はむすぽ。-Go! Go! Fighters!!

ファイターズをぬるく見守るブログだったりします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

現段階で情報が出ているファイターズ動静【10/19 情報更新】

2010-10-19 | 過去のはむすぽ
とりあえず、現段階で公式に発表または噂が上っている、ファイターズ関連の
戦力外&退団などなどについて、twitterなどの情報も含め、ゆるくまとめておきます。

【確定情報】
・カーライル退団。(9月30日公式発表、既に帰国した)
・木下&豊島に戦力外通告。(10月1日公式発表)
・坪井さん退団(10月2日公式発表=コーチ就任打診されるも、現役続行目指す)
・多田野退団(10月2日公式発表)
・建山さん、FA行使してメジャー挑戦を表明(10月5日、記者会見にて発表)
ダルさん、来季もハムの人(10月19日、自らのブログにて「残留宣言」)
=====
・浅沼が外野手に転向。(10月2日、道新に記事。本人コメも載ってるので確定で)

【噂段階のお話】
・ひちょり、FA行使?(10月2日スポニチ)「他球団がどう思ってるか、知りたい気持ちはある」
・ウルフ&ケッペルは来季も残留の見込み。(両者とも今週末にアメリカへ帰国)
・賢介、来オフに海外FAでメジャー挑戦???(10月9日スポニチ)

坪井さんと多田野の退団が決まりました。(スポーツ紙では『戦力外』という書き方をしているところも
あるようだが、ファイターズ公式では『退団が決まった』という書き方をしてるので、それにならいます。

【10/5 更新】 建山さんが記者会見を開き、一部報道の通り、海外FA権を行使してのメジャー挑戦を表明。
球団も了承済み。同期の選手がメジャーで活躍するのを見て刺激を受けた…というのも、マスコミ報道の通り。
(当ブログ記事 ⇒ こちらです。)

【10/9 更新】 スポニチに賢介がメジャー行きの意向を持っている…との記事が出る。ただ、これも
「関係者がー」「球団幹部がー」しかない、飛ばしに近い内容。あくまで「噂」半分で聞いとかないと。

CS行きを逃したことで、オフのあれやこれやが一気に表面化。ここにはあえて書いてませんが、
ダルビッシュの例の話も、雨後のたけのこのようにあちこちからマスゴミ報道が出てきて、もう辟易してます。

なので、今年のオフの動静は「確定」と「未確定(噂や一部報道の類)」をキッチリ分けて、紹介していきたい。
とりあえずは、何か新しい情報が入るたびに、この記事を更新してトップに上げていきます。別記事が必要な
大事件が起きた場合には、随時、記事にしますが…。とりあえず、ここでは情報を「確定」させる基準的なものを。

1:球団から公式発表があった(≒公式サイトに載った)こと。
2:選手本人や球団関係者のブログ(またはtwitter)で発表されたこと。
3:新聞記事が出所の場合には、本人のコメントによる明確な意思表示があること。

とりあえず、上記3点のうち、いずれかを満たした段階で「噂」から「確定」に情報を移していこうと考えます。

坪井さんの場合は、球団から発表が出る前に自らのブログで「来年からファイターズのユニは着れなくなった」と
書いていましたし、浅沼の野手転向の件は道新の記事の中に、本人のコメントが載っていました。ひちょりの件は
記事に載っているコメントだけでは、何とも言いようがないですし、そもそもFA宣言期間はまだずっと先なので、
まだ「噂」段階ですが、これとか建山さんのメジャー云々の件が「確定」の方に移ってしまうと、来年のチームは
破滅的に弱くなりそうな悪寒。CS行く行かない以前の問題で、6位が指定席になっちゃいそうな…………ねぇ。
まして、ダルビッシュの例のあれがどうにかなっちゃうと、そりゃもう、シーズン100敗もあるで!ぐらいのね。

そんなわけで、この記事が更新された時は、何か悲しいお知らせがある時だと思うので、覚悟しといてくらはい。

【10/19 情報更新】 ダルさんの残留宣言、きてたわあああああああああああ!

完全に出遅れたが、中の人がリアルお仕事だったのでね。(^^;;; ちょっと暇になった時間にtwitterをのぞいたら
CSの結果や感想に交じって「ダル残留決定」だのなんだのというつぶやきがちらほらあったので、不思議に思って
質問を投げかけたら、ものすごい勢いでフォロワーさんから反応が。うーーん、twitterさすがだな。速報性が高すぎる。

まぁ、あれだ。スポーツ紙があることないことないことないこと書き立ててくれましたが、
本人の言葉の方がはるかに重いでしょ。てか、ブログの記事からしか、本人のコメントが拾えないなんて、新聞記者として
どうなの。恥ずかしくないのって話ですよね。
これまでのメジャー云々の記事にダル本人のコメントなんか出てた試しがない。

一部には、散々メジャーうんぬん書き立てておいて、まるで人ごとのような記事を書いているスポーツ紙
あったりなかったりするようですが、それはあれよね。もちろん、読者に誤報垂れ流し続けた責任は取ってくれるんですよねww。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【2010クライマックス・パ ファイナル第3戦】頂上決戦だからこそ、もっといい試合が見たい。

2010-10-16 | 過去のはむすぽ

第2戦のブログで、TBSラジオ解説の建山さんの言を引用して「そろそろ、打ち合いが見たい」と書いたら、
マーフィー暴投によるスミ1の1点だけでの決着と、私の期待をものの見事に裏切って下さる両チーム。

失策だ暴投だ…って、仮にも日本シリーズ進出を争う戦いで、これじゃあかんでしょう。さすがにねぇ。
ホークスにしても、小久保がフェン直の打球をHRと勘違いして全力疾走しなかったミスがあっただとか。
1点を争う試合展開でこんなことやってたら、ファイターズなら間違いなく罰金ものだと思われますが……。

おいおい、パ・リーグ頂上決戦がそんなことでええのか? これじゃ出られなかったチームが浮かばれない。
やっぱり、ポストシーズンの試合では、シーズン中とは段違いに緊張感のある試合が見たいものなのです。
1-0っていうスコアとか見ると、十分、緊張感のある試合ではあったようだけど、要所にミスが絡むのがなぁ。

こんなんだと「ファイターズが出てたら、もっといい戦いしてたかも」とか思っちゃう。
…まぁ、思うだけですよ。実際、シーズンではロッテの方が強かったわけですし…。

けど、うまく言えないけど、なんか物足りない。両チームとも、実力はこんなもんじゃないでしょう?って。
こんなことじゃ、どっちが日本シリーズに出たって勝てねぇぞって。そんなこと考えちゃうわけでさ。

ともあれ、アドバンテージも含めて3勝1敗としたソフトバンクが日本シリーズ進出へ王手。
シーズン3位のロッテがこれをひっくり返すには、もう3連勝しかない。(3勝3敗1分けは上位チームの勝ち)

予告先発:ソフトバンク 陽の兄×ロッテ 渡辺俊介。

ただ、ロッテがこのまま自滅して終わるとも思えないんだけどなぁ。シーズン最終盤からの勢い見てると。
和田のピッチングで完全に止められちゃったのかなぁ。どっちが勝つでもいいけど、意地見せてほしいなぁ。
ロッテに限らず、ソフトバンクも。このまま、ロッテの自滅で終わるようだと、さすがにモヤっと感が残っちゃうよぉ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【2010クライマックス・パ ファイナル第2戦】和田の完璧すぎる投球の前にロッテ打線沈黙

2010-10-15 | 過去のはむすぽ
試合時間2時間30分。おいらの帰宅時間午後7時過ぎ。3回以降、ほっとんどヒットが出てないから、
この試合の「動」の部分をまったく見れていない。
なので、正直、この試合の感想を聞かれても困る。

和田すごかったよね…としか答えようがない。

■ クライマックス・パ ファイナルステージ ソフトバンク×ロッテ2回戦
(ソフトバンク2勝1敗/福岡Yahoo!JAPANドーム=35118)
   1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
0 2 1 0 0 0 0 0 X 3
ロ)●ペン―小野―藪田―内=的場・里崎
ソ)○和田=山崎
勝:和田     1試合1勝
S:
負:ペン     1試合1敗
HR:清田1号(1表=ソロ/和田)

初回の清田のHR(パCS史上初のルーキーのHR)と2回表に出た金泰均のヒットを最後に
ロッテ打線の快音はぴたっと鳴りを潜め、試合終了まで23人連続凡退。とにかく和田すごいよね。

もう、それしか書くことないんだもんなぁ。初回に39球投げさせられたはずなのに、終わってみれば
2安打完投。パ・リーグ最多勝投手ですもの。調子よければ、このくらいのピッチングはしますよね。

ロッテの中継ぎ以降の投手もソフトバンク打線を完璧に封じ込めたため、ソフトバンクも勝ったとはいえ
4安打。ここまでは成瀬・和田と先発投手の出来が勝敗を大きく左右する展開。スコアもくしくも3-1。

第3戦の予告先発は ソフバ:ホールトン×ロッテ:マーフィー。 TBSラジオ解説の建山さんも
試合後に話していたが、明日の見所としては、それぞれの打線がどういうパフォーマンスを見せるか。
きょうのようなお互いの投手が完璧な仕事をするロースコアの試合も面白いのだが、正直、そろそろ
打ち合いが見たい。
ソフトバンクもロッテも打線がこんな程度で終わるはずがないもの。そこに期待。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【2010クライマックス・パ ファイナル第1戦】成瀬、中4日で完投勝利!

2010-10-14 | 過去のはむすぽ
いよいよ、日本シリーズ進出を賭けてのファイナルステージ。
第1戦に中4日で先発した成瀬がソフバ打線を4安打1失点に抑え完投勝利。
ファーストステージの勢いそのままに、ロッテ先勝。これでアドバンテージ消えて五分。

■ クライマックス・パ ファイナルステージ ソフトバンク×ロッテ1回戦
(1勝1敗/福岡Yahoo!JAPANドーム=35118)
   1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
0 3 0 0 0 0 0 0 0 3
0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
ロ)○成瀬=的場
ソ)●杉内―金澤―森福―甲藤=田上
勝:成瀬     1試合1勝
S:
負:杉内     1試合1敗
HR:大松1号(2表=3ラン/杉内)

6番DHでスタメン起用された今岡のヒットを足がかりにして、チャンスをつくり大松3ラン。
成瀬、6回以降は1人の走者も許さず。9回に入っても力のあるストレートを投げ込んでいた。

(とりあえず、ここまで。続きはあす)

・CS初のビデオ判定。
・長谷川の守備、的場のバント失敗⇒併殺

第2戦予告先発は ソフトバンク:和田×ロッテ:ペン。
(ちなみに、東京TBSラジオでは建山さんがゲスト解説。道内では放送されない。もったいない)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【2010クライマックス・パ 1st】ロッテが連勝で一気にファイナル進出!

2010-10-10 | 過去のはむすぽ
ファイターズは出られませんでしたが、やはり気になるクライマックスシリーズ。

第1戦は仕事の関係で観戦出来ずじまいでしたが、延長11回の激闘の末、福浦決勝HRで
ロッテ勝利。シーズン終盤の激アツ3位争いを制してCSに駆け上がった勢いそのままに
ファイナルステージ進出に王手をかけました。レギュラーシーズンはサボり気味だったし、
さすがにCS以降はきっちりスコアシートをつけて、記事を書くことにしよう!!!!!

■ クライマックス・パ ファーストステージ 西武×ロッテ1回戦
(ロッテ1勝/西武ドーム=33918)
   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R
0 0 0 0 0 0 0 1 4 0 1 6
0 1 0 0 0 0 0 4 0 0 0 5
ロ)成瀬―内―伊藤―○小林宏=的場・里崎
西)涌井―シコースキー―小野寺―岡本篤―●土肥―長田=細川・銀仁朗
勝:小林宏    1試合1勝
S:
負:土肥     1試合1敗
HR:中村1号(2裏=ソロ/成瀬) 西岡1号(8表=ソロ/涌井)
   福浦1号(11表=ソロ/土肥)

7回まで涌井の前に抑えられていたロッテ打線が、西岡のHRで同点に追いつく。
しかし、その裏に西武が成瀬&内をとらえる。守りのミスも絡んで大き過ぎる4点。

この流れで行けば、普通は西武が勝ちそうなものなんだが……。

9回表に登板したシコースキーがそれに輪をかけて大乱調だったようで……。
金泰均にタイムリーを浴びるなど、打者6人に被安打4、1四球という散々な内容で降板。
さらに代わった小野寺が代打・里崎に2点タイムリーを浴びて、同点に追いつかれる…。

その後の西岡の打球も勝ち越し犠飛になりそうだったが、代走岡田の判断ミスもあって
本塁憤死。ここはどうにか同点で止めた西武だったが、せっかくの流れが一気に雲散霧消。

そして、延長11回表。土肥が福浦に決勝HRを浴びるのだった…。

…という流れで迎える第2戦。ロッテ○でファイナル進出が決まる。西武はせっかく2位で
CS主催権を手に入れたのに、こんな無様なままでは終われない。意地を見せたいところ。

■ クライマックス・パ ファーストステージ 西武×ロッテ2回戦
(ロッテ2勝/西武ドーム=33911)
   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R
0 1 0 0 0 1 1 0 1 0 1 5
3 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4
ロ)マーフィー―渡辺俊―薮田―吉見―伊藤―○内―[S]小林宏=的場・里崎
西)岸―岡本篤―長田―●小野寺=細川
勝:内      2試合1勝
S:小林宏    2試合1勝1S
負:小野寺    2試合1敗
HR:今江1号(2表=ソロ/岸) 里崎1号(9表=ソロ/長田)

ロッテ先発のマーフィーが制球に苦しむ立ち上がりをとらえて、西武が初回に3点先制。
今江のHRで1点返されるものの、3回裏にブラウンの犠飛で4点目。ロッテブルペンは
渡辺俊、さらに吉見までブルペンで投球練習。実際、4回から渡辺俊投入して、反撃機を
うかがうが、岸が要所を締め5回までは西武のペース。6回のサブロータイムリーの後の
無死二・三塁、7回にミスがらみで招いた一死二・三塁⇒二死満塁の大ピンチを致命傷と
なる大きな失点を許さずにどうにか踏ん張った岸はよく頑張ったなぁ…と私は思います。

前日の試合展開が展開なだけに、西武としては、なるべく先発の岸を引っ張れるだけ
引っ張りたかったんだろうと思われる。だから、7回に暴投やらバント処理のミスで
自らピンチを広げ、明らかに動揺していたと思われる場面でも、岸を交代させなかった。
西武は岸が踏ん張っている間に、もう1~2点追加点を取っておきたかったですなぁ。
前日は中島が大ブレーキだったそうだが、きょうはフェルナンデスが打てず。中島が
復活の猛打賞だったものの、後続チャンスを広げられず。8回裏、二死二塁から栗山が
レフト前へヒット。二塁走者・佐藤がホームを狙うが…里崎のブロックに遭い本塁憤死で
追加点ならず。ファイターズファンとしては、シーズン終盤のオリックス戦での鶴岡の
決死のブロックが思い出されます。それほどまでに、ここで1点入るか入らないかは
非常に重要だ。もし、ここで西武に追加点が入っていたら、その後の展開は違ったかと。

そして迎える9回表。先頭打者は好ブロックで追加点を阻止した里崎。西武は前日に
打ち込まれたシコースキーではなく、長田を9回に投入。まぁ、さすがに昨日のきょうで
1点差でシコースキーは使えないか。(梨田さんなら、それでも武田久使いそうですが)

で、代わり端の初球。


レフトへ同点HRきたああああああああ!

この流れで、初球HRとか里崎すごすぎるっ! ちなみに、里崎はこのあとの11回の打席で
バントを決め、このファーストステージ通算4打数4安打(1犠打)で打率10割

10回裏、西武のサヨナラチャンスを併殺でしのぐと、11回表に井口の決勝タイムリー。
まさに、シーズン終盤の勢いそのままに、ロッテが一気にファーストステージを突破した。

個人的にはあす(11日)が久々にお休みなので、家でのんびり野球観戦したかったんですが。
まぁ、過去にこういうシチュエーションで試合が見れたためしがないので…。まぁ、仕方ない。

ソフトバンクが待ち受けるクライマックスシリーズファイナルステージは14日(木)から。
ロッテが勢いを持続して日本シリーズまで駆け上がるのか、ソフトバンクがリーグ覇者の
意地とプライドで阻止するのか?? 傍観者のハムファンとしても思う存分、楽しみたい。

※ ルパートさんのブログでもネタになってましたが、
今回もまたデスブログ発動。ガクブルガクブル
ただ単に、渋谷西武で買い物したってだけだが、これほどまでに恐ろしい展開で負けたとなるとねぇ。
ブログのコメントにもそれを意識したようなモノが散見されますし…ファイナルはどうなる???
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

きょうからクライマックスシリーズ!

2010-10-09 | 過去のはむすぽ
ファイターズ関連では、いろいろ辛い話や嫌な噂ばかりなので、気持ちを切り替えるためにも。

きょうから、パ・リーグのクライマックスシリーズ開幕!
第1ステージは西武とロッテの対決。第1戦の予告先発は、西武・涌井×ロッテ・成瀬。

【中継予定】
NHK_BS1 13:00~
J Sports PLUS 12:45~

ファイターズが出ないので、さすがに道内地上波・ラジオでは放送予定なし。
東京地区では、文化放送で13:00~中継アリ。ライオンズ主催ですからね。そらそうよ。

せめて、CSや日本シリーズの間は、嫌な噂については忘れたいものですが……。
3位と4位じゃ、こんなに違うんだねぇ。かたや、きょうから日本シリーズを賭けた戦い、
かたや、オフ突入早々から、主力選手の流出の噂が相次ぎ、ファンの心労とどまることを知らず。

やっぱり、CS行きたかったねぇ…。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大沢親分、胆のう癌のため死去…。

2010-10-07 | 過去のはむすぽ
どうして、今年はこんなに悲しいことばかりなんだろう。

大沢親分がけさ亡くなられたとのこと。職場からなんで、詳細は不明ですが……。
日曜日の朝に元気に『喝』を入れる親分を見るのが、僕らはすごく好きでした。
ここ2週間ほど番組をお休みしていて、今週(3日)の放送で『体調を崩されて』という
報告があった。それ以前から、かなりやつれていたような印象もあったので心配してました。

長い間、ファイターズの顔として、よき理解者として、僕らに野球の…ファイターズの
魅力を教えて下さったこと。いくら感謝してもしたりない。謹んでご冥福をお祈りします。

突然のことで、今はまだちょっとショックがでかすぎて…。詳細は帰宅してからおいおい。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

同世代の活躍に刺激受け…建山さん、海外FA権行使でメジャー移籍へ。

2010-10-05 | 過去のはむすぽ
はい、どうも。オフも基本的にはゆるゆると…のはむすぽですが、どうやら、今オフは大激震です。

ダルビッシュのメジャー移籍の噂が絶えない中で、突如飛び出した「建山さんメジャー挑戦」報道。
当初、本当にごく一部のマスコミが報道していただけだったのと、あまりにも予想外な話だったので
ちょっとにわかには信じられなかったわけですが…。日がたつにつれて、スポーツ紙各紙のサイトに
同様の記事が出て、その信憑性は増すばかり。そんな状況下で、きょう球団と建山さんの話し合い。


その結果…。

 ■ 建山選手がFA権行使を表明 米国でのプレーを希望 (ハム公式)

しっかしまぁ。(報道が出てから正式発表まで)話が早すぎるだろ…。

球団側は慰留しましたが…か。
本気で慰留するつもりなら、きょうのきょうで正式決定にはさせないんじゃないかなぁ…とか。
今のチーム状況を考えたら、そうそうあっさり「行って来い」って言っちゃっていいのかよ…とか。

まぁ、いろんなこと考えますよね…。こんな話が出てくるんなら、やっぱりCSには行っとくべき
だったなぁ。それでも、遅かれ早かれこういう話にはなったんでしょうが、こういう悲しい話題は
少しでも先送りしたかった。そりゃ、まぁ。建山さんの挑戦は応援したいですが…。ファイターズ
ファンとして考えると、「中継ぎの柱」の流出は大変な痛手。その穴を埋めるのは容易じゃない。

この(あまりにもあっさりな)球団側の感じだと、仮にメジャーからのオファーがなくて…という
かつての稲葉さんのような事態になったとしても、ファイターズ残留はなさそうですかね…。orzorz

【今思えば、伏線はなかったわけではない!】
1:建山さんの登場曲が井上陽水奥田民生の「ありがとう」になっていた。
 前は違う曲だったように記憶しているのですが、いつの間にか「ありがとう」でした。
 僕自身、この曲は好きな曲なので、普通に「いい曲だ」と思って、先日の札幌ドーム最終戦でも
 口ずさんだりして聞いてた。この時は一死満塁の大ピンチで登板してフェルナンデス、中村を
 打ち取った。中村を三振にとって引きあげる建山さん、すごくかっこよかった…んだけど、それが
 自分が札幌ドームで見る最後の建山さんになるとは、想像すらしなかった。まさかなぁ………。

2:twitter上でかっこいいきくちさんにエールを送る建山さん。
 CS進出ならずで2010シーズン終了。twitter上でシーズン総括的なつぶやきをした、遠征時には
 延長コードを欠かさず持っていくかっこいいきくちさんに対して、建山さんがこんな返しをした。

 来年は君、リリーフ陣のキーマンだよ(^^)/~~~

 おそらく、来年は(ボクがいないから)君が…ってことなんだよな…。深読みしすぎかなぁ…。
 これがあって、まもなく報道が出たから、報道見てすぐ、このツイート思い出したよね………。

そんなこんなで、本格的にメジャー移籍への手続きが始まるのはまだまだ先でしょうけど、なんとも
寂しくなりますなぁ…。つか、中継ぎ陣の中心的存在をこんなにあっさり放出して、大丈夫なのか??


こんな調子でひちょりも賢介もダルビッシュも…なんてことになるなら、本当に来年ヤバいぞ……。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ファイターズ、CS進出ならず…。「まりんすぽ」は帰ってくるのか?

2010-10-01 | 過去のはむすぽ

…というわけで。ロッテがきっちり勝ったので、ファイターズのCS進出は露と消えました。
最後の最後、パ・リーグの本当のラストゲームまで、CSの行方が決まらない壮絶な2010シーズン。
序盤に抱えた借金が響いて、最後の最後であと1勝に泣くことになってしまいました…残念無念。

ただ、自力でCS進出を決められずに、他力(ロッテ戦の勝敗)にすがらなきゃいけなくなった
段階で、正直なところ、かなり苦しいですし、可能性はあるといいつつも、相手の負け待ちという
なんとも複雑な心境の中でのラスト何日かでした。最終戦に勝ってウチらが全日程を終えた段階で、
マリーンズは残り試合を1つも負けられない状況でしたが、プレッシャーをはねのけ、きっちり勝ち
CS進出最後の1枠を確保したマリーンズの選手の皆様には、心からの「おめでとう」を送ります。


さて。


閑話休題。


CS出場を逃したのは2005年以来5年ぶり。その時の当ブログは、どういう経緯か記憶があれだが
「期間限定まりんすぽ」と銘打って勝手にマリーンズ応援をやっていたわけで。
それから4年間はずっとファイターズがCSに出ていた(←実はこれもすごいこと)んで、そういう
あれはなかったんですが、今年5年ぶりのBクラスということで、今回はそういうあれを復活さすのも
ありなんかなぁ…などとおぼろげに考える夜更けの私であります。もし復活させるとしたら、どれが
いいのか。「ほーくすぽ」なのか「れおすぽ」なのか「帰ってきたまりんすぽ」なのか。どうしよう。

「まりん」がいい!だの「れおじゃね?」とか、そういうご意見ご感想などありましたらご遠慮なく。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする