ブログ 「ごまめの歯軋り」

読書子のための、政治・経済・社会・文化・科学・生命の議論の場

大阪府 赤字隠し3500億円 「飛ばし」の実態

2007年12月31日 | 時事問題
asahi.com 2007年12月31日03時01分
総額3500億円に 大阪府の「赤字隠し」
 04年度から借金返済を先送りして財政赤字を少なく見せかけていた大阪府は30日、事実上の「赤字隠し」が今年度分も含めると総額3500億円にのぼることを明らかにした。資金を確保するため、一部の府債は返済期限がきても、まったく返済していなかった。苦しい財政状況の中、府は来年度予算案の編成作業でもこうした資金操作を続ける方針で、来年1月に選出される新知事の判断が焦点になってきた。
 府の説明では、10年満期一括返済の府債(市場公募債、縁故債)は、本来なら満期時に元金の42%を返済し、残り58%を借り換えることになっている。市場公募債はこの通り返済していたが、銀行から資金調達する縁故債については、04年度以降は満期が来ても全く返さず、全額を借り換えて返済を先送りしていた。
 04~06年度の先送り額は、満期一括の縁故債2597億円に、定時返済方式から満期一括に切り替えた府債を合わせ、2930億円にのぼるという。今年度の先送り額570億円を加えると、総額3500億円の返済を先送りして、同額を借り換えていた。府の試算では、07年度の赤字は1100億円に達し、財政再建団体に転落する水準(約720億円)を大きく超えていた。

元官僚 太田知事のやり方:「赤字飛ばし」のお粗末  赤字の原因は関西空港不振 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都議定書 2008-2012が約束達成期間  

2007年12月31日 | 時事問題
2007年12月31日06時01分
温室ガス削減 1日から約束期間 京都議定書
 二酸化炭素など温室効果ガスの削減を先進国に義務づけた初の国際協定、京都議定書の約束期間が1日から始まる。2012年までの先進国の平均排出量を90年比5%減らすとした目標の達成をめざす期間で、温暖化を食い止める国際社会の取り組みの第一歩となる。将来はさらに厳しい削減が必要とみられており、この5年間の成果が、地球環境の行く末を占うことになる。

京都議定書の温暖化防止効果はいかほど?
 京都議定書で本当に温暖化が防げるのだろうか。簡単な寄与率の計算をしてみよう。1997年の世界の炭酸ガス排出量は242億トンであった。先進国が59%、途上国が41%であった。アメリカは23%、欧州は18%、ロシア東欧圏は13%、中国15%、日本は5%であった。地球温暖化の原因のうち人間活動によるものが93%、そのうち炭酸ガスによるものが53%、京都議定書の対象となる先進国の排出は59%、批准した国が対象国の排出量の62%である。すると京都議定書でカバーできる割合は0.93×0.53×0.59×0.62=0.18つまり京都議定書が対象とする炭酸ガス量は18%である。京都議定書で平均6%削減と云うことになったので、0.18×0.06=0.011である。つまり約1%である。京都議定書は温暖化の1%を改善するに過ぎない。これでも偉大な一歩というのか、ごまかしと云うのかは読者の知性に任せる。地球温暖化は環境問題といえない。何の影響も実感できないからだ。単純な計算でも京都議定書の効果は無きに等しい。

 この地球温暖化防止空騒ぎは一体何なのか。アメリカのアル・ゴア氏は十年たって、ブッシュの任期切れ近く、今日また地球温暖化のヘゲモニーを取ろうとしているのはどういう企みがあるのだろうか。地球温暖化問題はたしかに世界の政治潮流を米国欧州を核として一致団結させるドグマであり、アメリカの覇権誇示にはとてもいいテーマである。イラクと中東の石油とガスの利権集めに狂奔したブッシュⅡの稼ぎを元に、民主党の価値観の多様性を謳うには格好の政治テーマである。どちらもアメリカのエネルギー政策なのだ。環境NGOが非難するようにゴアー氏の豪邸の電気量は月100万円を軽く越すそうだ。ゴア-氏は偽善者と呼ばれてきた。ゴアー氏の「不都合な真実」とは欧米とくにアングロサクソン民族にとって不都合に過ぎない。彼らの正義とはアングロサクソン民族の正義である。日本はそれに御付き合いする必要はない。

 国内総生産あたりの炭酸ガス排出量はアメリカは日本の3.1倍もある。しかしアメリカ人は自分達の石油大量消費生活を決して改めようとはしない。6000ccのアメ車がぶっ飛ばす生活を見直すことはない。いまこそ日本は徹底した脱石油生活と経済と技術をアメリカより先立って開発するいいチャンスと考えて努力すべきだろう。京都議定書に縛られるよりは、縛られた振りをして、脱石油文明を築いててゆくなら、今日の地球温暖化防止策も背面教師の役目はあるだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書ノート 五十嵐敬喜・小川明雄著 「都市再生を問う」  岩波新書

2007年12月31日 | 書評
建築無制限時代の到来 不良債権処理の切り札 第5回

都市再開発のシステム (1)

2001年4月小泉氏が首相に就任するや否や、5月には「都市の再生と土地の流動化を通じて、都市の魅力と国際歳競争力を高めてゆきます。このため都市再生本部を設置します」という所信表明を行った。内閣に都市再生本部を設置した。都市再生とは何か。デフレスパイラルに陥った日本経済の足かせになっている不良債権化した土地を再活用しようとするものである。「土地の流動化」とは露骨な表現で土地価格の値上げを期待しているのである。その手法として小泉内閣は、民間の力をフルに発揮してもらうために、必要な都市基盤を重点的に整備するとともにさまざまな制度を聖域なく総点検して改革をおこなうというものである。

都市再生本部は2001年5月より2003年1月まで9回の会合を重ね、膨大なプロジェクトを打ち上げた。公共事業に民活を導入する方法として1999年議員立法で成立した「民間資金を利用した公共施設等の整備促進」法(PFI)を活用した。公団や自治体の公営住宅を解体して高層化する資金を民間から募り、余分の敷地を民間に貸したり払い下げるシステムである。

第二次「都市再生プロジェクト」では成田空港の2本目の滑走路の延長、半田空港4本目の滑走路建設と国際空港化、中部国際空港建設、関西空港第二期工事と国際港湾の機能強化などの公共工事が目白押しである。大都市圏における環状道路整備として、首都高速中央環状線、東京外郭環状線、首都圏中央連絡道路の推進であった。小泉内閣は道路公団の民営化など道路工事の縮小を謳ったが、実際やったのは道路の推進であった。旧勢力の道路族から利権を取り上げ自分の派閥が道路族になるだけに話であった。中には意味不明の計画も存在した。ライフサイエンス国際拠点を大阪北部におくとか、保育所待機児童の解消と称して駅ビルを建設とかいう計画は実現はしなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文芸散歩 卜部兼好 「徒然草」 岩波文庫

2007年12月31日 | 書評
日本の随筆文学の最高峰 第四十四回(第206段から第210段)

第二百六段 「徳大寺故大臣殿、検非違使の別当の時、中門にて使庁の評定行はれける程に・・・・」
徳大寺故大臣殿の私邸の検非違使庁で判決をしている時、出仕した下級役人の牛が逃げて、座敷の間に上がって座ってしまった。これの驚いた役人が不吉だとして陰陽師に牛を占うべきか騒いでいるところ、父の徳大寺実基は牛に罪はない、下級役人の痩せ牛を取り上げる理由はないとした。別に凶事はおきなかったと言う話。合理的な判断をする人をよしとした。

第二百七段 「亀山殿建てられんとて地を引かれけるに、大きなる蛇・・・・」
前段と同じ祟りの話。亀山離宮を建てる時、地ならしをすると塚から大きな蛇がうじゃうじゃ出てきた。祟りを恐れた人はむやみに掘ることを躊躇したが、徳大寺実基大臣は朝廷に祟りするはずもない、神の霊は邪道をしないとして、蛇を大井川に逃がして工事を進めた。別に祟りはなかった。この話は前段と趣を異にし、天朝の威を示す話になっている。

第二百八段 「経文などの紐を結ふに、上下よりたすきに交へて・・・・」
経の巻物の紐の結い方が当世風はよろしくないとして、古い作法で結った弘舜僧正を褒め称えた兼好さんの故実好き。落ちぶれた公家階級にとって、古い朝廷のしきたりだけが、今日の権力を軽蔑し優越感に浸れるノスタルジアになってしまった。滅び行く者への哀歌。兼好さんは結局落ちぶれた公家階級に属していたのだ。

第二百九段 「人の田を論ずる者、訴へに負けて、ねたさに・・・・」
田の争いに負けた者が、人の田の稲を強引に刈り取る「刈田狼藉」をやらせたところ、やる者達は道すがら別の田も刈り取っていた。なぜそんなことをするのかと言えば、どうせ間違ったことをしているのだから何処の田を刈ったとしても同じだという態度だった。当時鎌倉時代には、所有地をめぐる争いは頻発していた。この争いを茶化した話である。兼好の皮肉屋ぶりが知れて面白い。

第二百十段 「呼子鳥は春のものなりとばかり言いて、如何なる鳥ともさだかに記せる物なし・・・・」
呼子鳥は魂を呼ぶとされ、この鳥が鳴く夜に招魂の密教秘儀を行った文献がある。呼子鳥とは何か誰も知らない。おそらく鵺のことではないかと兼好さんは推測した。故実話である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自作漢詩 「除夜鐘」

2007年12月31日 | 漢詩・自由詩

生業人忙西復     生業人忙しく 西復た東

無功貧賎白頭     功無く貧賎 白頭の翁

四時冬日春秋盡     四時冬日 春秋盡き

掃室鐘声歳月     室掃き鐘声 歳月窮まる

○●○○○●◎
○○○●●○◎
●○○●○○●
●●○○●●◎
(赤い字は韻:一東 七言絶句仄起式  平音は○、仄音は●、韻は◎)
(平仄規則は2・4不同、2・6対、1・3・5不論、4字目孤平不許、下三連不許、同字相侵)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加