狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「腹八分腹六分」の化けの皮を剝かれた翁長知事

2016-12-06 08:52:43 | 高江ヘリパッド

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

 100万アクセス達成のため拡散を!

 

祝!80万回アクセス達成!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

■御知らせ■

美しい日本の憲法を作る

【憲法公開学習会 IN 琉球大学】

トランプ大統領が1月に誕生します。

世界は変わって、日米安保も見直される可能性出てきました。

 

中国が沖縄の領有権を主張してますが、この沖縄を守るためには、国防の強化を勉強する必要あります。

 

その要である、憲法を勉強しましょう!

 

 百田尚樹らの憲法ビデオも上映予定です。

 

 参加費無料です。ぜひ誰でもおいでください!!!!

      

●日時  2016年12月14日 19:00 - 21:00

 

●場所  琉球大学工学部 1号館3F 322教室  地図

●会費  無料

●主催  ファイヤー和田 知久 琉球大学 工学部 情報工学科 教授
(兼)琉球大学 評議員、工学部 副学部長
〒903-0213 沖縄県西原町千原1番地

E-mail: wada@ie.u-ryukyu.ac.jp

 

FaceBookPage
https://www.facebook.com/events/196474700759769/

 http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~wada/Welcome.html

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

機動隊「土人」発言は、「オール沖縄」を支援する沖縄2紙に取って追い風となるはずだった。

ところが、「ノーカット版動画」の配信などネットの驚異的普及により、沖縄2紙が報じる「抗議する市民」が実は、ヤクザも真っ青の極左日応力集団であることが判明。 沖縄2紙が報じる「高江の真実がデタラメ報道であることが国民の目に晒された。 以後、沖縄2紙が高江騒動を報じれば報じるほど自ら墓穴を掘る結果となった。

そして沖縄2紙にとってもう一つの想定外は県警が「市民ら」の違法行為に対して厳正な取締りを開始、違法テントの家宅捜索や違法行為に対する逮捕者が続出したことだ。

いくら「市民ら」が「高江の森にオスプレイは要らない」などとシュプレヒコールで拳を突き上げをしたところで、県警が本気で取り締まれば烏合の衆の空威張りにしか映らない。 

無法者には粛々と逮捕で臨むだけだ。

そもそも「根っからの保守」を自認する翁長氏が共産党、社民党ら極左勢力の担ぐ「オール沖縄」の神輿に乗ったかとが矛盾の始まりだった。

翁長知事の化けの皮が剥がれる式典、そう、北部訓練場の「返還式」は、目前に迫っている。

返還式は「腹八分腹六分」の矛盾が露呈する式典でもある。

 

<米軍ヘリパッド>抗議市民ら「高江の森にオスプレイは要らない」

 東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に反対する市民らは5日、米軍北部訓練場のN1ゲート前で約150人が座り込んでいる。午前から午後2時までの間に、同ゲートからトラックなど工事車両は基地内に入っていない。

米軍北部訓練場へのヘリパッド建設に反対し座り込む市民ら=5日、東村高江

 小雨が降る中で座り込み、集会を開く市民からは「高江の森にオスプレイは要らない」「やんばるの森を壊すな」と訴えた。

 ヘリパッド建設を条件に、日米両政府が22日に訓練場の一部返還に伴い、開催を予定する式典について「県民がヘリパッドに反対する中での式典に、翁長雄志知事は出席しないでほしい」との声も上がっている。

                                          ☆

県警が本気で高江界隈の取り締まりを開始して以来、拳を突き上げる以外になす術を知らない「市民」と称する極左暴力集団。

ちなみに本物の地元住民はヘリパッド建設の補償金を受取ることに同意しており、早めに工事が終わり、プロ市民らによる騒動が終結することを希望している

ヘリパッド建設を条件に、日米両政府が22日に訓練場の一部返還に伴い、開催を予定する式典について「県民がヘリパッドに反対する中での式典に、翁長雄志知事は出席しないでほしい」との声も上がっている。

現在、翁長知事は招待状の未着を理由に出席するか否かの態度を明確にしていない。

だが、沖縄県政の最高責任者の知事を国が招待しないはずはなく、沖縄知事が益々苦境に追い込まれるのは明白である。

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

 【東】東村高江周辺のヘリパッド建設に反対する市民ら約250人は3日、N1ゲート前に朝から座り込み、「ヘリパッドは完成間近だが、最後まで建設阻止を諦めない」と誓った。

ヘリパッドH地区の路盤工事で、ホースを使い土中から水を取り出す作業が確認された=3日午後、国頭村安波(提供)

 集会では、翁長雄志知事が2日にヘリパッド建設を「決して容認ではない」と発言したことに対し、市民から“本気度”を問う声も出た。元裁判官でうるま市具志川9条の会の仲宗根勇共同代表は「知事が返還式典に出席するかどうか、出席するのであれば弁明は本物ではない」と厳しく指摘した。また別の市民は「知事は腹八分、六分での闘いを呼び掛け、沖縄にこれ以上新たな基地は造らせないと誓った。原点はわれわれと同じだ」と望みを託した。

 市民らによると同日午前10時半ごろ、ヘリパッド「H地区」を県公安委員の3人が訪れ、県警の重久真毅警備部長から説明を受ける様子が確認された。

 市民によるとH地区は工事が最も遅れており、盛り土部分の路盤造成に時間を要しているという。この日は土中からホースで水をくみ出す作業や、路盤の強度検査をする様子を確認した。

 土木に詳しい市民の1人は「水をくみ出す作業は路盤整備が不十分な証拠」と説明。また、路盤調査に工事発注者の沖縄防衛局の立ち合いがないとして「完成を急ぐあまり、いいかげんな工程になっている」と述べた。

 

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国防長官は海兵隊出身、狂... | トップ | 翁長知事、「苦渋」でも選択... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-12-06 09:47:39

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「海勢頭さんに 勇気もらった」の南城市・上原武弘さん(66)は、4月12日、9月29日、11月2日に続き今年4回目の掲載。
「孫誕生を祝い 歌『童神』贈る」の横浜市・礒部伸樹さん(69)は、2月16日に続き今年2回目の掲載。
「車いすの対応 ホテルに感謝」の浦添市・照屋幸子さん(53)は、今年初掲載。
「高齢者誤操作 ペダル工夫を」のうるま市・島袋良光さん(81)は、1月10日、3月26日、6月19日、9月11日に続き今年5回目の掲載。
「いじめ 重大な人権侵害」の浦添市・城間剛さん(49)は、1月17日に続き今年2回目の掲載。
「恩師の演じた『父帰る』」の浦添市・山城正源さん(82)は、1月11日、3月8、27日、4月28日、6月17日、9月13日、10月10日に続き今年8回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。


Unknown (東子)
2016-12-06 10:33:08
>「腹八分腹六分」の化けの皮を剝かれた翁長知事

知事選の時から翁長知事の矛盾はネットで指摘されていて、特にこの頃になって翁長知事が矛盾したことをし出した訳じゃないのにね。
寧ろ、翁長知事は知事選の頃からの矛盾をはみ出すことなく一貫しているので、ある意味「矛盾していない」とも言えるわ(笑
翁長知事の矛盾を隠蔽していたのを隠蔽しなくなったタイムス、新報こそ、化けの皮が剥がれたと言える。

なぜ、タイムス、新報が翁長知事の矛盾を隠蔽しなくなったのか。
タイムス、新報の保身?
いつでも批判だけしているお気楽立場死守?
「市民」の声を届けるのはタイムス、新報の使命と考えているので、「市民」の声を素直に報道?
Unknown (東子)
2016-12-06 10:33:29
>沖縄2紙が報じる「高江の真実がデタラメ報道であることが国民の目に晒された。
>以後、沖縄2紙が高江騒動を報じれば報じるほど自ら墓穴を掘る結果となった。

「政府の弾圧」を“演出”しようとして、逆に「市民」の暴力性が知れ渡ってしまった。
報道機関の使命「事実を報道する」するから凡そ離れた「政府の弾圧」なんてありもしないものを報道しようとするから、「事実」に反撃された。


>そして沖縄2紙にとってもう一つの想定外は県警が「市民ら」の違法行為に対して厳正な取締りを開始、違法テントの家宅捜索や違法行為に対する逮捕者が続出したことだ。

「政府の弾圧」は無ことが知れて、「市民」の違法行為を見て見ぬふりの県警の姿勢に批判が高まった。
それが、県警に取り締まりの自信を持たせた。
Unknown (東子)
2016-12-06 10:34:04
「基地を減らせ」の原点は理解できるが、「基地の偏在」をすべて「沖縄弾圧」「沖縄差別」に収れんしようとするから、変なことが起きる。
「先住民」しかり、「地方自治」しかり、沖縄振興予算しかり。

自分を被害者にすれば努力を放棄できるし、同情も得やすい。
だから、「被害者」に仕立てるのが、一番賛同や票を得やすい。

寄付ビジネスがある。
寄付を募り、中間を搾取するものだ。
寄付者は、自分の寄付が役立っていることを確かめたい。
自分は良いことをしていると満足したい。
それに応えて「あなたの寄付はこんなに役立っています。もっと寄付して気の毒な人を救いましょう」と、寄付されて建った学校等を報道する。
が、寄付はショックな場面がないと、先細りになる。
そこで、子供の手を落としたりして、「こんな残虐な弾圧が加えられています」と悲惨を演出するとんでもないことが行われている。
そんなからくりを知らない善良な人々は、また「かわいそう」と寄付する。

山城ヒロジらの違法行為は、これの沖縄版を想像させた。



【参考】
辺野古基金の集まりが悪い。

「新報「辺野古基金寄付 4~9月3千万 達成率は40.7%」
https://pbs.twimg.com/media/Cv0bw5yUsAIVx9L.jpg

辺野古基金のHPより
日付       寄付総額  支援額
2016年11月 9日 593,431,598 377,243,752
2016年11月22日 595,835,931 385,951,634

9日~22日の
寄付額 2,404,333
支援額 8,707,882

高江へのバス増発に投資したけれど、出超か?

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL