ブログ 「ごまめの歯軋り」

読書子のための、政治・経済・社会・文化・科学・生命の議論の場

フィギュアー女子 浅田真央 演技力・表現力・芸術点が課題だそうです

2009年03月31日 | 時事問題
朝日新聞 2009年3月31日14時23分
浅田真央、課題は演技点 男子は4回転回避の流れ
 【ロサンゼルス=坂上武司】フィギュアスケートの世界選手権が28日に閉幕し、今季はひと区切りとなった。女子の金妍児(キム・ヨナ)(韓国)が圧倒的な完成度で頂点に立ち、銅メダルで復活を示した安藤美姫(トヨタ自動車)、4位の浅田真央(愛知・中京大中京高)ら日本勢は、来季のバンクーバー五輪へ巻き返しを狙う。男子は4回転ジャンプへの考え方が分かれた。
 2強と言われた女子は明暗を分けた。ショートプログラム(SP)で10.06点、自由で9.56点も、浅田が金妍児に引き離された。一つの要因は、滑りや振り付け、技のつなぎなど5項目を審判が主観で評価する演技点だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明治維新の立役者を学ぶ事は良いことですが

2009年03月31日 | 時事問題
朝日新聞 2009年3月31日10時5分
「授業で吉田松陰」山口県教委が奨励 愛国心条項に対応
 山口県教育委員会は4月から、明治維新に大きな影響を与えた長州藩(現山口県)出身の思想家、吉田松陰を授業などで取り上げることを県内すべての公立小中学校に勧める。改正教育基本法に「愛国心条項」が盛り込まれたことに対応し、今年が松陰の没後150年であることに着目した。都道府県教委が特定の人物を教えるよう全校に奨励するのは珍しい。

はて胡乱な? 郷土歴史教育と愛国教育とは別 しかし情緒教育「美しい日本」よりはましか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2次就職氷河期 いつまで続く

2009年03月31日 | 時事問題
朝日新聞 2009年3月31日8時31分
非正社員の失職19万人に 内定取り消し1845人
 厚生労働省は31日、昨年10月から今年6月までに失職する非正社員は19万2061人にのぼると発表した。また、今春の就職予定者のうち内定を取り消された大学生や高校生は1845人に達した。同省は1月に施行した公表基準に基づき、内定を取り消した2社の社名を公表した。

朝日新聞 2009年3月31日8時49分
2月の失業率4.4% 前月比0.3ポイント悪化
 総務省が31日発表した労働力調査によると、2月の完全失業率(季節調整値)は4.4%で、4.1%だった1月より0.3ポイント悪化した。男性4.4%。女性4.4%。完全失業者数は前年同月より33万人多い299万人、世帯主の失業者数は74万人だった。また、厚生労働省が同日発表した2月の有効求人倍率(同)は、前月を0.08ポイント下回る0.59倍だった。
 定年などを含めた非自発的失業者数は119万人で、このうち倒産やリストラなど会社の都合で離職した人が94万人。

アメリカ発金融危機(虚構経済)が、実体経済に深刻な影響を与えている。かくも資本主義経済は不安定 自由経済の破綻を救うのはケインズ流政府介入なのか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の草花写真集 

2009年03月31日 | 写真館
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文藝散歩 戦国時代の戦記文学 

2009年03月31日 | 書評
「信長公記」  角川ソフィア文庫 第4回

信長公記 首卷 (1)

 首記は永禄11年(1568年)に信長が京都に入るまでの記録である。本記15巻とは別の記である。織田家の先祖から説き起こして、尾張の統一(織田諸家との抗争と覇権の確立)から、今川義元を桶狭間で破り、美濃斉藤家を打倒して入洛の障害がなくなるまでの信長の歩みを記している。多少年譜と重複するところがあるが、首記の概要を示す。

尾張の国は八郡に分かれる。上の四郡は織田伊勢守が領し、岩倉が居城である。下四郡は織田大和守が領し、清洲が居城である。清洲城には尾張の守護斯波氏(武衛)が大和守の主家として存在した。大和守には織田因旛守・織田藤左衛門・織田弾正忠と云う3奉行がいた。その一人弾正忠は後に備後守といい信長の父信秀のことであり、古渡に居城があった。彼には弟与次郎・孫三郎・四郎次郎・右衛門尉がいた。備後守の嫡男織田吉法師(信長の幼名)を那古野城に入れ、大人衆(信長の家老)として、林信五郎・平手中務丞・青山与三右衛門・内藤勝介をつけた。平手中務が御台所賄(会計役)となった。

備後守は天文11年(1542年)8月に、安城を攻めて三河小豆坂で駿河の今川と戦った。吉法師は13歳で元服、織田三郎信長と名乗った。14歳で吉良大浜に初陣。天文16年(1547年)9月備後守は美濃に出兵したが、斉藤道三に大敗し五千人が討ち死にした。斉藤道三が勝ちに乗じて11月に織田播磨守が守る大垣城を攻めた。備後守は反撃して道三を稲葉城へ追い戻した。そして斉藤道三と和解が成り立ち、道三の娘を信長の嫁にして婚姻関係を結んだ。
(続く)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加