ブログ 「ごまめの歯軋り」

読書子のための、政治・経済・社会・文化・科学・生命の議論の場

読書ノート 岡田雅彦著 「放射能と健康被害」(日本評論社 2011年)

2013年12月31日 | 書評
放射線による健康被害の実態を科学的根拠に基づいて語る 第1回


 本書の刊行は2011年11月なので、3.11の東日本大震災と東京電力福島第1原発事故を受けて急いで書かれたに違いない。確かにあの時は枝野官房長官が連日テレビの記者会見で、「直ちに影響を与えるものではない」といって福島県住民の不安を抑えるような発言を繰り返していた。むろん原発事故による放射線汚染は原爆被爆ではないので直接的影響ではないので、そういう意味では「直ちに影響を与えるものでない」ことは自明であるので官房長官の言は意味をなさない。しかし原発事故による低線量被ばくの長期的影響については大いに心配である。こういう発言は官僚的な詐欺的発言である。本書は医学的な本であるので、そういう政治的発言については詮索しないでおこう。しかし低線量被ばくの閾値問題とか累積的被ばく量(生涯線量)と発がんの関係こそが重大な関心事である。この観点で本書をまとめよう。戦後米国、フランス、英国、ソ連、中国(そして北朝鮮)の核実験は数えきれないほど行われ、隣国中国だけでも46回もの核実験が行われた。(地球破壊兵器である核保有国は国連安全保障理事会の常任理事国になれる。北朝鮮はそれを狙って核保有国=強国を目指しているのだろう。) したがって自然放射線量バックグラウンド値自体が上昇し、慢性的な放射線汚染状態であるといえる。チェルノブイリ原発事故の影響を調べる数々の調査団は、比較対象として自然状態が曖昧になり、純粋にチェルノブイリ事故の影響を抽出できないといわれた。チェルノブイリ原発事故から25年たってようやく健康被害と環境汚染に関する調査データーが続々発表されるようになった。放射線による健康被害は長い時間をかけないと見えてこない。「直ちに影響を与えるものでない」ことは自明なのである。だから安心できるわけでも、東電が免責されるわけでもないのである。筆者は放射線による健康被害の実態を科学的根拠エビデンスに基づいて、分かっていることから説き起こそうとした。医療あるいは健康診断に用いられている放射線であるエックス線も、原発事故と同じくらいに、あるいはそれ以上に危険なのである

 本書の構成は
第1章放射能の基礎知識、
第2章原発事故はなぜ起きるか、
第3章チェルノブイリ事故の真実、
第4章もっと危ないエックス線検査、
第5章 放射能のない社会をつくろうからなる。
第1章は放射線化学と放射線生物学の基礎を述べている。私も放射線生物学を学んだひとりで、コバルト60γ線で酵素活性の失活過程を研究していた。ですから第1章はあまりに初歩のことなのでスキップします。第2章は原発事故の起こる背景を書いています。事故発生以来今まで何十冊の東電事故関係の書物を紹介してきましたので次に代表的な書物を記します。
原発の技術面は 淵上正朗/笠原直人/畑村洋太郎著 「福島原発で何が起こったかー政府事故調技術解説」(日刊工業新聞B&Tブックス)
原発行政と事故の背景については 東京電力福島原発事故調査委員会著 「国会事故調 報告書」
を挙げてスキップします。そして第5章 放射能のない社会をつくろうでは原発は地球温暖化対策になるという説に対する反論として、地球温暖化説事態が欺瞞であることを述べていますが、これについては
地質学者より 丸山茂徳著 「科学者の9割は地球温暖化炭酸ガス犯人説はウソだと知っている」(宝島社新書)
環境学者より 武田邦彦著 「環境問題はなぜウソがまかり通るのか 2」(洋泉舎)
の反論が妥当と思われるの参照してください。
そして電力事情と再生可能エネルギーについては、長谷川公一著 「脱原子力社会へ」(岩波新書)
プルトニウムとプルサーマルの原子力行政については、佐藤栄佐久著 「福島原発の真実」(平凡社新書)
に詳しいので参照してほしい。
ということで本書の核となる部分は第3章「チェルノブイリ事故の真実」と第4章「もっと危ないエックス線検査」にあります。本書の半分以上を占める第3章と第4章に著者の医学者としての神髄があると思われます。他の章は割愛(スキップ)します。なお「あとがき」によると、本書の著者岡田氏は新潟県巻町(新潟市に合併)のうまれである、1977年に巻町議会は東北電力角海浜原発計画受け入れを強行採決したが、1995年白紙撤回を願う住民投票条例が可決され町長はリコールされ、1996年の住民投票で61%が原発誘致に反対して、新町長が町有地を反対派に売却し原発計画は白紙撤回となったといういきさつを持つ。著者自身放射能の危険性、原子力行政のあやうさを早くから認識していたという原発反対意見の持ち主のようである。

(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自作日本画 「祇園 舞妓」(手直し)

2013年12月30日 | 自作絵画
どうですか、だいぶ印象がよくなったと思いませんか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書ノート 岡田雅彦著 「医療から命をまもる」(日本評論社)

2013年12月30日 | 書評
現代医学の常識と誤りから、自分の健康を守る 第9回 最終回

9) 自分の健康は自分で守る

 間違った知識に振り回されず、医療は賢く利用したいものです。そこで著者は健康を守る10か条を次のように述べています。
① ストレスをためない: 自分や家族の健康問題でストレスをためてはいけない。検査の結果や治療の選択にそれほど神経質にならない。治療を行っても行わなくてもそれほど結果は変わりません。
② がん検診をやめる: 明らかに無益なのはがん検診です。現在まで総死亡数まで減少させたがん検診はありません。受けても受けなくても決して寿命には関係しません。レントゲンの発がんのほうが心配です。
 何もしないという選択肢をもつ: 健診を受けても寿命が延びないということは手術を受けても寿命が延びないということです。がん検診で異常が見つかれば必ず手術になります。ガンの治療で延命効果が証明されたものはありません。長生きをするために治療を受けないという選択肢があってもいいのです。
④ 過剰な検査、危険な検査は受けない: 学校や職場では法律で健康診断を受ける義務があります。また自主的にうける人間ドックがあります。病気になれば医療費という社会的費用が発生しますので、健康診断には一定の社会的効用がありますが、胃ガン検診・脳検診とか高額な費用が発生するMRI、CT検査の効用はないことは証明されています。レントゲン検診は放射線障害を受けますし、糖尿病検診の「糖負荷試験」は危険です。危険な検診を避け、安全な方法に替えましょう。
⑤ レントゲンは最少限に: 人間ドックを始め、がん検診ではレントゲン撮影による放射線被ばくはけっして少なくはありません。優れた整形外科医は必要最小限しかレントゲンを撮りません。何回もレントゲンを撮る医師は金もうけのために人の命を軽んじる医者ですので、信用してはいけません。
⑥ 気軽に病院へゆかない: 風邪を引いただけで医院を訪れてはいけません。インフルエンザなど伝染性の病気をうつされるか、薬の効かない細菌(MRSAなど)に感染します。またあきれるほど衛生概念の薄い病院もありますので要注意です。
⑦ やめた方がいい薬は飲まない: どのような薬も5年以上連続して服用するとどんな副作用が出るかは調べられていません。たいした症状も出ていない成人病関係の薬をやめるという決意も必要です。薬をやめると急に元気になることがあります。薬の呪縛から逃れて気楽に暮らす方が寿命を延ばします。明らかに止めた方がいい薬は不整脈の薬です。睡眠薬、鎮痛薬、胃腸薬などを中毒のように飲み続けると危険です。何の症状もないのに、医者に続けて服用するように指示されている人は直ちにやめましょう。
⑧ 慢性疾患の薬は功罪を判断して: 高血圧、非インスリン型糖尿病、高脂血症の慢性疾患(生活習慣病)の薬は功罪をよく判断しましょう。長期間飲み続けると利益・不利益が相半ばします。
⑨ 足腰の痛みは薬に頼らない: 関節の痛みは動かして治しましょう。鎮痛剤は飲まないことです。
⑩ やめてはいけない薬は慎重に: 脳卒中・心筋梗塞の再発防止のワーファリンのような血栓防止剤は急に止めると危険です。糖尿病のインスリン注射や重症アレルギーのステロイドや術後感染症予防の抗生物質は勝手に止めてはいけない。

(完)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自作日本画  「祇園 芸妓」(30号)(72×92cm)

2013年12月29日 | 自作絵画
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書ノート 岡田雅彦著 「医療から命をまもる」(日本評論社)

2013年12月29日 | 書評
現代医学の常識と誤りから、自分の健康を守る 第8回

8) なぜ医療は変わらないのか

 大規模試験調査の結果が続々出ているのに、がん検診推進派や手術第1主義の医療界は変わらないのでしょうか。かたくなに邁進する姿は原発推進派に似ています。つまりサプライヤー(医師・薬業・厚労官僚)業界の利益を守るため、国家権力やメディアを動員し、神話を作ってまでがむしゃらに進めているのです。専門家である医師の言うことはアプリオリに正しいと考えるのは、患者の無知によるか奴隷根性によるのです。医学では微妙なことが多く、専門家である医師の判断も、素人とたいして変わらないことが多いのです。傷口の消毒は強い薬を使うよりは、水でよく洗った方がよい。なぜなら強い消毒剤は、傷口の細胞が回復する力(自然治癒力)を奪うからです。何か抗がん剤の作用に似ていませんか。抗がん剤は固形がんが標的の場合、下手な鉄砲で正常細胞とがん細胞を見境なく殺します。たとえ本当のガンであったとしても、抗がん剤で患者さんは殺されてしまいます。とにかく人間のからだは、自明なことは何一つありません。医師の思い込みで人間の体の摂理に反して無理な治療を施すことが多いのです。外科医は人の体に対してもう少し謙虚で慎重であってほしいと思います。大規模調査の結果に対して、医師側はいつも反発をし、外国人のデーターでは役に立たない、統計的数字ではわからないとか、医師の経験を重要視すべきとか言って言い逃れをし、日本の医療技術は世界最高といって傲慢にも居直ります。人種や個人差を強調しては科学としての医療は成り立ちません。そもそも人種という言葉さえ幻想にすぎません。地球上には人類という人種が一つあるだけです。交雑可能なものは一つの種とみなします。正確に言えば体重、生活環境、食生活などの環境を整えればヒトは同じです。これを認めない人が人種差別をするのです。オーダーメード医療は広い意味では遺伝子診断の裏付けをもって行いますが、これは幻想にすぎません。個人差が遺伝子情報で解明できるとは思えないからです。狭い意味でのオーダーメード治療とは自分の細胞を使うなら、人工授精に近いのでとかく言う必要もありません。ただ現技術では、遺伝子操作細胞はがん細胞以上に制御困難であります。神の領域に踏み込む覚悟があるのでしょうか。この100年以上医学上の革新的な技術や治療薬開発をほとんど欧米の直輸入に頼っておいて、外国人のデーターは参考にならないというのは詭弁です。ということで大規模調査に対する医師側の反論はどれも正当性を持ちません。医療分野は最近細分化が進み、誰もが限られた情報しか持っていません。しかも医師は職人化しています。つまり保守的です。外科医と放射線医の葛藤はあまりに有名で、現在は外科医が主導権をもってガン患者にあたります。そし医療を受ける側も意識改革が必要です。インフォームドコンセントにおいて圧倒的な情報格差で医師に脅かされ自由な発言を封じ込められていますが、医師という専門職の限界も認識して自ら作った幻想や奴隷根性の呪縛から逃れる必要があります。これは福島原発事故の教訓でもありました。医師のパターナイズムから脱して専門家の言いなりにならないで自分の頭で考えよう。でなければ医師と患者の良い関係は永遠に築けません。
(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加