狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

二つあった誤掲載!琉球新報の意図的選挙妨害?

2010-12-02 07:20:51 | 未分類

北の よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 
 ブログセンターランキングへクリックで応援願

今回の県知事、宜野湾市長の同時選挙は「仲井真ー安次富」の保守連合と「伊波ー安里」の革新連合の事実上の一騎打ちであった。

地元2紙を先頭に、県内マスコミが伊波・安里連合の支援をしたのは明らかだが、どちらかというと県知事選に隠れて目立たなかった市長選で、琉球新報が安次富候補に対する露骨な選挙妨害をやらかしてくれた。

投票日当日の朝刊で、安次富候補の「減税政策」を、真反対の「増税政策」と誤報道したのだ。

安次富候補の政策の目玉とも言える「減税政策ー市民税10%引き下げ」を「増税ー市民税引き上げ」と誤記したことが公職選挙法の第148条違反で、選挙妨害に相当するとして問題になっている。

その記事がこれ。↓



問題の箇所はこうなっている。

市民税の引き上げや中学校3年までの医療費無料化などを掲げ、市民の変革を訴える安次富候補の打ち上げ式=27日、宜野湾市長田」≫

誤記はこれだけではない。

この写真のすぐ下に安次富候補の【基本政策】として止めを刺すような誤記があるのだ。 

【基本政策】

市民税10%、水道料金の引き下げ

上の誤記の「市民税引き上げ」と「市民税10%」を合わせてみると、「市民税10%引き上げ」と読者に対し、強烈な印象を与えるではないか。

100歩譲って、琉球新報が主張する「市民税引き下げ」は単純ミスだとしても、すぐその下の「市民税10%」はどう説明するのか。

政策の根幹をなす「減税政策」であるから「市民税10%引き下げ」と掲載すべきではないのか。

これもまた単純ミスでは、弁解にはならない。 読者はそれほど馬鹿ではない。

■沖縄タイムスとの比較

安次富候補の打ち上げ式について、同じ選挙当日の沖縄タイムスの第一面の報道はこうなっている。

・・・安次富氏は同市長田交差点で打ち上げ式を開き、「姿勢の流れを変え、明るく伸び伸びとした宜野湾市をつくろう」と、市政奪還に向け最後の訴え。 水道料金引き下げや市民税10%減税などの政策を強調し、財源となる防衛予算の獲得に意欲を見せた。≫

偏向度が激しいといわれる沖縄タイムスでさえ、重要な減税政策は、「市民税10%減税」と正確に(当たり前だが)に記していいるではないか。

一箇所ならともかく2箇所も誤記したのは、意図的選挙妨害ととられても仕方が無い。

宜野湾市民として、一刻も早いやり直し選挙を要求する。

【おまけ】

 マスゴミ@沖縄選挙にて市民税引き下げを”引き上げ”と誤報  「ニュース(204218)」  [ 時事ネタ ]    

 選挙当日の朝刊で、「市民税引き上げ」と新聞に書かれたらその影響や如何に???

 謝って済むミスなんですかね?選挙妨害で意図的にやった可能性は?

琉球新報:宜野湾市長選で、立候補者の政策「市民税引き下げ」を「引き上げ」と誤掲載

 『おわび 2010年11月28日

 11月28日付3面の宜野湾市長選「市勢発展へ決意熱く」の安次富修氏の写真説明で「市民税の引き上げや中学校3年生までの医療費無料化などを掲げ、市政の変革を訴える安次富修氏の打ち上げ式」とあるのは「市民税の引き下げや中学校3年生までの医療費無料化などを掲げ、市政の変革を訴える安次富修氏の打ち上げ式」の誤りでした。

 おわびして訂正いたします。
 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-170677-storytopic-123.html

 ※すでに宜野湾市長選は今日投票・開票が終わっています。
当 23598 安里 猛 無新
  21742 安次富修 無新』

 ”1000人が税金上げるんじゃヤメ”と判断しなかったら、安次さんが勝ってたんじゃないの?

5 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 00:03:58 ID:gtnOdgwYP
確信犯だな

6 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 00:06:02 ID:fU3CgLvW0
意図的だね

21 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 00:25:23 ID:fMMFsS9G0
http://www.citydo.com/prf/okinawa/guide/sg/565001186.html

>「琉球新報」は沖縄県内でただ一つ、社団法人日本ABC協会が認証した新聞で、県内最大の販売部数を誇る新聞です。

30 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 00:37:19 ID:jXAaTYD00
これが許されるなら選挙当日の朝刊は何でも書き放題だな


36 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 00:47:46 ID:qlcV5Qou0
現場の市議会議員さんのブログです
ひどいっすよこれ


40 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 00:50:07 ID:6Sr0c8mo0
>>36
これは酷い。
こんなもの気に留める訳ないよ・・・
酷いなあ。

49 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 00:58:57 ID:d2TLLh+Z0
安次富氏側の市議のブログによると
http://goyahitoshi714.ti-da.net/e3258297.html

写真の下には市民税引上げと書いて、記事本文では
>「市民税10%、水道料金引き下げ」と書かれています。

つまり、わざと市民税10%の後ろには「引き下げ」の文字は入れてない
ぱっと見だけでは誤読できるように書かれてるんだよな

いやー凄いわ

56 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 01:05:23 ID:qVc/L9p80
「逮捕覚悟で選挙運動を」 弁護士の社民党・照屋議員

 社民党の照屋寛徳衆院議員は29日、11月の沖縄県知事選で同党が推薦する伊波洋一・前宜野湾市長を支援するため那覇市で開いたパーティーでのあいさつで、

 「沖縄は『公職選挙法特区』ですから。逮捕を覚悟で腹をすえてやってもらいたい」と述べた。

 パーティーには福島瑞穂党首ら党幹部に加え、全国の地方組織から週末のビラ配りなどのために沖縄に来た約90人が参加。

 照屋氏は「街頭行動を頑張ってもらいたい。公選法を守ろうと思っている人は直ちに(今日の飛行機の)最終便で(帰っていい)」「万一逮捕されたら弁護士は私でなく福島瑞穂を呼んで下さい」と語った。

 照屋氏は弁護士で党県連顧問。伊波氏の選挙対策本部では共同代表を務める予定だ。

 照屋氏は朝日新聞の取材に「士気を高めるために冗談で言った」と述べ、本気で選挙違反
を促したものではないと説明した。
http://www.asahi.com/national/update/1029/SEB201010290043.html
(asahi.com 2010年10月29日21時42分)

91 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 01:48:40 ID:968BNGWk0
>>市民税10%、水道料金引き下げ

日本語として相当不自然だろこれ、10%なんなんだよw
意図がなけりゃこんな不自然な書き方になるわけがない、しかも引き下げを引き上げと間違えたw後にこれとかw

百歩譲って意図がなかったと認めるなら、それは日本語能力の著しい欠如なんだから新聞作る資格ねーわ
つーか琉球新報っていつもこんな感じなの?


97 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 01:59:07 ID:lyFpYwJc0
沖縄県知事選
宜野湾市 開票率100%

伊波 洋一  24,010
仲井真弘多  21,412
金城 竜郎  794


107 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 02:30:23 ID:lPciFf9g0
マスゴミは明るい未来が大嫌い。
社会が安定していると人は新聞を読まない。
世の中が混乱してくると人は不安になり情報を欲しがる。
だからマスゴミは自らの価値を高めるため不安を煽り誤った道へ導こうとする。

152 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 07:39:30 ID:J1Q3UIBW0
>安里(あさと)猛氏(58)=無新、共・社・社大推薦、元副市長、初当選。
>元衆院議員の安次富修氏(54)=無新、自・公推薦=を破る。
>投票率は67.13%。

あからさまな自民潰し

宜野湾市長選 開票率100%

安里 猛  23,598
安次富修  21,742

189 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 10:09:42 ID:PPaOe9C10
宜野湾市長選開票結果(選管最終)

23598安里猛
21742安次富修

票差1856

琉球新報発行部数
http://ryukyushimpo.jp/ad/mediadata/pamphlet.pdf
発行部数 205,486部(2007年6月現在)

宜野湾市 13,609部

219 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 16:28:40 ID:Qo4+5nnb0
無党派層1000人足らずが記事に影響受ければ引っくり返る数字だろう。
そして、増税案が選挙に与える影響はデカいはず。
単なるミスじゃあ済まされんと思うがな。

231 :名無しさん@十一周年:2010/11/30(火) 10:39:41 ID:7GCBEcok0
>現在、この記事はありません。

企業不祥事には徹底的に謝罪させ土下座しても飽き足らず、
最悪倒産・最低でもネチネチ追い込みかけて謝罪広告という形で
ワイロ強要するマスゴミ様が、たった一日謝罪しただけで記事削除(笑)
面白すぎる(笑)

41 :名無しさん@十一周年:2010/11/28(日) 23:59:55 ID:A7hukSMN0
今日のニュース一覧でもタイトルは「おわび」だけだな
こんなの興味引いた人しかクリックしないだろ

103 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 00:09:25 ID:GLnMxWWx0
署名なしでお詫びってすげーな
世論工作と言われてもしかたない。
誰も責任取らないんだから


152 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 00:22:40 ID:zr06h/iI0
紙面はどうかわからんが、
ネット上の画像も、安里陣営は「安里タケシ」の名前が大きく判るものを掲載してるし。
組織ぐるみで意図的に記載ミスしたなこれは。

233 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 00:54:11 ID:FHH2EMEk0
マスコミ怖ろしいわ
自分たちの望む結果のためには手段を選ばんな

238 :名無しさん@十一周年:2010/11/29(月) 00:56:15 ID:6Sr0c8mo0
>>233
テレビ朝日の報道ステでも直前に米軍基地が無かったらなんてやっていたしな。
マスコミはやばすぎる。

602 :名無しさん@十一周年:2010/11/30(火) 00:04:58 ID:RPBEdriRO
琉球新報と沖縄タイムスしか読めない沖縄。
民放三社でも番組欄は…な沖縄のテレビ局。

終わってんな。沖縄県民だが基地は県内移設派、って奴が増えてるのに報道せず。

604 :名無しさん@十一周年:2010/11/30(火) 00:18:08 ID:NsII0vYP0
ホンネじゃみんなが辺野古でいいと思ってんのにダメだダメだそれじゃダメなんだと
県民無視で民主党とマスゴミ連中が引っ掻きまわそうとする
おまえらこそ沖縄からでていけ!対話にも取材にも来るな!

631 :名無しさん@十一周年:2010/11/30(火) 11:41:15 ID:lN3vNVnlO
新聞社の多重チェック体制でこのミスは有り得ないんだって。
選挙は存在意義に関わるイベントで臨時で専門部作って対応するぐらいなんだからマスコミは。
しかも印刷して販売店に送る前なら刷り直せるわけでさ。
例えば広告に印刷ミスが見付かっても必ず刷り直す。
特に選挙関係では、雛形に沿って候補者のページ組むからミスは起こらないし、起こっても即見つかるのよ。
しかも即日謝罪を消すことも有り得ん、これが広告関連なら部長クラスが土下座しにいくレベル。

記事内容の問題だから印刷側下流では気づかないから、
明らかにこれ、組版(編集側)に確信でやった奴いるだろ?
どう考えても有り得ないんだわこれ、四つぐらいのチェックを潜り抜けて掲載に至ってる。

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小沢氏の強制起訴と国会招致 | トップ | 破廉恥教授を庇う琉球新報 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これって (杢兵衛)
2010-12-02 18:34:26
社内の4つの関所を通っての誤記ならば犯罪もんですよ。司法に訴えることもありでは。

しかし酷い、転載させてください。
言語道断 (Sugar Pie Guy)
2010-12-02 18:52:05
この新聞社の言い訳を認めるとしよう。

大手新聞であれば絶対に起こり得ないことを、零細でしょぼい取材能力もチェック能力も不足の新聞だからやってしまったのだと。
悪気はなかったのだと。

そうであっても責任は変わらない。
運転中につい居眠りをして人身死亡事故を起こしたのと同じ。

マスコミとしての矜持が僅かでもあるのなら、見せてみろ。
クローズアップ現代 (アイゼンシュタイン)
2010-12-02 21:00:31
今日のNHKクローズアップ現代で「“南西”へ向かう自衛隊」を放送していましたが、石垣島などは、自衛隊反対で凝り固まっているような構成でした。
相変わらずの偏向報道で、がっかりしました。
引いたら負けのカード (@宜野湾市)
2010-12-02 21:06:26
新聞の間違いが投票行動のミスリードに繋がったか?

心情的には「YES!!」ですが、これを選管が認めてしまうと「選挙のやり直し」という展開になるので、少人数(たしか4人)で運営している選管は認めたがらないでしょうね。

しかし「影響は軽微」と結論してしまうと「投票当日の新聞であっても存在感が軽微」ということにってしまいます。

当日に新聞で公約を確認して投票に向かう市民なんていくらでもいたでしょうにねえ。
それでも「新聞の影響はほとんどない!」という結論になったら、メディアとしての新報の立場ってどうなるんでしょうか?

この勝負、どちらに転んでも「やっちまったな、新報」という感じです。

コメントを投稿

未分類」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL