狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「従軍慰安婦」 朝日が捏造した亡霊はまだ彷徨っている

2007-01-17 09:35:36 | 従軍慰安婦

「従軍慰安婦」問題は、現在ではその存在が捏造だったことが判明し教科書からも削除されている。

だが、未だにその存在を信じる左翼集団がいることは驚くべき事だが、特に左傾した地元二紙とそれを支持する左翼学者が「民意」を操る沖縄では必ずしも左翼で無くとも「従軍慰安婦」の存在を信じる人は多い。

彼等が信じる根拠の一つに地元新聞の偏向報道の他に朝日新聞の捏造報道がある。

良識ある人にとって朝日が極度に左に偏向した新聞であることは知れ渡っていろ。

そして幾多の捏造記事の常習犯でありながらその誤報を指摘されても黙して語らない事も又周知のことである。

だが、朝日信仰者にとっては朝日の記事は絶対であり、朝日が訂正しない限り捏造記事でも信じて疑う事は無いのだ。

そう、朝日新聞は一連の捏造記事をいまだに訂正していないのだ。

朝日の三大捏造記者と言えば、本田に本多(ややこしい)そして植田の三記者。

夫々記事捏造には重大な役割を担っているが、「従軍慰安婦」を捏造して誤報を世界中に一人歩きさせたと言う点では植田記者をもって嚆矢とする。


桜魂:「朝日新聞にまず問いたいこと」西岡力(2005/1/26)

話は1991年8月11日までさかのぼる。その日の朝日新聞は「元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く」と大きな見出しを付けたソウル発記事で「日中戦争や第二次大戦の際、『女子挺身隊』の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた『朝鮮人従軍慰安婦』のうち、一人がソウル市内に生存していることがわかり、『韓国挺身隊問題対策協議会』(尹貞玉・共同代表、十六団体約三十万人)が聞き取り作業を始めた。同協議会は十日、女性の話を録音したテープを朝日新聞記者に公開した。テープの中で女性は『思い出すと今でも身の毛がよだつ』と語っている。体験をひた隠しにしてきた彼女らの重い口が、戦後半世紀近く経って、やっと開き始めた」と書いたのだ。韓国紙がそれを伝える三日前で、国際的「特ダネ」ということになる。

ところが彼女は「女子挺身隊」の名で連行などされていない。本人が同年八月十四日にソウルで開いた記者会見で「生活が苦しくなった母親によって十四歳の時に平壌のあるキーセン置屋に売られていった。三年間の置屋生活を終えて初めての就職だと思って連れていかれたところが、華北の日本軍三百名余りがいる部隊の前だった」と語っている。同年十二月に彼女が東京地裁に提出した訴状でも同じことを書いている。貧困による人身売買の被害者なのだ。

十一日付けの記事を書いたのは植村隆記者だ。彼は朝日新聞から派遣されて語学留学までした韓国語の使い手だ。その植村記者が、彼女が何を語っているのかわからなかったわけがない。知っていながら意図的に「キーセンとして売られた」という重大事実を伝えず、そのかわりに「『女子挺身隊』の名で連行」などというまったくの捏造報道を行ったのだ。

植村記者は日本政府を相手に賠償を求める裁判を起こした「太平洋戦争犠牲者遺族会」の女性幹部(当時の常任理事、現在は会長)の娘と結婚している元慰安婦の証言について第一報を書けたのも、義理の母からの情報提供によるのだろうが、朝日新聞は事実を歪曲した重大な誤報を載せて、記者の親族の裁判を応援したことになる

◆【動画】朝日新聞の説明責任http://www.youtube.com/watch?v=g0YnvWKwZ18  

                    ◇ 

★★腐臭を放ちながら亡びの葬送曲を奏し続ける瀕死の朝日に下記の葬送目録を献じたい★★

  

◆ 「従軍慰安婦」朝日新聞記事
http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/ianfu/korean-ianfu.html

アジアの真実:「戦後日本の転換点 -- 弾劾され始めた朝日新聞」(2005/2/25)

http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/15060238.html

◆在日?朝鮮人・戦時徴用者は245人・朝日新聞報道http://www.youtube.com/watch?v=nphQDygKRtQ

 ◆「朝日新聞の偏向を糾明する会」

朝日捏造報道年表

 

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオニシ・ノリミツの正体 | トップ | 在日特権  大爆笑【付録】付き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL