はむすぽ。-Go! Go! Fighters!!

ファイターズをぬるく見守るブログだったりします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

#2013-001 大谷、開幕戦からスタメンでマルチでお立ち台

2013-03-29 | 移転10年目もひたむきに…2013おハム

祝!2013年プロ野球開幕!

いろいろなことがあった開幕戦ですが、きょうは大谷に尽きるのではないかと。
前日(28日)にイースタンの試合に出場したために打撃練習すら出来ずに開幕を迎えた大谷。

第1打席、どまんなかを見逃し三振。岸に格の違いを見せつけられた感もあっただけに、
その後の2打席連続安打には本当に驚かされました。なんというルーキーなんだと!!

正直なところ、前述のような事情もあっただけに、大谷を開幕でいきなりスタメン起用することに
かなり懐疑的でした。しかし、私も、この結果には驚嘆せざるをえませんでした。なんともすごい。

高卒ルーキーが1年目の開幕戦でマルチ安打を放っていきなりお立ち台をさらって行くなど
ちょっと、記憶にない。二刀流を目指す若者はどこまでも規格外の何かを持っているのか。

◆西武×日本ハム1回戦:(日本ハム1勝/西武ドーム=26750)


F)武田勝-○矢貫-鍵谷-石井-増井-[S]武田久=鶴岡
L)●岸-岡本篤-長田-サファテ=炭谷
勝:矢貫       1試合1勝
S:武田久      1試合1S
負:岸        1試合1敗
HR(F
  (L)

4回途中に負傷降板した武田勝の状態が気になるところですが、本人のコメントをひけば
「症状は重いものではないと自覚している」らしいので、どうやら最悪の事態は避けられそうか。

その後を受けてマウンドに上った矢貫が好投。4回途中から5回までをパーフェクトに抑え
6回表の勝ち越しへの流れを引き寄せた。チーム初白星が矢貫というのも、予想外の展開。
道産子ルーキー・鍵谷がピンチの場面で登板。代打・大崎を中飛に仕留めデビューを飾る。
Yahoo!の速報いわく、彼は「フランチャイズキーパーソン」だそうだが、意味わからん。

7回以降は石井-増井-武田久とつなぎ、リードを守り切る。開幕戦快勝!よかった!!

打つ方では陽が猛打賞。西川が貴重な同点二塁打で今季チーム初打点など若手が元気。
中田は今季5打席目での初安打がタイムリー。昨季の開幕直後の苦悩の記憶が生々しく
ファンの間に残っていただけに、早い段階で1本出たことは非常によかったのではないか。

大谷フィーバーの影に隠れた形ではあるが、オリックスからの移籍組できょう唯一出場の
大引が勝ち越し打。外目に落ちる球をしぶとくバットに乗せてライト前に運ぶ軽打だった。

《あすの予告先発》 西武:菊池雄星 vs 日本ハム:ウルフ

≪あすの放送予定≫
道内地上波:HTB 13:00~16:55(最大延長17:25)
 解説:古田敦也 岩本勉 実況:谷口直樹
BS朝日 14:00~16:55
 解説:工藤公康 実況:清水俊輔
朝日ニュースター 13:45~
 解説:土肥義弘 実況:島村俊治
HBCラジオ 13:50~
 解説:新谷博 実況:水野善公
STVラジオ なし

道内の中継にあの古田敦也さんが解説として登場。しかもガンちゃんとのW解説という
パッと見、キャラがまったく正反対の2人のコラボ。これは非常に興味があります…。

テレ玉でも14:00~放送。文化放送のネット配信もありますので、道外の方はそちらで。

最後に、一応これも。まぁ、恒例なので。

道内地上波テレビ勝敗表2013
HBC(1) 初回は3月31日
NHK(3) 初回は4月 5日
STV(5) 1試合1勝0敗   勝率1.00
HTB(6) 初回は3月30日
TVh(7) 初回は4月16日
UHB(8) 初回は4月 6日
====================
道内地上波計 1試合1勝0
敗   勝率1.00
地上波なし日 0試合0勝0敗   勝率----



※ ファイターズの公式によると、STVの次回放送はおよそ1か月後。
前回の記事でも書きましたが、3・4月はHBCの中継がやたら多いです。
公式の記載に間違いがなければ、1ヶ月の間にHBCが10試合も担当。

詳細はtwitterにもあげた以下の画像の通りなのですが…。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする