ブログ 「ごまめの歯軋り」

読書子のための、政治・経済・社会・文化・科学・生命の議論の場

秋田県藤里町の連続児童殺害事件 畠山被告語る

2007年10月31日 | 時事問題
asahi.com 2007年10月31日13時20分
畠山被告「極刑望む気持ち」 連続児童殺害事件
 秋田県藤里町の連続児童殺害事件で、殺人などの罪に問われた畠山鈴香被告(34)の公判が31日、秋田地裁であり、2回目の被告人質問があった。畠山被告は拘置所などで自殺未遂を繰り返していたことを明らかにし、「今は極刑を望む気持ち」などと声をふるわせながら話した。

児童虐待や殺害事件は後を断たないが、背景にはこれまた親の虐待がある。この無限連鎖を経つことはできないのか。
畠山鈴香被告には親からの凄まじい虐待を受けていたと聞いている。また児童虐待の原因として、離婚した母親の場合は、同棲した男からの自分の連れ子への虐待(性的虐待も含む)の黙視がある。情けない話だ。それなら母子家庭でよかったのにと思うが、母子の経済的自立が難しいと云う理由もある。悲劇なのは今回の畠山鈴香被告のケースである。幼児時代に虐待を受けると、精神的に極めて異様な歪が残る。今回は虐待ではなく殺人であるので、どうしても母親の精神状態が問題である。こうして親から親へと辿ってゆくと無限の悪夢の連鎖が続くことになる。「親の因果が子に祟り」式の厭な話だ。どうしても親の子への虐待をなくすることが必要だが、どうした物か。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高野連 特待生問題急速にうやむや 分りにくい議論

2007年10月31日 | 時事問題
asahi.com 2007年10月30日23時09分
高校野球特待生制度問題で自民小委員会が意見書
 自民党の「高校野球特待生制度問題小委員会」は30日、東京都内で日本高校野球連盟(脇村春夫会長)などアマチュア3団体に、「特待生の人数などは各学校が自主的に定めるべきもの」などとする意見書を手渡した。脇村会長は「ご意見を真摯(しんし)に受け止めて、意見集約を進めていきたい」と話した。 日本高野連の有識者会議は「09年度の新入生から1学年5人以下を努力目標とする」との答申をまとめた。

高校特待生問題は野球だけでは決まらない。全分野のスポーツ特待生を統一的に解決すべき。全廃が分りやすい
野球だけで特待生の数を云々しても、公正さを欠く。他のスポーツ特待生がいるからだ。優秀な選手を集めるため特待制度を作ってきたが、今ではそういった経済的特典は殆ど家庭では意味を成さない。経済的問題なら奨学制度を利用すればいい。私はスポーツ特待制度の全廃を主張する。お金は特待制度より、遠征費、合宿費、スポーツ器具設備費のほうが圧倒的にかかっているはず。有望な中学選手の引き抜きに利用されている。そこが問題だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道路特定財源の一般財源への編入 後戻り

2007年10月31日 | 時事問題
asahi.com 2007年10月31日00時30分
道路特定財源 しぼむ「完全一般化」 与党PT初会合
 自民党は30日、道路特定財源の見直しに関するプロジェクトチーム(座長・山本有二党道路調査会長)の初会合を開いた。議論の焦点となるのは、道路歳出から余った部分をどう使うかだ。一般財源化を決めた昨年末の閣議決定を事実上修正し、使い道を道路関連に絞るかどうかだ。福田首相が軌道修正に理解を示す発言をするなか、党内でも完全な一般財源化に消極論が強まっている。 初会合となった、この日のプロジェクトチーム(PT)では、道路特定財源の一般財源化への慎重論が噴き出した。

小泉改革が遣り残した道路特定財源の一般財源への編入は、頓挫か
道路公団の民営化はなったが、道路建設に国費が使われ続け負債削減に黄色信号がでたまま、小泉内閣は退陣した。道路特定財源の一般財源への編入は掛け声だけで小泉内閣は手をつけなかった。そして福田内閣に引き継がれたが、福田内閣も及び腰である。福田首相に言いたい、安倍・小泉内閣の弱者切捨て構造改革は改めるべきだが、国家負債を削減する公共工事、道路工事を縮小し、国家財政を使わない方向へ持ってゆくべきではないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食品業界偽装・不正表示  信用は地に落ちた

2007年10月31日 | 時事問題
asahi.com 2007年10月31日10時46分
ミスタードーナツ、乳飲料に賞味期限切れ原料 販売中止
 ダスキン(大阪府吹田市)は31日、同社が運営しているドーナツチェーン「ミスタードーナツ」で販売している「フルーティミルク」に賞味期限切れの原料を使用していたことがわかり、同日から販売を中止したと発表した。これまで健康被害などの報告はないという。

asahi.com 2007年10月31日06時24分
クッキーも自主回収 比内鶏未使用 秋田
 比内地鶏の偽装問題を受け、秋田市の土産品販売会社「アサヒ物産」が30日までに、「比内鶏」と記されたシールを張った「たまごクッキー」の自主回収を始めた。秋田県内で売られていたが、比内鶏や比内地鶏は使っていなかった。同社では「消費者に誤解を与えかねない表示のため、商品全品の回収を決めた」としている。

asahi.com 2007年10月31日00時53分
御福餅、27日から出荷せず 小売店や高速道の売店
 御福餅本家は、27日から、御福餅を販売している小売店や、三重県内の名阪国道のサービスエリアの売店などへの出荷を停止している。 名古屋市中村区の店舗では27日から入荷が止まった。御福餅本家の配達員が売れ残り商品の確認に訪れた際、理由を説明する書面を渡されたという。「加工食品品質表示に違反していることを発見したため、27日より30日まで、販売を自主的に停止する」ことや、表示順は「砂糖、小豆」の順が正しい旨などが書かれていた。

asahi.com 2007年10月30日23時43分
「鹿児島産」大根漬物、実は中国産 農水省が改善指示
 鹿児島県霧島市の漬物メーカー「鹿児島漬物」が中国産や他県産の大根を使いながら、鹿児島産と産地を偽装して販売していたとして、農林水産省は30日、同社に日本農林規格(JAS)法に基づき改善を指示した。昨年5月から今年9月までに同社が出荷した大根関連商品計411トンの4割(172トン)で大根の産地を偽っていた。その大半は中国産だったという。

asahi.com2007年10月30日17時19分
「安曇野産」トマトジュース 実は別の産地も
飲料メーカーの「ゴールドパック」(東京都渋谷区)が、トマトジュースに長野・安曇野産のトマトだけを使用したと表示しながら実際には別の産地のトマトも使用していたとして、農林水産省は30日、日本農林規格(JAS)法に基づき同社に改善を指示した。同様の不適正な表示は計5商品で確認され、出荷量の55%にあたる約140万本に上るという。

食品業界は殆どが零細・中小企業 同族経営、ワンマン社長、経営難と企業モラルのなさが原因
最近では不二家、雪の恋人チョコ、伊勢丹に始まって食品衛生法の賞味期限偽装、ミートホープなど材料原産表示違反などが続いた。そして伊勢名物赤福餅、御福餅、比内地鶏、鹿児島産漬物、安曇野トマトジュースなど食品業界で常態化していた違反の一部が表面化した。氷山の一角なのであろう。他社が見つかっても平然と偽装を続ける業界の神経を疑う。これが大企業なら同業他社の不祥事は業界各社に電撃が走り一斉点検が開始される。経済産業省管轄の企業の対応は確立しているが、農水省管轄の食品企業は唖然とするほど感度が低い。やはり農水省や厚生労働省が二流の役所と言われるのは理由があったようだ。業界の、零細・中小企業、同族経営、ワンマン社長、経営難と企業モラルのなさが原因 。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

産科医のC型肝炎危険性認識 

2007年10月31日 | 時事問題
asahi.com 2007年10月31日06時23分
C型肝炎 危険性認識「90年以降」 産婦人科医会

 血液製剤フィブリノゲンなどによるC型肝炎感染問題について厚生労働省は02年、日本産婦人科医会から「80年代まで、C型肝炎はやがておさまる程度の肝炎と考えられていた」と報告を受けていたことがわかった。投与者の多い80年代に、産科医らがC型肝炎を肝がんなどに進行する危険な病気と認識していなかった恐れを強く示すものだが、同省は感染が疑われる418人のリストを製薬会社から得た後も、患者らに改めて告知していなかった。
 フィブリノゲンが使われたのは主に80年代まで。02年7月に製薬会社から提出されたリストで投与時期が判明している368人でみると、89年までの投与が9割。出産時の出血で止血剤として使われた例が多く、産婦人科医の間に認識がなければ、患者にも知らせなかった可能性が高い。 厚労省の調査チームはリスト提出を受けた翌月、80年代に投与された人に病気の深刻さを改めて通知するなどの対応をとらないまま、解散。リストは今年10月まで5年間、放置された。

止血剤の血液製剤「フィブリノゲン」は、C型肝炎だけでなくエイズ感染も疑われるが。
血液製剤のC型肝炎ウイルス対策が出来ていなかったとすれば、当然エイズウイルスの存在もないとは言えない。この際、すべての輸血を含めて、血液製剤の使用を洗い出し、肝炎、エイズ調査を実施すべきではないか。問題が発生した場所だけを後追い的に対応していても抜本対策にならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加