はむすぽ。-Go! Go! Fighters!!

ファイターズをぬるく見守るブログだったりします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

#2013-137 「悪いのは俺と吉川」の真意とは?

2013-09-28 | 移転10年目もひたむきに…2013おハム

連続テレビ小説・あまちゃんの終わりとともに、ファイターズのCS出場の可能性も完全に消滅し、
ある種の「終わり」を迎えた今季のファイターズ。まぁ、来るべき時が来るべくして来たとしか言えませんが。

打線は今季3度目(!)となる1安打完封負け。投げては吉川が15敗目…と、今季のアレっぷりを象徴する内容。
(陽のヒット1本だけ負けるという試合を、そういえばつい最近見た気がする。1ヶ月のうちに2度も1安打負けと
いうのはさすがに堪えるよねぇ…。過去にはシーズン中にノーノー2度食らったチームもあると聞きましたので、
それよりはまぁ、ヒット1本でも打っているだけマシということか。もうなんか期待値のレベルがストップ安状態…)

この試合の中継の最終盤。この内容で、しかも8点差もつけられている状況で、それでもなお「きょう負けると
CSの可能性が完全に…」と煽ろうとする実況アナに「…我慢しましょう。これが現実です」と、冷静にたしなめる
ガンちゃんというレアな構図を見ることが出来た。お風邪をめされたのか、声の調子こそ相撲部屋の親方みたいな
感じになってはいたが…視聴者側の気持ちを代弁してくれたんかなぁ。正直「まだ言うか!」って思ったしなぁ。

という試合のさなかに、こんな見出しのついた記事が配信されてきました。

【日本ハム】栗山監督と吉川がV逸戦犯

なんとも物騒な言葉のついた見出しなのですが…書いてあることはこんな感じ。

 最下位に低迷してBクラスに甘んじそうな現状を憂い、5位オリックスとの“逆天王山”を前に心情を吐露。
 「あっという間(ま)というか、申し訳なさしかない」と自戒を込め、振り返った。その中で敗因として
 「一番ダメなのはオレとアイツ(吉川)」と昨季パ・リーグMVP左腕の尻をたたいた。

これだけ見ると「なんだよ!さんざん俺が悪いとか言っといて、結局、選手に責任押し付けるのかよ!」とも
取られかねない内容。見出しにしても、栗山監督は(おそらく)「戦犯」なんて言葉は使ってないでしょうし、
なんとも悪意のあるアレだなぁと思ってしまう。で、同じ内容を別のスポーツ紙が記事にすると、こうなる。

栗山監督「一番悪いのはオレと吉川」 下位低迷の責任を痛感

 5、6位の対戦になったことについて「本当に申し訳ない」と謝罪。

 昨季のMVPながら期待を裏切った吉川については「力からしたら全然ダメ。ウルフもそう、(武田)勝は
 足の故障なんかもあったけど、みんなどうして今年ダメだったのか考えないとね。吉川はここからの登板は
 課題を消していく作業になっていく」と話した。

 その上で「一番悪いのはオレと吉川」と下位低迷の責任を痛感している様子だった。

試合中の時点ではもっと簡単な内容だったと記憶していますが、今、この記事を見ると、栗さんは
この試合前の取材の時に、吉川だけでなく武田勝やウルフの名前もあげた上で、話のまとめとして
吉川の名前をあげたに過ぎないっぽい。同じ発言でも、締めのコメントが「吉川の尻を叩いた」と
「(栗山監督自身が)責任を痛感している様子」では、記事から受ける印象もまったく変わってきます。

とはいえ、twitterのTL内では、吉川の名前を出されて、しかも「戦犯」だの「一番悪い」だのと
名指しされたことに怒りを覚える方もいたようで、情報発信というのは難しいものだなぁと思わされます。
複数のスポーツ紙で記事になっているからには、そうした発言があった事自体は間違いないのでしょうが
それをどう編集するかで、受け手の印象はまったく変わる。この記事の比較なんかいい例ですよねぇ…。

普段、そんなに「あいつがあいつが」みたいなこと言わない栗さんですが、こと吉川に対しては
シーズン中からも厳し目の発言が出ることが多かった。昨年のユニホームを脱がす発言しかりです。
それはやはり、期待の裏返しなのだということは冷静に考えればわかるのです。わかるのですが…。

今季を象徴するような見せ場のない試合展開に、ああいう発言がぶちこまれると、そらイライラも
しますわなぁ。何言ってんだおい!!って思ったりもしますがな…。なにを吉川一人に責任押し付けようと
しとんねん!って思っちゃう可能性もそらありますわなぁ。日刊スポーツはそのへんよく反省するように。

真意とは?みたいなタイトルつけましたけども、その真意が「吉川、来年こそ頑張ってくれよ。オレは
お前に期待してるんだからな」であることは、おそらく紛いもない事実なのだろうと。それならそうと
そういう言い方をすればいいのにと思わなくもないですが、言い方ひとつで印象が変わるということも
考慮に入れると、吉川は「厳しく突き放すことで伸びるタイプ」なのかもしれません。わかりませんが。

いずれにせよ、この発言を受けて、吉川が来年発奮してくれれば、言うことはないのです。

さすがに来年は先発で15敗なんてひどいことにはならないとは思いますが。というか、このうちの
何敗かは野手に足を引っ張られたという側面もありますのでね。決して、誰か一人の責任でという
ものではなく、成績低迷の責任はチーム全体で負わなくてはいけない。そういうことだと思いますよ。

その上で、誰かが責任をとって辞めるというなら、それはそれで仕方ないし、そういう責任のとり方も
実際あるんだろうとは思う。そこを球団の上層部がどう考えてるかは、ちょっと気になるところですが…。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

#2013-133 そろそろ現実を直視した方がいいよねというお話

2013-09-23 | 移転10年目もひたむきに…2013おハム

対楽天3連戦3連敗。前回のKスタでの対戦も3連敗してるので、都合6連敗。
しかも、こと札幌ドームに関して言えば、今季の楽天戦で1勝も出来ず全敗というありさま。
「秋の災典」だの「33-4にならなくてよかった」だのネット上ではやゆされ放題というね。

それにしても。

守乱、投壊、貧打…まぁこれじゃ最下位で当たり前ですわねという。
完封負けしたきょうの試合が、一番内容的にはマシだったという…そんな感じの3連戦。

ついに日曜日の試合では、スタンドから「金返せ」の怒号が飛び交ったという話が
スポーツ紙を賑わせておりました。まぁ、札幌ドーム今季初の4万人超ということで、
いろんな人がドームに行っていたんでしょうから、多少のやじはしょうがないというか。
あの試合展開でやじの一つも飛ばないようでは、そっちの方が怖いという気もするし。
(やじを飛ばす価値もないと思われてしまったら、それはそれでね…怖いですよね…。
仕事とかにおいてもそうですが、周囲からいろいろ言ってもらえるうちが花ですよ。
これ以上ひどくなると、そういう層は球場に足なんか運ばなくなりますからね、きっと。)

まぁ、それにしても、お客さんたくさん呼んでおいて、あんな試合ばっかりやってちゃなぁ…。

スタンドからやじが飛んだりだの、闘将会がアホみたいなコールで煽ってみたりだの
球場の雰囲気もそら悪くなりますわなぁ…。(気合を入れろだの、当たりに行けだの
そんなの応援じゃねぇだろとね…ドームにいたわけじゃないので、詳細は不明ですけど)

とか、いろいろと愚痴りたい気持ちはあるのですが、ここはひとつ、これを見ていただこう。

きょうの試合が終わった段階でのライン的なものをね。作ってみましたよ。ルパートさんに触発されて。
とりあえず、きょう負けたことで、ファイターズはシーズン勝ち越しの可能性がなくなりました。全勝してもやっと5割。
で、まぁ、道内局なんかでは「まだまだCSの可能性…」みたいなことを言ったりすることがあるんですけどもね。
そら、数字上の可能性がまったくないわけではないんでしょうけどもね。CSに出るためには、ですよ。
上記5球団の中で2番までに入らなきゃいけないわけですよ。仮にファイターズが全勝したとしても、
ロッテ、ソフトバンクがともに3勝した時点でアウトなわけです。この表はそういうことを示しているのです。
けどまぁ、現下のチーム状況でファイターズが残り11試合全勝という可能性は…イワセンナ(*^Д^*)ハズカシイよ。

…ということを鑑みても、まぁ、ですね。CS完全消滅ももはや時間の問題ってところまで来ているわけです。

それなのに、きょうの木佐貫・あしたの武田勝中5日とか、そんな無理させる必要あるんですかという…。
ちょっとよくわかんないなぁというか。何がしたいんだろうなぁというか。別にファンが全部わかっている必要も
ないんでしょうけどもね…。無理させる必要ない時期に無理させて肝心なときに使えませんじゃ困るわけでね…。

ああ、いかんな。鬱なことしか書けないじゃないか。

にしても、あれよね。ルパートさんのとこにあった「日ハムが勝てません」のやつ?
あれ、ちょっと選手名とか入れ替えたらそのまま使えるんじゃないかしらねぇ…。

[中田]の復帰や[稲葉]の復調を待ちわびて下さい
[佐藤賢治]にいちかばちか期待して下さい
[杉谷]の活躍に望みを託して下さい

[栗山監督]メニューの中の[俺が悪い]ボタンをクリックするか、
[ユニホームを脱がす]メニューから任意の選手を選び、チェックボックスをオンにして下さい。

………うーむ…(´・ω・`)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

チームの過渡期には、きっといろんなことが試される

2013-09-21 | 移転10年目もひたむきに…2013おハム

ここ最近、ファイターズの試合見れてないんですよねぇ。

今シーズン序盤…というか、つい最近までは「ファイターズ見なきゃ!」と思って
結構、試合の時間とか気にしてたし、ブログに書いたりとか(序盤はね)してましたが。

ほんと、ここ最近、特に一昨日までの6連戦については、地上波でやってたけど
あまり見なかった…。まぁ、出かける用事があったりして忙しかったってのもあるんだが。

そんなこんなやってるうちに、優勝の可能性は完全に消滅し、CS進出ももはや絶望的。
6連勝しても正直微妙だった3位ソフトバンク、4位西武との直接対決で1勝5敗ですから。
まぁ、ソフトバンクに3連敗の時点でもうあらかた察しはつけていますが。

…いまね。CSクリンチのこと調べにこちらを見させていただいたんですけどねぇ。
昨年リーグ優勝したチームが、6球団の中で一番最初に優勝の可能性が消滅しちゃったのねぇ。
(いや、オリックスにまだ優勝の芽が残っていることにも正直、驚いたんだけども)

残り14試合を11勝3敗で行ってやっとシーズン5割ですから…CSはおろか、シーズン勝ち越しの
可能性もかなり低い。たった1年で何がこんなに違っちゃったんだろう。いろいろ考えますけどね。
そりゃ、今のパ・リーグは戦国時代ですし、前年優勝から一気に転落という前例もないわけではない。
たしかに昨年はいろいろうまく行きすぎでしたからね。多少の反動はあるとは思っていましたけど、
正直、ここまで醜いことになると思わなかったもんなぁ…。そこらへんはオフになったらまたおいおい。

でもって、この優勝の芽も完全に消えた…CS進出の可能性も道スポに「風前のともしび」なんて
見出しを付けられてしまうほどに低い…そんな状況下で、あと11試合も札幌ドームの試合が残ってる。
例年であれば「あと14試合のうち、11試合もホームの札幌ドームで戦えるんですよ!!」なんて
地元番組のキャスターが意気揚々として話したりするんですが、今年に関しては…正直どうなんだろう。

道新で「10年目のファイターズ」なんていう連載が組まれて、結構厳しいことも書かれていたようです。
球団内部の話、札幌ドームとの契約の話などなど…自分もざっくりとしか見ていないのですが、
ここまで踏み込んだ記事はなかなかないなぁと思っておりました。とはいえ、いろんな要因あれど

やはり、チームが弱いと客足は落ちますがな。

正直「弱いから見ない」とか言われるとむかっ腹が立つという気もしなくはないのですが、
こと、今年に関してはなぁ…。同じ弱いにしても、なんというか試合内容が悪すぎるんですよねぇ。
打てない、守れない、先発も長く持たない…昨年は出来ていたはずのことが出来ていない…。
いつだったか、アブレイユが内野ゴロを打って相手の守備がもたついていたのに、全然走ってなくて
余裕でアウト食らってゲームセットなんて場面を見せられた時に、ああこりゃだめだと思った…正直。

つまるところ、世代交代の過渡期なのかもしれません。稲葉、金子、二岡といったベテラン勢の
出番が減り、西川、中島、杉谷といった若手の出場機会が増えている。考えたくはありませんが
このオフにベテラン勢が一気にチームを去る可能性もないわけではなく…とか考えていくと
ここ1.2年は我慢の時期なのかもしれないですなぁ。おそらく、そういうことも考えて、ここ最近は
若手の起用を増やしたり、斉藤勝や大塚といったところを一軍で試したりしてるのかもしれない。

まぁふらふらと今考えてることを書き連ねてみましたが、いま中心になっている若手選手たちが
成長し、チームの顔として前面に出るようになるまでは、おそらく辛抱の時期が続くのでしょう。

その我慢の時期にどうやって集客をするのか。

という意味では、これから続く札幌ドームヘビーローテーションは、球団の営業力が試されます。
が…とりあえず現時点では「モノで釣る」以外の策があまりないように見えるあたりがちょっと…。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする