ブログ 「ごまめの歯軋り」

読書子のための、政治・経済・社会・文化・科学・生命の議論の場

あおによし奈良の都(20) 猿沢の池

2012年06月12日 | 京都案内
興福寺の南にある猿沢池から興福寺五重の塔をみた風景である。構図とし一番絵になる風景である。これで奈良の都の散策記を終える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あおによし奈良の都(19) 興福寺南円堂

2012年06月12日 | 京都案内
南円堂(重文)は弘仁4年(813年)、藤原北家の藤原冬嗣が父・内麻呂追善のため創建した八角堂。現在の建物は寛政元年(1789年)の再建である。本尊は、もと興福寺講堂に安置されていた不空羂索観音像であった。木造不空羂索観音坐像(国宝)、木造四天王立像(国宝)を安置する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あおによし奈良の都(18) 興福寺東金堂

2012年06月12日 | 京都案内
東金堂(国宝)は神亀3年(726年)、聖武天皇が伯母にあたる元正太上天皇の病気平癒を祈願し、薬師三尊を安置する堂として創建した。銅造薬師三尊像(重文)、木造維摩居士(ゆいまこじ)坐像(国宝)、木造文殊菩薩坐像(国宝)、木造四天王立像(国宝)、木造十二神将立像(国宝)など国宝級の奈良時代の彫刻が残っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あおによし奈良の都 (17) 興福寺五重塔

2012年06月12日 | 京都案内
興福寺は、南都六宗の一つ、法相宗の大本山の寺院である。南都七大寺の一つに数えられる。藤原氏の祖・藤原鎌足とその子息・藤原不比等ゆかりの寺院で、藤原氏の氏寺であり、古代から中世にかけて強大な勢力を誇った。南円堂は西国三十三箇所第9番札所である。「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されている。五重塔(国宝)は天平2年(730年)、光明皇后の発願で創建された。現存の塔は応永33年(1426年)頃の再建である。高さ50.1メートルで、木造塔としては東寺五重塔に次ぎ、日本で2番目に高い。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あおによし奈良の都 (16) 春日大社二の鳥居

2012年06月12日 | 京都案内
春日大社参道を自転車で一の鳥居から二の鳥居までようやくたどり着いたかと安心したら、まえに長い石段が残っていた。体力と興味が無くなり本殿は見ないで退散した。帰りは真っ直ぐ下って国立奈良博物館の横を通って一の鳥居をくぐり、興福寺の五重の塔に出た。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加