ブログ 「ごまめの歯軋り」

読書子のための、政治・経済・社会・文化・科学・生命の議論の場

貧困者を誹謗する警察の意図は?

2010年12月31日 | 時事問題
asahi.com 2010年12月31日7時6分
社会保障狙う詐欺事件急増=生活保護、雇用保険…4年で倍に―警察当局
 生活保護や雇用保険など国の社会保障制度を狙った詐欺の摘発件数が過去4年間で倍増したことが30日、警察庁への取材で分かった。同庁は「セーフティーネットの根幹を揺るがしかねない」と警戒を強めている。
 警察庁が全国警察本部で詐欺などを担当する捜査2課が摘発した不正受給事件を分析したところ、2006年の摘発件数は38件(立件額3億円弱)だったのに対し、09年は73件(4億円強)とほぼ倍増。10年上半期(1~6月)は43件で、年間で09年を上回るペースだ。

たった73件(09年)が多いというのか? 県あたり年に1,2人程度である。逆に言えば如何に不正受給が少なかったかといえる。この善良な生活保護者を攻撃しようとする警察の意図を問いたい。それもほとんどが暴力団員の不正受給ではないかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書ノート J・S・ミル著 「自由論」 岩波文庫

2010年12月31日 | 書評
個人の自由と多様な才能が社会の発展の原動力 第3回

 この本が書かれた時代を振り返ろう。1859年は日本では徳川幕府末期の動乱期にあたり、1953年にペリーが来航し欧米列強によって開国を迫られ、1860年桜田門外の変が起きた時期である。19世紀前半は、欧州ではナポレオン戦争が終結してイギリスでは自由主義的改革の時代である。ナポレオンによる大陸封鎖によって食料品は暴騰し地主階級は利益を得たが、1815年ウイーン会議でヨーロッパの平和は回復された。イギリス議会は「穀物法」により関税を課することで自国農業を保護した。製造業者らは穀物法に反対し、議会を土地所有者の独占物から解放するために「選挙法改正」を訴え、ブルジョワジーの参政権獲得に動いた。1832年に憲法改正が行われて、1846年に自由貿易が達成された。経済的自由および政治的自由の獲得の問題が次代の課題となり、思想的根拠が準備された。アダムスミスの「自然的自由の体制」、ベンサムの「功利主義哲学」があたかも自然法であるかのように受け入れられた。ベンサムによると、人間の行動はすべて利己心の発動で、快楽地球が人間の行為の動機である。利己心の衝突は望ましくなく、全ての人の調和を求める利己心を是とした。そのために利己心の衝突を避けるため国家や法律が必要だとされる。したがって国家や法律は基本的に悪であるがやむをえない必要悪とされる。こうして「最大多数の最大幸福」が達成されるという理屈である。この思想は哲学的急進主義といわれ、イギリスの改革に大いに力を発揮した。ミルの父も功利主義者であったことは先に述べた。J・S・ミルは哲学者としては論理学の帰納法を確立し、経済学者としては古典派経済学を受け継いだ。ミル自身は「功利主義」という著作を著わすほど功利主義者と見られているが、「自由論」においては妻のテイラーの意見を入れて功利主義から、調和的に人間の諸能力を可能な限り発展させることが道徳の目的となるという理想主義的個人主義へ進化した。
(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文藝散歩 永井荷風著 野口富士夫編 「荷風随筆集」 岩波文庫

2010年12月31日 | 書評
永井荷風の江戸文学趣味と淫靡な世界 第18回

元八まん(昭和9年12月)
 砂町の南端に元八幡宮(元深川八幡)が枯れ蘆の中に佇んでいる。州崎から木場を経て十間川を渡って新開道路が走る先にあった。昔は砂村と言われ、今は空き地にお粗末な長屋がごちゃごちゃ立っている。いかにも枯れた感じの印象を書いただけのことである。こういう場所の荷風の記述はいかにもそっけない、殺伐とした文明の果てる地という印象である。
(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

筑波子 月次絶句 「除夜鐘」

2010年12月31日 | 漢詩・自由詩
急車売餅市聲譁     車を急ぎ餅を売る 市聲譁に

何奈嚢空両鬢華     何奈せん嚢空し 両鬢の華

生計人忙驚歳杪     生計に人忙く 歳杪に驚き
  
夜鐘送鬼幾咨嗟     夜鐘鬼を送って 幾咨嗟

 
●○●●●○◎
○●○○●●◎
○●○○○●●
●○●●●○◎
(韻:六麻 七言絶句平起式  平音は○、仄音は●、韻は◎)
(平仄規則は2・4不同、2・6対、1・3・5不論、4字目孤平不許、下三連不許、同字相侵)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CD 今日の一枚 R・シュトラウス 「室内楽全集ー5」  ヴァイオリンソナタ曲集

2010年12月31日 | 音楽
R・シュトラウス 「室内楽全集ー5」ヴァイオリンソナタ曲集
①「ヴァイオリンとピアノ2重奏曲」作品8
②「ヴァイオリンソナタ」作品18 ほか
ヴァイオリン:エルノ・セバスチャン ピアノ:ウオルフガング・サバリッシュ
DDD 1995 ARTS

コメント
この記事をはてなブックマークに追加