中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

龍城飯店でも魅力的な「上海蟹コース」が提供されていました。

2020-01-21 07:34:14 | 香港路

いろいろな物もついて3980円で提供されていたコースは、庶民派。5000円のものは伊勢エビもつくなどなかなかの豪華版。50%Offというのは別として、それぞれ特徴のある物が出されていた。来年度の参考にしたい。
でも最近の私は小皿料理にビールというのも好み。そのほかにもつまみ料金で食べられるリーズナブルなコースも準備釣れている。ランチだと「有頭海老付き贅沢コース1500円」も面白いかもしれない。
ランチで600円、丼・麺で500円という価格、その上ボリュームがあるこの店のランチはお得感もある。

 

 

 

龍城飯店もランチで相変わらず頑張っている。ワンコインの麺・どんぶりも健在。

龍城飯店「中国料理」②  045-681-3228

「特徴」
1.中華街でリーズナブルでおいしいランチを食べたいと思うならお奨めの店。
2.ランチは増え続け10種程度以上。麺・丼はおもり無料で可能である。
3.コンパクトな店。家庭的な雰囲気である。2階はやや広くグループでの利用可能。
4.麦酒も300円程度から生ビールが飲め、つまみ(餃子・春巻き等)も250円程度から有る。
5.価格は安いがボリュームは半端ではない、3から4人でシェアし4品程度のランチも良い。

 
「ランチ」
580円(料理1品+スープ+ザーサイ+ご飯)。麺500円~。

 聞けば(2008)7月14日(月)の開業らしい。明るくモダン?な雰囲気に生まれ変わった小さな店舗。香港路の新たな名店になるのだろうか。最近、虫食い状態のこの路地。明るい雰囲気の店はありがたい。改装した安記が看板を路地にせり出したのにあわせ、同じような大きさで店名を掲げている。そもそも道路ではなさそうな路地、最近は路地にいろいろなものがはみ出してきている。
 すでにランチが出されている。信頼するブログによると630円4種となっていたが、今日は580円均一。50円価格が下がっていた。また6種と変わっている。うれしい変化である。 店は間口が狭いのでカウンター型の椅子席のみ一階は16人程度の規模に厨房がある。2階(山水の時はなかったのでは?)もあるようで後からきた客が案内されていた。1階は壁がかがみ出てきているので、鏡を背にして座る方がよい。
 すぐに「海鮮XO炒め」がでてきた。トレイに乗せられ出すスタイルらしい。デザートまでのっている。シメジが多いが、エビ・イカ・ホタテもはいている。味付けはどちらかと言えば、あっさりしている。量も十分。ご飯もやや大きめの器にてんこ盛り。スープも同様である。当然両方ともおかわりを頼んでみる。快く応じてくれた。ザーサイはやや辛めの味付けをしている。杏仁豆腐は、サービス品の領域、やや残念。
ランチ例)①エビチリ②肉野菜炒め③海鮮のXO醤炒め④牛肉とオイスターソース炒め⑤担々麺+半チャーハン⑥野菜湯麺+半チャーハン580円

 

 

 

 

こうなれば、立派なお一人様(ミニ)コース。850円龍城飯店・超得定食。

 

龍城飯店「中国料理」⑦ 中華街はゴールデンウィーク。 連休は人・人。混雑を避けてちょい飲み。

龍城飯店「中国料理」⑥ 再び「龍城飯店(香港路)」。定食「海鮮とXO醤炒め」

龍城飯店「中国料理」⑤ 夏場(残暑)は、単品料理勝負。龍城飯店(香港路)で「肉野菜湯麺」

龍城飯店「中国料理」④ 時間がなく簡単に食べたいランチは「龍城飯店」。500円シリーズ。

龍城飯店「中国料理」③ また食べてしまった「冷やし坦坦麺」。「上海焼きそば(大盛り)」を食べる。

龍城飯店「中国料理」②


コメント   この記事についてブログを書く
« 得意料理をその季節にも合わ... | トップ | 刀削麺専門店として昨年開業... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

香港路」カテゴリの最新記事