四季折々

~感じるままに~

芙蓉に似た小さな花 - - ヤノネボンテンカ - -

2018-08-19 17:45:50 | 写真・花

早朝ウォーク中、ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花)と出会いました。
ミニ芙蓉とも高砂芙蓉とも呼ばれる花です。
ピンク色の花弁と中心部の濃い赤の色合いがきれいでした。






まだ開き始めでした。完全に開くとフヨウやムクゲによく似ている花です。


こんな一株でした。

一日花のようで、開き始めている花と既にしぼんでいる花が一緒についていました。

ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花)の原産地は南米で、アオイ科の草本状低木だそうです。
葉が鏃(やじり=矢の根)の形に似ていて、花が梵天に似ていることが名前の由来だそうです。


別名のミニ芙蓉というのはよく分かりますが、なぜ高砂芙蓉??
これはタカサゴユリと同じようなことからのようです。
台湾から入ってきたといわれており、台湾のことを指すタカサングからきているようです。
「高砂や~」とは関係ないようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 秋の気配 - - モミジ - - | トップ | 広島土砂災害から4年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真・花」カテゴリの最新記事