はむすぽ。-Go! Go! Fighters!!

ファイターズをぬるく見守るブログだったりします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オールスター前のひまねた「ハム選手からのゆるいお返事」

2008-07-31 | えとせとら

きょう・あすとマツダオールスターゲーム開催!


ちょっと、仕事の関係で見れない可能性が高いのですが、リーグを代表して出場する
選手たちには頑張ってもらいたい。そして、8月は五輪もあるしペナントも佳境へ。
五輪期間で抜ける選手の穴埋め、変則日程への対応…その他もろもろ見どころは多い。

…と、野球ブログらしい話を頭に持ってきてみましたが、きょうはちょっとゆるネタを。

「ハム選手からのゆるいお返事」

癒し系のイラストでおなじみのブログ「そこマヨ2」のhanochinさんが作ったサイト。
自分の名前を入れると、ハム選手からプロポーズしてもらえるというサイトが別に
あるけど、私には残念ながらそっち系の趣味はない(^^;;;ので、男性でもOKという
こちらのサイトに挑戦。ちなみに、まぁ。プロポーズの方は…なぜか伊藤さんから
熱烈にプロポーズされたわけですがww(結局、やってるんですね…。)

で、そのhanochinさんが作った「ゆるいお返事」のサイトにHNを入力したところ、

つげちゃんさんの結果

…こんなん出ました。どういうわけか、賢介にデモテープを送って褒められてます。
デビュー曲を自分の登場曲にしたいとまで言われて。(^^;;; ははは、そりゃ困る。

つーことで、オールスターが始まるまでの間の暇つぶしにはもってこいかな、と。
気になる方はどかすかやってみましょう。私もHN以外でいろいろ試さねば。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あっと驚き!セギ様、楽天入り!

2008-07-29 | えとせとら
えーっと。仕事休みに何気にいろいろなサイトを巡っていたところ、ええーっ!と驚くニュースがっ!

 フェルナンド・セギノール選手、マーカス・グウィン投手 契約合意について

あのセギ様が楽天と契約合意に至ったというぢゃないですかっ!!

最初、mixiでこのネタを見たときには「ガセか?」とも思ったんですが、よくよく調べるうち
Yahoo! のトップニュースにも載っていたし、楽天のサイトでも上記のとおり、合意の発表が。

まぁ、例の二重契約外国人投手の一件もあるので、実際にKスタにセギ様が現れるまで
油断なりませんけどね…。(^^,,, 某ソフバに横取りなどされなければ、球宴後最初のカードが
Kスタでの楽天×日本ハムですから、もしかしてもしかすると、イーグルスのセギ様を見ることが
できるかもしれません。ちなみに、セギ様の背番号は「5」で、同時にグウィン投手(背番「42」)の
獲得も発表されています。とはいえ、超極貧にあえぐ日ハム打線にとってはこれは非常に痛い。

つか、ウチは補強はボッツで終わり? あと2日しかないんですけど、もう終わり? ほんとに?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

We Love 残塁!? こんだけチャンス潰せば、そりゃ負けるわな。(^^;;;

2008-07-26 | 過去のはむすぽ
なんか、負けたようですね。(^^;;;

先制はしたものの、その後のチャンスであと1本が出ず…を繰り返しているうちに
西武の打線に中継ぎ陣がつかまって逆転される。ハム打線も粘りは見せるが、相変わらず
チャンスは潰しまくり
で…結局、最後に建山が出てきてぶち壊す…。なんだか、いつか
どこかで見た気がする黄金の負けパターンですね。(^^;;; ある意味、ハムらしさが
如実に表れた試合?だった…んでしょうか。それでも、まぁ。金澤が予想以上に
好投したらしい…だったり、3点は取れたので最低目標はクリアかな…だったり、
それなりにいいことも(無理やりひねり出せば)ないわけではないんですが……。

稲葉さんがスタメン落ちしたのは非常に痛かったようですね…。代わりに4番に入った人が
ことごとくチャンスを潰しまくったようで…。とりあえず、mixiでは、どういう経緯なのか
采配ミスだ!というカキコがあふれ、実はファイターズDEナイト!のヘビーリスナーである
ガンちゃんが、番組に寄せたたった一言のメッセージ「バント」。これらを考え合わせれば、
札幌ドームでどんな大味な野球が展開されたのかは、なんとなく想像はできそうです。

つか、ハムの4番なんて、そんな大層なもんじゃないから。あまりプレッシャーとか
感じちゃいかんよ。別にハムファンは4番だからHR打て!とか言いません。言っても
無駄だってことくらい、もう重々わかってます
から。だから、せめてチャンスに三振とか
併殺とかは避けてもらえると、助かるんですが……。4番がそれでは、さすがにチームに
流れが来ません。浮上できません。だから、せめて、そのくらいは4番打者に注文を
つけさせて下さい。それだけできれば、私はもう十二分に満足でございますから……。

無理に大きいの狙ってポプフライとか、そういうのは、ほんと…ね。お願いしますよ。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

We Love ジンギスカン! 貴重な決勝点は稲葉さんの好走塁!!

2008-07-25 | 過去のはむすぽ


We Love HOKKAIDOシリーズ4試合目。ついに札幌ドーム限定チャンテ初登場!

6回裏。先頭打者・稲葉さんが右中間への二塁打を放って出塁した場面でついに!
北海道(札幌D)限定のチャンステーマ「ジンギスカン」が、そのベールを脱いだ。

オイ!オイ!小谷野~! 打て! 打て! 打て! 打て!

観客席の列ごとにパートが分かれる「打て!」の部分。GAORA!から流れてきた音声を
聞く分には、最初の予想以上にきちんとパート分けができてたようでGood!!でした。
徐々に音量が上がる感じがキチンと伝わってきたので、まずは成功です。点も取れたし。
試合前に練習もあったわけですが、けど、初回でこれだけできれば大したもんです。

◇北海道日本ハム×埼玉西武12回戦(西武7勝4敗1分け/札幌ドーム・23323人)
0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
0 1 0 0 0 1 0 0 X 2
L:●帆足―大沼=細川・銀仁朗
F:○多田野―武田久―[S]マイケル=鶴岡
勝:多田野     12試合6勝3敗
S:マイケル    27試合2勝18S
負:帆足      18試合9勝3敗
HR:小谷野2号(ソロ=2裏/帆足)

もう、ですね。先日、ジンギスカンのことを紹介する記事を書く際に、いろんな動画を
見過ぎたせいで、頭の中からあのメロディーが離れないわけですよ。暇さえあれば
無意識に「ジン!ジン!」言ってる私。原曲だけじゃなく、なんかベリなんとかいう
アイドルユニット(?)がカバーしてんですね。そんなのまで見ちゃったりしてるから。
(しかも、途中までは、そのベリなんとかの動画で行こうか…と思っていたくらいで)
ほんとね。高橋の打席で「ウッハッ!」が聞こえたときの私のニヤツキぶりったら
なかったですよww。なんか、変なテンションになっちゃたもん。もう、どんだけ
ジンギスカン大好きなんだと、ね。食べる方も好きですが、このチャンテもなかなか。

高橋のあわや内野安打?という当たりの後、小谷野の打球が三遊間を破る。

臀部が痛いはずの稲葉さんが三塁を回った!

タイミング的にどうなんだ?

ホームへの送球がやや三塁側にそれる間に間一髪で稲葉さん生還! 貴重な勝ち越し点。

よく回したよなぁ、あの場面。レフトも少し前めで捕球していたように見えたし
送球がそれてなければ、タイミング的にはアウトに思えたし。まさか!と思ったわ。

けど、その理由って、まさか次打者がボッツだったから…ってことはないですよね。(^^;;;
もしかしたら…と今になって思ってるんですが……。まぁ、結果的にはボッツ・鶴岡と
三振で後続はなかったわけですけど…。だからこそ、あの場面の走塁は本当に貴重だった。
稲葉さんもすごいし、まわした三塁コーチもすごいし。思い切った判断だったなぁ。

にしても。よかったっすね。新チャンテ初登場で点が入って。しかも、その1点が
結果的に勝負を決める1点になった。。……出足はなかなか上々と言えるでしょう。
で。この新チャンステーマ、本州の(特に東京の)ファンの方にはどう映ったか
非常に気になるところです。そんな感想もお寄せいただければ、非常にうれしいです。

ちなみに、あすの予告先発は…金澤!! いよいよ、本格的な谷間が……(^^;;;
ほんと、きょう勝ててよかったね……。金澤先発って、いつ以来? 大丈夫かなぁ…。
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

We Love 劇場!? 1点差守りきりシリーズ初戦を飾る(7/22 観戦記)

2008-07-25 | 過去のはむすぽ


では。観戦記を書いていきましょうか。まずは7/22の試合から。

トップ画像は、センターに設置されたテレビカメラなんですが、今回見に行った2試合は
2試合とも、場所的にはひちょりシートのすぐそば。試合の前日にローソンでとった
チケットですが、この1戦目に関しては、かなり前の方の席が取れてしまいまして困惑。
まぁ、「お1人さま」だから、空いてる席ならどこにでももぐりこめるわけですが…。

本来であれば、ひちょりイリュージョンを見たかったのですが、仕事が長引いたせいで
JR・地下鉄に揺られてドームについたころには、既に試合開始10分前とかでした…。
ちょうど、角田信朗さんの国歌斉唱が始まるかどうか…という頃合いにドーム入りした私。
…なので、どうして雨上がりの蛍原さんが札幌ドームに来ていたのか、いまいち不明。(^^;;;


ほら、角田さんやグラビアアイドルの何とかいう人は、GAORAのイベントの絡みで
ゲストに呼ばれてて、それは事前に告知もあったから。ほとちゃん、GAORA!となにか
つながりありましったけ!? ほとちゃん自身は北海道大好きを公言していて、ローカルで
北海道移住計画」なる番組をやってたことも。けど、まぁ。事前に知ってたら
もう少し近くで見たかったような…。まぁ、それはそれとしてあわただしく試合開始。

この日のスタメンは↓以下の写真のとおり。


正直、ベニーが9番に入れるオーダーは、かなりうらやましいです。
本当のクリーンアップと、さらにベニーを核とするサブロー・ベニー・西岡という
もう1つのクリーンアップが形成できてる。バレンタイン監督の意図はわかりませんが
もう、それだけで。ネガ度120%の私なんかは、おあつらえ向きにへこんでしまいます。
それだけ、打てる選手がいっぱいいるってことなんですから。それにひきかえ
ウチときたら…。いやいや、グチとか言ってちゃ始まらないぞ!と強引にテンション↑。

初回、ひちょり出塁…稲田送りバント(そういえば、稲田の2番も珍しいな)で
理想的なチャンスを作るも、ものにできず。それでなくても、この日の小林宏は
正直、デキはよくなかった。審判の判定が厳しかったのもあるが、それがなくても
制球はよくないし、ストライクを取るのに苦労していたように見えました。だけど…。
それでも、小林宏をKOできずに、結局、完投を許してしまった。勝つには勝ちましたが
やっぱり、打線のふがいなさは重症なんだなぁ…と感じざるを得ません。トホホ……。

それでも、まぁ。小谷野の今季第1号2ランが出て3-0。そういえば、ドームに着いて
まだ何も食べていなかったので、ここでファイターズ祭り開催中のドーム外のテラスへ。
松尾ジンギスカン皿盛(500円)を食べながら、大型ビジョンで観戦。この試合の
2度の失点シーンは、すべてこの外出中だったので、ある意味、ラッキーだったのかも。

なぜだかわからんのだけど、たこ焼き屋が一番の大行列。そんなに人気のあるお店なの?
ちょっと、たこ焼き業界に疎いので(^^;;;、詳しい方がいたらご教示いただけると…。
私の地元、帯広豚丼のお店も出てまして、せっかくなので「ハーフサイズ」(500円)を
いただきました。やっぱ、おいしいっすよね。店の場所が一番奥なので、ちょっと
かわいそうな気もしますが…週末に札幌ドームに行かれる方はぜひ食べてみてください。

さて。スウィーニーの後を受けた建山が登板から6球連続ボールで観客の度肝を抜き
さらには久々登板の武田久が連打と四球で一死満塁の大ピンチを演出するなど、
ひちょりイリュージョンに勝るとも劣らないであろう劇場ぶりをいかんなく発揮し
場内には予想外の緊張感が渦巻く。結果、どうにかこうにかピンチは切り抜けましたが…。

ここでは、個人的な感想として、8回表の二死満塁の場面で根元のレフトフライを
背走してキャッチした紺田の笑顔が素敵だったことをぜひ記しておきたいと思います。
ビジョンに映ったのが一瞬だったので画像はありませんが、これはかっこよかった。
これを捕ると捕らないでは大違いでしたから。黒ユニもひそかに似合ってたと私は思う。

時系列は前後しますが、この日のスイングスイングはネット裏上の方で、B★Bさんと
謎のゆるキャラ(外野席のお客さん曰く)が夢の!?共演。



これ、たしか、道新のマスコットじゃなかったかなぁ。違った? ご存じの方はご一報を。
この日はGAORA!デーということもあって、ケーブルテレビのJCOMさんのキャラクターも
札幌ドームに来ていました。時間がなかったので、写真撮れなかったんだけど、
実はそっちの方がよっぽどゆるゆるでして。(^^;;; こんな感じのキャラクターさ。

 

もう、ゆるゆるっす。こいつもいれば、もっと面白かったんだけどなぁ…。(^^;;;;;

で、2度にわたって開催された劇場の末、9回はマイケルが締めてどうにかこうにか1勝。
このシリーズ中は、どうやら勝利時のキラキラテープも特別仕様のこんな色づかい。

もしかしたら、これが舞うのはこの日だけだったかもしれないので、貴重な画像だ(^^;;;

それはさておき。お立ち台には、マック会長。2ランの小谷野だと思っていた私は
ちょっとずっこけましたが、なんと会長は今季初のお立ち台だったとか。会長いわく

「別にお立ち台目指してはやってませんから」

うーーむ。相変わらずの人を食ったようなコメントで。(^^;;;


この前日、札幌・大通公園のビアガーデンにファイターズの選手たちが登場して
歌やトークを繰り広げたんですけど、会長はそういうイベントが実は苦手で(^^;;;;
イベントごとの後だからこそ、きっちり結果を出さなきゃいけないので、すごく
緊張していた…というようなお話を。じんべを着て場を仕切っていたらしい会長。
そういうイベントもすごく見てみたかったですけど…。そこまで休みはもらえません。

そして、インタビューの締めには、もはや定番となった
「札幌ドームの…きょうは35,000人ですか。
ボクのために集まっていただいて!ありがとうございます」
…が飛び出して、ドームの空気は最高潮。会長も言ってたが、初戦で勝つと負けるでは
ぜんぜん違いますからね…(つか、ここも負けてたらWe Love6連敗もマジであり得たなorzorz)

そんなわけで、お立ち台に二次会では、新チャンステーマの練習もあって、かなり
充実した観戦でしたね。問題は、今回の連戦でそれを披露するチャンスがあるかどうか…。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

We Love ダルビッシュ!165球の熱投およばず…。

2008-07-24 | 過去のはむすぽ
We Love HOKKAIDOシリーズ、3試合目。ダルビッシュ登板日ということで、
なんとかなると思っていましたが…、勤務終了後のカーラジオから聞こえてきたのは
「…4-0でマリーンズリード。橋本に満塁ホームランが…」という
衝撃的なものでしたorzorz。しかも、帰宅後にVTRをチェックすると、なんか

もうあからさまな誤審まであったようで…orz。そして、
相変わらずチャンスにタイムリーはもちろん外野フライすら打てない打線
イライラを通り越して、もう笑うしかない状況になってきた。それでも、ね。
昨日は12安打で2点だったけど、きょうはたったヒット8本で2点も取れたんだよ!
そうだ!やればできるじゃないか。次の課題は1試合に3点以上取ることだな。

◇北海道日本ハム×千葉ロッテ17回戦(ロッテ9勝8敗/札幌ドーム・27825人)
0 0 0 4 0 0 0 1 0 5
0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
M:○大嶺―久保―小宮山―川崎―[S]荻野=里崎
F:●ダルビッシュ―宮西=鶴岡・高橋
勝:大嶺      6試合1勝2敗
S:荻野      33試合3勝3敗15S
負:ダルビッシュ  19試合11勝4敗
HR:橋本5号(満塁=4表/ダルビッシュ)

We Love 北海道シリーズ1・2戦目の観戦記兼試合短信は、後ほど更新します。
2戦目は、食べ物の写真ばかりになるかと思いますが(^^;;;試合がアレなだけに
そこはひらにご勘弁ください。…にしても、こんな打線で西武と戦うなんてのは
ちょっともう。勝てる見込みが全然立たない。1試合に2点取るのがやっとのチームと
1平気で14点とか17点とか取るチームと戦うんですから。しかも、ダルは投げない。

つかねぇ。あのダルビッシュの気迫、見ましたか。165球だよ。普通は考えられない
球数だし、最後はさすがに疲れ切った表情で…。8回には痛い1失点を喫したが
誰がダルビッシュを責めることができようか…。7回裏の攻撃の時、満塁のチャンスで
浅いライトフライ。その時、画面に映ったダルの顔が心なしかさびしげに見えたのは
気のせいなんだろうか…。そんな孤軍奮闘のダルを見て何も感じないですかねぇ……。
そんなはずないと思うんだけど、それならキッチリバットで結果出してくださいよ…。

西武との3連戦。さすがに3連勝とか言わないから、せめて1つは勝って下さいよ。
まぁ、それには投手陣が完封するか1失点で抑えないといけないわけですけどねorzorz。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジンギスカンのチャンテを少し解説してみる

2008-07-23 | えとせとら
Youtubeに転がっていた動画を使って、札幌ドームの限定チャンステーマを少しご説明。
動画自体は某アニメ作品にジンギスカンの音だけ合成したものですが…まぁ、雰囲気だけでも。

【らき☆すたMAD】ジンギスカン Ver1.01




前奏:ウッ!ハッ!ウッ!ハッ!

ウッ!で手をファイティングポーズの形。ハッ!でその両手を高らかに突き上げる…の繰り返し。
前奏最後のテンポが速くなるところも、それに合わせてフリも早く!それっ、ウッハッ!ウッハッ!

今回のチャンステーマでは、Aメロは飛ばして、いきなりサビにいきますよ。

サビ(動画でいくと45秒位のところ):

ジン!ジン!ジンギスカン! ⇒ オイ!オイ!○○(選手名)!

選手名のところには、もちろん、そのとき、打席に入っている選手が入ります。

稲葉さんなら、「オイ!オイ!い~なば~!」となります。 
手は、右!左!右左右!の順で突き上げる感じです。
北の国からの「いけいけ!○○!」に行く直前の動きと同じ…といえば、わかるか?


次。このチャンステーマの(おそらく)最大のキーポイント!

へーららほーらら… ⇒ 打て!打て!打て!打て!

札幌ドームの外野席を列ごとに区切り、前の方からだんだんと「打て!」をいう人が増えていく感じ。

1個目の「打て!」は、レフスタ19~24列の人。ほぼ年間指定で見に行くような熱い人たちのみ。

2個目の「打て!」からは、それに加えてレフスタ25~30列の人たちも加わります。

3個目の「打て!」からは、さらにレフスタ31~36列の人たちが加わって、打て!を言う人が
だんだん増えていく。…このだんだん増えていくが、うまくハマれば、きっと非常に綺麗だと思われ。

最後の「打て!」はレフスタ37列より後ろと、内野の皆様も加わり、ハムっ子全員で「打て!」コール。

「打て!」を言うときには、やっぱりこぶしを突き上げるとかっこいいかと。

(オイ!オイ!~打て!打て!を2回繰り返し)

で。その次の原曲で「ワハハハ!」と笑うところは、もう同じように笑っちゃいましょう。
歌詞カードにも「チャンスなのでとにかく笑って!!」と注釈がついてます。
そのとき、「ワハハハ!」と言いながら、両手を高らかに突き上げる。ほーら、気分が乗ってきた。(^^;;;

「ワハハハ!」を2回繰り返した後、
リズムに合わせて「お前が決めてくれ!○○(選手名)!」と叫ぶ。

以下、オイ!オイ!○○以降を繰り返していく感じです。…と文字だけで説明しても
わかりにくいですから、興味のおありの方は、札幌ドームに足を運んでチャンテに
合わせて体を動かしてみましょう。おそらく、試合前とか二次会とかで練習の機会は
あると思いますから。きっと、慣れてしまえば、そんなに難しいこともないと思いますよ。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

それにしても絶望的な貧打に……「何か、対策ない!?」orzorz

2008-07-20 | 過去のはむすぽ
開始わずか30分で絶望的とも思える4失点。一死からの4連続二塁打に北川の盗塁。
その盗塁が生きての稲田失策による追加点。まさに、いいようにやられた感ありあり。
打線も相変わらずの沈黙っぷりで…。この2連戦でたった3点orzorz。かたや、1試合に
16点も17点も取るチームもあるというのに、同じプロとして悔しくないのかと(以下ry
そりゃまぁ、打撃コーチからして、相手投手攻略の糸口をつかめずに選手に丸投げしてる
現状では、先に3点,4点取られてしまうと、もうお手上げ!みたいな感じなんでしょう。
打てないのは今に始まった話じゃないので、コーチだけを責めるのは酷なんでしょうが、
攻略の糸口を見つけてアドバイスするのが、曲がりなりにもコーチの仕事のはずであり。
ただ、だまってVTR見せるだけなら、誰でもできるんですよ、そんなのは…ねぇ…。

そんなような身も蓋もない状況に耐えられなくなった私が、同時刻に、GAORAさん!で
放送された(たぶん)史上初!鎌ヶ谷二軍戦生中継に逃げたのは言うまでもないわけで…。

◇オリックス×北海道日本ハム13回戦(日本ハム7勝6敗/京セラドーム大阪・16068人)
0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
4 0 0 0 0 0 0 0 X 4
F:●武田勝―金森―建山=高橋
Bs:○金子―川越―清水―(S)加藤=前田・日高
勝:金子      19試合6勝6敗
S:加藤      40試合1勝3敗20S
負:武田勝     9試合4勝3敗
HR: 

ヒット5本,6本出ないと点が取れないんだから、そりゃ勝てるわけありませんわね。
今はまだ「ダルが何とかしてくれる」という精神的な担保がある分、まだどうにか
平常心ですが、この低調な打線が…もとい…ハム打線の夏休みが長期にわたれば
エースと4番が抜ける8月は、怒涛の連敗地獄絵図という最悪の展開にもなりかねず。
あまりネガネガしてても仕方ないのはわかるのですが、じゃぁ、どうやったらポジに
なれるのかの答えを見つけるのは、至難の業だと言えるでしょう。見つけた方はご一報を。

さて。次のロッテ(…あっ、そうか。次、ロッテとなんだ…。orzorz)戦。

前回の記事で書いたとおり、見に行くよ。席種はまだ決めてませんが、公式サイト見ると
まだまだ席は余ってるみたいなので、あとで購入しとこうと思います。うー、なんか
投げやりだなぁ…。とりあえず、この際、勝ち負け二の次三の次!をコンセプトに
7・8・9月の遠征三昧を楽しんでこようと思います。今回の遠征(火・水)の見どころは…。

何をやるんだ!ひちょりイリュージョン
■ 角田信朗さんが来るよ!
■ なんか、グラビアアイドルが始球式やるぞ!
■ 毎年恒例!ファイターズまつりもあるよ!
■ 夜行列車「まりも」廃線前に一度乗っとけ!

…といったところです。…あれ。試合の見所は? ほら、さっきも書いたけどさ。
今回の遠征コンセプトは「勝ち負け度外視」ですから。つか、勝てる気しませんって。
2試合で3点打線(1試合平均1.5点)と3試合で32点打線(1試合平均10.66点)が、まともに
戦って、勝てるわけがないでしょう。
そりゃ、勝ってはほしいけど…けどなぁ…。

あ、そうそう。西武、また負けました。0-16。あの破壊力抜群の西武打線を
渡辺俊介が3安打完封した。6回裏にはロッテが8連続安打で6得点。ハムが6点取るには
4試合かかるけど…。
西武さん、またお付き合いしてくれてるんですね。よりを戻していただけるんですね!?

ああ、また、きょうも。負け試合のグチをうだうだ書いてしまったよ。
そんなときは、まぁあれだ。せっかく見てたから、鎌ヶ谷のことを少し書きます。
きょうは湘南シーレックスとの試合でした。延長10回で8-10と敗れはしましたが、
初回にイキナリ満塁HRを浴びて4点ビハインドの展開から、一時は逆転したわけで。
なかなか楽しめる試合ではありましたが…試合の中継が終わったのが午後5時30分ころ。
さすがに、最後まで見てると、午後6:00に東京ドームにいるのは無理っぽいですねぇ。
ある程度のところで見切りつけなきゃいかんのでしょうね、こういう場合は……。

■ 北海道日本ハム×湘南シーレックス14回戦(湘南9勝5敗)
湘  南=400 100 003 2=10
日本ハム=203 200 001 0=8
ハム継投=宮本―糸数―伊藤―菊地

糸数がすごくよかったです。3回無失点。崩壊気味の中継ぎ陣の補充にいかがですか?
あと、糸井が4安打。守備でもいいプレーがいくつかありましたね。印象的だったのは
実況の中で「市川は今季になって人が変ったように真面目になった」というレポートが
入ったことですかね。一軍昇格もしましたし、そろそろ芽を出さないと…という時期。
ちなみに、この試合。陽、金子洋、鵜久森というクリーンアップでした。なんか、
すごく期待感のある並びですよね。上がアレなだけに、余計にそう思うのかもですが。

きっと、札幌ドーム6連戦に臨むにあたって、何らかのてこ入れはあるでしょうから、
こういう若い選手の中から1人でも2人でも起爆剤になる選手が出てくればいいなぁ。

※ ちなみに、あすもGAORA!では鎌ヶ谷のイースタン・東京ヤクルト戦を生中継予定。
コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハム打線は一足早く夏休みに入りました。

2008-07-19 | 過去のはむすぽ
ほら、内地の子供たちは「夏休みに入った」って、中継の中でも言ってたでしょ。
ファイターズもそれに合わせて、北海道の子供たちより一足早く夏休み入りです。
だ・か・ら。ちょっとやそっとのヒットでは、得点なんか入りゃしませんよorzorz。

…って、夏休みじゃなくても、いっつもそうじゃんかね。

うーーーん。10安打でたった2点。芸術的拙攻だな…。orzorz

◇オリックス×北海道日本ハム12回戦(日本ハム7勝5敗/スカイマーク・20016人)
0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
0 0 0 0 2 3 0 1 X 6
F:●多田野―宮西―歌藤=高橋
Bs:○山本―本柳=日高
勝:山本      19試合7勝2敗
S:
負:多田野     11試合5勝3敗
HR:日高8号(ソロ=5裏/多田野) 下山7号(ソロ=8裏/歌藤)
   田中10号(ソロ=9表/山本) 

…毎度毎度のことだけど、もう2点取られた段階で「もう1点入ったら勝負は決まり」とか
平気で言われて
、悔しくないのかよ…と。実際、私らもそれに慣れっこになってるのが
よく考えると、すごく屈辱的なわけですよ。かたや、同じリーグの別の試合では
17―10なんていう超バカ試合もあったんですよ、きょうは。そう、西武とロッテの試合。

◇千葉ロッテ×埼玉西武13回戦(西武8勝5敗/千葉マリン・25823人)
0 4 0 0 2 0 5 2 4 17
0 2 0 3 0 1 0 1 3 10
L:岸―大沼―○星野―S小野寺=細川・銀仁朗
M:●成瀬―シコースキー―伊藤―松本―高木=里崎
勝:星野      38試合3勝1敗
S:小野寺     30試合3勝4敗1S
負:成瀬      16試合6勝5敗
HR:ベニー4号(ソロ=4裏/岸) 中島18号(2ラン=5表/成瀬)
   今江6号(ソロ=6裏/大沼) ブラゼル22号(2ラン=7表/成瀬)
   後藤4号(3ラン=7表/シコースキー) 今江7号(3ラン=9裏/小野寺)

成瀬が9失点…。どんだけ、すごいんだ…今年の西武打線。

もうね。9回に焼け石に水の2点が入っただけで狂喜乱舞してしまうハムっ子にとって
1試合に17点なんて、もはや奇跡を通り越して、何かの天変地異の前触れか!と
思うくらいありえない夢のような話なわけです。その理由は、もう説明するまでも
ないので、あえてしませんが。それこそ、何か「祭り」の要素がないと、とても無理。

まぁ、チームスタイルが全然違うので、どちらがいい…とか一概に言えませんけどね。
ただ、西武がデーゲームで勝ってたのに、ウチがナイターで負けたのは痛いなぁ…。
山本省。また1人…苦手投手が増えてしまったようで、すごく嫌な感じではあります。
3か月前にはプロ初完封を献上し、今回も8回まで0点に抑えられて…か。悔しいなぁ。
9回に出た賢介の一発が、あす以降に望みをつなぐ希望の光であることを祈りますね。

あ、そうそう。突然ですが。夏のホーム遠征大作戦、第1弾!!

We Love HOKKAIDOシリーズ、参戦しまーす!!

地元の試合(道東シリーズ)見に行けなかったから、この夏は好き放題、やってやるっ!

今回は、夜行列車の「まりも」が8月いっぱいで廃止される…という一報を受けて
その乗り納めも合わせたプランを考えています。22・23日(火・水)の試合を見て
23時08分…だったかな…発の「まりも(廃止までは毎日運行!)」に乗って帰ります。
昔は「まりも」使って、夜行で帰るってのよくやってたんですよ。だから、廃止の
ことを知ったときは、ちょっとショックでした。こうして1つ1つ、自分の思い出が
消えていくのだなぁ…と、しんみり。次の日、普通に仕事なんですけど…ここで
乗っておかないと、もう乗る機会なさそうなので…。ちょっと無理してみることに。

…まぁ、巷の噂では、水曜日は中5日でダルビッシュなわけでしょ。うまくいけば
午後9時には終わる(もっと早いか?)から、試合は普通に最後まで見れそうだし。

あ、そうそう。きょうの試合。J SPORTSで実況してたアナウンサーの方が、なぜか
やたらオリにネガティブな発言を繰り返し、そのたびに解説の方にたしなめられて

「失礼しました」と軌道修正…というシーンが数多く見られました。あまり見所のない
試合だったけど、そこだけはちょっと面白かった。ひいきの引き倒し実況もどうかと
思うけど、あんなに主催チームにネガりまくる実況も珍しかったよな。(^^;;;;;;;;
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

五輪代表選出御礼!? ダル、わずか89球で省エネ完投

2008-07-17 | 過去のはむすぽ


ファイターズからは、ダルビッシュと稲葉さんが北京五輪代表に選出されました。
(北京五輪については別記事にて)

エースと4番が抜けることになる8月。どんな苦しい戦いになるのか、想像するのも
恐ろしいわけですが…。その五輪を前に中5日ローテでフル回転することになったダル。
当然、球数などに制限(100球くらい?)も出てくると思われるわけですが………。

なら、制限内の球数で完投しちゃえばいいじゃん!

…とばかりに、わずか89球という省エネピッチングで貫録の完投勝利。
またしても、ダルビッシュに連敗を止めてもらってしまいまして…恐縮しきりです。

◇北海道日本ハム×東北楽天14回戦(楽天7勝6敗1分け/東京ドーム・20773人)
0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
1 0 0 0 2 0 0 0 X 3
E:●ドミンゴ―木谷―渡辺恒―朝井=藤井・嶋
F:○ダルビッシュ=鶴岡
勝:ダルビッシュ  18試合11勝3敗
S:
負:ドミンゴ    19試合2勝5敗
HR:

きょうは仕事の絡みで、とある説明会に出かけてきまして。試合はほとんど見てません。
会場にケーブルテレビのブースがあったので、説明会が終わってからGAORA!で
ちょこっと(具体的には7回表のダルのピッチング)だけ見ましたが…。

…なんで、あんな簡単に三振が取れるんでしょう?

それが不思議でしょうがない…。というか、なぜ他の投手にあれができないんでしょう?と
思うくらい、鮮やかな奪三振ショーで…あっけにとられました。味方でよかった……。
きっと、時折見せる人を食ったような緩い変化球がポイントなんだと思います、私は。
あれでストライクが取れて、かつ150km/h近い速球を投げられたら、そりゃもう、
相手の打者はタイミングをとるのも難しいでしょうしねぇ。ダルが世界を相手に
バッタバッタと三振を取り、派手なガッツポーズを見せる…今からものすごく楽しみ。

※ 今回の北京五輪、世間ではいろいろ批判的な意見も多いようですけど、やるからには
やっぱり応援したいですしね。ただ、ここはハムブログなので、五輪中の野球の記事は
しばらく開店休業状態になっているあっちのブログでやろうかな、と思ってますですよ。
その間のファイターズの試合(11連戦もありますし、私の東京遠征もありますし)については、
はむすぽ。で従来通り取り上げていく予定です。けど、五輪の野球の試合と
ファイターズの試合、かなり時間がかぶるっぽいんですけど…どっち見たらいい?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする