はむすぽ。-Go! Go! Fighters!!

ファイターズをぬるく見守るブログだったりします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【観戦記】2年ぶりの帯広で(後編)

2007-07-31 | 過去のはむすぽ

さて、引き続き、帯広の観戦記をお届けします。
なお、本日は諸般の都合により、試合短信はお休みさせていただきます。(^^;;;
(まぁ、わざわざ記事1つ使って書くほど内容のある試合でもなかったようですしwww)

試合前、B☆Bさんのパフォーマンス。地方球場恒例のフェンスよじ登りっ!
フェンスをよじ登って、ライトのポールもどんどん登って行って…。



この写真は、B☆Bさんに寄っているので、多少わかりにくいかもしれません。
実際のところ、どのくらいの高さまでよじ登っているのか。引きの絵でご覧ください。



写真の下にはフェンスもありますから、これは相当の高さですよ。
試合直前にはこんなところにもよじ登るB☆Bさんの姿がありました。



試合前も試合中もB☆Bさんの行くところ、常にファンの人だかり。
嬉しい反面、大変な部分もあるんだろうなぁ…と思う。そんな中、私のいたところにも
B☆Bさん来てくれまして。ファイターズ応援歴4年目にして初めてB☆Bさんに握手して
もらった私です。(^^) 今思えば、一緒に写真の1枚くらい撮ればよかったですが。

試合は田中賢が2本のタイムリーを放つ活躍で勝利。

(写真は、2本目のタイムリーの後、外野席の声援にこたえる賢介)
お立ち台での「帯広大好き!」発言、なまら嬉しかったです。2年前は帯広には
来てなかったっけ? 「初めて」という発言を思い出しながら、ちょっと疑問なんですが。


かなりすっ飛ばしてしまいましたが、以下に場内で撮影した写真を何枚か。



試合前のベースランニングにて。最近のベーランでは、ただ走るだけでなく
それぞれに応援ボードを持ってみたり、いろいろとファンがアピールしてるのが
いい感じだなぁ…と思う。写真は、最後に走ってきたB☆Bさん。文章とは全く関係なしw。


先発・吉川くん。1回は本当に力強いピッチングでした。別人を思わせる強気な攻め。
それを続けることができるようになれば、もう一皮むけてくるんだろうと思います。
ただ、再三ピンチを招きながらも、最小失点で食い止める「かわして投げるピッチング」は、
どこぞの背信元エースにもぜひ見習ってほしいものだと思います。この道東シリーズで
いつだったかの記事に書いた「先発投手安心ランキング」にも若干変動がありました。
まぁ、その内容は書くまでもないと思うので、あえて触れませんが。

さて。次の写真をご覧ください。


ピンバッジガチャガチャの風景ですが…普段の札幌ドームとの違い、おわかりになりますか?

…そう。ガチャガチャ係がファイターズガールのお姉さんなんですね。
普段はなかなか身近に接する機会のない人たちなので、これはかなり得した気分(^^;;;。


次はこちら。吉川→武田久の投手交代時の外野の風景。



やはり、集まっているのはひちょりんと工藤の2人だけ。坪井さんはといえば…。



あくまでマイペースを貫く姿が印象的です。この様子も引きの絵で。



かなり距離感があります(^^;;;。ちなみに、この後の武田久→マイケルの時には
レフトに回った工藤に紺田も含めて、しっかり3人で集まって何かしらやっていました。
マイケルの写真を撮っていたので、すっかりそっちの写真はないんですけどもwww。

もうすぐ終わりますので、もうちょっとお付き合いくださいね。(^^;;;
試合後、札幌から遠征してきていた友人たちに挨拶するために外野席の方へ移動。
ひとしきり二次会も終わるころ、ふとグラウンドに目を転じると…。



はて? 様子を見ていると、どうやら振付の練習をしていたようで。新曲の練習なのか
この日のパフォーマンスの出来が悪かったからなのかわかりませんが、居残り特訓のようです。
左側にいる黒い服の女性が振付の先生なんでしょう。結構時間かけてやってましたよ。



これも、札幌ドームでは見たことのない光景でした。まさか、試合後に居残りしてまで
練習すると思ってなかったです。これもかなりレアな光景ですよね。ラッキーでした。

本来なら、ここで終わりになるはずの観戦記ですが、最後に一つだけ気になったこと。
試合前のガチャガチャコーナーに話は戻ります。まずは、こちらの貼り紙を見てください。



ちょっと小さい画像なので見にくいかもしれませんが、貼り紙の中身を要約すると、
どうやら、土曜日の釧路で他人のカードを使って来場ピンバッジを受け取っていたヤツが
いたらしいんだな。札幌ドームに行かれたことのある方ならおわかりかもなのですが、
来場ピンをもらうためには、その日のチケットとFC会員カードが必要で、カードは
リーダーでピピッとやるし、チケットにも「F」の印が押されますから、普通であれば
2度も3度も来場ピンをもらうことはできないはずなのですが…。この土日の試合の
来場ピンズは釧路・帯広の刻印が入った限定仕様。どうしても欲しい!という気持ちも
わからないではないが、そんな不正を働いてまで…となると首をかしげざるを得ない。

mixiでこの話を日記に書いたら、いろいろなコメントをいただきまして。
この限定仕様のピンズ、試合翌日からはガチャガチャにも入っているらしいのですが、
なかなか思い通りのものが出るわけでもないし、確実に手に入れようと思ったら
釧路・帯広…あるいは函館まで行かなきゃならないわけだ。私のような住民が札幌まで
行くのに苦労するように、札幌在住のファンの皆様も帯広・釧路まで来るのには
交通費も時間も相当かけなきゃいかないわけで。たった1個のピンバッジのために
そこまでするのも…という思いと、全部集めたら北海道地図になる今年の限定仕様バッジ。
やはり1度集め始めたら、全部集めたいのもファン心理。なかなか難しい問題です。

最後、ちょっと重い話になりましたが、これはシーズンオフにでも考えてみようかな。

いろいろありましたが、Fsの勝ち試合を帯広で見れたのは非常に嬉しかったですよ。
今季の私、これで観戦成績5勝1敗。これまでにない高勝率です。すごいなぁ、自分。

あと、余談ですが、突然の稲葉ジャンプ禁止のお願いにもかかわらず、しっかりと
約束を守って最後まで観戦してくれたファイターズファン、そしてマリサポさんにも
あらためてお礼申し上げたい。大きなトラブルもなく試合が終わってよかったです。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【観戦記】ファイターズ2年ぶりの帯広で。(前編)

2007-07-31 | 過去のはむすぽ

はい、お待たせいたしました。帯広観戦記をお届けしますよ。
まず、冒頭に掲げた写真は帯広での「稲葉ジャンプ禁止」を知らせる貼り紙です。
これに驚かれたハムファンも多かったことでしょう。場内でも盛んにアナウンスされたし、
試合後に、日刊スポーツからニュースとして配信されちゃった程の衝撃でした。(^^;;;
ちなみに。リンク先の記事にもありますが、稲葉ジャンプがダメということは、
当然、マリサポの飛び跳ねもダメなわけで。どうすんのかな…と注目していたところ、
皆でスクワットしてました。(^^;;; そういう意味では両チームのファンともに
消化不良だった部分もあったかも。稲葉ジャンプ、やりたい方はぜひ札幌ドームへ。

私が球場に到着したのは、午前10時30ころだったかなぁ。
開門を待つ外野席の行列は、外野席をぐるっと取り囲んで折り返してきて…のものすごさ。



写真左が外野席入場口へ続いてます。
けど、手前の人たちが反対方向(写真右奥)を向いて並んでるの、わかりますかね。
列がどこまで続いてるのか確かめるために外野の端から端まで走り、一汗かいた私でした。

そして、一塁側に設けられたピンバッジのコーナーもものすごい人だかり。



さて。帯広といえば、ばんえい競馬。
当日のモブログでもご紹介しましたが、ばんえい競馬PRも兼ねてリッキーくんもご来場。
体験騎乗みたいなこともやっておりました。



普通の競走馬と違って、脚も太くどっしりした感じです。
最高で1tもの重量のソリを引っ張るので、このくらいの馬格がないとダメなんだな。

でもって11時開門。指定席だった私も入場するまで、かなり行列で待たされました。
結果的に22000人以上の観衆がつめかけたので仕方ない部分もあるんでしょうけど…。

しばらくすると、ハムさんたちの守備練習。ここで衝撃だったのは、ライトの守備に
ついたのがくどちゃんとミッチ。(^^;;; この時点で「稲葉さんは守備に入らない」ことが
わかっちゃって
、ちょっと残念。実際、試合には出てるので大きな怪我とかではないけど、
ちょっと心配ではありますなぁ。そして、一塁にはセギさんの姿もありましたよ。



で、スタメンはこうでした。まずはマリーンズ。



試合翌日のスポーツ紙で「福浦が極度の不振に陥っているための8番降格」だったと
知りましたが、福浦・今江が8・9番に入っている打線ははっきり言って怖いっすよ。
ほんとに息つく暇がない打線です。そういう事情じゃなければ、普通に負けてたかも。

で、ハムさんは?



5番に工藤、坪井がいて稲田がいて…という、かなり楽しめそうなオーダーです。
逆にこれで負けてたら「じゃ、どうしたら勝てるん?」という迷走状態に入りそうだった。

ところで、スタメン発表時には、マリサポがお手製のゲーフラを掲げるのが恒例で、
前日の釧路では「くうきしんせん ろしあちかい」という珍ゲーフラが登場するなど、
そのセンスの良さというか、レベルの高さというかには驚かされることが多いです。

では、帯広ではどうだったのか? 探してみましょう。









…っと、あまり長く引っ張ってもしょうがない(ネタが持たないw)ので、早速行きます。
こちらをご覧ください。位置的には、上の写真の左上奥あたりになるんですけど…。




 おとふけ

 びほろ

 ひろお

 ろしあ近い w

解説します。今回の「おびひろゲーフラ」は道東の地名シリーズです。
お・おとふけ(音更)は帯広市の隣町。十勝川温泉(モール温泉)があることで有名。
び・びほろ(美幌)は網走管内にある町。やはり、有名どころと言えば美幌峠か。
ひ・ひろお(広尾)は十勝の最南端。かつて水族館があった。元G・堀田選手の出身地。
そして、ろ・ろしあ(ロシア)はモスクワに首都を置き、欧州・アジアにまたがる大国w。
そんなロシアに程近いww帯広で行われた試合では、こんなゲーフラも登場したんですよ。



ぽん。チカコ結婚おめ!
あー、ご本人たちもまさかこんな所で結婚のお祝いをされるとは思ってないかもぉw。
なんか、ついでなので、ここでもひそかにお祝いしときますよ。おめでとさんです。

普段、なかなかマリサポのゲーフラを見る機会が意外にない(テレビにはほとんど映らないし)ので、
こういう写真もなかなか貴重。個人的には「俺とお前とマリーンズ」なんかも好きですが、

「ろしあ近い」の近くにあった「どM」というゲーフラが笑いのつぼww。

さて、一気にアップしようかと思いましたが、なんか長くなってきたので、前・後編に
分けることにしました。後編も31日中にはアップします。きょうを逃すとまたレセだし。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1点差守り辛くも逃げ切り…賢介「ぶっちぎり宣言」!

2007-07-29 | 過去のはむすぽ
序盤から中盤にかけて、取っては取り返されて…の苦しい展開。
終盤、試合の流れはマリーンズ。8回表の大ピンチには卒倒しそうになりましたがw。
紺田の好守もあって大ピンチを切り抜け、9回はマイケルが3人斬りで連敗ストップ。

…いやはや、盛りだくさんな試合で…。終始、ハラハラドキドキでございました。

◇日本ハム×ロッテ(12)(日本ハム6勝4敗2分け/帯広・22886)
Marines 0 
Fighters

0  X 
M:●小野―高木―川崎―荻野=里崎
F:○吉川―武田久―(S)マイケル=鶴岡・高橋・中嶋
勝:吉川     11試合3勝1敗
S:マイケル   34試合21S
負:小野     13試合2勝7敗
HR:今江5号(ソロ=3表/吉川)

☆ ポイントらしきもの2007
 ・田中賢、31打席ぶりそんなに打ってなかったんかのタイムリー二塁打を含む2安打2打点でお立ち台。
  「優勝はもちろんするけど、ぶっちぎりで!」と帯広のファンの前で高らかに宣言。
 ・先発・吉川3勝目。1回は直球でどんどん押して強気なピッチングのように見えたが、
  2回以降、ボール先行する場面が多くなりピンチを招く。味方が点を取った直後に
  3度とも失点したのは反省材料。それでも1イニング1失点ずつでどうにか踏ん張った。
 ・1回裏、ハムの攻撃に入る際、いつもなら「北の国から」が流れるところで、
  松山千春の「大空と大地の中で」が。これはあくまで帯広限定なんだと思うけど。
 ・工藤の打席で途中から石本のテーマ。これはもう正式決定ってことでいいのかな?
 ・賢介もそうだが、守備固めでライトに入っていた紺田の守備がチームを救ったと
  言っても過言ではない。あのふらふらっとした飛球、落としたら負けてましたね。
 ・地方球場恒例、フェンスによじ登るB☆Bさんやマリサポの面白ゲーフラなど
  現地観戦ならではの面白ポイントをたっぷり堪能。詳細は後ほどUPの「観戦記」にて。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

現地レポート(3)取って取られて

2007-07-29 | 過去のはむすぽ
5回表まで4-3。

なんともハラハラのシーソーゲーム。
とはいえ、きょうのファイターズは積極的な走塁が目立ちます。
ひちょりん、金子の二塁打が象徴的…と書いている間に5裏は
あっさり終了。試合は成立しました。とにかく、吉川頑張れ。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

現地レポート(2)スタメン発表されました

2007-07-29 | 過去のはむすぽ
8ひちょりん
4賢介
D稲葉さん
3セギ様
9くどちゃん
7坪井
5稲田
2鶴岡
6金子誠
=====
1吉川

もう、これで負けたら仕方ないという感じのヒルマン監督にしては、
かなり思い切ったオーダーかな、と。吉と出るか凶と出るか…。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

帯広の森から現地レポート

2007-07-29 | 過去のはむすぽ
とにかく、すごい人です。(+_+)

2年前も満員でしたが、きょうも負けず劣らずの印象です。
ばんえい十勝のPRにリッキーくんも来てますよ。(・o・)

間もなく開門。帯広の森に響くのはFsファンの歓声かマリサポの雄叫びか?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あすのスポーツ紙はこぞって「背信」と書き立てるんだろうなぁorz

2007-07-28 | 過去のはむすぽ
実は、今朝はものすごい雨音で目覚めまして。
こりゃ、釧路の試合は無理なんじゃないの…と正直思ってました。
それでも、こちら(帯広近郊)で朝方降っていた雨はすぐに止み、昼頃には青空も
のぞいてましたので、どうやら開催は大丈夫なのかな…と、ちょっと一安心でした。

とはいえ、こういう天候の不安定な時の試合では、いつ天候が悪くなるかわからないので、
先に先に点を取る事が重要であり、先発投手としては「味方が点を取ってくれるまでは絶対に
失点しない!」という強い気持ちが必要。ベテランの金村ならそのくらいわかってるはずだが…。

◇日本ハム×ロッテ(11)(日本ハム5勝4敗2分け/釧路・19273)
Marines  
Fighters

X   
(8回表終了降雨コールドゲーム)
M:○成瀬=里崎
F:●金村―スウィーニー―歌藤=高橋
勝:成瀬     15試合9勝1敗
S:
負:金村     12試合5勝5敗
HR:オーティズ3号(3ラン=3表/金村)

午後になって、スコールのような激しい雨と風。釧路は帯広よりも東にありますので、
この雨雲がしばらく後に釧路に到達して、試合を終わらせてしまったものと思われます。
雨の中、2年ぶりの釧路開催ということで、おそらく多くの地元ファンも詰め掛けていたでしょう。
あー、それなのに。昔エースと呼ばれていた金村がまたしても序盤でつかまり、あっさりKO。
2番手のスウィーニーが5イニングを(内容はともかく)無失点で抑えたことも併せて考えると
金村に関しては、少なくともしばらくはローテからはずされることになるでしょうねぇ…orzorz。
あるいは再び、千葉県某所にある天然日焼けサロン行きになる可能性も否めません。

私、個人的には金村が今度はどんな言い訳をするのかに非常に注目しております。(^^;;;

ちなみにこれを書いている28日午後6時ちょっと前時点では、黒い雲の中から青空が
のぞく感じの帯広近郊。あすは釧路の分まで延長11回くらいまでやる覚悟でねw。応援しまっせ。

※ それにしても、後半戦に入ってから「どうしちゃったの?」というくらい失策が多いハムさん。
きょうも2失策つーことで、後半戦4試合でもう8失策ですか。たいして打てもしないんだから、
せめて、守備くらいはしっかりこなしてもらわないと困りまんがな。球宴休みの間、何しとったの?
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

帯広の森から

2007-07-27 | えとせとら


まだ2日前ですが、帯広の森野球場にやってきました。
オンラインでは手に入らなかったチケットを、どうにかこうにか入手しました。

既に周辺の道路には、駐車場への誘導看板が出ていましたし、球場側の受け入れ準備も
添付の写真からお分かりのように、万端のようです。札幌などからお越しになる方は
くれぐれもお気を付けていらして下さい。お天気が若干心配なのでその備えもお忘れなく。

7/28 午前0:15追記。最新天気予報では、雨は土曜日のうちに弱い雨が降る程度らしく、
日曜日の試合開催には支障がなさそうだが、土曜日は全道的に雨模様の予報となってるため、
釧路の方がむしろ心配。もしかしてもしかすると、もう球場近辺で場所取りなぞされてる方も
いらっしゃるのでしょうか。釧路は夏でも涼しい…というか、朝晩は冷えますのでご注意を。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サヨナラ負け…。

2007-07-26 | 過去のはむすぽ
仕事帰りの車の中で「稲葉さんがHRを打った」と聞き、テンションを上げた私だが、
終わってみれば、サヨナラ負け。オリ3連戦1勝2敗で、きょうも3失策。orzorz
土・日と道東シリーズですが、ちょっと雰囲気的には嫌な感じですねぇ…。

◇オリックス×日本ハム(18)(日本ハム10勝8敗/スカイマーク・14167)
Fighters
Buffaloes 1x
F:ダルビッシュ―●江尻=鶴岡
Bs:ユウキ―本柳―○菊地原=日高
勝:菊地原    10試合3勝
S:
負:江尻     24試合5勝3敗1S
HR:ローズ28号(ソロ=4裏/ダルビッシュ) 稲葉11号(2ラン=6表/ユウキ)

☆ ポイントらしきもの2007
 ・工藤が5番!にまず驚き。いかに好調とはいえ、まだ荷が重すぎるんじゃないかなぁ。
 ・つか、稲葉さんがDHでセギ様が一塁の守備についてたんですね。そこまでしてでも
  ジョーンズは使いたくなかった…ってことなんだろうか。このへん、詳細は不明。
 ・まぁ、同点の9回裏に一死一塁から強攻…というのは、ありえない話じゃないし。
  にしては、外野がずいぶんと左寄りに守っていたみたいで、紺田が追いついて
  ボールを返すころには、一塁走者の大引が三塁を回ってましたので…。(涙)
 ・そういえば、木元が久方ぶりにオリのスタメン。結果は4打数0安打。
  しかも2三振に2併殺…という、ある意味木元らしい結果に思わず苦笑い。(^^;;;

ダルビッシュの代わりに抹消されたのは洋平くんだったようで。まぁ、チーム事情は
いろいろあるんでしょうが、再登録されてからは出番がほとんどなかったですよね…。
…そんなこんなで、いよいよ楽しみにしていた道東シリーズがやってくるわけだが…。
オリによもやの(^^;;;負け越し(しかもきょうはサヨナラ負け)というちょっと悪い流れで
釧路へ移動…ということに。まぁ、ロッテもソフトバンクに3タテくらったようだが…。

ローテ的な部分で行くと、ロッテは渡辺俊、清水、小林宏という表3枚をソフトバンク戦で
使ってしまっているんで、そういう意味ではハムっ子的には一安心…という感じではある。
とはいえ、球宴にも出場した成瀬とか小野あたりの登板と思われるので油断はできないが。
ファイターズは誰ですかねぇ。こちらも、グリン、勝さん、ダル…と使っちゃってるので
金村、スウィーニーあたりでしょうか。できれば、帯広で金村さんを見てみたいですが…。

つかね。チケットないよ、チケットが。ロッピーもぴあも帯広はほぼ完売みたいだし。
あした仕事がお休みなので、道新とか球場とか行って聞いてこないといけないなぁ…。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

すごいよマサルさん!11奪三振でオリ打線にチャンス与えず快勝

2007-07-25 | 過去のはむすぽ
きょうはなんといっても勝さんのピッチングにつきます。
圧巻は、4回裏のクリーンアップを三者連続三振に仕留めた場面でした。

◇オリックス×日本ハム(17)(日本ハム10勝7敗/京セラドーム大阪・15800)
Fighters
Buffaloes
F:○武田勝―武田久―(S)マイケル=高橋・中嶋
Bs:●デイビー―吉田―金子=辻・日高
勝:武田勝    25試合6勝1敗
S:マイケル   33試合20S
負:デイビー   19試合5勝9敗
HR:ローズ27号(ソロ=7裏/武田勝)

☆ ポイントらしきもの2007
 ・勝さん、7回11奪三振。すごい。見逃し三振が多かったのもすごいし。
  きちんとしたデータがないのであれだけど、自身最多の奪三振では?と思う。
  なんか、以前に「隠れ防御率1位」とか道スポが見出しにしたことがあったけど、
  これだと、「隠れ」じゃない正真正銘の1位も夢ではなさそうな感じではある。
 ・工藤3打点。初回は内野安打で2打点。3回はセンター前タイムリー。

もう、なんだか勝さん先発だと、すごく安心して見られるようになってきまして。
7回くらいとか安心しきっちゃって、普通にヘキサゴンとかはねるとか見てたwww。
今の先発ローテ「安心ランキング」ではダルに匹敵するか、もしかしたらそれ以上かも。

工藤の3打点の活躍も嬉しい。内野安打で2点入ったってのは、映像を見てないので
よくわからないんだけど、2打席目のタイムリーはうまく打ってたなぁ。

そして、ジョーンズの打率が昨日で私の身長を下回り、きょうはついに東京都渋谷区
辺り(.151)までやってきたこともひそかに触れておきたいと思います。orzorz
…あと、ザ・たっちが2人とも身長151cmだそうで。これ以上下回ると子役タレントとかで
例えなきゃいけなくなるし、本当に頑張ってほしいが…。それか、力士の体重にするか?
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする