除き、各年の摘発人数は「米軍関係者」が2倍以上高く、10年間の平均では2・3倍の開きがあった。

 

 

 次の記事は公的機関の発表ではなく、サヨク女性団体の発表をそのまま記事にしてあるところがミソである。

米兵の性犯罪、赤ちゃんも被害 「暴力の歴史」続く沖縄2016年6月14日

  • 女性団体が戦後の米兵による性犯罪を掘り起こし年表にしている
  • 生後9カ月の乳児が襲われるなど、目を背けたくなる事件が続く
  • 捜査が行われたかどうか、処罰されたかどうか、不明な事件も多い
 

「沖縄・米兵による女性への性犯罪」(12版、抜粋)

「沖縄・米兵による女性への性犯罪」(12版、抜粋)

1995年の米兵暴行事件をきっかけに発足した「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」(高里鈴代、糸数慶子共同代表)が20年間、続けていることがある。沖縄で起きた米兵による女性への性犯罪を掘り起こし、年表にまとめる作業だ。年表には、畑や自宅など生活の場から拉致され、暴行され、殺害されるなど、沖縄の女性が受けた暴力の歴史が連綿と記録されている。暴行被害者の最年少は生後9カ月の女児だ。ウオーキング中の女性(20)が被害者となった元米兵暴行殺害事件が新たに加わった12版がこのほど発行された。(学芸部・高崎園子)

» 「被害者は私だったかもしれない」女子大生、震える声

 

 年表は「沖縄・米兵による女性への性犯罪」と題し、新聞や書籍、琉球政府や市町村史などの文書資料のほか、証言をもとに戦中から現在まで、沖縄で起きた性犯罪の概要やその後の処罰をまとめている。

 長い間、口を閉ざしてきた本人や家族が、数十年後に重い口を開き明らかになった事件などが、版を重ねるごとに加わって件数が増え、第1版(96年2月発行)の7ページから、12版は27ページに増えた。

 終戦後は、農作業中やその帰路に米兵に襲われ、暴行される事件が頻発。50年代にかけては、住居侵入による事件が増える。ベトナム戦争時の60~70年代には、飲食店で働く女性が絞め殺されたり、ナイフでめった刺しにされるなど、猟奇的な事件が数多く起きている。

 集団暴行事件も多く、事件の件数より、加害者の数が圧倒的に多い。48年9月には、20歳の女性が20人以上の米兵に暴行される事件が起きている。

 捜査が行われたかどうか、また、容疑者が特定された場合でも処罰されたかどうか「不明」な事件が大多数を占める。成人女性だけでなく、乳幼児から学生まで、子どもの被害者も多い。

 年表に関する問い合わせは、「行動する女たちの会」事務局、電話098(864)1539。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 舛添氏の百倍の売国知事、翁長氏 | トップ | 係争委、判断を逃げる!どっ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無邪気な県民 & 切実な県民 (清島清)
2016-06-17 19:40:05
沖縄タイムスを購読する性質の沖縄県民は、殆ど この数字を鵜呑みにするだろう。
物事を俯瞰から観る事が出来ない単純で無邪気な県民が如何に多いことか。

----

今日、石垣市長が県庁を訪れ、中国による生命財産の脅威を訴えに来たが、対応したのは安慶田フグ知事。
本来なら翁長が対応すべきではないか。

発狂二紙は明日の紙面に、この訴えをどの位のサイズで扱うだろうか。
単純で無邪気 は使いよう (清島清)
2016-06-17 20:27:36
単純で無邪気な私は、発狂二紙の言うことを鵜呑みにしたコテコテの左翼だった。

しかし、ネットに出会い真実を知って、1日で愛国心溢れる反左翼の人間に変わった。


【県民の皆様へ】
単純で無邪気な人に真実を伝えよう!

ネットを見せたり プリントして配ったり、
youtubeを録画してDVDにして配ったり、
スマホでyoutubeを聞かせたり。

単純で無邪気な人は使いよう ですヨ。
Unknown (八重山)
2016-06-17 23:58:11
>今日、石垣市長が県庁を訪れ、中国による生命財産の脅威を訴えに来たが、対応したのは安慶田フグ知事。
本来なら翁長が対応すべきではないか。

石垣市長が中国の脅威を訴えるなら、石垣島の自衛隊配備を急ぐべきではと思うのですが。
在沖米軍がいても中国はどんどん威嚇してくるが、米国は傍観だし、政府は懸念程度でたいしたこともしないし。
石垣市長は、翁長知事に何を訴えたかったのでしょうか。
なぜ政府に自衛隊配備を急がせないのでしょうか。
Unknown (東子)
2016-06-18 08:17:47
タイムス、新報のやり方は「平和を愛する善意」に漬けこんで、少しでも戦争に関係しそうな物は全て悪としてきた。
全てだけでは足らず、捏造、歪曲、隠蔽をしてきた。
これが、許せない。
Unknown (東子)
2016-06-18 08:18:54
「急いては事を仕損じる」、この一言に尽きると思います。

議会で決まろうと、住民投票で決まろうと、反対派は民主的手続きを踏んだことをちゃぶ台返しするのは、平気。
「諦めない、勝つまでは」の精神です。
自分たちの意見が通るまで、蒸し返し、ひっくり返すことを公約に平気で入れる候補を非難するどころか英雄視する風土。

反対派が自衛隊駐屯が決まった後に、たとえちゃぶ台返しを試みようとも大きな火にならないようにするには、盤石な手続きの進行が必要。
石垣、宮古の人達も、自衛隊の必要性を肌で感じているが、まだまだ「基地=悪」が前提の今の空気の中、基地を誘致した人達と呼ばれて悪者扱いされるのは、嫌だ。
「基地=悪」が薄まることが必要。
それには、時間。
それと、翁長知事の「県民の生命と財産を守る」と言いながら、矛盾する行動をする翁長知事の「変さ」を浮き彫りにすること。
Unknown (八重山)
2016-06-18 11:15:05
>石垣、宮古の人達も、自衛隊の必要性を肌で感じているが、まだまだ「基地=悪」が前提の今の空気の中、基地を誘致した人達と呼ばれて悪者扱いされるのは、嫌だ。
>「基地=悪」が薄まることが必要。
それには、時間。

時間さえたてば自衛隊反対も薄まるだろうというのは、危機感を肌で感じている割に無策であり呑気すぎる気が。

石垣市長は、自衛隊賛成で悪者になりたくないから、翁長県政に責任を擦り付けることが目的なんですね。
Unknown (ウチナー鬼女)
2016-06-18 16:56:23

6月18日NHK正午のニュースによると
昨夜、名護市屋内運動場で島袋さんの「追悼集会」が開かれたそうです。
えーっと…(・。・;
以下の事件で「追悼集会」開催されましたか?名護市内で起きた「悲惨」な事件の一つだと私はおもってます。

井戸に落とし知人殺害容疑、41歳男酒で口論の末

沖縄県警名護署は18日、同県名護市屋部、土木作業員比嘉司容疑者(41)を殺人容疑で逮捕したと発表した。
発表によると、比嘉容疑者は17日午後1時半頃、自宅で、近所に住む知人の平良政博さん(60)の顔面を殴り、敷地内の井戸(深さ約2メートル)に落として殺害した疑い。
比嘉容疑者と平良さんは飲み友達で、知人ら数人と酒を飲んでいたところ、口論になったという。
通報で駆けつけた同署員が平良さんを井戸から救出して病院に搬送したが、平良さんは約4時間半後に死亡が確認された。
比嘉容疑者は犯行当時、酒に酔った状態で、「(犯行について)よく覚えていない」などと供述しているという。
同署は18日午後に司法解剖を行う。
(2014年1月18日 読売新聞)
以上引用終わり

名護市内で起きた「陰惨」な少女強姦殺人遺体遺棄事件

平成8(1996)年6月21日、沖縄県名護市の農道で中学校からバレー部の練習から帰宅する途中の中学3年生Aさん(当時15)に、元建設作業員の柳末盛(当時38)と上野勝(当時37)が道を尋ねる振りをしてワゴン車を降り、隙をみてAさんを拉致して車に押し込めた。
車を国頭村の私道へ移動させ、嫌がるAさんを強姦。財布の金200円を奪った上、泣きながら命乞いをするAさんの手足を押さえつけ顔に石を何十回と振り下ろし、ロープで首を絞めて殺害。ガードレール下の崖へ遺体を投げ棄てた。
犯行の様子は近所の男性によって目撃されている。
自転車に乗るAさんに白いワゴン車から降りてきた男2人が近づき車へ押し込めた。
悲鳴が聞こえ男性は現場へ駆けつけるが間に合わなかった。
すぐに警察へ通報し、沖縄県警は緊急配備を敷くもAさんの行方は発見できず、8日後には公開捜査で広く情報を求め、異例の捜査本部を設置。
住民らも捜索を行い、当時の太田沖縄県知事も会見で情報を求めた。
米軍兵士の犯行も疑われ、基地内の捜索を駐留米軍に要請するも断られるなど捜査は難航していた。
一方犯人の2人は犯行後国頭村のビーチで遊んだ後辺戸岬の山中にワゴン車を隠し、100キロもの道を歩いて那覇市内へ。その後別行動を取り上野は県内に残り、柳は本土へ渡るが、車輌窃盗で指名手配されていることを知ると種子島で出頭。
同事件を自供し、柳の供述によりAさんの白骨化した遺体が発見された。
遺体の首にはロープがかかったままで、カバンなどが散乱していた…
上野も翌9年1月に浦添市内の市営球場で野宿している所を逮捕された。
裁判では検察が死刑を求刑するも計画性がなく被害者が1名であることから地裁・高裁とも無期懲役判決となり1999年刑が確定している。
以上引用終わり

この事件に関連するネット民による記録

閲覧注意(心情は理解できるが、かなりきつい表現です。在日認定などヘイト?)

沖縄女子中学生拉致強姦殺人の在日柳末盛 上野勝は死刑にならない異常な沖縄の裁判所と糞弁護士は左翼と朝鮮人http://birthofblues.livedoor.biz/archives/50443094.html
柳末盛 上野勝 糞弁護士も死刑にしたい糞弁護士が被害者の親の前で無期懲役でガッツポーズと人として最低な屑 普通死刑だろ!?
同じような事件の三島女子短大生拉致殺害事件は死刑ですでに死刑執行なのにこのキチガイ沖縄裁判所も弁護士も帰化朝鮮人と左翼!?日教組が多い
この糞弁護士は自分の娘が同じ殺され方して無期懲役だったらどうするのか
柳末盛は家族がいてしかも娘がいたのにこんな酷い事を女子中学生にやったわけ!?マジで死んでくれ
上野勝と糞弁護士と柳末盛とその娘は同じころされ方され死んでほしい
後こういった凶悪犯の親せきとか親とか家族はどうしてんの!?加害者も生きてて恥ずかしくないのか!?
マスゴミは一部の米兵のレイプを叩いて米軍出て行けと言う癖に日本人と在日によるこんな酷い残忍な事件を叩かない
罪のない何の落ち度のない人が酷い殺され方してそんなことする悪魔、ごみを税金で数十年飼って釈放する、こんな化け物を釈放するな死刑か完全終身刑以外ないふざけた法律

在日の強制連行は大嘘
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n110182

韓国の異常な性犯罪
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n135640
在日米軍よりも在日レイプ多いから出て行けと叫ぶべき!

朝鮮総連が拉致関与
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n110633

女子高生コンクリート殺人犯の加害者の家族が嫌がらせされ何回も引っ越してるらしいけど沖縄女子中学生拉致強姦殺人犯とその糞弁護士にも誰か嫌がらせしてほしいです

補足
しかし、酷い親だからこういう屑が育つんですね
http://ameblo.jp/satsujin/entry-10574305562.html
こんな酷い最低な男と結婚した女って神経大丈夫なんですかね
女子高生コンクリ殺人犯が娘に同じことやりそうで怖い
この沖縄女子中学生拉致強姦殺人犯の糞弁護士 被害者に落ち度があったと被害者の親の前で誹謗中傷
一番弱い立場は被害者の遺族その人権を踏みにじる 死刑以外ないな
その糞弁護士なんていうの名前分からないです
共感した
0
2013/07/27 01:44
7,7
以上引用終わり

「 当時の太田沖縄県知事も会見で情報を求めた 」とある通り、この 事件は太田県政の 平成8(1996)年6月21日に起きてます。
あの米兵少女暴行事件の翌年です。1年もたってない!
※「 沖縄米兵少女暴行事件 -Wikipedia
1995年(平成 7年)9月4日に沖縄県に駐留するアメリカ海兵隊員2名とアメリカ海軍軍人1名の計3名 が、12歳の女子小学生を拉致した上~ 」

上記の「伊地美香さん殺害事件」で「県民大会」なるものは開かれたのでしょうか?「在日でてけ!」という抗議集会は開かれたのでしょうか? 名護市内で「追悼集会」なるものは開かれたのでしょうか?

因みに「島袋さん追悼集会」会場玄関口に立てられた看板には「チラシ配布 のぼり持ち込みご遠慮下さい」とある。わざわざ、こんなお断りを掲げなければならない「追悼集会」って…(T_T)

19日の「県民大会(?_?)」なるものが、「追悼」などでなく「政治利用」であると叩かれたのを受けて、急遽開かれた感が否めない、矢張、「政治利用」でしかない「追悼集会」ではないですか?
一体、いつから、沖縄県民は、こうなってしまったのか?「反米」「被差別」感情は昔からあったが、人の死を「政治利用」する感覚までは持ち合わせてなかった気がする。学校初め、家庭、社会(メディア等による)教育って大事だなと、つくづく感じる今日この頃です(;・ω・)
Unknown (amai yookan)
2016-06-19 07:57:18
お〜い糸満市よ、どこえ行く!

防災無線で『あすの、奥武山の県民大会に参加して日本政府に沖縄の米軍基地撤去の意思を皆んなで伝えましょう!(筆者、主意まとめ)』との放送があった。

あれれ、おれは米軍基地撤去なんて微塵も思っていないのに、なんてこったい!大方の市民もそーだろー

勝手に・公の機器を使って・公の役所が・やってよいことか!

    

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL