はむすぽ。-Go! Go! Fighters!!

ファイターズをぬるく見守るブログだったりします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポジとネガのはざまで。

2010-08-31 | 過去のはむすぽ
首位・ホークスとの3連戦初戦を落とす。
ホールトン以下、ホークス自慢の中継ぎ「SBM48ちょwwwwww」を
容赦なく投入して、反撃のすきすら与えてもらえなかった。あと1本が…ってとこまでは
行ったけど、要所を締められた。スコア的には0-2だけど、それ以上に思える完敗。
あまりの打てなさに、大村コーチ中心に円陣組んだりしてたけど、だからどうなるという
わけでもない……。円陣組んで打てるなら、そりゃ毎イニング円陣組めばいいんだもの。


で、まぁ。突然話は変わりますが、ファイターズファンの皆様は、ポジティブシンキングな
方が非常に多い。
これはこのブログをやってる中でも、感じてました。今年からtwitterを
やりながら野球を見るようになり、その認識はさらに私の中で確固たるものになってる。

他球団のTLはあまり…というか、セ・リーグでひいきのスワローズのしか見てないので
アレなんだけど、ことファイターズTLに関しては、負け試合直後にネガツイートが流れると、
すぐさまというか間もなく、ツッコミ?というか叱咤激励?というか、そんなツイートが
流れてきて。で、なんか、ポジ派とネガ派でせめぎ合ってるというか、そんな雰囲気になる。

そりゃ、同じ応援するなら楽しく応援したいし、ネガシンクよりポジシンクの方がいいのは
その通りだと思うし、そこには何の異存もない。ないんだけど、例えば、きょうのような
内容的に乏しい敗戦を見せられて、しかも、シーズン終盤に来てもなお、同じ打者に打たれ
失策から失点を許し…なんていう進歩もない(ように見える)試合を見せられた直後にすぐ
全員が全員、「さぁ、あしたからも張り切って応援しよう!」っていう風に
立ち上がるのは、なかなか厳しいんじゃないかと思うんです。
完璧超人とかじゃないですし。

だから、ここ最近の負け直後のTLの「何が何でもポジティブじゃなきゃいかんのや!」的な
「ネガってるやつなんなの?」的な雰囲気がちょっと辛い。
いや、負けたんだから、ある程度
ネガになっちゃうのはしゃあないじゃんって思っちゃう。だから、負けた試合のあとは
しばらくつぶやき控えてるんだよな、最近。か、他の関係ないことつぶやいて気を紛らわす。
で、TLのそういうギスギス感が収まるのを待ちつつやり過ごすみたいな感じ。ふむふむ、むぅ。

…なんてことを、twitterでカキコしたら、多くのリプライ(ブログ的に言えばコメント)を
いただきまして、恐縮しております。このへんのアレについては、また機会があれば触れる
こともあるかもしれません。なんか、きょうは試合の内容について書いてないけど、ちょっと
さすがに書くことないんだ。中田のファインプレートかすごくよかったんだけどね……。

アレで流れが来ると思ったんだけどね…。

まぁ、1日寝て朝になれば、また次の試合があるから、気持ち的にはリセットかかりますけど。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

こやのん100打点到達&球団にも忘れられたかっこいいきくちさん

2010-08-29 | 過去のはむすぽ

ふっ、待たせたな。きょうはいいニュースと悪いニュースがあるんだ。どっちから聞きたい?

…そうか、じゃ、いいニュースからだ。

小谷野、パ・リーグ100打点一番乗りっ!
初回のタイムリー内野安打と3回の2点タイムリーでしっかり4番のお仕事をした小谷野。
かねてからパ・リーグ打点王争いを独走しているが、きょうの3打点を加えてついに100の大台。

実は「HR10本台で100打点ってすごいんじゃない?」とtwitter上でチラッと話題になったので
NPBの公式サイトにデータが残っている2005~2009年の5年間のデータを調べてみました。

【2005年】
松中信彦(ソ)121打点 46
ズレータ(ソ) 99打点 43
カブレラ(西) 92打点 36
かつて髭(日) 92打点 37
バティスタ(ソ)90打点 27

【2006年】
カブレラ(西)100打点 31
かつて髭(日)100打点 32
和田一浩(西) 95打点 19
ズレータ(ソ) 91打点 29
フェルナンデス(楽)88打点 28

【2007年】
山崎武司(楽)108打点 43
ローズ (オ) 96打点 42
稲葉篤紀(日) 87打点 17
小久保裕紀(ソ)82打点 25
カブレラ(西) 81打点 27

【2008年】
ローズ (オ)118打点 40
カブレラ(オ)104打点 36
中村剛也(西)101打点 46
フェルナンデス(楽)99打点 18
松中信彦(ソ) 92打点 25

【2009年】
中村剛也(西)122打点 48
山崎武司(楽)107打点 39
中島裕之(西) 92打点 22
スレッジ(日) 88打点 27
稲葉篤紀(日) 85打点 17

【2010年】(8月29日現在)
小谷野栄一(日)100打点 12
井口資仁(ロ)  88打点 13
金泰均 (ロ)  85打点 20
T-岡田(オ)  83打点 31
ブラウン(西)  76打点 21

少なくとも、05~09年について見ると、100打点超えの選手は最低でも30本以上の
HRを放っていることがわかる。やはり、打点王ランク上位に入るためには、ある程度の
長打力は必要不可欠なのだろう。このデータだけ取ってみても、今年の小谷野の打点の
稼ぎ方は、それまでの打点王ランク常連の選手とは、まったく違う…まさにファイターズの
つなぐ野球を地で行く独特のスタイルだ。(今年に関しては、井口も現時点でHR13本)

残り試合数を考えれば、最終的に120打点近くまでは行けるでしょうか。そこまで行くと
過去5年の打点王とも遜色のないすばらしい数字になる。タイトル云々はあくまでチームの
勝利のために戦った結果ついてくる副産物ですが、ここまで来たらぜひモノにして欲しい!


ふっ、悪いニュースもあるんだったな。これだよ…。

■ かっこいいきくちさん、球団公式にその存在を忘れられる。

きょうはたまたま、Yahoo!スポーツの速報もちょいちょい見ながらテレビ観戦でした。
先発の増井が4回で降板してしまったばかりに、その後の継投が非常に苦しくなってしまい、
3番手・榊原以降はガンちゃん曰く中継ぎ投手には難しいとされるイニングまたぎ連発で
最終的に建山さんが打ち込まれて負けてしまうわけですが…。そうなった要因のひとつとして
やはり、宮西がいない…ということもある。久々に一軍復帰してすぐで、いきなりオリックスの
上位打線との対決は石井には酷だったかも。もし後ろに宮西がいれば、5回は変えるにしても
石井ではなく林だったろうし。そのへんのめぐり合わせの悪さが今年を象徴してるというか。


…というような状況があって、建山さんが打ち込まれた後には、一軍登録後これまで一度も
登板のなかった宮本をつぎ込まざるを得なくなる。この時点でYahoo!のサイト上に記載された
ベンチ入り投手の残りは、実はカーライルと武田久の2人しかいなかった
んである。マジですよ。

証拠画像。



Yahoo!スポーツにおけるこの試合のベンチ入り選手セットリストです。

どこをどうひっくり返してみても、かっこいいきくちさんがいない!
事実、菊地が登板した際のYahoo!の応援コメ欄には「菊地、いたの?」というカキコが
あふれていたそうです。(試合終わるとコメ欄の閲覧が出来なくなっちゃうので証拠はないですが)
よく考えれば、その前までずっと一軍登録されてるんだから、抹消されない限り当然いるんですが…。

どういう経緯で、こんな事態になってしまったのか…。

で、ですね。これ、ただYahoo!にだけ載ってないという話なら、Yahoo!の担当者が土下座なり
すれば済む話だが…、twitter情報によれば、球団公式HPのリストにも名前がなかったらしく。orz

Yahoo!さんはデータスタジアム(株)という会社からこの手の情報の配信を受けていて、
その会社はおそらく、球団(NPB?)から情報をもらって配信してるんだろうから…と考えると、
これってやっぱり、球団の広報担当者のミスなんだろうかね。実際、どうなんでしょう(^^;;;;;;;。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ダルさん1000投球回達成!も打線の援護なく節目飾れず…。

2010-08-28 | 過去のはむすぽ

ダルさん、1000投球回達成おめ!!

…しか、書くことがないなぁ。きょうは…。(^^;;;

昨日は延長12回16安打も打ちながら、たったの3点という往年の貧打っぷりを
見せ付けたハム打線が、きょうも8安打で1点というなかば貫禄のチャンス貧打

いくらダルビッシュが粘って投げて完投しても、これでは勝てないなぁ。
ダルビッシュ、2回に(ツキのない打球もあったが)4連打を浴びて2失点。
だが結局は点を取られたのはここだけ。それだけに打線が援護してやらないと…。

そんな中、クリーンアップの一角である糸井が守備で左手首を傷め途中交代。
試合中に「ベンチ裏でアイシングしてる」という情報が入って以降、特段新しい
情報はないようです。ただ、この最終盤でこれ以上の離脱者(しかも5番打者)が
出てしまうと…ほぼ「シーズン終了のお知らせ」に近い状況になってしまうだけに。
無理はして欲しくないとは思うものの、糸井の天然力(^^;;;に期待してしまう。
翌日、ケロッとスタメンに名を連ねて猛打賞とかで、僕らを唖然とさせておくれ。

ああ、大事なこと忘れてました。twitterでもいろいろ意見が聞かれたバッテリーの件。
きょうはNHK総合で全国中継があって、解説は(ハムOBでもあった)武田一浩氏。
上述のダルが連打を浴びて失点するあたり(つまり中継開始直後)から猛烈大野たたき。
「城島は~」「城島は~」って、チームメイトだった城島(現阪神)を引き合いに出して
大野はダメだ!ってしきりに言ってたわけです。バッテリーの呼吸が合ってないんだと。

ってか、いまや球界を代表する捕手の城島とまだ2年目の大野を比較する自体、どうよ。
どうなのよ、と。ね。そんなことされたら、大概の捕手は「ダメだ」ってことになるわ。

たしかに、どの場面だったか1球投げるのに10回近く首振るダルビッシュ…っていう
シーンもあったんです。ああ、随分、首振ってんなぁと。なんか、口の動きだけだと
「違うよ」とかも言ってるように見えるし…そんなに合わないもんなのかなぁ、など。

…というか、そんなチーム内で捕手が変わるだけであからさまにイライラしてるような
投手がよ。MLBに行くだポスティングだなんだかんだ…ってありえんてぃでしょ。
ねぇ。
MLBに鶴岡慎也はいねぇんだ。もう、マスコミは黙っててくれよ。
そんなにMLBに行かせたい? 行ったら行ったで成績が出なかったら手のひら返して
ダルビッシュ叩きとかするんでしょ? 本人は行く気はないってずっと言ってるんだし。

もしかして、このところのダルビッシュの不調は、MLB行きをあおるクソマスコミを
黙らせるために、あえてやっているのか? いや、んなこたぁない。 

【2010 ファイターズ戦地上波中継勝敗表】
Tvh=2勝0敗 勝率1.00(H2-0 V0-0)
UHB=7勝2敗 勝率.778(H7-2 V0-0)
HBC=10勝6敗 勝率.625(H4-4 V6-2)
HTB=6勝5敗 勝率.545(H5-5 V1-0)
NHK=3勝3敗 勝率.500(H3-1 V0-2)
STV=5勝10敗 勝率.333(H4-8 V1-2)
今季通算33勝26敗 勝率.559(H25-20 V8-6)
(次回は8/29のオリックス戦 HBCで14:00~緊急中継!)
あしたは、急遽(らしい)ブラボーファイターズ! 解説がガンちゃんじゃないらしい。
これも急遽だから?なんでしょうか。公式の中継予定にしっかり載ってるんですけどね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

先発全員安打で快勝!だからこそ、今のうちに考えておきたい打順のこととかもろもろ。

2010-08-25 | 過去のはむすぽ
きょうは試合途中くらいから「二岡さんの打順について」書いてみようかと思い、
twitterでもそんなお話をチラッとしておりました。高橋が例の死球の影響からの
体調不良で、私も見てた帯広の試合で途中交代してから1ヶ月弱。8月3日から、
6番・二岡さん(たまに紺田)、7番・中田という打順の並びが続いていまして。

ここ最近、二岡さんの不振が続き、なんとなく「二岡で切れるんだよなぁ…」と
感じるようになってたんですが、それでも、打順をいじるとかしないんだなぁと。
特にここ何日かは、twitter上でもそこに不満を覚える方が(私も含めて)多く…。

このへんは素人の意見ですが、正直、同じ「打てない」でも、最近の二岡さんは
内容的にあまりよろしくないなぁ…と思って見ています。きょうの試合でも、
チャンスに回ってきて、外の球を無理くりに当てに行って三振であるとか、普段の
二岡さんらしいバッティングが出来てないんじゃないか…と。逆に心配だったり。

きょうみたいに、二岡さんに当たりが出ず、直後の中田がヒットを量産してると
いうのが増えると、「ああ、これなら中田と二岡と入れ替えてもよくね?」という
意見も出てくるし、私も実はそう思ってます。「外すべき」とかおっしゃる方も
いますが、さすがにそれには私も否定的。今のベンチ入りメンバーの中で、他に
常時スタメンを張って活躍を期待できる選手がいるか?って話になるわけですし。

きょうならスタメン以外のベンチ入り野手は鶴岡、渡部、陽、岩館、今浪、高口、紺田。
正直なところ、二岡さんの代わりを担える…と思える選手、現段階ではいないんですよ。
今のスタメンから二岡さんまではずしちゃったら、ただ相手を喜ばすだけだと思うのよ。
(これらの選手のファンの方には申し訳ないんですけどね…。)

シーズン序盤の中田だったらアレですが、ここ最近の彼の打撃内容であれば、打順を
1個上げて、不調の二岡さんの代わりに6番に入ってもぜんぜんそん色ないと思うし。

私のとっぴな思い付きでは二岡さん=恐怖の9番打者っていうのを試してみても
面白いかもね…とか、思ったり。ただ、さすがにそれはもっと復調してからじゃないと
打順のつながりとか考えても厳しいですが。ってな、ファンの心配をよそに最終打席で
ダメ押しの3ランを叩き込んでくれる二岡さん、とても素敵だと思います。

多分に「狭い岩手だから入った」のかもしれません。が。こういうのを復調のきっかけに
していただけたらなぁ…と、期待は寄せています。
残り30試合を切って、逆転CSへ
向かう中で二岡さんの復活は不可欠。今が底なら9月にはきっと・・・。頑張ってほしい!

そして、糸数ですが…。

HR3発で5回持たず。せっかく味方が援護してくれているのに、あんなにあっさり
吐き出していれば、そりゃ早い降板ってことにもなります。全部ソロHRだったから
まだ救われているものの、これではちょっと一軍の先発としては厳しいよな…と思う。
先発の駒不足のチーム状況だからこそ、一軍で使われていますが…。
だからこそ余計に、こうして与えられたチャンスを生かせないのがすごくもったいない。

次があるのか…はわかりませんが、そろそろ先発転向のために鎌ヶ谷で調整中のウルフが
上がってきてもおかしくはないだけに、ああいう形での降板は本人にとっては悔しかろう。

二岡さんにしても糸数にしても、ファイターズの貴重な戦力ですし、期待してます。
期待してなきゃ、こんな長々とブログでうだうだ言いません。そういうことなんだわね。
諦める理由などない。そう思うからこその戯言といいますか。そんなようなことです。

ともあれ、連敗しなったのはよかった。あす(26日)は移動日のため、試合なし。
ブログネタは準備しつつも、上位チームの負けを期待してスカパーで野球見てそうな予感。
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

我々に諦める理由はないけれど、初回にミス出りゃそら負けるわな。

2010-08-24 | 過去のはむすぽ
…きょうのタイトル、かなり字余り。(^^;;;

こんばんは。きょうは所要のため、序盤の3回表くらいまでしか見れませんでしたが…。
試合の趨勢を語る上では初回の4点がすべてだったようなので、特に影響はないかと(涙

1回裏、先頭打者・聖沢が内野安打で出塁すると、内村が送りバント。
捕手正面に転がったこともあり、鶴岡は迷わず二塁へ送球。きちんと送球できていれば
タイミング的にはアウト取れたかもなところが、送球が高く浮いてしまいアウト取れず。
その後、楽天打線にぽんぽんとヒットを連ねられて、一気に4失点。きょうの楽天先発が
エース・岩隈だったことを考えれば、あまりにもあまりにも重過ぎる初回からの大量失点。

事実、ファイターズ打線は6回まで田中賢介のヒット1本に抑えられ…って、こんな試合を
つい最近、どこかで見たような気がする
のは私の気のせいだったりするでしょうか…。orz

試合全体を振り返れば、日曜日に武田勝がやったことを(カードは違えど)岩隈にやり返された
…って感じか。初回の4点だけであっさり逃げ切られ、かつ相手に3939抑えられるというのは。

…ただ、こんな楽な試合展開でも岩隈は完投しない(させない?)のなぁ。よそ様の話ですし
中盤以降を見てないのでアレですが、こういう展開なら、出来ればリリーフは休ませたいな…。
こんなだと、また某張本氏に喝入れられたりとかもあるで。もう某江川女史は降板したようだし、
トラブルにはならないんでしょうけど。きょうは試合観てないので、もしかアレならごめんちょ。

でもって。ファイターズですけど。実際、あの鶴岡の送球がね。二塁で刺せてれば、試合の流れも
全然違ったと思いますよ。2回以降のケッペルは、ほぼ完璧に楽天打線を抑えていたようだし…。
成功すれば乗っていけるプレーなので、果敢に先の塁で刺そうとするのは全然ありだと思います。
それを失敗しちゃったんで、かなり流れが悪くなってしまったというだけで…。ウチらは4位だし
下から上がっていこうとするからには、やはり攻めの姿勢をあらゆるところで見せないといかんと
思う
し、チャレンジしたこと自体は大いに結構。だから、次の機会はぜひ成功させてね!(はあと)

さすがに、最下位チーム相手に2連戦2連敗では、ちょっとムード的にも嫌なので、あすの盛岡は
是が非でも勝ちたい! 予告先発は楽天:川井vs日本ハム:糸数。前回が(勝ちはついたものの)
惨憺たる内容だったし、糸数には「次がだめなら鎌ヶ谷」くらいの危機感を持って欲しいけれど、
多少のミスは野手陣が(さすがに川井なら)取り返してくれるはずなので、気楽に投げて欲しい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天敵・帆足をついに攻略!? 首位西武に3連勝…我々に諦める理由などない!

2010-08-22 | 過去のはむすぽ
職場からなので、とりあえず簡易的に更新をば。(もしかしたら、あした書き足すかも)

・ついに帆足に黒星●をつけた!…が、得点は初回の4点のみ。
・勝さん、89球超省エネ完投で、ついにファイターズファン悲願のかぶり物実現。
・というか、西武に3連戦3連勝!

・当面のライバル・3位ロッテもオリックスに敗れた(らしい)。

こんだけ素晴らしいピッチングを見せた勝さんだが、twitter情報によれば、あす抹消されるとか。
もちろん、何かアクシデントがあったというわけではなくて、次週は5試合しかなく、登板機会が
ないため
と、10日あけて相性のいいホークス戦に勝さんをぶつけようという戦略的な意味での
抹消だそうだ。ということで、次週はケッペル、糸数、中村、ダルビッシュ、増井でまわすことに
なりそう。もしかしたら、先発転向するために調整中のウルフが週内のどこかで上がってくるか。

シーズンも残り30試合を切ってきているし、いよいよローテーションや作戦面での駆け引きが
本格化するかな。あくまで机上の計算だが、あす23日に登録抹消となれば再登録は9月2日。
この日がホークス3連戦の最終戦なので、ほぼ間違いなく次回登板はこの日になるであろう。
以下、中7日で10日のホークス戦、同じく中7日で18日のバファローズ戦、さらに中6日で
25日のホークス戦…というローテが組めれば、9月だけで3試合もホークス戦登板が可能に。
…というか、こうするつもりで「いったん登録抹消」という決断を下したんでしょう、おそらくは。

かといって、ホークスだって黙って勝さんに抑えられるつもりもないでしょうし、9月のこのあたりの
作戦の妙がどっちに転ぶのか…というのも非常に興味深い。まぁ、ホークス戦ももちろんだが
9月頭のロッテとの最後の3連戦がとりあえず、当面の最大の山場になりそうな予感だな。
ここを3連勝できれば、3位との負け数の差もなくなるし、いよいよ面白くなる…なってほしい。

いや、面白くするのだ!かな。諦める理由などない!ですもんね。

【2010 ファイターズ戦地上波中継勝敗表】
Tvh=2勝0敗 勝率1.00(H2-0 V0-0)
UHB=7勝2敗 勝率.778(H7-2 V0-0)
HBC=10勝6敗 勝率.625(H4-4 V6-2)
NHK=3勝2敗 勝率.600(H3-1 V0-1)
HTB=6勝5敗 勝率.545(H5-5 V1-0)
STV=5勝10敗 勝率.333(H4-8 V1-2)
今季通算33勝25敗 勝率.569(H25-20 V8-5)
(次回は8/28のオリックス戦 NHK総合で14:30~全国中継!)

ホーム6連戦のうち3試合がぞ(以下自主規制)という、ある意味試練の(^^;;;1週間を
4勝2敗で終えることが出来ました。ただ、金子の離脱や宮西の結膜炎発症(※)など、
相変わらずぞ(以下ryの日には、アクシデントが起こってしまうなぁ…。なんとも不思議だ(棒
(※) 眼科に行き結膜炎の診断を受け登録抹消されたのは21日だが、トレーナーいわく
本人が目のかゆみなどの結膜炎の症状を訴えたのは20日だった。
(ソース=けさの道新

ともあれ、この西武戦の連勝で、ぞ(ryの勝率もついに3割台に乗りました。(^^;;;
各局あと何試合中継があるのかわかりません(あとで調べておきます)が、ぞ(ryの勝率が
更に上昇していくような展開になれば、逆転CS進出も夢じゃない!諦める理由などない!

☆ 公式HPに載っていた次回ホームゲームのキャッチコピー「諦める理由などない。」がやけに
お気に入りなので、やたらめったらあちこちに散りばめてみました。いかがなものでしょうか?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

角砂糖の次はウイルス性結膜炎…ファイターズに次々襲い掛かる災難

2010-08-21 | 過去のはむすぽ
きょうはどういうわけか、午後3時…という中途半端な時間からの試合。

そのため、午後は試合が始まるまで高校野球の決勝戦(興南、春夏連覇おめでとう)を
見ながら暇をつぶすというまったりした状況。そんな中、試合を観つつ眺めていた
ツイッターのファイターズタグまわりに、なんとも信じがたい情報が上がってきた。

「宮西、登録抹消…」

1つや2つなら、デマだったりうpした方の勘違いだったりという可能性もあるので
そのままスルーしていた(というか信じたくなかったので)わけですが、次から次へと
似たようなカキコが上がってくるんで、気になって公式HPとか調べだすわけですよ。

すると…。

宮西選手の登録抹消について(8/21 ハム公式)


宮西選手は本日8月21日、札幌市内の眼科で診察を受け、
伝染性のウイルス性結膜炎と診断されたため、本日登録を抹消されました。



今後は1週間の隔離が必要となります。


……………また、ウイルスでつか……………。orzorzorz

昨年、新型インフルエンザが球界に蔓延して大騒ぎになったのも、確かこの時期。
あれから一年、今度はウイルス性結膜炎の猛威がファイターズを襲うことに……。
まぁ、インフルエンザとは違うので、それこそ集団感染なんて可能性は低いのかも
しれませんが、球場に観戦に行く際には、もろもろ注意を払った方がよさそうです。

にしても、いったいどこから、そんなウイルスもらってきたんだべ。
こないだ、ヒロインで「規則正しい生活です(キリッ」って言ってたじゃんかよ…。

GAORAさんの情報では「メンバー表の宮西にいったん(おそらく出場を示す)○が
つけられているところを、上から二重線で消してあった
」そうなので、今回の一連が
まったく予期せぬアクシデントであったことは容易に想像がつきます。もし、ある程度、
症状が出てて…ということが事前にあったのなら、何もわざわざ開いている病院が少ない
土曜日に病院に連れて行くなんてことはなかったんでしょうし。そんなドタバタ的に抹消が
決断されたわけなんで、当然、代替要員など準備できるはずもなく、ブルペン要員は
先発組の中村を除けば、たった6人。これで先発・増井が早々にKOされてしまうような
ことがあれば、試合の組み立てが非常にやりにくくなってしまう…っていうことを……、


どうやら、GAORA実況席は試合途中までまったく知らなかったくさい!!

実際、4回途中で増井が降板し、先発の故障組が復帰して中継ぎに戻った榊原が
スクランブル的に登板。6回に失点を重ねピンチになった場面での実況席でのやり取りで。

「ここで林とか宮西とか出さないんですかねぇ」(要約)


え、いや、だから、あの宮西はね……。この場面でようやく上述のメンバー表の異変に気づき
登録抹消についての情報が入るわけですが…。なんというか、まぁ、しっかりやっておくれと。

試合は5-4で勝利。スクランブルさかっきーに6勝目。宮西の代替要員はどうやら宮本。
鎌ヶ谷でどんな状況なのかわかりませんが、上がってくるからには頑張ってもらいましょう。

あす、予告先発は勝さんと帆足。前回、帯広での帆足との対決では、6回にヒットが集中して
やっと攻略のきっかけをつかんだか?という感じ。今回こそ、今回こそは! 帆足に勝ちたい。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

北海道移転後500勝目は意外な人の意外な一発から始まった。

2010-08-20 | 過去のはむすぽ
とりあえず、きょうの試合を観た感想はただ1点。

俺も含めて、ハムファンみんな飯山と高口に土下座な。

The Japanese Tradition -Dogeza-
 

■ 日本ハム×西武18回戦(日本ハム10勝8敗/札幌ドーム=25735)
   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R
0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 4
0 1 0 0 0 0 0 0 3 1x 5
西)平野―シコースキー―●岡本篤=上本
日)ダルビッシュ―○菊地=大野・鶴岡
勝:菊地     9試合1勝1敗
S:
負:岡本篤    20試合2勝1敗
HR:中田9号(2裏=ソロ) 飯山1号(9裏=3ラン)

正直、7回にダルビッシュが連打食らって4失点っていうのと、平野を相変わらず打てない
極貧打線(このフレーズもちょっと懐かしいね)を見せつけられたというのもあって、7割がた…
いやもっとかな。きょうは負けを覚悟しておりました。あしたは涌井だしダルビッシュ立てて
負けるのは痛いなぁ…。けど、ここ何試合かのダルビッシュの打たれっぷりで、しゃにむに
ダルビッシュをメジャーへ追い出そうとする一部マスコミを黙らせることができるなら、
それはそれで、きょうの試合にも(ネガティブながら)収穫はあったのかなぁ…
とかなんとか。

で、9回裏ですわ。

そんな状況だし、twitterのTL上では「もう席を立ったお客さんも結構いる」なんて話も出てきて
すごくさびしい気持ち。もしかしたら、前にもブログに書いたかもだけど、お金払ってチケット
買って入場してるんだから、やむをえない事情がない限りは最後まで応援してあげてよ、と。

連打は出たけど、打順的にほぼ唯一一発の期待できた中田が三振しちゃったものだから、
たぶん、なおさら席を立つ人増えるんだろうなぁ…そんなこと考えてる間に鶴岡も凡退で二死。
打席には、負傷離脱中の金子誠にかわってショートのポジションに入っている飯山。けど、
飯山といえば普段の起用法からもわかるとおり、イメージ的にはいわゆる「守備の人」
3点ビハインドのこの状況で、彼に期待することは「どうにかして賢介につないでくれ」。

正直、そうでした。と・こ・ろ・が。

あああああああああああああああ!飯山がHR打ちおったあああああああああああああああ!
twitterのTLに、そんな衝撃ツイートがあふれかえるまさかの飯山の一振り
中田のHRよりも飛んだ!文句なしのHR。しかも、これがプロ13年目にして初だったと。
プロ第1号がよりにもよって、こんな貴重な場面で出ますかね。これで4-4。まさかの延長戦だ。

延長10回表をかっこいいきくちさんが完璧に抑えて迎えたその裏。

小谷野、糸井の連打で作ったチャンス。打席には高口。普段の起用法からもわかるとおり(以下ry
この状況で彼に期待することは「どうにかして中田まで回してくれ」。正直、そうでした……。


…ってなわけで、劇的サヨナラ勝ち。

この勝利で、2004年にファイターズが北海道移転後、通算500勝!
ああ、なんという劇的な節目か! なんというか、最後まで諦めちゃいけませんな、本当に。

【2010 ファイターズ戦地上波中継勝敗表】
Tvh=2勝0敗 勝率1.00(H2-0 V0-0)
UHB=7勝2敗 勝率.778(H7-2 V0-0)
HBC=10勝6敗 勝率.625(H4-4 V6-2)
NHK=3勝2敗 勝率.600(H3-1 V0-1)
HTB=6勝5敗 勝率.545(H5-5 V1-0)
STV=4勝10敗 勝率.286(H3-8 V1-2)
今季通算32勝25敗 勝率.561(H24-20 V8-5)
(次回は8/22 STVで13:00~)

案の定というか、なんというか、サヨナラ勝ちを決めたのはSの中継が終わったあとだったりします。
そうです。こないだ書いた「いつもの中継が終わったあとに逆転勝ちするパターンのやつや!」です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カビーちゃん、欠場の原因は「角砂糖シンドローム」だった!…らしいぞぉ。

2010-08-19 | 過去のはむすぽ


はい。皆様、こんばんは。きょうは木曜日。ブラボー!はむすぽですよwwwwwww。

…ということで、きょうの画像は角砂糖であります。いったい、何ゆえ????

東京ドームでの試合にはB・Bさんと一緒に弟カビーが登場してファンの皆様と交流…というのが
お決まりのパターンなわけですが、昨日、現地観戦された方からの情報によると、昨日はカビーが
謎の書置きを残して、試合を欠席した…んだそうです。(詳細は昨日の記事のコメ欄参照のこと)

「お医者さんの言いつけを守らなきゃいけないので」一体、カビーちゃんの身に何が起こったのか?

何かわかるかな?と思ってカビーちゃんのtwitterを見てみた。なにやら体調を崩したらしい?
そこから、アテンドのお姉さん?とおぼしきアカウントを発見し、さらに読んでいくと………。

皆さんカビーの様子がおかしいんです。どうやら大量に角砂糖を食べたみたいで‥。まったく‥。
もしかすると角砂糖病にかかってしまったのかもΣ(・□・;)す。今からくまのこ病院に連れていきます。

8月18日午後3時30分

出ました、くまのこ病院!!

昨年もカビーがくまのこ病院から脱走した!!という騒ぎというか球団総出で仕掛けた大ネタ
ありましたが(^^;;;、今度は何ですか? 角砂糖病??? どんな病気なのよwwwwwwwwwwwww。

実際、カビーちゃんのツイートを見ると、その前フリと思しきツイートがあった。

いまからおひるまえのデザートにつめたいミルクにかくさとうを
たくさんいれてみよう
とおもますよ♬またおこられちゃうから、ないしよにしててくたさいね!

8月18日午前11時45分

実際、あまり糖分ばかり摂ってしまうと、体にはよくないでしょうし、それは熊でも同じでしょうし……。
で、どんだけ角砂糖を入れたのかわかりませんが、お姉さんが「くまのこ病院」に連れて行った。その結果…、

カビーは角砂糖の食べすぎによる角砂糖シンドロームです!
これ以上食べないように病院で隔離だそうです‥。会いにきて下さった皆さん本当にごめんなさい!!

8月18日午後4時25分

ってことで、不摂生がたたって病院に隔離されてしまったわけですね。(^^;;; たぶん、檻に入れられて。

カビーちゃんが4歳になったのに伴って、球団(特に鎌ヶ谷班)のネタ作りが非常に秀逸になってきたというか、
この夏休みのかき入れ時にマスコット欠場とかいったい何しとんねん?というか。このブログをお読みいただく
皆様も体調管理には十二分にお気をつけください。若干、涼しくなってきたとはいえ日中はまだまだ暑いですし。

…ということで、きょうのブラボー!はむすぽはこのへんで……………………。

































…あ、忘れてた。試合あったんだっけね。
あまりに内容の乏しい試合だったから、このまますっとぼけて終わろうと思ったんだけど。

とりあえず、きょうの試合を観た感想はただ1点。

野手陣、全員揃ってヤンマサに土下座な。

The Japanese Tradition -Dogeza-
 

先発2試合目となったヤンマサ(ヤングマサルの略)こと中村は6回に崩れてサブローに満塁弾を浴びましたが
それもこれも「狭い、狭すぎる!」でおなじみの東京ドームであるが故の不運な一発であり、交通事故のようなもの。
それ以前に、1回先頭の田中賢介のヒット以降、まったく音なしでルーキーを援護できなかった打線の責任でしょう。

昨日の糸数でさえ二軍落ちしない(させようにも代わりがいない)のですから、中村にも当然次のチャンスは
あるものと思います。5回までは走者は許すものの冷静なマウンドさばきで、無失点に抑えていましたし、
ガンちゃんがごぼうキャッチと名づけた打球の処理や冷静なベースカバーの対応を見ても、並のルーキーじゃない。
この悔しさをいいばねにして次からの試合に生かして欲しいと切に願います。早く札幌ドームで投げるとこ、
見てみたいですね。そして、打線はねぇ…。まぁ、2~6回まで5イニング連続三者凡退とか、もう勘弁しろよと。

で、またしても井口に打たれて傷口広げる悪循環。つか、ヤンマサでさえびしばし井口を抑えているというのに。
ほんと、しっかり考えてもらいたい。具体的な数字出すのも嫌になるほど打たれまくっておるではないかorzorz。

3・4位直接対決負け越しでさらに近づく秋風。あすからは首位・西武との3連戦。CS戦線に生き残るためには
もう1試合だって無駄には出来ないのだ。ちょっと打線の組み替えも含めて対策練ったほうがいいんじゃないかなぁ。

【2010 ファイターズ戦地上波中継勝敗表】
Tvh=2勝0敗 勝率1.00(H2-0 V0-0)
UHB=7勝2敗 勝率.778(H7-2 V0-0)
HBC=10勝6敗 勝率.625(H4-4 V6-2)
NHK=3勝2敗 勝率.600(H3-1 V0-1)
HTB=6勝5敗 勝率.545(H5-5 V1-0)
STV=3勝10敗 勝率.231(H2-8 V1-2)
今季通算31勝25敗 勝率.554(H23-20 V8-5)
(次回は8/20 STVで19:00~)

ああ、金曜日曜とぞ……いや、ま、いいか。こんだけ打てなきゃどこで中継したって勝てやしない。

【クレジット】
きょうの角砂糖画像は*Green Paradise *さんの素材を使わせていただきました。
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

糸数、久々先発で今季初勝利も…課題山積な試合であった。

2010-08-18 | 過去のはむすぽ
最近、地デジテレビやらスカパーHDやら、いろいろ導入した関係で、それらをネットにつなぐのに
有線のLANルータを買ってつけてみたんですが…一部のブログ(主にアメブロ)を開こうとすると
「HTTP400エラー(正しくない要求)」が出てしまって、ブログが読めないという現象が……orz。

その現象が、このgooブログの記事作成画面を開くときにも出るので、ブログが書けないというww。
なので、仕方なく、ブログ更新時だけはLANルータを介さずに直でケーブルをつなぐという変な現状。
直でつなげばつながるので原因が「LANルータをつないだこと」なのは明らかなんですが…。じゃあ、
どうすればいいんだ!となると、ちょっとお手上げ状態です。PCを何年もいじってますがハード面の
知識はさっぱり。(^^;;; もし、何かご存知の方がいらっしゃったらご教示いただければ幸いです。

さて。試合。

3回まではハマったときの糸数。4回以降は言っちゃ悪いが崩れだしたら止まらないいつもの糸数
3回までは走者を1人も許さずパーフェクトだった糸数が、4回表の西岡の際どいタイミングの
内野安打あたりから、どん詰まりの打球が野手の前に落ちたりなどの不運が続いて、一死二・三塁で
キムテギュンに、これもポテンムリーを打たれ2失点。これで終わればまだ「ああついてないね」で
済むのに、そこからさらに福浦にも2ランを浴び、あっという間に4失点。嫌な流れを止められない。

5回も先頭の清田を追い込んでいながら、不用意な死球を与えてしまい、ピンチを招く。
そして上位打線に犠打をはさんで3連打を浴びせられる。普通なら、同点どころか逆転されていても
おかしくない展開
なのだが、西岡、井口の2度にわたる本塁憤死のおかげでどうにかこうにか1点
リードで5回を終える。西岡はともかく、二死二塁からの井口の本塁への走塁は打球の速さや守備位置を
考えれば、到底、タイミング的にも本塁アウトになるのは必至で、GAORA解説だった光山さんに
「これ(井口の走塁)はむちゃくちゃ!」と変な意味でお墨付きを
与えられちゃうほどのアレだったわけです。糸数に勝ちはつきましたが、かなりの割合で相手のミスに
助けられてのものですから、次回登板(もしあるのであれば)では、さらに奮起してもらいたいところ。

きょうの試合、走塁という意味では、糸井の天然?が炸裂した6回裏の場面にも触れておかねば。

そもそも、糸井が内野ゴロを打って一塁に生き残った際にも、光山さんからは
「糸井は(一塁がセーフになるとわかっているからだろうが)全力疾走を怠ることがある」と
釘を刺されていたわけだが、問題のシーンは二死一・三塁からの代打・陽のタイムリー時の走塁。
陽の打球はレフトポール際に高く舞い上がる打球。二死なので、もちろん打ったらゴー!なわけだが
糸井は三塁までしか進めず。三塁からホームインした稲葉さんがレフト方向をまじまじと見てたのは
打球の落下地点がフェアゾーンぎりぎりだった(西村監督も抗議に出ていたようだし)こともあるが
「なんで、お前はそこで止まっとんねん!!(怒)」
というのも、かなりあったんではなかろうか…と勝手に推測してます。梨田監督の試合後コメントでも
「糸井の走塁?(彼の中で)なんかあったんでしょう。」と
話題に上っておりましたし、某ご意見番スポーツに取り上げられたら「大喝」くらいそうなアレですよ。

打線も4回以降、チャンスをなかなかモノにしきれず、先発投手は大崩れ。そんな中でのヒロインは
誰になるのか?と思っていたら、中継ぎで完璧な仕事をこなした林、建山、宮西という珍しいトリオ。
宮西のインタビューでは、好調の秘訣を聞かれ
「規則正しい生活です!(キリッ」という糸井の決め台詞(?)をパクリwww。
インタビュアーと東京ドームの音響(?)がアレな中で面白ネタを提供していただいたな、と。(^^;;;


【余談】東京ドームでのロッテ戦。関東での試合なので、ロッテファンも大挙として詰めかけており
連日、3万人越え、25000人越えという大観衆。ファイターズ営業に成り代わりお礼申し上げます。

で、レフスタのおそらく応援団の横あたり。ノリノリでダンシング応援を繰り広げたマリサポ女子2人
GAORAの画面にアップで映し出されまして、それが非常にかわゆかったのでございます。それを再確認
したいがために、翌朝のGAORAの再放送を録画しつつ見てしまったというダメな大人の私であります。

さすがに、いろんな意味で、ここに画像を載せるわけにはいかんのですが・・・・・・。まじかわゆすでした。
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする