はむすぽ。-Go! Go! Fighters!!

ファイターズをぬるく見守るブログだったりします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

[はむすぽetc.]伊達投手、巨人へ

2005-03-31 | 過去のはむすぽ
試合のない木曜日には、はむすぽetc.(エトセトラ)と題して、
登録・抹消その他の動きをまとめてUPしますよ。

[3/26~31登録&抹消情報]
公示日 選手名メモ
3/28登録16金村  暁先発要員
3/29登録28正田  樹先発要員
3/30登録27江尻慎太郎先発要員
抹消40実松 一成再調整
3/31抹消36MICHEAL再調整

4/1・合併球団戦から鎌倉が昇格の見込み。
マイケルが2軍落ち/中継ぎ陣再編へ (北海道日刊スポ)

■ 伊達投手、金銭トレードで巨人へ。
2003年に阪神から日本ハムに入団し、主に中継ぎで活躍した伊達昌司投手が、
金銭トレードで巨人入りすることになり、両球団から発表。巨人での背番号は「59」。

スポニチの記事によれば、伊達は稲葉獲得時の人的補償プロテクト(28人)からは外れており、
日刊スポーツの記事によれば、日本ハム側も交換要員を要求したものの、折り合いがつかず。

[伊達昌司投手・日ハム在籍期間('03~'04)の通算成績]70試合6勝1敗9S(15SP) 防御率2.34

課題は投手陣…と言われ続けている中での貴重な中継ぎ投手の放出には、
いささか疑問は残りますが…。伊達投手には巨人で頑張ってもらいましょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[イースタン]ナイト初先発も4失点…。

2005-03-31 | 過去のはむすぽ
 ◇イースタン・日本ハム×ヤクルト2回戦(1勝1敗/鎌ヶ谷)
Swallows301000010570
Fighters001010020471
HR:紺田2号(3裏=ソロ) 田中賢1号(8裏=2ラン)
(ヤ)○館山―鎌田―萩原―[S]花田=米野
(日)●ナイト―中村―矢野=渡部

【勝】館山 1試合1勝 【S】花田 2試合1S 【敗】ナイト 1試合1敗


※ この日のポイント
 ・ナイト初先発。序盤、連続四球のあとにタイムリーを浴びるなど5回4失点。
 ・打線はヤクルト投手陣の前に13三振。紺田・田中賢がHRを放つ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[西武3回戦]嫌な流れにサヨナラ!島田が新庄が。

2005-03-30 | 過去のはむすぽ
既にスポーツニュース等でご存知と思いますが、今季初のサヨナラ勝ちで2連勝。
ソフトバンク・西武との開幕5試合は2勝3敗という結果に。

 ◇北海道日本ハム×西武3回戦(札幌D・13529)
Lions000210000390
Fighters012000001x481
HR:細川1号(4表=2ラン)
(西)石井貴―星野―●大沼=細川
(日)江尻―吉崎―立石―○横山=高橋信

【勝】横山 2試合1勝 【敗】大沼 2試合1敗


※ この日のポイント
 ・5回表、同点にされてなおも二死三塁。貝塚の打球を新庄がダイビングキャッチ。
   ナインの歓声に応えANA離陸キャッチ!と命名。
 ・代打・島田がサヨナラ二塁打。赤田の守備範囲は広いが、フェンスに当てちゃえば大丈夫。
 ・カブレラ4打席4四球(敬遠1)。その後の和田が4タコ(2併殺)と不振だからこそ出来る戦術だ。

試合後には、お立ち台に上がった島田がB・Bさんをおんぶしてファンの元へ。
仕事があったので、この日の試合は見れなかったんですよねぇ。見たかったなぁ…。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[イースタン]1点差をなんとか守りきる

2005-03-30 | 過去のはむすぽ
 ◇イースタン・日本ハム×ヤクルト1回戦(日本ハム1勝/鎌ヶ谷)
Swallows000100000181
Fighters01000100X250
HR:本郷1号(4表=ソロ)
(ヤ)●田中充―平本=細見
(日)○糸井―鎌倉―[S]菊地=鶴岡

【勝】糸井 1試合1勝 【S】菊地 1試合1S 【敗】田中充 1試合1敗


※ この日のポイント
 ・28日先発予定だった糸井がスライドで先発。6回を本郷のHRの1点のみに抑える。
 ・この日先発予定だった菊地は8・9回に登板。9回にピンチを招くも後続抑えて初セーブ。
 ・鎌倉1回無失点。(4/1、マイケルに代わり一軍登録へ)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[3/29ドーム観戦レポ2]試合以外にもお楽しみがたくさん

2005-03-30 | えとせとら
ドーム観戦レポの続きです。

■ つげさんの「げんかつぎ食堂」in札幌ドーム
去年は、その日の対戦相手に応じて中身の違う弁当があったのですが、
どうやら今年はないらしいので、何か違う方法を考えなくてはいけません。

…どうしようかなぁ。西武…ライオンズ…ライオン………。
あ、そうか。これだぁ!!!!

ものすごく安直な考えだというのは百も承知です。(笑)
ちなみに、この隣には「プ○ンスホテル」の売店もあるのですが…。(^^;;;

この「銀座ライオン」で購入した牛丼(500円)を、速攻でかきこみましたよ。

マイケル初登板に隠された真実。
大量援護をもらいながら、イマイチ流れに乗り切れなかった先発・正田。
カブレラに第1号を浴びるなどして、7回途中で降板。開幕一軍登録された投手の中で、
ここまで唯一登板のなかったマイケルがついに初登板しました。

「ピッチャー、正田にかわりまして…マイケル」


このコールがあった瞬間、私の右斜め後ろ…つまり、闘将会さんがいるあたりから、
今までに聞いたことのないどよめきというか歓声が上がりました。

投手がマウンドに上がる際、
例えば「頑張れ、頑張れ、正田!」とかエールを送ったりしますが…。
マイケル投手に対するそれはこうでした。

「ファイト! ファイト! ……まいけるっ」

字だけだとわかりにくいかもですが、例の某お笑い芸人のネタにひっかけてますよ。
さすがは闘将会。こんなところに「隠しネタ」を準備してました。(笑)
…面白いとは思いますけど、私はちょっとずっこけてしまいましたよ。

で、マイケルが先頭打者にイキナリ四球。
…と、ここでまたしてもなんとも例えようのないどよめき&拍手。

闘将会登場。「さぁ、マイケル投手にエールを~~」

「ドンマイ! ドンマイ! ドンまいけるっ」

…(^^;;; 四球を与えて、歓声のあがる投手はきっとマイケルだけだと思います。

8回に入り、満塁のピンチになった際にも、闘将会さん登場。
「さぁ、皆さん! 笑い事じゃないんですよぉ。しっかりマイケル投手を応援しましょう~」と言いつつ、
「ファイト! ファイト! ……まいけるっ」
「笑い事」でした…。かと言って、今さら普通のエールでは物足りないのも事実。(苦笑)

闘将会さんにとっては、マイケル投手は「たまーに四球は出すけど、抑えるところは抑える」というスタイルが一番理想的なんだと思われます。
今後も各地の球場で「どんまいけるっ!」が聞けると思いますよ。

■ いろいろあって、ファイターズ勝利。
結局、マイケルもピリッとせず3失点。井場・押本が後続を抑え今季初勝利。
その瞬間、札幌ドームのスコアボードがものすごいことになってました。

きっと、他球場にはまねの出来ないド派手な演出です。(笑)

ただ、勝利試合の際にレフトスタンドに舞うはずの紙吹雪が、この日はありませんでした。

■ 試合後の私は。
さすがに試合が長時間にわたったため、「二次会」も少し短めな印象。
その後、ドームを出た私はすすきのにある某カクテルバーに行ってきました。
そこのオーナーさんが大のファイターズファンで、
選手の名前を冠したオリジナルカクテルを売りにしているんです。

前々から、そのカクテルバーの存在は知っていたんですけど、
詳細な場所が分からなかったために、なかなか行けずにおりました。
そこで、去年札幌ドームで知り合ったこちらもファイターズ大ファンの方に
メールで詳細な場所を教えてもらい、打線大爆発の余韻に浸ろうと顔を出した。

既に、団体さんが飲みながらおしゃべりに興じておりました。
店のレイアウトもファイターズ丸出しで、すごい。時々、選手が来たりもするようで。
1人モノの私は、ちょっと気後れ気味にカウンターに座ります。
パラパラっとメニューをめくっていて、一番先に目についたメニューはやはり…。
高橋信二の満塁ホームラン。あまりにタイミングがよかったので、まず注文。
さらに正田、江尻などを注文。ほどよく酔いが回ったところで店を出ました。

翌日、コンビニで買ったスポーツ新聞に、そのオーナーさんの取材記事が
掲載されていたという偶然にも、かなり驚きましたが。(^^;;; 
今は70種類以上のオリジナルカクテルがあるとの事。たいがいの選手はあると思います。

今後も勝った日には、ふらっと飲みに行くかもしれません。
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[3/29ドーム観戦レポ1]札幌はまだまだ冬ですよ

2005-03-30 | えとせとら
興奮冷めやらぬうちにレポートをば。

札幌Dに到着したのは、午後3:00ころだったと思います。
地下鉄の最寄り駅・福住駅で降り、イトーヨーカドー前の出店で懸案のB・Bマペットを購入。
早速、こんな写真を撮影。

この場所に元からいらっしゃるパンダさんも偶然に特別出演です。(笑)

パ・リーグ開幕から既に数日。「球春」真っ只中ではあるが、ドーム周辺はまだまだ雪野原。

写真は青空ですが、試合後は、みぞれとも雪ともつかない感じの天気で寒かったんですよ。

余談ですが、試合中の「スイングスイング」コーナーでは、冬の吹雪の中を札幌ドームに向かって駆けるB・B…という映像が流れます。実はその映像には「札幌ならでは」のオチが用意されているわけですが…ここではネタバレはしません。ぜひドームでご覧ください。
 ※ この映像がいつまで流れるかは分かりません。去年も何度かバージョンが変わってるので。

ファンクラブ会員用のチケット売り場で、外野自由席の当日券(¥1500→¥1200)を購入。
予定開門時刻よりも若干早く入場開始。その頃には、私の後にも長蛇の列が。

そして入場。「走らずにゆっくりと…」と警備員が要請しますが、ほとんどの人は走ります。
いい席を取りたいのは分かりますが…、転んで怪我する危険性もあるので、気をつけましょう。
私の座席は、レフトスタンドのやや前より。闘将会の振る旗が頭上でひるがえる…という場所。

ドーム入場後、まず気になったのがこのバルーン。

今季、オープン戦から外野スタンドの空洞になった部分に据えつけられたバルーン。
ここにデカデカと書かれている大学は、実は私の卒業した大学だったりするのですが…。
何ゆえ、こんなところに巨大バルーンが設置されているのかが気になってました。

試合前の場内アナウンスによると、このバルーンにファイターズ選手のHRボールが当たると、
場内の客から抽選で10名に1万円の図書券が当たるんだそうです。
昨年の新庄のサヨナラ満塁シングル打(笑)のような打球が出れば、お客さんにチャンス!です。

試合開始前、ファンクラブ会員限定のピンバッジをもらうため列に並んでいると、
子供達と一緒に写真撮影に応じているB・Bの姿を発見。
ピンバッジをゲットした直後、その人だかりに近づき、イメチェンした彼を撮影。
実物を見ると、これはこれでアリかなぁ…とも思えます。ファンからの人気も相変わらずだし。

当ブログ内「B・Bの顔が…。」の記事中に、ドーム内で撮影した彼の写真を追加しました。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[西武2回戦]今季初勝利!札幌Dはお祭り騒ぎ

2005-03-29 | 過去のはむすぽ
…打線に「喝」を入れる!と言って出かけていった札幌ドーム。
3回裏の超猛攻は、そんな私を含めたファンの熱気が呼び込んだとも言える。

 ◇北海道日本ハム×西武2回戦(札幌D・22491)
Lions0002002307151
Fighters00731010X12131
HR:高橋信2号(3裏=満塁) 木元1号(4裏=2ラン) 小笠原1号(5裏=ソロ)
   カブレラ1号(7表=2ラン)
(西)●涌井―長田―正津―大沼=細川・野田
(日)○正田―マイケル―井場―押本=高橋信

【勝】正田 1試合1勝 【敗】涌井 1試合1敗


とりあえず、3回裏の超猛攻をまとめてみようと思います。
一死後の坪井の今季初安打が、その口火を切りました。

坪井 中安
新庄 左安

 涌井の暴投で一死二・三塁となり、チャンス拡大

小田 右安(Fs 1-0 L)
小笠原 四球 ダイジェストで改めて見ると、貫禄をまざまざと見せ付ける感じの四球。

 かくして、問題の満塁場面がやってきたのです。

 チャンステーマ・ワッショイ始まる。(高橋信まで)

セギノール 左安(Fs 2-0 L) 遊撃・中島の差し出したグラブのわずかに上を越えるタイムリー。
木元 右安(Fs 3-0 L)
高橋信 第2号満塁ホームラン(Fs 7-0 L)

 涌井KO。(3回途中7安打7失点) 2番手は長田

稲葉 右二
アルモンテ 四球 カウント2-0から選んだ四球。個人的に高評価。

 チャンステーマ・北の国から始まる。

坪井 三振 若干、中途半端なスイングだった。
新庄 四球
小田 中飛 赤田の守備範囲がやたらと広いことを実感。当たり自体は悪くなかった。

正直なところ、あの満塁HRはレフトスタンドの私のいた位置から見ると、
「本当に入ったのか?」というのがよくわからなかったのですが、
審判が手を回してるのを見て、やっと安心できたわけです。
深夜のダイジェストで「最前列付近に入った球が跳ねてグランドに戻った」のがわかりました。

それにしても、時間にして30分近く…もしかしたらそれ以上かもしれないですね。
さすがにイニングの最後の方は、かなり疲れてました。(^^;;;

まだまだ書きたいことはあるのですが、とりあえずこのくらいで。

気になることがあるとすれば、カブレラにHRを打たれたことですかね。
あと、実はヒットの数は西武の方が多い…ということは、ここだけの秘密です。(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

B・Bの顔が…。

2005-03-29 | えとせとら
…あまりの体たらくに、いても立ってもいられなくなってきたので、急きょ札幌ドームに行くことにしました。

きのうの大沢親分ではありませんが、ふがいない打線に「喝」を入れてきますわ。

でもって。あちこちのブログで噂になっていた

「B・Bの顔が変わった!?」

という件ですが、どうやら確かに変わっているようです。
道内の方は、道新の社会面に比較の写真が掲載されているので、そちらをご覧ください。
道外の方のために、私がその比較写真を見た際の第一印象をお伝えしますと…

「熊というより、何だかリスっぽくなったなぁ」

です。...((((((^_^;)

とりあえず、きょうの取材のテーマにこの件も加えようと思います。
いい写真が撮れたら、ここにも載せますわ。

3/30追記。道新のサイトの記事のリンクを追加。記事中の「道新」ってところから。
3/29に札幌Dに観戦に行った際に撮影したイメチェンBBさん。一番顔の分かるやつを。

BB以外の一般のお客さんについては、目線を入れました。
昨年の顔よりも「子供子供した顔」になっちゃいましたねぇ。お子様は喜びそうですが…。

そんなBBさんに、今年から専属の(!?)ハンディカメラマンがついたようです。

背中に装着したアンテナつきの装置から電波を送って、映像がビジョンに映し出される模様。
より臨場感のある映像が見られましたよ。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[西武1回戦]金村9回完投も勝利に結びつかず…開幕3連敗

2005-03-28 | 過去のはむすぽ
まぁ、去年も開幕3連敗でしたからね。(最近、そればっか言ってるな…。)
…にしても、逆転サヨナラ負けに完封負けでは内容が悪すぎですね。
テレビ&ラジオを駆使して観戦しましたけど、雰囲気の重いこと重いこと…。

 ◇北海道日本ハム×西武1回戦(札幌D・25236)
Lions000001000171
Fighters000000000050
HR:
(西)○帆足―[S]豊田=細川
(日)●金村=高橋信

【勝】帆足 1試合1勝 【S】豊田 2試合1勝1S 【敗】金村 1試合1敗


ここから下は、札幌D開幕戦テレビ(&ラジオ)観戦レポートです。

※ きょうのポイント
 ・相手のミスに乗じて得た2回の無死二・三塁で得点できなかったのが最後まで響いた。
 ・金村は9回116球完投。しかし、自らのボークも絡んだ1失点に泣いた。
 ・きょうの新庄はフライアウトが多く精彩を欠いた。7回裏二死満塁の打席も三塁ゴロ。
 ・西武のランナーはどんな浅いフライでも、隙あれば行くぞ!!という構えを見せる。
 ・それとは対照的に、ファイターズの攻撃はどうしても淡白な印象を受けてしまう。

2回裏は、高橋信のヒットと木元の内野安打にエラーが絡み無死二・三塁の大チャンス。
しかし、島田が浅いライトフライ。アルモンテは帆足の変化球にタイミング合わず三振。
稲葉の打球は一・二塁間を鋭く襲ったが、カブレラの出したグラブに収まり一塁ゴロ。
とにかく、チャンスに打てません。本当に何とかならないんでしょうか…。

6回の西武の1点は、いろんなミスが重なってのもの。
先頭打者・赤田の打球はボテボテの一塁ゴロだったが、金村とセギノールがベース付近で交錯。
一塁に出た赤田を警戒するあまり、金村がボークを犯してしまう。
一死を取った後、カブレラ敬遠。和田を打ち取ったものの、石井義の初球がライト前タイムリー。
稲葉も懸命にバックホームしたがわずかに及ばず。(打者走者を二塁で封殺しチェンジ)
しかし、この1点が最後の最後まで重くのしかかった形である。

7回裏は、木元がヒットで出塁し、二死からアルモンテ、田中幸と連続四球。
そうなんですよ。アルモンテって選手は、選球眼はかなりあるんですよ。
けど、大沢親分にも「四球で手たたいてちゃ、しょうがねぇな!!」って言われてました。
長年、ヤクルトファンをやってきた私にとって、稲葉に代打…ってのは正直なところ違和感あり。
田中幸がなんとか四球で出塁してくれたのでよかったが、いささか複雑な心境でした。

[ラジオ実況から]
・札幌D開幕戦。一番早い人は朝2時から並んだ!!(それで0-1の敗戦じゃ報われないよ…)
・ゲストの伊集院光さん談。
(1)東京Dの近くに新居を構えたが、その直後にファイターズの札幌移転決定。奥さんと大モメ。
(2)ファイターズファンになったきっかけは、小2の頃、スーパーのタダ券で行ったファイターズ戦で千藤選手にサインをもらい「あしたも来いよ」と言われたこと。
小2だから(選手に言われたら)見に行っちゃうんですよねぇ。で、それから30年ですよ。
(3)札幌のお客さんの応援は上質。鳴り物が鳴りっ放しではなく、ふと静かになる瞬間がある。
ちゃんと野球を見て応援してるんだなぁ…と感心してました。
ラジオが好きなので音にこだわる…という伊集院さんならではの視点です。

試合内容に触れたくないばかりに、いろいろと書きましたけどね。とにかく1つ勝とう。

追伸。合併球団・ウミウシが大阪Dで初勝利をあげたので、

ファイターズは開幕3試合目にして早くも単独最下位
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

つげさんの「げんかつぎ食堂」―札幌D開幕!スペシャル

2005-03-28 | えとせとら
さー、いよいよ札幌D開幕戦ですよ。
きのう・おとといの連敗の嫌な流れを払拭すべく、地元の熱い声援を期待したいです。

さて。必勝弁当を食べて臨んだ週末の2連戦は、モノの見事に返り討ち。
きっと、中に入っていた明太子パスタの量が少なすぎたせいだろうということで。
今回の西武3連戦に合わせても、何か食べますよ。題して「げんかつぎ食堂」。(笑)

さて、何にしよう。
西武…ライオンズ…。
ライオン。ライオンといえば「獅子」。獅子といえば…。これですよ、これ。

…そうです。ししとうでございます。(^^;;; ししとう…しし倒…獅子・倒す!!(苦しいね) 
近所のスーパーで1パック198円でご購入です。

ただ、ししとうにかぶりつくのも芸がないし、おいしくないし。地元産の豚肉切り落としとパックの焼きそばを使います。

ししとうは半分に切って中の種を取り、ザク切り。
豚肉は、適度な大きさに切って炒めます。あとは焼きそばのメンを入れて…出来上がり。(超簡単)

題して「ししとう焼きそば(そのまんま)」でございます。
こんなのは料理のうちには入りませんがね。(^^;;; 男の料理なんてこんなものです。
最初はししとうを4つくらい使ったんですが、あまり見栄えがよくなかったので3つほど追加。

これで勝てなきゃ、あしたは本当にドームで「ファイターズ弁当」だぞ。(^^;;;
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする