今日のおじさん(気持ちは坊ちゃん)

55歳から走りはじめ、63歳まだ自己ベストを狙っております。
ゆっくり長く走れば強い脚になれる・・信じて。

6月走行距離

2018年07月01日 | 月別走行距離
臀部から落ちた痛みも徐々に治ってからの隠岐の島ウルトラ
その後の膝の痛みはありつつも サポータ装着でなんとか
走れた一か月
大きな故障とならずの目標距離クリアーでした。
ウォーキングもまずまず。
ゆっくりぼちぼち、たまに長めのランができた6月でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6.17 第13回隠岐の島ウルトラマラソン 100K 師匠の背中に鬼をみた!!

2018年06月30日 | レース模様
2014年 (第9回)初めての隠岐の島でした。→11:07:29
2015年 (第10回)→9:48:51 (このときはコースが短かったらしい
2016年  いつかはサロマ(ラン友なっちゃんの名言(笑))翌週にあるサロマ初挑戦のため回避
2017年 (第12回)→10:27:16 前週のむかつくダブルフルからの連戦よく走れたもんだ
そして・・・今年 4回目となる隠岐の島 脚はきっちり休めての参戦。昨年よりもいいタイムでゴールしたい

今まで松山から一人、広島経由のマラソンバスでの移動でしたが、
隠岐の島でぜひ走ってみたいとラン友さんたち総勢4人でに乗っけてもらうことになりめちゃくちゃ助かりました
運転手をしてくれるMさんは今までウルトラウーマン奥様Mちゃんのサポータでしたが
今回ウルトラ初挑戦であります。帰りの脚状態で運転が心配ではありますがきっと大丈夫
なんせ坊ちゃんよりもちゃんと奥様と一緒に長い距離練習を何度もしてきたんですから
そしてもう一人同乗者は、50Kの部 あまりに速くなって遠いところに行ってしまった(笑)
つる姫さま 狙っておりますよ・・50K 

土曜日朝3時すぎに自宅近くで拾ってもらい続いてつる姫さまを拾って松山にさようなら。
びっくりしたのは、つる姫さまの荷物の少なさ
あまりの少なさになんぞ大きな忘れ物してないの?とみんなが心配したくらいです。

4人でわいわい楽しい道中・・・4時間ちょいで港(七類港)について、
前日からここで車中泊しているうえぴょん師匠はどこにいるんやろうとみんなで言ってた目のまえ
道路を歯磨きしながら道路を横断している見覚えある姿 まさかの登場
あまりの偶然にびっくりでした。

早めに乗船行列順番とりで、9時出発(11:25 西郷港着)脅威の座席とり合戦は無事に
横になるスペース確保できましたが・・・すぐ隣がしまねの某団体さんの宴会、
大声談話ハイテンションで落ち着かず 旅の始まりですからそりゃうれしいですわな。

港到着してから、ラッキー事情でランク1となったスタート会場近くのプラザホテル。
まずは荷物預けて、お昼は昨年気になっていたラーメン屋さんにて。
ちゃんぽんいただきましたがなかなかおいしかったです

そして受付会場へ移動。
まったりしながら宿へ戻るバス待ち。境港からのフェリーが着いたらしく次々を
巡回バス到着。もしかしたら・・・やっちゃんいるかも・・・お!!再会できました 
気合入っておりました



前夜祭・・みなさんと一緒に今回は参加、相変わらずの席取り合戦で
入口ドア前は殺気だった混み具合。
5時入場開始・・なんとかみんな一緒にうまく席とりできました。
事前情報しらずで、いつかはでてくるかと期待してた岩がき 今年はなかったです
ずーと立ってるとしんどいので、バスが混み合う前にと早退。
このおかげで、ホテルではお風呂、食事とのんびりすることができました。

17日朝 歩いて行くつもりでしたが、近いのですがホテルから車を4時半前にだしてくれるらしくうまいタイミングで送っていただくことに

50Kの部なのでゆっくりすればいいのにつる姫さまスタート見送りにきてくれました
写真まで




なぜか隠岐の島だけは 一番前方に位置取りしてしまいます(笑)Mさんも初なのにこの位置


いつもの前置き・・長くなりレース模様は短くなりそうですが

今年もにぎやかなMCさんの声ききながら5時スタートで送りだしてくれました。
いつも思うのですがこんな朝早くなのに島の人たちがいたるところで旗ふって声援をくれる。
先日みたランスマで白山ウルトラ100Kを走り通し完走した金さんの名言
ウルトラって 感動と感謝 につきますよね~と。

ほんとうにその通り、これからゴールするまで いたるところで島民のみなさんのエールをいただけるんです

スタートしてすぐに Mさんが前に さらのそのうんと前をうえぴょん師匠がいる。
先週の84キロの疲労脚ハンディをいただいてるのになんなんだこの速さ

25キロ先がラスボス高度250Mくらいの峠まで脚を残しつつ涼しいうちに距離を稼ぐ作戦
キロ5分半くらいでいければ上々。

なんとかMさんの背中に追いつき並走。うえぴょん師匠の背中を追っかける。

しばらく走っていると徐々に前行く師匠のペースが落ちてきた
やはり疲労が完全に抜け切れてないのだろうか・・二人で前にださしてもらう。
このまま行ければ・・ラッキー なんて甘いことはやはりなかった

実は土曜日からお腹に宝物いれたまままったく排出できず・・・
腹は重たいのに、トイレでは小のみ。
給水はしっかりとるが汗で対応できずお腹にたまった水を出さねば状態。


トイレでてしばらくして坂道振り返ると 徐々に振り切った距離がつまってきているではないか。
20キロあたりその差 たったの数秒



しかたない、上りはがまんし 下りはまったくスピードでないと言っていたうえぴょん師匠の
言葉に期待するのみ。が・・・・・とんでもありませんでした。

坊っちゃんトイレ休憩に立ち寄ったのでMさんに先に行ってもらう。


先頭Mさん、その後ろを追いすがる坊ちゃん。さらに後ろどんどんペースをあげてきた迫りくるうえぴょん師匠



坊っちゃんを刺し、さらに前にいるMさんを今まさに刺そうとする瞬間





Mさんは35キロのラスボス攻略、下りに入るころに脚を痛めてはならないと
ペースを落としてきたので先に行かせてもらう。
坊っちゃんもいつもなら無謀にもガンガン下りをやってしまうのだが
村岡の失敗から学んだ後半の脚を残す走りに徹する。


下りもがんがん飛ばしたらしく40キロあたり・・背中がますます離れていき
やがてその背中は視界にまったくみえず。
きっとどこかでうえぴょん師匠が落ちてくることを期待して

目指すは48キロ地点のレスト。
一旦フラットな歩道を走りその先にレストがあるのだが・・・
手前でアジサイ咲いてるアップダウンコースが仕掛けられている。
初めての方はなんだこんなところにまだ坂が!!と悲鳴あげること間違いなし
下り始めると、レストで走りこんでくるランナーの名前をアナウンスしている声が聞こえてくる。
あと少し~と 左に曲がるとレストです。
ドロップバックを受け取り、後半のジェル5個補充し 日焼け止めのお肌手入れも実施
炎天下ランの一番の大敵は日焼けなんです。今回は日焼け止めリップクリームも投与
奥に進んで、カレー 少な目にいただく。昨年は食べすぎで時間かかりすぎを反省。
と、ふと出口に視線を飛ばすと うえぴょん師匠の背中が見えた
カレー3口食べただけでストップ。エイドのスタッフさんに残してごめんなさいとお詫び。
すぐに出発したものの シューズに違和感
アップダウンいっぱいあったので紐がちょっと緩んでいる。
しめなおそうと足をあげたら太ももがピキーン
もたもたしながら締めなおす間にどんどんランナーが追い抜いていく。

締めおわり再び走りだすが ここからが実は一番脚が動かない時間がやってくる。
いくら短い休憩でも、30秒以内でのエイドと違い5分ほどの休憩のつけがやってくる。
さらに今年はコース変更でエイドが5キロ先になった
なのでしばらく行くと、私設エイドを発見したので迷わず立ち寄りいただく。
うれしいことにヤクルトが むろんいただきました。

このコース変更昨年はフラットコースがしばらく続いていたのに・・・なんと
動かない脚に えげつない坂道コースのトッピング追加となっているではないか。
大した高度ではないのですが・・・・これは辛かった
まったくうえぴょん師匠の背中は見えない。
はるか前に行く一人のランナーさんの背中を追っかけながらひたすら走る。

60キロすぎたころから 100M越えのアップダウンが 3個 80キロくらいまで
延々と続く。このあたりから脚に異常発生。
太ももがピクピク 攣り始めてきた。 脚がスムーズにだせない。
ペースがどんどん落ちてくる。下りに入ってペースをあげるところを
脚が突っ張ってうまく走れない。追い打ちをかけるように右足首に痛みがでてくる。
心が弱くなると、どんどん負の思考が増大してくる。
キロ5分台で走っているつもりが、ペースは6分半しかでてない
スタート前に、先日転んで痛めた臀部のために、痛み止め投与していたが
ここにきて 2度目の痛め止めを投与。なんとか効いてくれますように

80キロすぎたあたり後ろから1台の車がきた。大会関係車。
(ランナーは前も後ろもいない一人旅)
左側走ってください~と言われる前に 左端を走っておりましたので
ご協力ありがとうございますと注意でなくて 感謝の言葉
そして肝心のアナウンスです。まもなく 川内選手がまいります~と。
はい、じゃましない様にとのつゆ払いのお車です
しばらくすると、今年も聞こえてきました・・・力強い足音だけが
静かな山の中、後ろからどんどん大きく響いてくる。
そして、今年もあっという間に通り過ぎていく瞬間がやってきました。
そして、足の運びを後ろからじっくりと拝見
右足は外に向かって蹴りだしている・・それでも速いもんは速いのじゃ!!と感心

通りすぎるとまた静寂の山中。ランナー誰ひとりいないぼっちのレースの時間
弱った心でどんどんペースが落ちてくる時間です。
前半下りを安全ペースしたはず、脚は残っているはずと自分の脚をだましにかかる

そしてうえぴょん師匠もそろそろ疲れがでてきてペースが落ちているのではないかと
ここでがんばればもしかして~ と勝手な妄想しながらひたすら前に。
(二人の差80Kで 4分ほど)

80キロすぎ海岸線 湾曲した道路の先のほうに 青いウェアーが目に入った。
なんと、坊ちゃんの前 はるか先にいるランナーはたった一人 うえぴょん師匠

ここからは 前を行く師匠の背中に少しでも近づくことを目標に脚を動かす。
(頭の中の妄想ではゴール直前でがまんして一気に刺す

攣っていた脚も動き始めてくれるようになりました。
ひたすら背中を追う。やがて、うえぴょん師匠も後ろにいるランナーが坊っちゃんと
気づいた模様。あと200Mくらいまでのところに詰めたが エイドでの休憩も
手短にすぐにスタートする師匠 下りではスピード出せないと言っていたはずの脚
下りでもまったく追いつかず。
詰めた距離がまた離れ始める

ラスト10キロ最後のアップダウン 空港へ向かう上り
なかなか距離が詰まらない。 私設エイドがいっぱい。
エイド無視すれば少しは詰まるのだが、ここは外せない。
冷たいコーヒ、やら栄養ドリンクやらカルピス、スイカ 
そして名物岬カフェは絶対お立ち寄り。タイムよりもエイドをとりました
坊っちゃんを意識してか私設エイドでは紙コップを落としておりましたが(笑)

詰めれない距離に、エイド全部立ち寄ったんだからもう無理して追っかけなくても
いいだろうと 悪魔のささやき・・が聞こえてくる。

まだ背中は見えている。最後のエイド(ラスト3キロ)が目に入る。
きっとうえぴょん師匠は最後の追い込みかけるためエイドをすっ飛ばすだろうなと
先を見つめる。 お!!! 想像的中 見向きもせずに通過。

例え追いつかなくても最後の最後まで距離を詰め背中に近づくランナーの意地。
たった2人のバトルをまさからの100キロの大会でやるなんて
こんなチャンスはめったにありません。

西郷大橋(赤い橋)を渡ればもうあと少し 必死で背中を追っかける。

コーナで見えなくなりMCさんがうえぴょん師匠のゴールを告げている声が遠くから聞こえてきた。
最後まで追い込み、ゴールを目指す。手前左にスタッフAさん発見しハイタッチしてからのゴール。
10:15:10 うえぴょん師匠から1分12秒後ろまでなんと詰め寄れましたです

ラスト15キロ のバトルのおかげでこのタイムでゴールすることができました。
うえぴょん師匠の背中のおかげ・・感謝です




ゴールしてから しばしつる姫さまゴールをまっておりましたが・・・ちょいとお先に宿でお風呂のため
巡回バスに。と・・・バスの中から 戻ってきた姫さまを発見。残念、あともう少しまってたら

再び会場に戻りラン友さんたちのゴールを出迎えに。
なんとMさんは初ウルトラなのに11時間ちょい
ま、おかしくはありませんですが・・毎週 同じ練習してるのですから(笑)
きっと来年はサブ10はいける脚のはず。期待しましょう
やっちゃんの堪能しきった笑顔のゴール
Mちゃんの目標 13時間ぎりも余裕で達成やりきった感満載の笑顔でゴール
まみちゃん、三原さんの並んでゴールも目撃
瑞枝ちゃんゴール出迎えできなくて 無事ゴールでよかったよかった。


サブ10狙ったのですが甘くありませんでした~
次回の宿題か、もうお腹いっぱいか 時間がたつと答えがでてくるかと









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年レース計画&結果

2018年06月21日 | 年間レース計画&結果
月に1回ペースのレースをなんて言いながら いざ 予定を
たててみたら ほぼ月2回なんですが・・どうしましょ。


2月 4日(日) 愛媛マラソン(フル)3:34:31

2月18日(日) 北九州マラソン(フル)DNS 愛媛で痛めたふくらはぎ回復せず断念

3月18日(日)くすのきカントリーマラソン(フル)3:21:52コースレコード年代別2位

3月25日(日)武佐衛門マラソン(ハーフ)DNS

4月 1日(日)まつの桃源郷(ハーフ)1:37:38 

4月15日(日)加賀温泉郷マラソン2017(フル)3:20:26セカンドベストレコード達成年代別2位も

5月 3日(木)武庫川ユリカモメウルトラ70K 6:13:06年代別2位

6月 3日(日)2016 はなの森行脚(ほぼハーフ)往路1:15 復路0:57:38

6月17日(日)隠岐の島ウルトラマラソン(100K) 10:16:12 年代別4位

7月8日(日)しまなみウルトラマラニック(50K)坂道崩落のため中止
                
8月4日~5日(土、日)神戸24時間リレーマラソン シングルの部

8月26日(日)北海道マラソン(フル)
               
9月30日(日)村岡ダブルフルウルトラマラソン(100K) 

10月21日(日)四万十ウルトラ(100K)  落選

11月18日(日)神戸マラソン(フル)

△12月16日(日)防府読売マラソン(フル)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月3日(日) 「2018 花の森行脚 」にて坂道練習

2018年06月05日 | レース模様
隠岐の島大会の2週間前 今年も恒例の 花の森行脚 参加費2000円 に参加させていただきました。
本当にいい大会で今年もお世話になったみなさまに感謝感謝です

今回もラン友右ちょんご夫妻のに同乗させていただくことに。

朝8時に集合(本当は8時10分くらいだったらしいが・・・ちっとも記憶なし
9時前に現地到着。
受付すまし、参加賞の鉢植えチョイス。(今年は出遅れたのか?種類は1つのみ、おかげで迷うことなし
帰りに受け取るので、そこで預かってもらいます。

ここで恒例の記念写真であります。

昨年もこの4人での記念写真(笑)

そして、大抽選会 ラン友さんたちさっそくに当たっておりましたな

10時スタート。いつものスタート位置より今年は後ろに変わっておりました。

いきなりの激坂に入りますが 最後尾からスタートしたのでのんびり歩くスピードのランにて。
昨年はガンガン飛ばし膝痛みでたので今年はおとなしくマイペース。
隠岐の島に一緒に行くラン友みゆきちゃんの横を走り追い立てる役に徹します
目標は平均6分~6分半。

コースはこんな感じ。


400M越えの山ありますが 最高高度差は270Mくらいなのでいつもの練習高度くらい。
隠岐の島のほうがきっと楽かと。

前半は 1時間15分 11.1 K (ペース 6分48) なかなかいい走りでみゆきちゃんがんばりました
折り返しのエイドで ラン友あっこちゃんからおいしいトマトをいただき元気をもらいました~

食べたらすぐに折り返し出発。
後半は、ほとんど同じ道ですが 下り貴重なので楽に走れます。
下りをうまく利用して楽に走る練習。かと言ってガンガンはだめ。

快調に飛ばして前行く男性たちをすいすいと刺していくのでみゆきちゃん 気持ちよくがんばっております。
ラスト2キロ最後の上り・・・ここにきて少し息があがったのかしんどそう。
先に行ってくださいとのこと。 ここまできたら 少し先の下りのみなのでまったく問題なしのランが
できると判断し、先に行くことに。
下りガンガンはやったらあかんと 決めていたのに
調子にのって、前いくお兄ちゃんを追っかけてしまい前にでて ガンガン追い込んで








ゴール。(右ちょんさま提供写真

復路 57分38秒 10.3 キロ(ペース 5分35 )

ゴール後くじびき・・・玉ねぎ一袋ゲット ありがたいこと。
そしてすぐにみゆきちゃんゴール。

最後の2キロやっちまって、膝、中臀筋 違和感あり
一緒に最後まで走るべきやったと後悔。

ホテルのお風呂いただき、お弁当をいただきラン友さんたちとランチタイムで
帰りにお花をもらって帰路につきました~

お風呂、お弁当もついての2000円 坂道ウルトラペース練習 気持ちよくできました~
大会関係者のみなさま、本当にありがとうございました。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月走行距離

2018年05月31日 | 月別走行距離
5月前半は膝の痛みもあまりなかったが、後半にきて左ひざ ハムに痛みあり

スピードださず、坂道下り ゆっくりで ウルトラ本番までになんとかしたい

ランをがんばると 歩きが減る 的な 一か月となったがまずまず


■ラン






■歩き

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第26回武庫川ユリカモメウルトラ70Kマラソン 周回こそ強いメンタルが必要

2018年05月18日 | レース模様
5月3日に開催されるこの大会 5月連休の真っただ中です。
この大会に参戦するようになるまでにはこんなドラマが

この時期のFBには感動いっぱいの萩の記事がアップされる。
(今年が最後なのでよけいに盛り上がります)
2011年に140を完踏し資格をえたので、みなさん同様
さらに上をチャレンジ 

2012年 萩250Kへ 125K 千畳敷でリタイア→膝がもちませんでした
さらにその後膝から翌年臀部に痛みが発生し断念し 連休イベントは短い距離へ

2013年 武庫川ユリカモメ70Kに 初参戦 7:01:01 
 足首痛めたりの中だましだまし走れるかもと 忘れてきたものを
 取り返すんだと再び萩チャレンジを目指す

2014年 萩250Kへ またまたDNF 175.7K宗頭でリタイア 23:15 両脚裏にできた肉刺 を言い訳に

2015年 再び 萩250Kへ またまたDNF235K佐々並エイドでリタイア
 膝を克服、肉刺も克服絶対完踏できると信じて走り続けたものの
 まさかの腰が曲がって1キロ歩行に1時間を要するため最後の山を前に断念

ここで萩は 断念しました。理由はわかっているのです。
250Kを走るための練習をどれだけがんばったの? と聞かれたら
参戦するたびに半年近く走ることもままならず・・
自分が楽しく走れるステージは きっとここではないんだとそれからは
ロード100K以内までにすることにした。

5月の連休 萩がだめでも、とにかく長くロードを走りたいと再びユリカモメへ

2016年 武庫川ユリカモメ70Kに 2回目参戦 6:18:12 

2017年 頭部手術(2月)して間もないため断念 (近所のハーフへ)

前置きが長くなりました 
そして今回 3回目の武庫川挑戦です

前日2日 三宮駅近くのカプセルホテルに宿泊。
当日朝、前日から降っていた雨予報が変わって曇りからさらに晴れへ
7時すぎに現地入りです。早めに着いたので橋の下の場所取りができました。




前回の大会 で最後の最後で
刺され追いつくことができなかった 同い年 Y崎さん(うえぴょん師匠のラン友さんであります)発見
すぐ近く陣取りでご挨拶。FBにつながらせていただきました 

そして隠岐の島でのバトルで知り合った神戸のHさんも発見。ご挨拶 脚を痛めているとのことで
途中でやめられるそうです。神戸の招待選手 神戸に向けて調整されてるとのこと。
同じく神戸招待のうえぴょん師匠とのバトルが楽しみであります

8時半スタート 制限時間は8時間半。 1周17.5Kを4周。

完走ペースは 1km : 7分 17秒     5km : 36分 25秒  となります。

ただし途中関門 65.5K地点;6時間50分 ➡ペースは 1km : 7分15秒     5km : 36分 16秒
があるのでキロ7分ちょいでがんばっていれば絶対完走できます。

ジョグをちょっとだけやってスタートラインに整列。
号砲とともに ゆっくりと走り始めます。
コースは水たまりができてるので 少し間をあけて落ちないようによけながら

走りはじめペースを5分半でいくことに。
ペーサ(大阪芸術大学女子駅伝部のたち)6分を発見し
その前にでて次のペーサを目指してペースをあげる。

途中で ラン友塩ちゃん(昨年の年代別1位)そして昨年2位のY崎さんに追いついた。
体力温存作戦みたいでペースを抑えてるお二人・・はて 前にいくと危ないかもと思案。
からの、まええか 70Kなんでフルマラソンの練習もどきで40Kまでは少し早いペースで押していこうと
5分半ペーサ前ですか?と二人に声かけると 居ないような返事

まずは前のペーサに追いつこうとペースをあげる。
ようやく追いつくと 5分のペーサさんたち
あらまー 半はいない。 しばらく後ろ斜めについて並走。
が・・・男性ランナーがペーサの女子さんたちにあれこれ質問して耳障り

しばらくがまんしていたが、気持ちよく走れない。
後ろに下がるとこの大集団の後ろは さらにストレスがたまりそうなので 意を決して前にでる。
当然5分の前に出た限りは ペースがあがる

4分50 くらいで走っていると、 ちょうどお兄ちゃん二人が同じくらいのペースで入れ替わりしながら
ええ感じで

後ろから声かけて、えらい速いペースですが 最後までいけそうですか?とたずねると
フルの練習と思い3時間半くらい40までいき どうせ落ちてくるのでいけるとこまで
行って貯金しますとのこと。
後ろつかせてもらいます~と声かけて 2人に40K 近くまで引っ張ってもらった。

40K あたり 3時間20分くらい。だんだん 股関節に痛みがではじめる。
腰が落ち始めて ペースも落ちてくる。
痛み止め・・多分効かないと思うが 少しでも楽になりたいので服用。

5分ペーサ集団に追い越される。 ここからが正念場。
コースの2/3 は 土 残りがアスファルト。 土の部分の走りは難しい、反発がこないぶん
脚の負担が大きい。 がまんの走りで、アスファルトになってペースを少しあげる。

折り返しで徐々にY崎さん、塩ちゃんとの開いていた距離がつまっているのがわかる。
50Kすぎて Y崎さんに刺される。だいぶ脚がへたってきた
塩ちゃんは、マイペースで力温存ペース ゆったりした余裕の走りでよくわかる

最終折り返し です~と塩ちゃん抜いていった
ラスト7K弱 折り返して 徐々に力がよみがえってきてペースがあがる。

ラスト3キロあたり前方になんと Y崎さんの背中がみえた
だんだん近づいてくる背中。 
さて、ここで前にでるか ゴール直前まで後ろに張り付くか(前回の反省) 
と思案していたら 横からお姉さんが追いついてきて前にでた

方針決定、の背中に張り付くことにした。
さきほどまで 6分前後やったのに 5分半まであがっている。
後ろからいつY崎さんがくるのか足音が迫ってこないかとどきどきしながら前を追っかける。
すごいお姉さんです、がんがん走る。
後ろから声かけてこのままだと6時間10分ぎりいけますかね?と尋ねる。
お姉さん自分の時計みて、すぐに返事がきました。 無理!!! 

わかりました~ 最後の最後までがんばりますので背中張り付かせてもらいますと・・
ゴールは右に入りこむようになっている。


ゴールまで残り数メートル ラスト追い込みで の前にでれそう。さて・・・・
やめて少しペースを落とし、がゴールテープを切って入る。

すぐにテープをひろい直すのかと思ったら坊っちゃん通過を待とうとしてる
笑いながら、テープしてくれへんの?と声かけたら慌ててひろい直してくれた。
ありがとう・・・ とお礼を言ってゴールでした。

6時間13分06秒  (5分19秒/Km)ちょっと無謀なツッコミ前半でしたが よく脚がもってくれました

17時から立派な表彰台の上で 表彰(年代別2位)していただきました



えらい大きな箱やったので自宅に帰ってから 取り出したところ

ティッシュの箱は大きさのためで頂いたものではありませんので
なぜに、兜・・・5月5日の子供の日にちなんでのサプライズでしょうか

打ち上げはパスさせていただき三宮までよれよれと戻りました。
ラン友 やっちゃんから夜のお誘い あったのですが
もう体力が底をついており
 翌日朝お見送りにきていただけるサプライズ 


4日、9時05分発のバス お見送り 別れをおしみながら 帰路につきました。





後日大会ブログにアップされました完走者数です。
(大会ブログより)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルートラボ初めて使ってみたが・・・おもしろそうです。

2018年05月02日 | 走ること
松山駅スタート、行ってみたい上林1000M上りつきコースです。

 80Kコース

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世の中にはすごい人がいてます。ものすごいデータベース。

2018年05月01日 | ランためになる話
最近は、アディダスシューズしか使用してないが
手に入らないというナイキのとんでもないシューズが気になっている。
たまたまマラソンのペース計算ツールを探していたら

こんなすごいところにいきついてしまった。こちらを


シューズの情報としてはとても参考になりました。
どうやって調べたんでしょうかね~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月 走行距離

2018年05月01日 | 月別走行距離
フルマラソン大会前まではかなりいい調子で痛みなく順調でしたが
やはりその後はアップダウンおよび日頃以上の負荷がかかったため
脚に負担がきたようです。
これだけは仕方ありませんですね。
がんばった証でしょうから。

無理せずで、月末50K走をご一緒させていただく予定でしたが
20Kだけにいたしました。
抑えてよかったです、20Kだけなのにまだ走った後に張がきつかったですから。
その翌日もラン休みとし、献血にいきました。
献血は1週間前はヘモグロビンが規定値までとどかず却下。
月末に再チャレンジし今度は合格となり 協力することができよかった




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一度はやってみる価値ありの一日限りのお仕事。

2018年04月27日 | つれづれなる日々
木曜はアルバイト。 
期日前選挙の立合人という貴重な体験ができるお仕事???? 
選挙事務所に集合9時。説明受け 
現地移動。おっきなデパートの中です。開店前なので、テレビでよくみる 
従業員入り口での、名簿チェック受けて入館。地図もらってましたが迷路( ☆∀☆)迷ったり、清掃の方に案内してもらいながら現場到着。 
10時~19時椅子に座り続けます。楽しみやったのは、絶対経験できない社食です。1000円冊1枚もっていきました。
入り口から入るとその広さにびっくり。さらに圧巻は、ほとんどレディーです( ☆∀☆)
トレイとってチョイスしようとしたら、あらまー現金だめみたい。
食堂のスタッフさんが丁寧に説明してくれます。結論、1000円入金したなら使えるのは300円のみ( ´-ω-)700円はカード保証料。
300円って~安心してください。
きつねうどん190円、おにぎり60円てした。あとは帰るとき清算できました。が、3時すぎもう一回食べに。次は、カレーうどん。料金同じく(^_^)v
一日に何人くるのでしょうか~
びっくりです。1000人ははるかに越えてました。
さすがデパート、9割りくらいが女性( ☆∀☆)でした。
こんな風景
目が見えない方がこられると点字の器具用意し点字で記入するんですね。ここまでくるのだけでも大変なのに有権者さすがです。
高校生の男子制服姿で投票にきたので( ☆∀☆)そうか、18才からなんやと実感。一人だけでしたが。
その後、女子高生も一人きました。立派立派( =^ω^)
びっくりしたのは、ちょっとお年のレディーさま、ここから選んだらいいんですかと質問されました( ☆∀☆)
また、記入して投票せずに帰ろうとしたかたも(笑)こっちがあわてました。立合人の仕事いたしました🎵
最初と最後は鍵の解錠と施錠をきっちり立合して終了。
こんな経験させてもらい、松山市役所さんに感謝です。
また、機会あれば応募したいと思います。🎵
帰りの出口も迷いながらなんとか守衛さんのいるところにたどり着けましたです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加